ニホンピロアワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ニホンピロアワーズ
Nihonpiro-ours20120322(1).jpg
2012年名古屋大賞典
欧字表記 Nihonpiro Ours
品種 サラブレッド
性別
毛色 青鹿毛
生誕 2007年5月3日(11歳)
登録日 2009年12月10日
抹消日 2016年1月7日[1]
ホワイトマズル
ニホンピロルピナス
母の父 アドマイヤベガ
生国 日本の旗 日本北海道新ひだか町
生産 片岡牧場
馬主 小林百太郎
調教師 大橋勇樹栗東
競走成績
生涯成績 42戦13勝
(中央)29戦9勝
(地方)13戦4勝
獲得賞金 5億9787万1000円
(中央)4億1262万1000円
(地方)1億8525万円
テンプレートを表示

ニホンピロアワーズ日本競走馬2011年名古屋グランプリ2012年ジャパンカップダート名古屋大賞典白山大賞典2013年平安ステークス2014年東海ステークスダイオライト記念優勝馬。馬名の由来は冠名+「私達のもの」。

経歴[編集]

2010年[編集]

1月23日京都の新馬戦ダート1800mに幸英明が騎乗してデビュー、3着に終わる。続く2月6日の未勝利戦で2着だった。休養を挟み5月22日に初勝利をあげた。その後6〜8月にそれぞれ一走、3着、1着、1着だった。再び休養に入り11月の京都ロイヤルプレミアムで2着、12月の堺ステークスを勝ち上がりオープンに昇格した。

2011年[編集]

2011年名古屋グランプリ

半年の休養後、中山の総武ステークスで復帰、1番人気となったが2着だった。続いて7月の京都では天橋立ステークス、祇園ステークスと連勝した。次走金沢の白山大賞典ではまたしても1番人気となったが2着だった。11月のみやこステークスではエスポワールシチーの3着に敗れた。続く12月のジャパンカップダートでは9着と惨敗した。12月23日の名古屋グランプリでは1番人気に推され快勝、重賞初勝利を上げた。


2012年[編集]

2012年は川崎記念で始動となった。スマートファルコンフリオーソに次ぐ3番人気に推されたが5着に敗れた。3月22日の名古屋大賞典では早め先頭に立つとそのまま押し切って重賞2勝目を挙げた。4月14日アンタレスステークスでは8・9番手からレースを進め4コーナーで早めに仕掛けて上がって行ったが、直線で伸び切れず5着に敗れた。5月19日東海ステークスは4番手に控え直線で一旦抜け出すが好位から進出してきたソリタリーキングにかわされ2着に敗れた。

夏の休養を経て、10月2日に金沢競馬場での白山大賞典を勝利、11月4日のみやこステークスではローマンレジェンドの2着となった。そして12月2日、2年連続となるジャパンカップダート(JCD)に出走した。スタートから前に付けると、道中は先行勢の外4番手で先行し、直線入り口で4角先頭の一団につけて直線へ向いた。直線では多くの馬が騎手に追い出される中、残り200m付近まで鞍上の酒井が手綱を持ったまま、先頭で粘る馬を首差ほどに捉えて走り、そこから追い出されると後続を突き放し、2着ワンダーアキュートには3馬身半の差をつけ、先行馬ながら上がり最速、レースレコードを記録しての勝利となった。このレースで人馬ともG1初制覇を果たした。この年、記者投票で289票中219票を集め、2012年の最優秀ダートホースに選ばれた。

2013年[編集]

2013年はアンタレスステークスから始動。ホッコータルマエとの叩き合いの末2着に敗れた[2]。続く平安ステークスでは好位から抜け出し優勝[3]。しかし帝王賞は直線で一度先頭に立つも最後はホッコータルマエに差されて2着惜敗となった。休養をはさみ連覇がかかったジャパンカップダートは5着、東京大賞典は3着となる。

2014年〜2015年[編集]

2014年初戦となった東海ステークスを勝利。続くフェブラリーステークスは8着に終わるも3月のダイオライト記念に勝利する。その後は勝ちきれないレースが続き、2015年12月の名古屋グランプリ2着を最後に現役を引退した。引退後はレックススタッドで種牡馬となる。


競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量
[kg]
距離(馬場) タイム
(上り3F)
着差 1着馬/(2着馬)
2010.01.23 京都 新馬 15 85.4 (12人) 3着 幸英明 56 ダ1800m(良) 1:56.7 (38.6) -0.6 クーノキセキ
0000.04.27 京都 未勝利 16 07.5 (2人) 2着 幸英明 56 ダ1800m(稍) 1:54.4 (38.7) -0.3 ヒラボクキング
0000.05.24 京都 未勝利 14 02.3 (1人) 1着 幸英明 56 ダ1800m(良) 1:53.1 (37.8) -0.4 (ステキナシャチョウ)
0000.06.19 阪神 城崎特別 12 05.8 (3人) 3着 幸英明 54 ダ1800m(稍) 1:52.5 (37.3) -0.2 メイショウイエミツ
0000.07.03 阪神 500万下 13 01.9 (1人) 1着 幸英明 54 ダ1800m(不) 1:51.2 (37.1) -1.1 (ガリアーノ)
0000.08.01 小倉 響灘特別 16 04.5 (2人) 1着 酒井学 54 ダ1700m(良) 1:44.9 (36.3) -0.3 (スエズ)
0000.11.14 京都 京都ロイヤルP 16 05.1 (3人) 2着 酒井学 56 ダ1800m(良) 1:52.5 (36.2) -0.1 メイショウタメトモ
0000.12.04 阪神 堺S 16 02.8 (1人) 1着 酒井学 56 ダ1800m(稍) 1:50.7 (37.0) -0.0 (プリンセスペスカ)
2011.06.18 中山 総武S 10 02.0 (1人) 2着 酒井学 57 ダ1800m(重) 1:51.2 (37.4) -0.1 エイシンダッシュ
0000.07.02 京都 天橋立S 13 01.9 (1人) 1着 酒井学 58 ダ1800m(良) 1:50.6 (36.0) -0.4 (スタッドジェルラン)
0000.07.17 京都 祇園S OP 12 01.5 (1人) 1着 酒井学 55 ダ1800m(良) 1:50.5 (36.3) -0.0 (インバルコ)
0000.10.04 金沢 白山大賞典 JpnIII 12 02.0 (1人) 2着 酒井学 54 ダ2100m(良) 2:14.8 (39.1) -0.5 シビルウォー
0000.11.06 京都 みやこS GIII 15 16.6 (5人) 3着 酒井学 56 ダ1800m(稍) 1:49.1 (36.7) -0.7 エスポワールシチー
0000.12.04 阪神 JCダート GI 16 47.1 (9人) 9着 酒井学 57 ダ1800m(良) 1:51.3 (37.7) -0.7 トランセンド
0000.12.23 名古屋 名古屋GP JpnII 10 01.8 (1人) 1着 酒井学 57 ダ2500m(良) 2:45.6 (37.5) -0.4 (エーシンモアオバー)
2012.01.25 川崎 川崎記念 JpnI 12 09.7 (3人) 5着 酒井学 57 ダ2100m(不) 2:12.4 (39.5) -1.7 スマートファルコン
0000.03.22 名古屋 名古屋大賞典 JpnIII 11 01.6 (1人) 1着 幸英明 57 ダ1900m(稍) 2:01.4 (36.9) -1.2 ダイシンオレンジ
0000.04.14 阪神 アンタレスS GIII 16 04.9 (2人) 5着 幸英明 58 ダ1800m(稍) 1.50.5 (37.4) -0.6 ゴルトブリッツ
0000.05.19 京都 東海S GII 15 06.3 (3人) 2着 幸英明 57 ダ1900m(良) 1.56.4 (36.3) -0.0 ソリタリーキング
0000.010.02 金沢 白山大賞典 JpnIII 12 01.5 (1人) 1着 酒井学 57 ダ2100m(不) 2.12.9 (37.5) -0.9 (ナムラダイキチ)
0000.11.04 京都 みやこS GIII 16 12.3 (3人) 2着 酒井学 58 ダ1800m(良) 1.49.6 (37.0) 00.0 ローマンレジェンド
0000.12.02 阪神 JCダート GI 16 19.9 (6人) 1着 酒井学 57 ダ1800m(良) 1.48.8 (36.0) -0.6 ワンダーアキュート
2013.04.13 阪神 アンタレスS GIII 16 02.9 (2人) 2着 酒井学 59 ダ1800m(良) 1.49.8 (35.9) -0.1 ホッコータルマエ
0000.05.18 京都 平安S GIII 16 01.4 (1人) 1着 酒井学 59 ダ1900m(良) 1.56.9 (36.4) -0.1 (ナイスミーチュー)
0000.06.26 大井 帝王賞 JpnI 12 02.6 (1人) 2着 酒井学 57 ダ2000m(不) 2.03.2 (36.9) -0.3 ホッコータルマエ
0000.12.01 阪神 JCダート GI 16 03.8 (5人) 5着 酒井学 57 ダ1800m(良) 1:51.2 (37.2) -0.8 ベルシャザール
0000.12.29 大井 東京大賞典 GI 09 13.4 (3人) 3着 酒井学 57 ダ2000m(良) 2.07.4 (36.8) -0.8 ホッコータルマエ
2014.01.26 中京 東海S GII 16 01.6 (1人) 1着 酒井学 57 ダ1800m(良) 1:50.4 (37.5) -0.3 (グランドシチー)
0000.02.23 東京 フェブラリーS GI 16 07.8 (4人) 8着 酒井学 57 ダ1600m(良) 1:36.7 (35.5) -0.7 コパノリッキー
0000.03.19 船橋 ダイオライト記念 JpnII 14 02.1 (2人) 1着 酒井学 56 ダ2400m(稍) 2.34.6 (38.4) -0.4 (トウショウフリーク)
0000.04.19 阪神 アンタレスS GIII 16 01.8 (1人) 3着 酒井学 58 ダ1800m(良) 1.51.5 (36.4) -0.0 ナムラビクター
0000.06.25 大井 帝王賞 JpnI 11 03.0 (2人) 4着 酒井学 57 ダ2000m(不) 2.04.6 (37.0) -1.1 ワンダーアキュート
0000.11.09 京都 みやこS GIII 16 06.5 (3人) 7着 酒井学 58 ダ1800m(良) 1.50.8 (36.8) 00.6 インカンテーション
0000.12.07 中京 チャンピオンズC GI 16 33.3 (12人) 13着 酒井学 57 ダ1800m(良) 1.52.4 (37.5) 01.4 ホッコータルマエ
0000.12.23 名古屋 名古屋GP JpnII 11 02.5 (1人) 2着 酒井学 57 ダ2500m(稍) 2.43.6 (40.8) 00.1 エーシンモアオバー
2015.01.25 中京 東海S GII 14 17.3 (5人) 13着 和田竜二 57 ダ1800m(良) 1:52.9 (39.5) 02.0 コパノリッキー
0000.05.23 京都 平安S GIII 16 42.8 (11人) 8着 酒井学 58 ダ1900m(良) 1.55.9 (37.1) 00.8 インカンテーション
0000.06.24 大井 帝王賞 JpnI 12 52.0 (6人) 5着 酒井学 57 ダ2000m(良) 2.04.4 (40.0) -1.7 ホッコータルマエ
0000.10.03 阪神 シリウスS GIII 12 23.3 (8人) 6着 酒井学 58.5 ダ2000m(稍) 2.05.6 (38.0) -1.0 アウォーディー
0000.11.03 大井 JBCクラシック JpnI 16 90.5 (7人) 8着 酒井学 57 ダ2000m(不) 2.06.6 (38.4) -2.2 コパノリッキー
0000.12.06 中京 チャンピオンズC GI 16 218.9 (15人) 11着 酒井学 57 ダ1800m(良) 1.51.6 (38.9) 01.2 サンビスタ
0000.12.23 名古屋 名古屋GP JpnII 12 07.4 (5人) 2着 酒井学 58 ダ2500m(稍) 2.45.9 (38.0) 00.2 アムールブリエ

血統表[編集]

ニホンピロアワーズ血統ノーザンダンサー系 / Northern Dancer 12.50% 4 x 5 x 5 ) (血統表の出典)

*ホワイトマズル
White Muzzle
1990 鹿毛
父の父
*ダンシングブレーヴ
Dancing Brave
1983 鹿毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Navajo Princess Drone
Olmec
父の母
Fair of the Furze
1982 鹿毛
Ela-Mana-Mou *ピツトカーン
Rose Bertin
Autocratic Tyrant
Flight Table

ニホンピロルピナス
2002 青毛
アドマイヤベガ
1996 鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ベガ *トニービン
*アンティックヴァリュー
母の母
ニホンピロタイラ
1996 青鹿毛
Theatrical Nureyev
*ツリーオブノレッジ
*ミルカレント Little Current
Marston's Mill F-No.22-d
主な近親

この他近親には上記Millicentの半兄にMill Reef凱旋門賞など、種牡馬)がいる。

注釈[編集]

  1. ^ ニホンピロアワーズ号が競走馬登録抹消 - 日本中央競馬会、2016年1月7日閲覧
  2. ^ 【アンタレスS】ホッコータルマエ快勝で重賞3連勝!”. スポーツニッポン (2013年4月13日). 2013年5月21日閲覧。
  3. ^ 【平安S】さすがG1馬 ニホンピロアワーズ快勝!重賞5勝目”. スポーツニッポン (2013年5月19日). 2013年5月21日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]