スズカマンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スズカマンボ
Suzuka Mambo 20051225P1.jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2001年4月28日
死没 2015年2月20日(14歳没)
サンデーサイレンス
スプリングマンボ
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 グランド牧場
馬主 永井啓弐
調教師 橋田満栗東
競走成績
生涯成績 19戦4勝
獲得賞金 2億9206万8000円
テンプレートを表示

スズカマンボとは日本競走馬種牡馬である。おもな勝鞍は2005年天皇賞(春)2004年朝日チャレンジカップ。近親にはダンスパートナーダンスインザダークダンスインザムードなどがいる。

戦績[編集]

2歳[編集]

スズカマンボは2003年8月、札幌でデビューした。新馬戦は4着だったが、2戦目の未勝利戦で勝ち上がった。

3戦目の札幌2歳ステークスで重賞に初挑戦したが9着に敗れた。それでも、スズカマンボは続く萩ステークス(オープン特別)をレコードタイムで勝利し、暮れの2歳牡馬チャンピオン決定戦・朝日杯フューチュリティステークスに出走した。しかし、レースでは直線で失速し13着と大敗した。

3歳[編集]

2004年、スズカマンボの春初戦は年明けの京成杯だったが4着に敗れた。それでも、皐月賞トライアルの若葉ステークスで2着に入り、スズカマンボは皐月賞の優先出走権を得た。しかし、本番の皐月賞では終始後方のまま17着と大敗を喫した。

このままだと収得賞金が足りず日本ダービー出走が危うくなったスズカマンボは次走に京都新聞杯を選択。このレースで2着に入ったスズカマンボは収得賞金を増やし、ダービー出走に漕ぎ着けた。ダービー本番では単勝15番人気と低評価だったが、5着と健闘した。

休養後、スズカマンボの秋初戦は初の古馬相手となった朝日チャレンジカップ。1番人気に推されたこのレースで見事に勝利、重賞初制覇を遂げるとともに菊花賞へ向けて好スタートを切った。しかし、本番の菊花賞では後方待機から猛然と追い込んだが6着に敗れた。

菊花賞後、スズカマンボは鳴尾記念に出走。1番人気に推されたが2着に終わり、この年を終えている。

4 - 5歳[編集]

2005年、4歳になり古馬になったスズカマンボの初戦は天皇賞(春)の最終ステップレース・大阪-ハンブルクカップ(オープン特別)だったが、ビッグゴールドに逃げ切りを許し、3着に敗れた。

この敗戦で本番の天皇賞(春)ではスズカマンボは13番人気と低評価だった。だが、レースでは道中中団待機から直線で鋭く伸び、先頭で懸命に粘っていたビッグゴールドを豪快に差し切って優勝、GIを初制覇した。

GI馬になったスズカマンボだったが、秋になると一転して不調に陥り、天皇賞(秋)13着、ジャパンカップ9着、有馬記念10着と掲示板すら載れずに終わった。

2006年、5歳になったスズカマンボは天皇賞(春)連覇を目指して、初戦の大阪杯に出走。このレースで3着に入り、復活の狼煙をあげたかに見えたが、レース後に左後繋靭帯不全断裂を発症。競走能力喪失と診断されたため、引退した。

競走成績[編集]

  • 2003年(5戦2勝)
    • 萩ステークス
  • 2004年(8戦1勝)
    • 朝日チャレンジカップ、2着 - 京都新聞杯、鳴尾記念
  • 2005年(5戦1勝)
    • 天皇賞(春)
  • 2006年(1戦0勝)
    • 3着 - 大阪杯

種牡馬時代[編集]

引退後は、新ひだか町アロースタッド種牡馬として繋養され、2008年に初年度産駒が誕生した。2010年に産駒がデビューし、地方競馬ではホクトが6月1日門別競馬第7競走ルーキーチャレンジで、産駒初勝利を挙げた。中央競馬ではマルタカシクレノンが6月19日福島競馬第5競走2歳新馬で、産駒の初勝利をあげている。2013年にはメイショウマンボフィリーズレビューを勝ち産駒のJRA重賞初制覇を飾ると、同馬が優駿牝馬(オークス)も制し、産駒のGI級競走初勝利となった。

2015年2月20日、心不全により死亡[1]

主な産駒[編集]

強調表示はGI/JpnI競走、*は地方競馬の主催者別重賞

血統表[編集]

スズカマンボ血統サンデーサイレンス系(ヘイルトゥリーズン系) / (Northern Dancer 5×4=9.38%、Raise a Native 4×5=9.38%) (血統表の出典)[§ 1]
父系

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
父の父
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

スプリングマンボ
1995 鹿毛
Kingmambo
1990 鹿毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Psadoble
母の母
*キーフライヤー
Key Flyer
1986 鹿毛
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
Key Partner Key to the Mint
Native Partner
母系(F-No.) 7号族(FN:7) [§ 2]
5代内の近親交配 Raise a Native4×5、Northern Dancer4×5 [§ 3]
出典
  1. ^ JBIS スズカマンボ5代血統表2016年6月10日閲覧。
  2. ^ JBIS スズカマンボ5代血統表2016年6月10日閲覧。
  3. ^ JBIS スズカマンボ5代血統表2016年6月10日閲覧。

母の母キーフライヤーはダンシングキイの全妹である。

半妹のスプリングサンダー(2007年生、父・クロフネ)は2011年阪神牝馬ステークスで3着、2012年阪急杯CBC賞で2着の実績を挙げている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 天皇賞馬スズカマンボが心不全で急死 14歳サンケイスポーツ 2015年2月20日閲覧
  2. ^ TCK女王盃競走優勝馬南関東4競馬場公式 2015年2月2日閲覧
  3. ^ マリーンカップ競走優勝馬 - 南関東4競馬場公式  2015年4月16日閲覧
  4. ^ サンバビーン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年9月5日閲覧。