ゴールドディガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴールドディガー
欧字表記 Gold Digger
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1962年
死没 1990年2月21日
Nashua
Sequence
母の父 Count Fleet
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケンタッキー州
生産 Leslie Combs II & Brownell Combs
競走成績
生涯成績 35戦10勝
獲得賞金 127,255ドル
テンプレートを表示

ゴールドディガーGold Digger1962年 - 1990年2月21日)は、アメリカ合衆国競走馬、および繁殖牝馬。大種牡馬ミスタープロスペクターの母として知られる。

経歴[編集]

ゴールドディガーは、1962年にレスリー・コムズ2世の所有するスペンドスリフトファームで生まれた。父ナシュアアメリカ二冠馬、母シークエンスはプリンセスパットステークス勝ちのある牝馬で、ともにスペンドスリフトファームに繋養されていた馬であった。

競走馬として1964年にデビューし、ステークス競走で5勝を挙げた。特にギャロレットステークスは連覇している。ほか、1965年のケンタッキーオークスにも出走し、アメリヴァンの2着に入っている。35戦10勝で引退し、1967年から故郷のスペンドスリフトファームで繁殖入りした。

ゴールドディガーの代表産駒となった1970年生のミスタープロスペクターは、繁殖入りから3年目に受胎した父レイズアネイティヴの牡馬であった。同馬は競走馬としてグレーヴセンドハンデキャップなどに勝ち、後に種牡馬入りしてからアメリカ競馬界を席巻する成績を残した。現在なお主流血統であるミスタープロスペクター系を介して、ゴールドディガーの名前は多くの名馬の血統表中に表記されている。

ゴールドディガーは生涯で16頭の競走馬を産んでおり、ミスタープロスペクターのほかにも第10子のリリアンラッセル(父プリンスジョン)がステークス競走で勝ちを挙げている。

また、ミスタープロスペクターが成功したことから兄弟の価格も高騰し、種牡馬として繁殖入りしたものも多い。なかでもミスタープロスペクターの全弟にあたる第6子ケンタッキーゴールドは、1974年のキーンランドイヤリングセールにおいて625,000ドルという当時のレコード価格で取引された。しかし競走馬としては4戦1勝と結果を残せず、種牡馬としても唯一の活躍馬にプエルトリコのG1馬Golden Tumigaがいる程度である。

第5子のマートルウッドラス(父リボー)は競走成績こそ一般戦2勝どまりであったが、牝系として2代先にチーフベアハート、3代先にオウケンブルースリを出している。

1984年に繁殖牝馬を引退した。それから6年後の1990年2月21日、ゴールドディガーは老衰による衰弱のため、安楽死の処分が施された。28歳であった。遺骸は同牧場内の一角に埋葬されている。

評価[編集]

主な勝鞍[編集]

※当時はグレード制未導入。

1964年(2歳)
1965年(3歳)
ギャロレットステークス、マリーゴールドステークス、ヨータンビエンハンデキャップ
2着 - ケンタッキーオークス
1966年(4歳)
ギャロレットステークス(連覇)、コロンビアナハンデキャップ

血統表[編集]

ゴールドディガー血統ナスルーラ系 / 5代内アウトブリード (血統表の出典)
父系

Nashua
1952 鹿毛 アメリカ
父の父
Nasrullah
1940 鹿毛 イギリス
Nearco Pharos
Nogara
Mumtaz Begum Blenheim
Mumtaz Mahal
父の母
Segula
1942 鹿毛 アメリカ
Johnstown Jamestown
La France
Sekhmet Sardanapale
Prosopopee

Sequence
1946 鹿毛 アメリカ
Count Fleet
1940 青鹿毛 アメリカ
Reigh Count Sunreigh
Contessina
Quickly Haste
Stephanie
母の母
Miss Dogwood
1939 黒鹿毛 アメリカ
Bull Dog Teddy
Plucky Liege
Myrtlewood Blue Larkspur
Frizeur F-No.13-c
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

参考文献[編集]

外部リンク[編集]