ナシュア (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナシュア
Nashua & Clem Brooks.jpg
欧字表記 Nashua
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1952年4月14日
死没 1982年2月3日
Nasrullah
Segula
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Belair Stud
馬主 Belair Stud
→Leslie Coms
調教師 James E. Fitzsimmons
競走成績
生涯成績 30戦22勝
獲得賞金 1,288,565ドル
テンプレートを表示

ナシュア (Nashua) は、アメリカ合衆国競走馬種牡馬プリークネスステークスベルモントステークスを制し、アメリカ二冠を達成。ラウンドテーブルに破られるまで、アメリカの生涯獲得賞金額のレコードを保持していた。大種牡馬ナスルーラの代表産駒であり、種牡馬としても成功した。主戦騎手エディ・アーキャロ

生涯[編集]

誕生[編集]

ナシュアは1952年4月14日アメリカ合衆国ケンタッキー州クレイボーンファームで生まれた。記録上ナシュアの生産者はビレア牧場となっているが、これは母セグーラの所有者W・ウッドウォードが所有していたメリーランド州の牧場である。ウッドウォードは所有する繁殖牝馬のほとんどをクレイボーンファームに預託していた。ウッドウォードはナシュアをイギリスで走らせるつもりであったがナシュアが1歳の時に死亡し、ウッドウォードの財産を相続した息子のウッドウォード・ジュニアはアメリカでデビューさせることにした。

ナシュアの父ナスルーラはクレイボーンファームが37万ドルシンジケートを組んでイギリスから輸入した種牡馬で、ナシュアはその初年度産駒にあたる。

競走馬時代[編集]

ナシュアは1954年5月5日にデビューし、この年に8戦6勝の成績を挙げてアメリカの最優秀2歳馬に選出された。ちなみに父のナスルーラはこの年の2歳リーディングサイアーとなっている。

1955年、2月に始動したナシュアは4月にかけて4連勝し、1番人気アメリカ三冠第1戦のケンタッキーダービーに出走した。しかしレースでは逃げスワップスを捉えることができず、1馬身1/2の差の2着に敗れた。その後ナシュアはプリークネスステークスベルモントステークスを優勝し二冠馬となったがスワップスはいずれの競走にも出走していなかった。

ケンタッキーダービーの後、ナシュアとスワップスはともに連勝を続け、多くの競馬場が2頭のマッチレースを企画した。両陣営はワシントンパーク競馬場が提示した条件を受け入れ、8月31日にマッチレースが行われることになった。この対決は競馬界の注目を集め、レース当日は4万人近い観客がワシントン競馬場に詰めかけた。オッズはスワップスが1.3倍、ナシュアが2.2倍であった。ナシュア陣営はスタートから積極的に逃げてスワップスを引き離す作戦を立てた。ナシュアはレース終盤になってもスワップスとの差を広げ続け、6馬身2分の1の着差をつけてマッチレースを制した。このレースの後ナシュアは9月のシスオンバイステークスでは3着に敗れたものの10月にジョッキークラブゴールドカップステークスを優勝。この年のシーズンの成績を12戦10勝とし、アメリカの年度代表馬に選出された。なお、ナシュアがこの年に獲得した賞金額75万2550ドルは1948年サイテーションが獲得した70万9470ドルを破る年間獲得賞金額のアメリカレコードであった。この年のフリーハンデではスワップスより2ポンド重い130ポンドで首位に格付けされた。

10月15日、馬主のウッドウォード・ジュニアが妻に泥棒と間違えられ射殺される事件が起こった。財産を相続した妻はビレア牧場と所有するサラブレッドすべてを処分し、ナシュアも125万1200ドルでスペンドスリフト牧場を経営するレスリー・コウムが組んだシンジケートに売却された。

1956年5月19日、キャムデンハンデキャップを優勝したナシュアの生涯獲得賞金額は110万365ドルに達し、サイテーションの持つ108万5760ドルのアメリカレコードを更新した。9月には1953年に没したW・ウッドウォードを記念して創設されたウッドウォードステークスを優勝、10月にはジョッキークラブゴールドカップステークスをダート3200mアメリカレコードを記録して勝利し、同レース2連覇を達成した。ナシュアはジョッキークラブゴールドカップステークスを最後に競走馬を引退し、種牡馬としてスペンドスリフト牧場に繋養されることになった。

競走馬引退後[編集]

種牡馬となったナシュアの人気は高く、その産駒はセリ市において平均の3倍を超える高額で取引された。種牡馬としてコーチングクラブアメリカンオークス3連覇を達成するなど、活躍馬には牝馬が多く、産駒の中で最も多くの賞金を獲得したシュヴィーも牝馬である。アメリカでは後継種牡馬には恵まれなかったが南米においてはアルゼンチンに輸出された産駒グッドマナーズが大成功し、現在でも系統を発展させている。ブルードメアサイアーとしてロベルトミスタープロスペクターなどを輩出している。

ナシュアは29歳になっても種付けをこなすなど晩年を健康に過ごした。1982年1月1日にはスペンドスリフト牧場で、ファンを招いて30歳を迎えたナシュアの誕生パーティーが催されたが間もなく体調を崩し、2月3日に安楽死処分された。なお、2度に渡って対戦したスワップスは1967年にスペンドスリフト牧場に売却され、スワップスが1972年に死ぬまでの間、2頭は同じ牧場で種牡馬として繋養された。

ナシュアは1965年アメリカ競馬殿堂入りした。代表産駒であるシュヴィーも殿堂入りしているため、父子での殿堂入りである。1999年ブラッド・ホース誌が選出した「20世紀のアメリカ名馬100選」では24位にランキングされた。

競走成績[編集]

  • 1954年(8戦6勝)
  • 1955年(12戦10勝)
    • プリークネスステークス、ベルモントスステークス、ジョッキークラブゴールドカップステークス、ウッドメモリアルステークス、アーリントンクラシックステークス、フラミンゴステークス、アーリントンクラシック、フロリダダービー、ドワイヤーステークス
  • 1956年(10戦6勝)
    • ジョッキークラブゴールドカップステークス、サバーバンハンデキャップ、モンマスハンデキャップ、ワイドナーハンデキャップ、グレイラグハンデキャップ、キャムデンハンデキャップ

主な産駒[編集]

ブルードメアサイアーとしての主な産駒[編集]

血統表[編集]

ナシュア血統ナスルーラ系 / アウトブリード(アウトクロス)) (血統表の出典)

Nasrullah
1940 鹿毛
父の父
Nearco
1935 黒鹿毛
Pharos Phararis
Scapa Flow
Nogara Havresac
Catnip
父の母
Mumtaz Begum
1932 鹿毛
Blenheim Blandford
Malva
Mumtaz Mahal The Tetrarch
Lady Josephine

Segula
1942 黒鹿毛
Johnstown
1936 鹿毛
Jamestown St.James
Mlle.Dazie
La France Sir Gallahad
Flambette
母の母
Sekhmet
1929 栗毛
Sardanapale Prestige
Gemma
Prosopopee Sans Souci
Peroraison F-No.3-m


参考文献[編集]

  • 原田俊治 『新・世界の名馬』 サラブレッド血統センター、1993年ISBN 4-87900-032-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]