中舘英二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中舘英二
Eiji-Nakadate.jpg
2009年12月19日開催の愛知杯での表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都荒川区[1]
生年月日 (1965-07-22) 1965年7月22日(52歳)[2]
身長 152.0cm[2]
体重 50.0kg[2]
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会
所属厩舎 加藤修甫(1984年 - 1998年)
フリー(1998年 - 2001年)
田村康仁(2001年 - 2002年)
フリー(2002年 - 2011年)
松山康久(2012年 - 2014年)
フリー(2014年 - )
初免許年 1984年
騎手引退日 2015年1月25日
重賞勝利 34勝(うち地方交流4勝)
G1級勝利 4勝(うち地方交流1勝)
通算勝利 18130戦1869勝[3]
(うち地方競馬435戦46勝)
調教師情報
初免許年 2015年
テンプレートを表示

中舘 英二(なかだて えいじ、1965年7月22日 - )は日本中央競馬会(JRA)美浦トレーニングセンター所属の調教師、元騎手。騎手時代には3度の年度表彰を受賞したヒシアマゾンなどに騎乗し、GI級競走4勝、通算1869勝を挙げている。

平成27年度新規調教師免許試験に合格し、2015年3月1日に厩舎を開業した。

来歴[編集]

1965年、東京都荒川区に生まれる。父は競馬関係者ではなかったが、競馬評論家・予想家の宮城昌康と親交があり[注 1]、また母もパートタイムで中山競馬場内の馬券売り場に勤めるなど、競馬との繋がりを持つ家庭であった[4]。中学校在学中に騎手を志し、その卒業後、中央競馬の騎手養成長期課程に第32期生として入所。この翌年から競馬会が千葉県白井市競馬学校を開設したため、従来使用された東京都世田谷区馬事公苑で養成された最後の世代となった[5]。主な同期生には木幡初広鹿戸雄一[6]出津孝一谷中公一坂本勝美らがいる。

自身の回想によれば、養成所では「馬乗りが半端じゃなく下手で、超劣等生」であったが[7]、当時の教官であった中俣修の叱咤激励を受けて努力を重ね[7]、1984年に騎手免許を取得。2年次の厩舎実習を行った美浦トレーニングセンターの加藤修甫厩舎所属としてデビューを迎えた。

騎手時代[編集]

同年3月に初戦を迎え、5月6日にトドロキキングで初勝利を挙げる[2]。しかし以後二度の騎乗停止処分を受けるなど精彩を欠き、初年度は7勝に終わった。しかし翌1985年は、加藤の後押しもあり39勝と躍進。さらに当年の秋から厩舎の期待馬であるアサヒエンペラー主戦騎手を任された。しかし自身の騎乗ミスもあり皐月賞東京優駿といった大競走でいずれも惜敗し、ファン・評論家などから批判を集める結果となった。のちに中舘は「あれがあったから、今もめげないで頑張れるんだと思います」と語っている[7]。以後は騎乗数の少なさもあり、長らく年間20-30勝前後の成績で推移する中堅騎手として過ごした。

デビュー9年目を迎えた1992年、ブランドアートでフラワーカップを制し、重賞初勝利を挙げる。さらに翌1993年12月、ヒシアマゾンに騎乗して阪神3歳牝馬ステークスをレコードタイムで制し、GI競走初制覇を果たした。中舘と同馬のコンビは翌1994年にGI・エリザベス女王杯を含む重賞6連勝を達成。1995年には大きな獲得タイトルこそなかったものの、通年で戦線の中心を担う活躍を見せた。

ヒシアマゾンの登場と前後して騎乗依頼が増え始め、1990年代後半からは関東の上位騎手として定着。2000年以降は主戦場をローカル開催[注 2]に移して騎乗数を増やし[8]、2001年には自身初の年間100勝を達成した。2005年から2009年までは毎年100勝以上の成績を維持し、2005年、2006年には目標としていたワールドスーパージョッキーズシリーズ出場を果たしている。2007年にはアストンマーチャンスプリンターズステークスを制し、ヒシアマゾンのエリザベス女王杯以来13年ぶりのGI勝利。2009年3月には史上12人目となる通算1500勝を達成した。2013年もローカル中心ながらも順調に勝ち鞍を伸ばしていたが、5月29日付けの自己のブログで「勉強の時間を取りたい」と発言し、これまでレースの騎乗記などを書いていたブログの更新を今後行わない旨の意思を明らかにした。また騎乗自体はその前週を最後に騎乗をしていなかったが、10月26日の新潟競馬で復帰した[9]

2014年12月11日、JRAより2015年度新規調教師免許試験の合格が発表された。これに伴い、2015年1月25日を以って騎手を引退した(2015年の騎乗は、引退日の25日及び前日の24日のみであった)。25日には騎乗した中山競馬場で引退セレモニーが行われたが、後述する福島競馬場での功績が大きいことから、「福島競馬記者クラブ特別賞」を受賞することになり、引退後(調教師開業後)の2015年4月26日に授賞式が行われることになっている[10]

騎手としての特徴[編集]

デビュー4年目の1987年に、年頭から4か月間未勝利を記録するスランプに陥った。このとき加藤から「追い込み馬でも構わないから、どの馬でもどのレースでもハナ行ってみろ[注 3]」と助言され[11]、以来逃げ戦法を得意としている。「逃げの中舘」とのイメージを完全に定着させたのは、大逃げで人気を博したツインターボとのコンビで[12]、この頃には同じく逃げを得意とした2000勝騎手・増沢末夫になずらえ、「増沢二世」とも称された[13]。また、増沢は福島を大の得意としていたが、やはり中舘も福島を得意としており、毎年福島開催の最多勝を獲得している。また、関西圏の中京小倉での活動も増やしており、ローカルを主戦場として以降、勝利の半数以上は関西馬で挙げている[14]

ローカル開催での活躍が顕著である一方、重賞・GI級競走での勝利が、通算勝利数といった数字上の実績からは極端に少ないことも指摘される。これについて中舘は、「表舞台で重賞・クラシックに乗るか、それとも裏に回って数多く勝つか。ぼくは迷うことなく後者を選びました」と語っている[8]。この背景には、2002年まで「1000勝騎手は調教師免許試験の第一次が免除される」という規定があったことが大きく関係しており、将来調教師を目指すに当たり「まさかその恩恵がなくなるとは思わなかったので」1000勝を達成するためにローカルを回るしかないと決意したという[8]。大舞台を諦めてどのようにモチベーション保つのか、との問いに対しては、「確かにGIと未勝利戦での喜びの大きさは違うのかも知れないけど、どんなレースでもひとつ勝つと凄く嬉しいんです。乗り役は、1着でゴールを過ぎてから馬を止めるまでの間に、なんともいえない充実感にひたることができるんです」と語っている[8]

騎手成績[編集]

年度別成績(JRA)[編集]

区分 1着 2着 3着 4着以下 騎乗数 勝率 連対率 備考
1984年 平地 7 11 10 87 117 .060 .171
障害 0 2 0 2 4 .000 .500
1985年 平地 39 27 30 245 341 .114 .194
1986年 平地 35 32 31 186 284 .123 .236
1987年 平地 20 26 35 194 275 .073 .167 通算100勝達成(11月27日)
1988年 平地 27 29 35 211 302 .089 .185
1989年 平地 31 39 17 200 287 .108 .244
1990年 平地 30 23 27 232 312 .096 .170 フェアプレー賞(関東)
1991年 平地 24 19 28 217 288 .083 .149
1992年 平地 38 27 43 302 410 .093 .159
1993年 平地 47 45 36 365 493 .095 .187 フェアプレー賞(関東)
1994年 平地 67 56 40 377 540 .124 .228 フェアプレー賞(関東)
1995年 平地 48 51 48 428 575 .083 .172
1996年 平地 60 55 61 411 587 .102 .196
1997年 平地 59 54 48 462 623 .095 .181 通算500勝達成(7月4日)
フェアプレー賞(関東)
1998年 平地 57 44 54 464 619 .092 .163
1999年 平地 58 46 64 551 719 .081 .145 フェアプレー賞(関東)
2000年 平地 72 84 52 546 754 .095 .207
2001年 平地 100 85 81 549 815 .123 .227 中京競馬記者クラブ賞
2002年 平地 92 89 72 629 882 .104 .205 フェアプレー賞(関東)
2003年 平地 73 74 74 553 774 .094 .190
2004年 平地 81 78 94 639 892 .091 .178 通算10000回騎乗達成(史上11人目・1月5日)
通算1000勝達成(史上19人目・3月28日)
2005年 平地 105 91 79 591 866 .121 .226
2006年 平地 103 95 69 642 909 .113 .218 フェアプレー賞(関東)
2007年 平地 107 73 66 600 846 .126 .213
2008年 平地 105 78 76 615 874 .120 .209 中京競馬記者クラブ賞
フェアプレー賞(関東)
2009年 平地 104 86 58 636 884 .118 .215 通算1500勝達成(史上12人目・2月15日)
フェアプレー賞(関東)
2010年 平地 68 50 54 558 730 .093 .162
2011年 平地 81 70 59 621 731 .111 .207
2012年 平地 52 34 27 430 542 .096 .159 フェアプレー賞(関東)
2013年 平地 24 13 9 216 262 .092 .141
2014年 平地 9 10 6 137 162 .056 .117
2015年 平地 0 0 0 4 4 .000 .000
平地 1,823 1,594 1,483 12,791 17,691 .103 .193
障害 0 2 0 2 4 .000 .500
総計 1,823 1,596 1,483 12,797 17,699 .103 .193
日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1984年3月4日 2回中山4日8R 5歳上400万下 レイズタガ 16 - 9着
初勝利 1984年5月6日 2回東京6日7R 5歳上400万下 トドロキキング 15 - 1着
重賞初騎乗 1985年7月7日 1回福島8日11R 七夕賞 ニューギャロップ 13頭 13 2着
重賞初勝利 1992年3月21日 2回中山7日11R フラワーカップ ブランドアート 14頭 10 1着
GI初騎乗 1986年4月13日 3回中山8日11R 皐月賞 アサヒエンペラー 21頭 3 3着
GI初勝利 1993年12月5日 5回阪神2日11R 阪神3歳牝馬S ヒシアマゾン 15頭 2 1着

表彰[編集]

主な騎乗馬[編集]

※括弧内は中舘騎乗時の優勝競走。

GI級競走優勝馬

その他重賞競走優勝馬

調教師成績[編集]

出典: [24]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2015年3月2日 2回中京1日6R 4歳上500万下 キネオフライト 13頭 12 7着
初勝利 2015年5月2日 1回新潟1日12R 春日山特別 ブリリアントアスク 10頭 7 1着
重賞初出走 2015年7月26日 2回函館6日11R 函館2歳ステークス アルマククナ 16頭 9 10着
重賞初勝利 2016年1月11日 1回中山4日11R フェアリーステークス ビービーバーレル 16頭 3 1着
GI初出走 2016年4月10日 2回阪神6日11R 桜花賞 ビービーバーレル 18頭 12 9着

主な管理馬[編集]

※括弧内は中舘管理下における優勝重賞競走、太字はGI級競走、斜字は地方競馬の重賞。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ のちに中舘は宮城の長女と結婚している。
  2. ^ 中央競馬場全10場のうち、東京、中山、京都、阪神を「中央」、それ以外の6場を「ローカル」と呼ぶ。
  3. ^ ハナに行く=先頭からレースを進める、逃げるを意味する俗語。
  1. ^ No.74 中舘 英二(なかだて えいじ)”. 公益財団法人荒川区芸術文化振興財団. 2016年4月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 調教師8名、梶 晃啓・中舘 英二騎手が引退”. JRA (2015年10月20日). 2016年4月8日閲覧。
  3. ^ 3月より厩舎を新規開業!中舘英二師の戦略と挑戦”. 競馬ラボ. 2016年4月8日閲覧。
  4. ^ 木村(1997)p.155
  5. ^ 中舘「いい騎手人生でした」5度胴上げ”. 日刊スポーツ新聞社. 2016年4月8日閲覧。
  6. ^ 木幡初広騎手がJRA通算1万回騎乗達成!!”. 競馬ラボ. 2016年4月8日閲覧。
  7. ^ a b c 『優駿』2009年4月号 p.46
  8. ^ a b c d 『優駿』2009年4月号 p.44
  9. ^ “中舘5カ月ぶり復帰「また頑張る」今週から土日とも新潟”. スポニチアネックス. (2013年10月24日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2013/10/24/kiji/K20131024006867420.html 2015年7月28日閲覧。 
  10. ^ “中舘 英二騎手が「福島競馬記者クラブ特別賞」を受賞” (プレスリリース), 日本中央競馬会, (2015年2月24日), http://www.jra.go.jp/news/201502/022401.html 2015年3月1日閲覧。 
  11. ^ 木村(1997)p.159
  12. ^ 『優駿』2009年4月号 p.47
  13. ^ 木村(1997)p.153
  14. ^ 『優駿』2009年4月号 p.45
  15. ^ a b 平成14年度厩舎関係者表彰決まる”. ケイバブック. 2016年4月8日閲覧。
  16. ^ 2006年度厩舎関係者表彰決まる”. ケイバブック. 2016年4月8日閲覧。
  17. ^ 17日(日)に中山・京都競馬場で厩舎関係者の表彰式”. 日経ラジオ社. 2016年4月8日閲覧。
  18. ^ 13日(日)、中山と京都で厩舎関係者表彰式 [News]”. 日経ラジオ社. 2016年4月8日閲覧。
  19. ^ 平成13年度厩舎関係表彰者決まる”. ケイバブック. 2016年4月8日閲覧。
  20. ^ 「競馬ニホン」の中央競馬情報サービス 2008年12月”. 競馬ニホン. 2016年4月8日閲覧。
  21. ^ オーブルチェフ”. netkeiba.com. 2016年4月8日閲覧。
  22. ^ エンゲルグレーセ”. netkeiba.com. 2016年4月8日閲覧。
  23. ^ サカラート”. netkeiba.com. 2016年4月8日閲覧。
  24. ^ 中舘英二の年度別成績|競馬データベース”. netkeiba.com. 2015年7月28日閲覧。
  25. ^ 木村(1997)p.156

参考文献[編集]

外部リンク[編集]