斎藤新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 齋藤新
斎藤 新
Arata Saito IMG 1510-1 20190623.jpg
2019年6月23日、阪神競馬場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県[1]
生年月日 (2001-02-09) 2001年2月9日(21歳)[1]
身長 164.6 cm[2]
体重 47.2 kg[2]
血液型 O型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 安田隆行(栗東)(2019年3月1日 - )
初免許年 2019年
免許区分 平地・障害
テンプレートを表示

齋藤 新(さいとう あらた、2001年2月9日 - )は、中央競馬 (JRA)・栗東トレーニングセンター騎手

旧字体の使用が認められていないJRAおよびマスコミ各社の表記ルールにより、一部の地方競馬を除いて競馬中継や新聞・雑誌では斎藤 新と表記される[3]

父はJRA調教師斎藤誠[4]

来歴[編集]

茨城県出身。物心が付いた頃から競馬場に連れて行ってもらい、人馬一体となっている姿に感動して騎手を志すようになる[5]。子供の頃は、馬が怖かったが、乗馬クラブに通うことで次第に慣れ[1]2013年11月3日、中学1年生の時に東京競馬場で行われた第5回ジョッキーベイビーズで優勝[1]。表彰式では「将来は騎手になりたい」とインタビューで述べた。

2016年競馬学校騎手課程に入学[6]2019年2月、競馬学校騎手課程を卒業(第35期[注 1])。卒業式当日に行われた卒業供覧の模擬レースを勝利して競馬学校チャンピオンシップ総合優勝者に輝き、アイルランド大使特別賞と模範賞を受賞した[7]

父は美浦所属の調教師であるが、「一緒にいると甘えているように見られるので。お互い離れていた方がためになると思った」との理由から栗東所属を選択し、2019年3月に安田隆行厩舎から騎手デビュー[5]。デビュー翌日の3月3日の小倉第4競走(3歳未勝利)を自厩舎のアルファライズで制し、デビューから10戦目で初勝利を挙げた[1]。同期の中では一番乗りの白星であった[4][8]。さらに、同日の7R(4歳以上500万下)では父の管理馬オーケストラに騎乗して1着となり、通算2勝目を親子のタッグで飾った[9]

デビュー年ながら地方交流のスパーキングレディーカップ (JpnIII) では父が管理するマドラスチェックとコンビを組み重賞初騎乗を果たした(4着)。また函館記念 (GIII) では同じく父の厩舎のブラックバゴに騎乗し、第36回ホープフルステークス (GI) では初GI騎乗も果たす(クリノブレーヴ、13着)など[10]、JRAで42勝を挙げ、2016年の木幡巧也以来となるJRA賞最多勝利新人騎手を受賞[1]、加えて「中央競馬年間ホープ賞・関西」も受賞した[11]

2020年7月5日、単勝13番人気のラブカンプーCBC賞 (GIII) を制し、重賞初勝利を挙げた[12]

人物[編集]

目標とする騎手は川田将雅。夢は凱旋門賞を勝つこと。 茗溪学園中学出身[13]

主な騎乗馬[編集]

騎乗成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2019年3月2日 1回小倉7日目1R 3歳未勝利 クーファピーカブー 14頭 3 5着
初勝利 2019年3月3日 1回小倉8日目4R 3歳未勝利 アルファライズ 16頭 7 1着
重賞初騎乗 2019年7月24日 2回函館4日目11R 函館記念 ブラックバゴ 16頭 13 14着
重賞初勝利 2020年7月5日 4回阪神2日目11R CBC賞 ラブカンプー 16頭 13 1着
GI初騎乗 2019年12月28日 5回中山9日目11R ホープフルステークス クリノブレーヴ 13頭 13 13着
GI初勝利

年度別成績[編集]

年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率
2019年 42 44 38 572 .073 .150 .217
2020年 35 36 39 696 .050 .102 .158
2021年 34 37 37 611 .056 .116 .177
中央 111 117 114 1879 .059 .121 .182
地方 4 2 2 20 .200 .300 .400
  • 情報はJRA騎手名鑑より。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『優駿』2020年2月号、46頁。
  2. ^ a b 騎手名鑑. JRA. 2019年3月3日閲覧
  3. ^ 令和2年度 騎手免許試験(更新)合格者 - 日本中央競馬会 2020年2月11日
  4. ^ a b 斎藤新騎手がルーキー初勝利一番乗り!父は斎藤誠調教師…小倉4R”. 競馬ラボ (2019年3月3日). 2019年3月3日閲覧。
  5. ^ a b 斎藤新、父の夢は僕が叶える いよいよジョッキーデビュー 父は美浦の調教師”. netkeiba.com (2019年3月1日). 2019年3月3日閲覧。
  6. ^ 斎藤師長男など8名 来年度競馬学校騎手課程合格者が発表. UMA-JiN(2015年10月26日付). 2019年2月13日閲覧
  7. ^ a b JRA競馬学校騎手課程卒業式 岩田ジュニアの望来君「日本でも海外でも活躍」. スポーツ報知(2019年2月12日付). 2019年3月3日閲覧
  8. ^ 斎藤新が小倉4Rを自厩舎馬で新人騎手初V!”. サンケイスポーツ (2019年3月3日). 2019年3月3日閲覧。
  9. ^ 2019/03/03 小倉9R レース情報(JRA)”. netkeiba.com. 2019年3月3日閲覧。
  10. ^ 斎藤新 クリノブレーヴでGI初騎乗 - 競馬ニュース”. netkeiba.com. 2019年12月19日閲覧。
  11. ^ 斎藤新騎手、新人最多42勝/中央競馬年間ホープ賞” (日本語). 日刊スポーツ. 2020年1月1日閲覧。
  12. ^ 騎手の重賞初制覇、夏場に相次ぐ 不人気馬で好走” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年10月20日閲覧。
  13. ^ 2019年度 調教師・騎手免許試験合格者 斎藤新”. JRA (2019年2月12日). 2019年3月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • 優駿編集部「斎藤新 目標を達成した先に」『優駿』914号、日本中央競馬会、2020年、 p46。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]