見習騎手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

見習騎手(みならいきしゅ)とは、騎手免許を取得して間もない騎手のことをいう。

概要[編集]

騎手免許を取得したばかりの騎手は他の騎手に比べ競走経験が浅く技術が低いものが多く、他の経験豊富な騎手と同一条件で競走で争った場合には不利になる状況が多々発生する。その結果、騎乗機会にも恵まれず経験を蓄積したり技術の向上にも影響を与えるため負担重量における減量措置をとり、騎乗機会を与えることで条件面で優位にし経験を積ませている。これを減量騎手と言う。減量制度によって、これまであまり良い成績を残せていなかった馬が競走に勝利した事例は少なくない。俗に「負担重量が1kg軽いと1馬身違う」と言われている。

国によっては見習騎手を対象とした免許を発行し、一定期間経過後にその間の騎乗実績などを考慮したうえで本免許に切り替えるといったシステムを採っているところもある。また、フランスなど見習騎手によるランキングで表彰する国・主催者もある。

なお、かつての日本では騎手免許取得を目指し調教師に弟子入り中の者と騎手免許取得から間もない者を併せて「見習騎手」と呼んでいた。

見習騎手は重賞での騎乗が制限される場合がある。

見習騎手限定競走を実施する主催者もあり、ドバイマカオでは毎年見習騎手による招待競走が行われているほか、東アジア圏でも「アジアヤングガンズチャレンジ」の名称で2009年より見習騎手による国際招待競走が行われている。日本の中央競馬における事例については「中央競馬の若手騎手」節を参照。

中央競馬の見習騎手[編集]

日本の中央競馬においては、騎手免許取得3年未満で通算勝利度数100回以下(中央競馬のみ)の騎手のことを指す。競馬用語では「アンチャン」とも言われる。「若手騎手」と呼ぶ場合は見習騎手以外の騎手をも含む場合が多い(詳細は後述)。

現在の減量制度と騎乗制限[編集]

現在、中央競馬における見習騎手の減量制度はハンデキャップ競走と特別競走(重賞競走も含まれる)を除く一般競走に適用される。減量制度は騎手免許取得5年目までなので、5年を過ぎると勝利度数に関わらず減量の特典は無くなる。デビューから5年の間はこの減量を活かして成績を残す騎手もいる。そういった騎手は減量が無くなっても将来的には騎乗依頼も多くなる。逆に減量の特典がある間に成績を残せなかった場合は、減量が無くなった場合に騎乗依頼が少なくなり、障害競走への騎乗にシフトするケースもある。実際に減量があるので見習騎手を起用するといった関係者は多い。

減量制度を適用している見習騎手についてはJRA発行のレーシングプログラム、競馬新聞スポーツ新聞等に掲載される出走表に以下のような「▲」「△」「☆」の印で減量されていることを表している。なお、見習騎手が特別競走などに騎乗した場合は減量制度が適用されない。

減量 条件
1kg 勝利度数51回以上100回以下
2kg 勝利度数31回以上50回以下
3kg 勝利度数30回以下

また、JRAの内規により平地・障害の各競走問わず通算勝利度数が31回に満たない騎手はGIおよびJpnI競走に騎乗することができない(障害のJ・GI競走は除く)。

中央競馬の見習騎手の歴史[編集]

1980年代以前は単に騎手免許取得3年未満の騎手のことを見習騎手と呼んでいた。2kg・3kg減には勝利数の上限が存在したが1kg減に関しては勝利数の上限が存在せず、騎手免許取得3年未満であればどれだけ勝利していても1kg減の恩恵を受けることができた。また競走面でも1980年代前半まではオープンクラスの一般競走(いわゆる「平場オープン」)もあったため、一線級の馬が出走する際の負担重量を減らすために見習騎手で挑むこともよく行われている。

しかし、1980年代後半に入り武豊を始めとする当時の若手騎手がデビュー直後から数多くの勝利を挙げるようになり、特に武は2年目より関西リーディング首位になるなどリーディングジョッキーが重量の恩恵を受ける状態となり「ベテラン騎手以上の勝利数を挙げている騎手に減量の恩恵を与えるのは制度の趣旨に反する」[要出典]などの意見が高まり、1994年に制度が改正され、現在のように1kg減に関しても勝利数の上限が設けられるに至っている。

2004年には勝利度数の規定が変更され、「3kg減(▲)」が「勝利度数20回以下」→「30回以下」、「2kg減(△)」が「21 - 30回」→「31 - 50回」、「1kg減(☆)」が「31 - 100回」→「51 - 100回」となっている。

しかし、2000年代に入ると、地方競馬出身騎手や外国人騎手が通年免許や短期免許を取得できるようになったことやエージェント(騎乗依頼仲介者)制導入もあり、一部のトップ騎手に騎乗馬が偏る傾向がみられるようになり、見習期間解除後に騎乗機会に恵まれず、若くして引退する騎手もみられるようになった[1]

このためJRAでは「若手騎手の騎乗環境を整え、騎手の育成を図る」ため、2015年11月18日2016年度の競馬番組発表において、2016年3月1日より見習騎手の負担重量の減量期間について「騎手免許取得3年未満→5年未満」へ延長することを発表した[2]。この見直しにより、騎手免許取得から3年が経過し負担重量の減量適用が解除されていた3名の騎手[3]について、改めて3月1日より負担重量の減量が適用されている[4]

中央競馬の若手騎手[編集]

現在、中央競馬においては「騎手免許取得7年未満であって通算勝利度数100回以下」の騎手のことを若手騎手と呼ぶ。これは2004年より若手騎手限定競走が設けられ、騎乗できる騎手が対象である。若手騎手限定競走は競馬開催日の1競走のみ、主に「第3場の平地未勝利ないし500万下条件の一般戦」で設定される。ただし、極稀に主場の特別競走として設定されることもある[5]。見習騎手に対しては、特別競走でない限りは、上記で述べた減量制度も合わせて適用される。

若手騎手の定義は、2004年から2008年2月までは「騎手免許取得後6年未満」であったが、2008年3月から「7年未満」へと変更された。勝利度数の規定に関しては当初から変動はない。

地方競馬の見習騎手[編集]

地方競馬における見習騎手の取り扱いは主催者ごとに異なる。減量の対象となる勝利度数も主催者ごとに開催日数が異なるため差がある。女性騎手に対して1kgの減量を設けている主催者では、見習騎手に対する減量と合わせて4kg減量となる場合もある。

主催者によっては見習騎手の騎乗できる競走を制限している。川崎競馬場南関東4場)所属の町田直希のように、免許期間や勝数が規定に満たないものの減量解除申請を行い受理され、減量が解除されて騎乗できる競走の制限も解除された事例もある。[6]

なお、中央競馬の見習騎手が交流競走などで騎乗する際は、主催者によって対応が分かれている。例として、2016年に騎手免許を取得した藤田菜七子が地方競馬へ遠征の際に一般競走にも騎乗しているが、南関東4場においてはJRAの見習騎手が騎乗する際の減量については明文化された規定がなく、各主催者の番組ごとの対応になったために、デビュー時に騎乗した川崎競馬の例に則り、その後騎乗した浦和競馬船橋競馬においても減量が適用されなかった。その反面、高知競馬では「20勝以下の女性騎手4kg減(「★」印)」が適用され、金沢競馬では女性騎手の1kg減だけ適用された。なお、重賞や特別競走での減量はいずれの競馬場でもなかった[7]

ばんえい競馬[編集]

減量 条件
10kg 以下のいずれか一方のみに該当する場合
  1. 女性騎手
  2. 通算勝利度数が50勝未満の騎手、あるいは免許取得5年以下で通算勝利度数が50勝以上100勝未満かつ当該年度で10勝未満の騎手
20kg 上記の両方に該当する場合
  • 減量条件の変更は出馬投票ごとに行われる。規定の勝数となっても、出馬投票が完了している競走では減量条件の変更はない。
  • 特別競走・重賞競走では減量は適用されない。

ホッカイドウ競馬[編集]

2014年現在の規定は以下の通り[8]

減量 条件
1kg 初騎乗から3年以内であって30勝未満
2kg 初騎乗から3年以内であって20勝未満
3kg 初騎乗から3年以内であって10勝未満
  • 減量は普通競走ならびにC級4組での特別競走にのみおいて適用される。ただしC級4組の特別競走においては、3kgの減量は適用されず2kgとなる。
  • 10勝未満かつホッカイドウ競馬における騎乗歴が1年未満の騎手は、重賞競走及びJRA交流競走にて騎乗できない。

岩手(盛岡・水沢)[編集]

2017年4月時点[9]

減量 条件
1kg 免許取得後5年未満で51勝以上100勝以下
2kg 免許取得後5年未満で31勝以上50勝以下
3kg 免許取得後5年未満で30勝以下

女性騎手はさらに1kg減(4kg減騎手は★印)。

南関東4場[編集]

減量 条件
1kg 新規免許取得日から2年以上、3年未満または50勝未満[6]
2kg 新規免許取得日から1年以上、2年未満または25勝未満
3kg 新規免許取得日から1年未満または10勝未満

なお、内規で南関東SI競走などには減量騎手は騎乗できない。

名古屋競馬場・笠松競馬場[編集]

減量 条件
1kg 新規免許取得日から1年以上、3年未満もしくは80勝未満
2kg 新規免許取得日から1年以上、2年未満もしくは50勝未満
3kg 新規免許取得日から1年未満もしくは25勝未満

女性騎手は上の条件にかかわらず、1kg(☆)減量する。減量条件の変更は開催ごとに行われる。開催の途中で規定の勝数となっても減量条件の変更は次回の開催からとなる。

金沢競馬場[編集]

兵庫(園田・姫路)[編集]

減量 条件
1kg 20勝未満
2kg 10勝未満

高知競馬場[編集]

減量 条件
1kg 100勝以下または女性騎手
2kg 30勝以下
3kg 20勝以下
4kg 20勝以下の女性騎手

騎手免許の通算取得期間が3年未満、勝利数が100勝以下の騎手が重賞競走、交流競走及び招待競走のいずれかでもない競走に騎乗する場合に限る。ただし、本人の申出により減量しない場合がある。女性騎手は、負担重量から1kg減ずる。

佐賀競馬場[編集]

減量 条件
1kg 新規免許取得日から2年以上、3年未満もしくは100勝未満
2kg 新規免許取得日から1年以上、2年未満もしくは60勝未満
3kg 新規免許取得日から1年未満もしくは40勝未満
4kg 新規免許取得日から1年未満もしくは40勝未満の女性騎手

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 見習騎手の減量期間を16年度から「5年」に延長 - スポーツ報知 2015年9月26日
  2. ^ “2016年度競馬番組等について” (プレスリリース), 日本中央競馬会, (2015年11月18日), http://www.jra.go.jp/news/201511/111801.html 2015年11月19日閲覧。 
  3. ^ 改めて3月1日付で減量期間が適用されたのは、中井裕二(2012年免許取得、1kg減)、長岡禎仁(2012年免許取得、2kg減)、原田和真(2012年免許取得、3kg減→2016年8月20日騎乗分より2kg減)となっている。なお、いずれも免許取得から5年に達する2017年2月28日まで(または期間内に勝利度数101回以上に到達した場合)で減量適用は解除される。
  4. ^ “見習騎手の負担重量の減量期間延長について” (プレスリリース), 日本中央競馬会, (2016年3月3日), http://www.jra.go.jp/news/201603/030302.html 2016年9月15日閲覧。 
  5. ^ 例として、2013年5月26日の東京競馬第5競走に「ホープフルジョッキーズ」と銘打たれた、若手騎手限定の特別競走が組まれたことがある。この競走では若手騎手のほか、同じく若手騎手の杉原誠人の落馬負傷による急遽の騎手変更で、若手騎手ではない松岡正海も騎乗している。ホープフルジョッキーズ 結果 - スポーツナビ
  6. ^ a b 南関東4場では1kgの減量が適用されている騎手は申請により減量を解除できる。 南関東4競馬場 番組について
  7. ^ JRA見習騎手の地方での減量 斎藤修「地方競馬に吠える」- netkeiba.com 2016年4月15日
  8. ^ 平成26年度 北海道地方競馬番組編成要領
  9. ^ 負担重量減量基準の変更について”. 岩手競馬オフィシャルページ (2017年3月31日). 2017年9月2日閲覧。