ヒシアマゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒシアマゾン
HishiAmazon.JPG
1995年10月8日 京都競馬場
現役期間 1993 - 1996年
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1991年3月26日(26歳)
死没 -
Theatrical
Katies
母の父 Nonoalco
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケンタッキー州
生産 マサイチロウ アベ[1]
馬主 阿部雅一郎
調教師 中野隆良美浦北
厩務員 小泉守男
競走成績
生涯成績 20戦10勝
獲得賞金 6億9582万9000
テンプレートを表示

ヒシアマゾン日本で走った元競走馬で、現在は繁殖牝馬アメリカで生まれ日本で調教を受けた外国産馬である。1993年JRA賞最優秀3歳牝馬1994年JRA賞最優秀4歳牝馬1995年JRA賞最優秀5歳以上牝馬JRA賞の部門名はいずれも当時のもの)。

主戦騎手中舘英二。デビュー2戦目と最終レースの有馬記念のみ、江田照男河内洋がそれぞれ騎乗した。

馬齢は旧表記(数え年)で統一する。

戦績[編集]

1993年9月19日の新馬戦を中舘英二騎手とのコンビで快勝。続くプラタナス賞、京成杯3歳ステークスと2戦連続で2着した後の阪神3歳牝馬ステークスで2着ローブモンタントに5馬身差をつけて圧勝し、一躍牝馬のスターダムに躍り出た。

明けて1994年春、当時は外国産馬クラシックへの出走が認められていなかったため、裏街道を歩むことになった。年明け緒戦の京成杯こそ2着に敗れたものの、続くクイーンカップクリスタルカップニュージーランドトロフィー4歳ステークスといずれも1番人気に応えて快勝した。特にクリスタルカップで見せた残り100mでの4馬身差を差し、逆に1馬身差をつけた驚異の追い込みは、井崎脩五郎が20世紀のベストレースの1つにあげている。

秋シーズンもクイーンステークスローズステークスを連勝し、迎えたエリザベス女王杯では優駿牝馬優勝馬チョウカイキャロルとの叩きあいをハナ差制し、重賞6連勝[2]で名実ともに4歳最強牝馬となった。

主戦騎手であった中舘英二によると、エリザベス女王杯までのレース戦術について、他の馬と一枚も二枚も力が違っていたことから「負けてはいけない立場だったので、後ろから行って、大外を通って、着差は小さくても最後に勝てばいいというレースをしていた」と説明した[3]

続く有馬記念では並み居る古牡馬が揃っていたが、相手は三冠馬ナリタブライアン1頭に絞ったレース運びをし、4コーナー付近でヒシアマゾンはナリタブライアンに競りかけたが、ナリタブライアンはこれまで以上の瞬発力を発揮して後続を突き放しており、ヒシアマゾンも勢いを保持したままを追走して3着以下には2 1/2馬身差をつけたが、結果的に優勝したナリタブライアンから3馬身差の2着に敗れた[4]

同年のレース戦績は、エリザベス女王杯を含む6連勝、有馬記念2着が評価され最優秀4歳牝馬に選出された。

5歳となった1995年は、春にアメリカ遠征に挑戦するもレース直前に脚部不安に見舞われ帰国、帰国後緒戦の高松宮杯ではそれまでの実績から圧倒的1番人気に支持されたものの、スタートから折り合いを欠き逃げる形になってしまい5着に敗れ、デビューからの連続連対記録が12で途絶えるなど、上半期は不本意なシーズンになった。

しかし秋になり、オールカマー京都大賞典を圧勝し、完全復調をアピール。外国産馬であるため天皇賞(秋)には出走することはできず、迎えたジャパンカップでは、直線鋭く追い込んだものの先に抜け出したランドに1馬身半及ばず2着に敗れたが、負けてなお強しの印象であった。続く有馬記念ではその年不調のナリタブライアンを抑えて1番人気に推されたものの、スタートでの出遅れもあり5着に終わった。

1996年、6歳になると順調さを欠き、安田記念は10着、エリザベス女王杯は2位入線も斜行により7着降着、有馬記念は5着に敗れ、結果的にこれが最後のレースとなった。

1997年京王杯スプリングカップの出走を目指し調整していたが、同年4月30日に右前脚浅屈腱炎の発症により、現役生活を断念して引退となった[5]

なお、当初オーナーサイドは「ヒシアマゾネスで馬名登録申請したものの却下され、この名前になったという。

引退後[編集]

引退後は繁殖入り、初年度はオーナーの夢の配合ではあったもののヒシマサル(GIII3勝)が種付けされたことは物議を醸した。故郷のテイラーメイドファームに戻りヒシマサルとの仔(のちのヒシアンデス)を出産した後は、そのままテイラーメイドファームで繁殖生活を送ることになる。アメリカで種付けされた産駒であるヒシシルバーメイド・ヒシバラードが日本で競走馬になったが初年度産駒のヒシアンデスも含め、いずれも大成はしなかった。現在もアメリカで繁殖牝馬生活を送っているが、アメリカで競走馬になった産駒にも大成した産駒はいない。それもあってか最近は日本にも産駒が来ることはなくなった。しかしセリ市では比較的高値で取り引きされている産駒が多い。2007年9月10日に行われたキーンランド・セプテンバー・イヤリングセールにおいて、2006年に出産した産駒(父:Fusaichi Pegasusの牡馬)が29万ドル(約3300万円)で落札された。同年11月8日付で、2005年に出産した産駒であるヒシラスターがJRAに競走馬登録された。

競走馬としての成績が良かった牝馬は繁殖入りしてもいい仔を出せないという例は多々あり、ヒシアマゾンも例に漏れず、繁殖牝馬としては苦戦が続いている。日本の一部の生産関係者の間では、世界でも比較的優秀な種牡馬が多くなっている日本に買い戻して、残りの繁殖生活を日本で送らせようという声もあるが、実現には至っていない。その一方で、ヒシアマゾンの兄弟近親がこぞって輸入されている。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 レース名 人気 着順 距離 タイム(上3F 着差 騎手 斤量 勝ち馬/(2着馬) 馬体重
1993 9. 19 中山 3歳新馬 1人 1着 ダ1200m(良) 1:13.7 (38.7) クビ 中舘英二 53 (ノボリリュウ) 474
10. 24 東京 プラタナス賞 3人 2着 ダ1400m(良) 1:26.3 (38.5) 0.1秒 江田照男 53 ミツルマサル 478
11. 13 東京 京成杯3歳S GII 6人 2着 芝1400m(良) 1:22.9 (34.7) 0.0秒 中舘英二 53 ヤマニンアビリティ 474
12. 5 阪神 阪神3歳牝馬S GI 2人 1着 芝1600m(良) R1:35.9 (36.5) 5身 中舘英二 53 (ローブモンタント) 474
1994 1. 9 中山 京成杯 GIII 1人 2着 芝1600m(良) 1:34.2 (36.6) 0.3秒 中舘英二 55 ビコーペガサス 470
1. 30 東京 クイーンC GIII 1人 1着 芝1600m(良) 1:35.1 (35.9) クビ 中舘英二 55 (エイシンバーモント) 474
4. 16 中山 クリスタルC GIII 1人 1着 芝1200m(良) 1:08.5 (34.7) 1身 中舘英二 53 (タイキウルフ) 474
6. 5 東京 NZT4歳S GII 1人 1着 芝1600m(良) 1:35.8 (34.3) 1/2身 中舘英二 54 (マチカネアレグロ) 464
10. 2 中山 クイーンS GIII 1人 1着 芝2000m(稍) 2:02.9 (35.8) 1 1/2身 中舘英二 54 (ジョウノバタフライ) 478
10. 23 阪神 ローズS GII 1人 1着 芝2000m(良) 2:00.0 (35.3) 1身 中舘英二 55 (アグネスパレード) 480
11. 13 京都 エリザベス女王杯 GI 1人 1着 芝2400m(良) 2:24.3 (34.8) ハナ 中舘英二 55 チョウカイキャロル 480
12. 25 中山 有馬記念 GI 6人 2着 芝2500m(良) 2:32.7 (35.2) 0.5秒 中舘英二 53 ナリタブライアン 478
1995 7. 9 中京 高松宮杯 GII 1人 5着 芝2000m(良) 2:03.0 (37.2) 0.4秒 中舘英二 57 マチカネタンホイザ 480
9. 18 中山 オールカマー GII 1人 1着 芝2200m(稍) 2:16.3 (34.9) クビ 中舘英二 57 アイリッシュダンス 480
10. 8 京都 京都大賞典 GII 1人 1着 芝2400m(良) 2.25.3 (34.3) 2 1/2身 中舘英二 57 (タマモハイウェイ) 484
11. 26 東京 ジャパンC GI 2人 2着 芝2400m(良) 2:24.8 (34.7) 0.2秒 中舘英二 57 ランド 484
12. 24 中山 有馬記念 GI 1人 5着 芝2500m(良) 2:34.6 (35.7) 1.0秒 中舘英二 55 マヤノトップガン 488
1996 6. 9 東京 安田記念 GI 1人 10着 芝1600m(良) 1:33.9 (35.4) 0.8秒 中舘英二 56 トロットサンダー 482
11. 10 京都 エリザベス女王杯 GI 5人 *7着 芝2200m(良) 2:14.3 (34.2) 中舘英二 56 ダンスパートナー 492
12. 22 中山 有馬記念 GI 5人 5着 芝2500m(良) 2:35.0 (37.0) 1.2秒 河内洋 54 サクラローレル 500
  • 1 (*)2位入線、降着
  • 2 タイム欄のRはレコード勝ちを示す。

血統表[編集]

ヒシアマゾン血統ノーザンダンサー系 / Nearctic4×3=18.75%) (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヌレイエフ系ノーザンダンサー系
[§ 2]

Theatrical
1982 鹿毛
父の父
Nureyev
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Special Forli
Thong
父の母
*ツリーオブノレッジ
Tree of Knowledge
1977 鹿毛
Sassafras Sheshoon
Ruta
Sensibility Hail to Reason
Pange

Katies
1981 黒鹿毛
*ノノアルコ
Nonoalco
1971 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Seximee Hasty Road
Jambo
母の母
Mortefontaine
1969 鹿毛
*ポリック
Polic
Relic
Polaine
Barbantia Honeyway
Parthaven F-No.7-f
母系(F-No.) Katies系(FN:7-f) [§ 3]
5代内の近親交配 Nearctic4×3、Pharos=Fairway5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ ヒシアマゾン 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com ヒシアマゾン 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  3. ^ [6]JBISサーチ ヒシアマゾン 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com ヒシアマゾン 5代血統表2017年8月30日閲覧。

  父シアトリカルは名種牡馬、母ケイティーズアイルランド1000ギニー優勝馬と血統は一流である。

  • 半兄 ヒシアリダー(父:Alydar ) 種牡馬 現役時代はオープンクラスまで昇級したが、オープンクラスでの勝ち星はなし。
  • 半妹 ヒシナイル(父:A.P. Indy)(フェアリーステークス
  • 全妹 ヒシピナクル(ローズステークス)
  • 近親 アドマイヤムーンスリープレスナイト
    • アドマイヤムーンは母の母ケイティーズファースト(父Kris)が、スリープレスナイトは母ホワットケイティーディド(父Nureyev)がヒシアマゾンの半姉にあたる。

脚注[編集]

  1. ^ 生産牧場はテイラーメイドファーム
  2. ^ この記録はメジロラモーヌタマモクロスタイキシャトル(同馬は重賞6連勝後に国外重賞競走の1勝を挟んでまたJRAでの重賞競走を1勝しての重賞8連勝を達成したが、JRAのレースのみでの連勝ではないため、重賞8連勝は参考記録扱いである)、オグリキャップと並ぶタイ記録であった。この重賞連勝記録は2000年テイエムオペラオーによって更新された。
  3. ^ 女傑たちの記憶 中舘英二が語るヒシアマゾン×ナリタブライアン〔1〕 - Number 2009年10月9日
  4. ^ 女傑たちの記憶 中舘英二が語るヒシアマゾン×ナリタブライアン〔2〕 - Number 2009年10月9日
  5. ^ 中央競馬を振り返る 1997年5月:5/1(木) - 競馬ニホン
  6. ^ 平出貴昭 (2014年9月17日). “『覚えておきたい日本の牝系100』収録の全牝系一覧”. 競馬“血統”人生/平出貴昭. 2017年9月9日閲覧。

外部リンク[編集]