ショウワモダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショウワモダン
Showa Modern 20100606P1.jpg
2010年6月6日 東京競馬場
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 2004年3月31日[1]
死没 2011年12月2日(7歳没)
抹消日 2011年6月8日
エアジハード
ユメシバイ
生国 日本の旗 日本(千歳産)[1]
生産 社台ファーム[1]
馬主 山岸桂市[1]
調教師 杉浦宏昭美浦[1]
競走成績
生涯成績 47戦10勝[1]
獲得賞金 3億5405万円[1]
テンプレートを表示
第60回安田記念(2010年6月6日)

ショウワモダン日本競走馬である。2010年安田記念の勝ち馬。同競走の勝利は父エアジハードとの父仔制覇であり、祖父サクラユタカオーから続いての内国産父仔3代連続のGI勝利でもある[2]。名前の由来意味は「昭和を偲んで」[3]

戦績[編集]

2006年7月にデビュー[4]。2007年1月の6戦目で初勝利を挙げ、2008年2月、斑鳩ステークスを勝利してオープン入り[4][5]。その後は一時準オープンへ降級するも、同年11月のノベンバーステークスを逃げ切って再度オープンクラスへ昇級[4][6]。その後の1年でオープン特別を2勝し、2010年4月のダービー卿チャレンジトロフィーで重賞初勝利[7]。続くメイステークスも59㎏を背負いながら連勝し、中1週で安田記念へ向かう[8]

8番人気で迎えた安田記念では、1000m通過が56.3秒、1400mの通過がコースレコードを上回る速い流れを中団から追走[9][10]。直線外から伸びて先頭に立ち、さらに外から伸びてきたスーパーホーネットを1/2馬身抑えてG1初勝利を挙げた[10]。勝ち時計1:31.7はレースレコード[11]。39戦目での国内GI初勝利は、グルメフロンティアトウカイポイントの35戦を上回る史上最多キャリアだった[11]。安田記念勝利後はフランスへの遠征プランも出たが、以後の8戦は全て着外に敗れる[12][13]

2011年、出走を予定していた安田記念の追いきり後に鼻出血を発症したため引退が決まり、同年6月8日付けで競走馬登録を抹消された[14][15]。引退後は馬事公苑乗馬となったが、登録抹消から約半年後の12月2日に馬事公苑内の馬房で事故により窒息死した[16]

特徴[編集]

6歳にしてGI初勝利をあげたショウワモダン。安田記念まで連勝した3戦は良馬場だったが、それまでは重馬場、不良馬場を得意とし、同条件では6戦して3勝、2着1回の好成績を上げ、「道悪の鬼」と呼ばれていた[13][14]。道悪専用との評価が定着していた同馬だったが、6歳になり苦手な高速馬場を克服。調教師の杉浦宏昭は本格化の要因について「何もしてない。馬が勝手に強くなった」「気持ちが安定して自信がついたのだろう」と話した[11][17]。また、直接的な要因かどうかは定かではないが、馬っ気が強くなるにつれて成績が上昇したとの声もあった[18]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 距離(馬場) 頭数 オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量
(kg)
1着馬(2着馬)
2006. 7. 1 福島 2歳新馬 芝1200m(稍) 15 4.0 (2人) 6着 1:12.2 (36.6) 1.4 大野拓弥 51 ピンクカメオ
7. 15 新潟 2歳未勝利 ダ1200m(不) 13 3.7 (2人) 3着 1:13.2 (37.2) 0.3 中舘英二 54 ムラマサノヨートー
11. 5 東京 2歳未勝利 ダ1600m(良) 13 8.6 (6人) 2着 1:39.0 (38.3) 0.3 松岡正海 55 ニードルポイント
11. 19 東京 2歳未勝利 ダ1600m(良) 16 2.0 (1人) 2着 1:39.7 (39.4) 0.8 的場勇人 52 プロミスフェアー
12. 10 中京 2歳未勝利 ダ1700m(稍) 13 1.3 (1人) 2着 1:49.1 (38.7) 0.0 大野拓弥 53 ツルマルキセキ
2007. 1. 7 中山 3歳未勝利 芝1600m(重) 15 3.6 (2人) 1着 1:36.7 (36.9) -0.3 大野拓弥 54 (ジャックローズ)
1. 21 中山 若竹賞 芝1800m(良) 14 4.8 (2人) 1着 1:50.3 (35.4) -0.1 松岡正海 56 (トウカイファイン)
3. 18 中山 スプリングS JpnII 芝1800m(良) 11 22.9 (7人) 4着 1:49.5 (37.2) 0.5 勝浦正樹 56 フライングアップル
4. 7 中山 ニュージーランドT JpnII 芝1600m(良) 16 25.5 (9人) 8着 1:34.3 (35.3) 0.4 横山典弘 56 トーホウレーサー
7. 1 福島 ラジオNIKKEI賞 JpnIII 芝1800m(良) 16 38.7 (12人) 11着 1:48.3 (36.0) 0.6 大野拓弥 54 ロックドゥカンブ
10. 27 東京 紅葉特別 芝1600m(不) 15 10.0 (5人) 1着 1:37.1 (36.5) -0.2 勝浦正樹 54 (スズノオオゴン)
12. 8 中山 冬至S 芝1800m(良) 16 14.7 (7人) 8着 1:40.1 (35.4) 0.3 勝浦正樹 56 リキッドノーツ
12. 15 中山 仲冬S 芝1600m(良) 16 15.9 (6人) 2着 1:34.1 (35.7) 0.2 大野拓弥 54 リザーブカード
2008. 2. 4 東京 早春S 芝1800m(良) 16 5.9 (3人) 4着 1:47.5 (35.2) 0.5 勝浦正樹 56 マイネルキッツ
2. 24 京都 斑鳩S ダ1400m(良) 16 4.5 (1人) 1着 1:24.7 (37.8) -0.4 C.ルメール 55 (ダノンムロー)
4. 6 中山 ダービー卿CT GIII 芝1600m(良) 16 30.5 (12人) 6着 1:34.5 (34.3) 0.3 勝浦正樹 54 サイレントプライド
4. 19 阪神 マイラーズC GII 芝1600m(良) 15 21.6 (9人) 10着 1:34.2 (35.1) 0.6 岩田康誠 57 カンパニー
6. 15 東京 エプソムC GIII 芝1800m(良) 18 31.7 (8人) 6着 1:46.3 (35.6) 0.4 蛯名正義 56 サンライズマックス
8. 2 新潟 新潟日報賞 芝1600m(良) 16 7.1 (4人) 13着 1:33.7 (34.6) 0.9 蛯名正義 57 バトルバニヤン
11. 16 東京 ノベンバーS 芝1800m(良) 16 10.9 (4人) 1着 1:48.2 (34.0) -0.0 村田一誠 57 (キタノリューオー)
12. 6 阪神 鳴尾記念 GIII 芝1800m(良) 17 38.3 (9人) 16着 1:48.2 (38.5) 2.5 村田一誠 56 サクラメガワンダー
2009. 1. 10 中山 ニューイヤーS OP 芝1600m(良) 14 9.3 (5人) 2着 1:34.9 (35.6) 0.0 後藤浩輝 55 マヤノツルギ
1. 31 東京 東京新聞杯 GIII 芝1600m(不) 16 12.2 (6人) 9着 1:38.1 (38.2) 1.2 勝浦正樹 56 アブソリュート
3. 14 中山 東風S OP 芝1600m(不) 16 4.3 (2人) 1着 1:36.5 (36.7) -0.6 藤田伸二 55 タケミカヅチ
4. 5 中山 ダービー卿CT GIII 芝1600m(良) 15 7.5 (5人) 8着 1:34.0 (34.9) 0.3 蛯名正義 56 タケミカヅチ
5. 10 京都 都大路S OP 芝1600m(良) 18 6.8 (4人) 9着 1:33.9 (34.9) 0.9 藤田伸二 56 ライブコンサート
5. 30 東京 欅S OP ダ1400m(不) 16 6.7 (4人) 6着 1:22.8 (34.8) 0.7 松岡正海 56 ダイショウジェット
6. 21 福島 福島テレビOP OP 芝1800m(重) 15 3.7 (1人) 2着 1:48.9 (36.3) 0.0 松岡正海 56 トーホウレーサー
9. 13 中山 京成杯AH GIII 芝1600m(良) 16 26.6 (8人) 10着 1:32.7 (34.7) 0.6 村田一誠 56 ザレマ
10. 4 阪神 ポートアイランドS OP 芝1600m(良) 18 29.5 (8人) 12着 1:34.5 (35.8) 1.1 中舘英二 56 クラウンプリンセス
11. 21 福島 福島記念 GIII 芝2000m(良) 16 60.6 (15人) 11着 1:59.4 (36.6) 0.8 勝浦正樹 56 サニーサンデー
12. 19 中山 ディセンバーS OP 芝1800m(良) 9 18.1 (7人) 1着 1:48.5 (34.4) -0.0 横山典弘 56 (タガノサイクロン)
2010. 1. 16 中山 ニューイヤーS OP 芝1600m(良) 16 20.7 (7人) 9着 1:34.0 (36.6) 1.0 勝浦正樹 57 レッドスパーダ
1. 31 東京 根岸S GIII ダ1400m(良) 16 90.0 (15人) 16着 1:26.1 (38.4) 2.4 江田照男 56 グロリアスノア
2. 28 中山 中山記念 GII 芝1800m(不) 16 17.5 (5人) 3着 1:52.5 (38.1) 0.8 後藤浩輝 57 トーセンクラウン
3. 14 中山 東風S OP 芝1600m(良) 14 11.1 (5人) 3着 1:34.1 (34.5) 0.2 後藤浩輝 57 フィフスペトル
4. 4 中山 ダービー卿CT GIII 芝1600m(良) 16 16.6 (7人) 1着 1:34.3 (33.7) -0.2 後藤浩輝 56 (マイネルファルケ)
5. 22 東京 メイS OP 芝1800m(良) 16 14.7 (6人) 1着 1:45.7 (34.5) -0.3 後藤浩輝 59 (シルポート)
6. 6 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 18 13.9 (8人) 1着 1:31.7 (34.6) -0.1 後藤浩輝 58 スーパーホーネット
10. 10 東京 毎日王冠 GII 芝1800m(良) 10 4.9 (2人) 9着 1:47.2 (35.5) 0.8 後藤浩輝 59 アリゼオ
10. 23 東京 富士S GIII 芝1600m(良) 17 8.9 (3人) 14着 1:33.6 (35.1) 0.8 後藤浩輝 59 ダノンヨーヨー
10. 31 東京 天皇賞 (秋) GI 芝2000m(稍) 18 48.9 (12人) 16着 2:00.6 (36.1) 2.4 柴田善臣 58 ブエナビスタ
11. 21 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 18 30.9 (11人) 17着 1:32.9 (35.1) 1.1 後藤浩輝 57 エーシンフォワード
2011. 2. 6 東京 東京新聞杯 GIII 芝1600m(良) 16 44.0 (9人) 15着 1:34.0 (35.1) 1.5 後藤浩輝 60 スマイルジャック
4. 3 阪神 ダービー卿CT GIII 芝1600m(良) 18 30.7 (10人) 7着 1:33.6 (33.8) 0.3 後藤浩輝 59 ブリッツェン
4. 17 阪神 マイラーズC GII 芝1600m(良) 18 62.8 (12人) 5着 1:32.8 (33.6) 0.5 横山典弘 59 シルポート
5. 14 東京 京王杯SC GII 芝1400m(良) 17 17.9 (8人) 14着 1:21.3 (34.4) 1.1 後藤浩輝 59 ストロングリターン
  • 出典: netkeiba[19]

血統表[編集]

ショウワモダン血統 (血統表の出典)[§ 1]

エアジハード
1995 栗毛
サクラユタカオー
1982 栗毛
*テスコボーイ Princely Gift
Suncourt
アンジェリカ *ネヴァービート
スターハイネス
アイシーゴーグル
1987 栗毛
*ロイヤルスキー Raja Baba
Coz o'Nijinsky
シャダイアイバー *ノーザンテースト
*サワーオレンジ

ユメシバイ
1990 黒鹿毛
*トニービン
Tony Bin
1983 鹿毛
*カンパラ Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
ヨドセンリョウ
1975 黒鹿毛
*エルセンタウロ Sideral
Planetaria
*リリーオブザナイル Never Bend
Nile Lily
父系 プリンスリーギフト系
[§ 2]
母系(F-No.) (FN:10-a) [§ 3]
5代内の近親交配 Nasrullah:S5×M5, Hyperion:S5×M5 [§ 4]
出典
  1. ^ ショウワモダン > 血統情報:5代血統表”. JBBA. 2015年7月11日閲覧。
  2. ^ ショウワモダン 5代血統表”. 競馬ラボ. 2015年7月11日閲覧。
  3. ^ ショウワモダン > 血統情報:5代血統表”. JBBA. 2015年7月11日閲覧。
  4. ^ ショウワモダン > 血統情報:5代血統表”. JBBA. 2015年7月11日閲覧。

主な近親[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j ショウワモダン”. JBBA. 2015年7月11日閲覧。
  2. ^ a b c d 安田記念 G1 重賞ウイナーレポート”. JBBA. 2015年7月11日閲覧。
  3. ^ “昨年の安田記念馬・ショウワモダンが競走馬登録抹消”. 競馬ラボ. (2011年6月8日). http://keibalab.jp/topics/8730/ 2015年7月11日閲覧。 
  4. ^ a b c “ショウワモダンが押し切る/ディセンバーS”. 競馬ラボ. (2009年12月19日). http://keibalab.jp/topics/2764/ 2015年7月11日閲覧。 
  5. ^ “若竹賞、ショウワモダン差し切り”. netkeiba. (2007年1月21日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=18275 2015年7月11日閲覧。 
  6. ^ “【ノベンバーS】(東京)~ショウワモダン しぶとく逃げ切る”. ラジオNIKKEI. (2008年11月16日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/entry-158971.html 2015年7月11日閲覧。 
  7. ^ “ショウワモダンが重賞初勝利【ダービー卿CT】”. 競馬ラボ. (2010年4月4日). http://keibalab.jp/topics/3745/ 2015年7月11日閲覧。 
  8. ^ “ショウワモダン連勝の勢いで安田記念へ/東京メイン・メイS”. デイリースポーツ (netkeiba). (2010年5月23日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=46204 2015年7月11日閲覧。 
  9. ^ 柏木集保 (2010年6月7日). “安田記念”. netkeiba. 2015年7月11日閲覧。
  10. ^ a b “ショウワモダンが3連勝でマイル王の座に/安田記念”. netkeiba. (2010年6月6日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=46579 2015年7月11日閲覧。 
  11. ^ a b c “モダン39戦目G1初制覇/安田記念”. 日刊スポーツ. (2010年6月7日). http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20100607-638704.html 2015年7月11日閲覧。 
  12. ^ “ショウワモダンはジャックルマロワ賞も視野に”. デイリースポーツ (netkeiba). (2010年6月19日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=46838 2015年7月11日閲覧。 
  13. ^ a b ショウワモダン競走成績”. JBBA. 2015年7月11日閲覧。
  14. ^ a b “ショウワモダン鼻出血で無念の引退”. 日刊スポーツ. (2011年6月2日). http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20110602-784515.html 2015年7月11日閲覧。 
  15. ^ ショウワモダン号が競走馬登録抹消”. JRA - 日本中央競馬会 (2011年6月8日). 2012年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月8日閲覧。
  16. ^ ショウワモダン号が死亡”. JRA - 日本中央競馬会 (2011年12月2日). 2012年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月2日閲覧。
  17. ^ “【安田記念】1着ショウワモダン”. スポーツニッポン. (2010年6月7日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/special/jockeycoment/2010yasuda/KFullNormal20100607193.html 2015年7月11日閲覧。 
  18. ^ “ナンパ師ショウワモダンは好調持続/安田記念”. デイリースポーツ (netkeiba). (2010-06-04accessdate=2015-07-11). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=46521 
  19. ^ ショウワモダンの競走成績”. netkeiba. 2015年7月11日閲覧。
  20. ^ ユメノシルシ”. JBBA. 2015年7月11日閲覧。
  21. ^ ダービー卿ChT G3 重賞ウイナーレポート”. JBBA. 2015年7月11日閲覧。
  22. ^ ショウワモダン > 血統情報:牝系情報”. JBBA. 2015年7月11日閲覧。
  23. ^ アスワン”. JBBA. 2015年7月11日閲覧。

外部リンク[編集]