ハートレイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハートレイク
欧字表記 Heart Lake
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1991年4月22日
死没 1999年9月24日(8歳没)
Nureyev
My Darling One
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 シェイク・モハメド
馬主 ゴドルフィン
調教師 ジョン・オックスアイルランド
サイード・ビン・スルール (UAE)
競走成績
生涯成績 17戦6勝
獲得賞金 2万5790ポンド
45万香港ドル
11万ディルハム
1億6522万2000
テンプレートを表示

ハートレイクHeart Lake1991年 - 1999年)は、イギリス生まれのサラブレッド競走馬、および種牡馬

ゴドルフィン所有の外国馬ながら、日本では4戦(中央競馬)をこなし、重賞を2勝した。日本では武豊が騎乗し、1995年安田記念ではサクラチトセオーを、1996年京王杯スプリングカップではタイキブリザードを破って優勝している。

戦績[編集]

※馬齢は旧表記に統一する。

4歳[編集]

ハートレイクのデビューは5月と遅かったが、マイケル・キネーンが手綱を取ってデビュー勝ちした。続く2戦目のバリコーラスステークス(準重賞)は2着、3戦目は1着と好成績を収め、英国GⅢ・クリテリオンステークスに挑んだ。重賞初挑戦だったが4着に敗れた。

それでも、ハートレイクはアイルランドのGⅢ・コンコルドステークスで優勝し重賞ウイナーの仲間入りを果たした。が、次走のGⅢ・デズモンドステークスで1位で入線するが、進路妨害で失格となってしまう。この後、デビュー4ヶ月で6戦というハードローテーションだったこともあり、一旦休養に入った。4ヶ月の休養後、沙田競馬場のGⅢ・香港国際ボウルで復帰。鞍上にはランフランコ・デットーリを迎えたが、3着に終わった。

5歳[編集]

年が明けて、ナド・アルシバ競馬場での一般競走を勝利すると、日本へ遠征。上述のように、鞍上には武豊を起用した。安田記念の前哨戦、京王杯スプリングカップでは5着に敗れたが、本番の安田記念では見事優勝を果たした。外国調教馬が安田記念を優勝したのは、史上初のことであった。

GI制覇を成し遂げたハートレイクの次走はニューマーケット競馬場でのジュライカップ。再びデットーリを鞍上に迎えるが、1着馬レイクコニストンから22馬身、8着馬からも10馬身離された9着と殿負けを喫し、再び休養に入った。

6歳[編集]

年明けに復帰したハートレイクはアブダビでの2戦を61kgという酷量を背負いながら2着に好走すると、ナドアルシバマイル4着後、再び日本へやってくることになった。59kgの斤量を背負いつつも京王杯スプリングカップを優勝する。しかし、安田記念では2番人気ながら12着と大敗を喫する。そして、次走のサセックスステークスで9着に敗れたのを最後に引退した。

引退後[編集]

1997年から社台スタリオンステーション種牡馬として供用されていたが、1999年9月24日にシャトル供用先のオーストラリアの牧場で、種付け中の事故のため、死亡した。

代表産駒[編集]

母の父としての主な産駒[編集]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 人気 着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム 着差 勝ち馬/(2着馬)
1994 5. 1 ゴウランパーク 未勝利 14 (1人) 1着 キネーン 55.5 芝7F(重) 1:35.0 2 1/2 (Hamseh)
6. 8 レパーズタウン バリコーラスS 準重 5 (1人) 2着 キネーン 56 芝7F(良) 1:33.5 3/4 Wandering Thoughts
6. 19 ゴウランパーク クールモアレース 4 (1人) 1着 キネーン 56 芝8F(良) 1:46.7 3 (Sandy Desert)
6. 25 ニューマーケット クリテリオンS G3 6 (2人) 4着 コクレーン 54 芝7F(稍) 1:26.8 2 Hill Hopper
7. 21 ティペラリー コンコルドS G3 6 (2人) 1着 ムルタ 55 芝7F(良) 1:34.4 1 1/2 (Unusual Heat)
8. 13 カラー デズモンドS G3 10 (3人) 失格 ムルタ 56 芝8F(良) Bin Ajwaad
12. 11 沙田 香港国際ボウル G3 14 3着 デットーリ 55.5 芝1400m(良) 1:22.3 1 Soviet Line
1995 1. 1 ナドアルシバ 一般競走 2 1着 キャロル 58 ダ1600m(重) 1:39.04 4 (Wafayt)
4. 22 東京 京王杯SC GII 18 (4人) 5着 武豊 56 芝1400m(良) 1:21.6 0.3 ドゥマーニ
5. 14 東京 安田記念 GI 18 (4人) 1着 武豊 58 芝1600m(良) 1:33.2 0.0 サクラチトセオー
7. 13 ニューマーケット ジュライC G1 9 (5人) 9着 デットーリ 60 芝6F(良) 1:15.9 22 Lake Coniston
1996 1. 26 アブダビ プレジデンツCプレップ 3 2着 キャロル 61 芝1400m(良) 1:20.9 1 1/2 Faltaat
2. 9 アブダビ プレジデンツC 6 2着 キャロル 61 芝1400m(良) 1:20.3 0.1 Diffident
3. 27 ナドアルシバ ナドアルシバマイル 11 4着 デットーリ 60 ダ1600m(速) 1:36.4 5 (Tereshkova)
5. 11 東京 京王杯SC GII 15 (5人) 1着 武豊 59 芝1400m(良) 1:21.1 0.1 タイキブリザード
6. 9 東京 安田記念 GI 17 (2人) 12着 武豊 58 芝1600m(良) 1:33.9 0.8 トロットサンダー
7. 31 グッドウッド サセックスS G1 10 (10人) 9着 リード 60.5 芝8F(良) 19 1/2 First Island

血統表[編集]

ハートレイク血統ノーザンダンサー系 / Native Dancer4×4=12.50%、Hyperion5×5=6.25%、Nasrullah5×5=6.25% (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヌレイエフ系ノーザンダンサー系
[§ 2]

Nureyev
1977 黒鹿毛
父の父
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
父の母
Special
1969 鹿毛
Forli Aristophanes
Trevisa
Thong Nantallah
Rough Shod

My Darling One
1981 栗毛
Exclusive Native
1965 栗毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Exclusive Shut Out
Good Example
母の母
Princess Marshua
1974 鹿毛
Prince John Princequillo
Not Afraid
Marshua Nashua
Emardee F-No.16
母系(F-No.) 16号族(FN:16) [§ 3]
5代内の近親交配 Native Dancer4×4、Hyperion5×5、Nasrullah5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ ハートレイク 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com ハートレイク 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ ハートレイク 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ ハートレイク 5代血統表2017年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]