キヨヒダカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キヨヒダカ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1978年2月23日
ホープフリーオン
シカドール
母の父 シカボーイ
生国 日本の旗 日本
北海道勇払郡鵡川町
生産 日胆上水牧場
馬主 清峯隆
調教師 森安弘昭美浦
競走成績
生涯成績 42戦10勝
獲得賞金 2億1690万3000円
テンプレートを表示

キヨヒダカは、日本競走馬。旧6歳時に中央競馬重賞競走3勝を挙げた。ダートコースを問わず短距離・中距離路線で活躍した。

競走成績[1][編集]

馬齢は旧表記を用いる。

美浦トレーニングセンター森安弘昭厩舎に所属したキヨヒダカは、3歳時(1980年)デビュー戦で2着となったあと、中京競馬場の未勝利戦(ダート1000m)で初勝利をあげる。

4歳(1981年)になってクラシック路線を目指して、1勝馬の身ながら重賞競走に挑戦する。中山競馬場での京成杯、同じく中山競馬場でのスプリングステークスと連続で3着になり、クラシック第1弾皐月賞の出走権を獲得する。

6番人気となった皐月賞では、ここまでと同様先行して見せ場を作るも13着に敗れる。その後、東京優駿(日本ダービー)出走をかけてオープン競走に出走するも6着に終わり出走権は得られなかったが、この後はダートの競走で圧勝すると、芝の条件特別でも安定した成績を残す。

5歳時(1982年)は中京競馬場での芝の条件特別を勝ったあと、中山競馬場ダート1800mのオープン特別を1分49秒0のレコードタイムで快勝。札幌競馬場で3戦するもいいところがなかった(7着・5着・3着)が、函館競馬場での巴賞(芝1800m)を勝ち、芝のスピードレースでも通用するところを見せる。この後の函館競馬場での2戦は惨敗するも、休養後のダービー卿チャレンジトロフィーで2着に入り、いよいよ充実の6歳を迎える。

6歳時(1983年)は初戦の中山競馬場ダート1800mのオープン特別を1分48秒5のレコードタイムで快勝[2]。続くダートのオープン特別は6着だったが、スプリンターズステークス2着、京王杯スプリングハンデキャップ3着、そして、新潟大賞典では、初騎乗の増沢末夫を背に1番人気に応え重賞初勝利を飾る。

続く安田記念は、翌年からJRAG1競走になったものの、この年は格付けの無いハンデキャップマイル重賞であったが、桜花賞優勝馬のブロケードを鼻差退け、重賞を連勝する。更に1戦をはさんで、秋の京王杯オータムハンデキャップも勝ち、この年重賞3勝目を飾る。

秋は、毎日王冠に挑むも7着。福島民報杯も3着に敗れる。

7歳時(1984年)はJRAG1になった安田記念で果敢に先行し5着に粘るも、それ以降8歳(1985年)までは、よい成績を残せずに引退する。

全盛期の強い勝ち方を見ていると、もう1年グレード制の導入が早く、短距離路線が整備されていれば、相当の成績を残したであろう。一流のマイラーであり、ダートの適性もかなりのものであった。

長らく中山競馬場ダート1800mのレコードホルダーであるため、競馬新聞等の出馬表に名前が掲載されている関係上、JRAG1級を勝っていないこの時代の馬にしては一般ファンにも知られている。

血統[編集]

ホープフリーオンは、競走成績10戦3勝と平凡であったが、アメリカ合衆国種牡馬アリダーの全兄である。他の主な産駒としては、ロングヒエンマイラーズカップ)や、タケノヒエン(毎日杯スプリングステークス)などがある。 母シカドールからは、新潟グランプリ勝ちのキヨハク、9勝をあげたキヨヒホウなどが出ている。

血統表[編集]

キヨヒダカ血統レイズアネイティヴ系ネイティヴダンサー系) / Bull Lea 父内5x5=6.25%、 Asterus 母内5x5=6.25%) (血統表の出典)
父系

*ホープフリーオン
Hopefully On
1972 栗毛 アメリカ
父の父
Raise a Native
1961 栗毛 アメリカ
Native Dancer Polynesian
Geisha
Raise You Case Ace
Lady Glory
父の母
Sweet Tooth
1965 鹿毛 アメリカ
On-and-On Nasrullah
Two Lea
Plum Cake Ponder
Real Delight

シカドール
1965 鹿毛 日本
Sica Boy
1951 鹿毛 フランス
Sunny Boy Jock
Fille de Soleil
Sica Meridien
Sylla
母の母
*パーミーン
Parmene
1958 鹿毛 イギリス
Pardal Pharis
Adargatis
Dynamene My Babu
Anne of Essex F-No.2-i
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

引退後[編集]

オーナーのキヨミネ牧場で種牡馬となる。初年度1986年4頭に種付け、産駒2頭。1987年5頭種付け、産駒4頭。成績がふるわなくなってから種牡馬となったため配合牝馬はわずかであった。

が、その初年度に生まれた2頭のうちの1頭であるヒダカハヤトが3歳時(1988年)に新馬戦に勝利した。4歳時(1989年)では、父内国産馬限定重賞のカブトヤマ記念を8番人気で見事逃げ切り。8歳時(1993年)にも、10番人気で出走した日刊スポーツ賞金杯を逃げ切り優勝。同年のカブトヤマ記念は、1番人気でまたも逃げ切り優勝と、父キヨヒダカに3つもの重賞制覇をプレゼントした。

また、妹のキヨヒホウから生まれたレオリュウホウは、4歳時(1998年)のセントライト記念を10番人気で勝ち、馬連万馬券の波乱を演出。6歳時(2000年)の日経賞では、ステイゴールドメイショウドトウグラスワンダーと言った面々を相手に勝利する[3]

勝鞍[編集]

  • 3歳 - 未勝利
  • 4歳 - 400万下、錦秋特別(800万下)
  • 5歳 - ガーネットステークス(1300万下)、オープン、巴賞
  • 6歳 - 初春賞(1800万下)、新潟大賞典、安田記念、京王杯オータムハンデ

脚注[編集]

  1. ^ netkeiba.com
  2. ^ このレコードタイムは2016年11月現在も残っており、プレミアムサンダーに0秒1更新されるまで、長く日本レコードでもあった。
  3. ^ このレースの単勝配当は、19390円。ステイゴールドとの馬連配当は、47470円

参考文献[編集]

外部リンク[編集]