シャダイアイバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャダイアイバー
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1979年2月23日
死没 2000年2月4日
(21歳没・旧22歳)
ノーザンテースト
サワーオレンジ
生国 日本の旗 日本北海道早来町
生産 社台ファーム早来
馬主 吉田善哉
調教師 二本柳俊夫美浦
競走成績
生涯成績 7戦3勝
獲得賞金 7030万8000円
テンプレートを表示

シャダイアイバー日本競走馬繁殖牝馬。1982年の第43回優駿牝馬(オークス)に優勝した。全妹新潟記念優勝馬のダイナオレンジ、孫に1999年度JRA賞最優秀短距離馬最優秀父内国産馬エアジハード がいる。

経歴[編集]

脚部に慢性的な不安を抱えた馬で、デビューは4歳時の3月と非常に遅かった。素質が高く見込まれていたということもなく初戦も6着と凡走していたが、その後オークスまでに2勝を挙げ、滑り込みでの同レース出走を果たす。

鞍上は2戦目より手綱を取っていた加藤和宏で、抜けた実力馬がおらず人気が拮抗するなか7番人気という評価だった。レース直前に1番人気の桜花賞優勝馬リーゼングロスが放馬するというアクシデントがあったが、同馬は捕獲後、異常なしとしてそのまま発走を迎えた。レースではそれぞれ 2、3番手で先行したシャダイアイバーとリーゼングロスが直線入り口から抜け出し、激しい競り合いとなる。500メートルに渡る競り合いの末に、ゴール前でシャダイアイバーが半馬身競り勝って1着。重賞初制覇をクラシックで果たすと共に、史上最短記録となるデビュー78日目でのオークス優勝を果たした。

その後屈腱炎を発症し長期休養を余儀なくされる。復帰後2戦したがいずれも凡走し、安田記念16着を最後に競走馬を引退。社台ファーム千歳で繁殖牝馬となった。

産駒成績[編集]

繁殖牝馬としても好素質馬を数々送り出したが、1993年のクラシック戦線で皐月賞3位入線(斜行により8着に降着)、NHK杯2着、東京優駿(日本ダービー)4着の成績を残したガレオンは、ダービーの競走中に骨折しそのまま競走馬引退、フジキセキの主戦を務めた角田晃一に「フジキセキより強いかも知れない」と評価されたステッペンウルフは、条件戦4連勝から重賞初挑戦となった函館記念4着の後、脚部不安を生じてレースに出走できなくなり引退となっている。母に似て脚部の弱さから大成しきれなかった産駒もいるなど、産駒から重賞優勝馬は送り出せなかった。それでもブラウンアイボリー、オークツリー、ガレオン、ステッペンウルフと産駒4頭がオープン馬となる優秀な繁殖成績を残している。孫世代以降の牝系からはGI競走2勝のエアジハード、重賞2勝のプレシャスカフェステイヤーズステークスを勝利したペインテドブラックなど数々のオープン馬が出ている。

エピソード[編集]

2007年に企画された往年の名騎手を集めてのエキシビジョン競走・第1回ジョッキーマスターズが施行された際、出場騎手に名を連ねた加藤和宏は、シャダイアイバーに騎乗したオークス優勝時の服色で出場した。

血統表[編集]

シャダイアイバー血統ノーザンテースト系 / Lady Angela4×3=18.75%(父内)、Hyperion5*4×5=12.50%) (血統表の出典)

*ノーザンテースト
Northern Taste 1971
栗毛 カナダ
父の父
Northern Dancer 1961
鹿毛 カナダ
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
父の母
Lady Victoria 1962
黒鹿毛 カナダ
Victoria Park Chop Chop
Victoriana
Lady Angela Hyperion
Sister Sarah

*サワーオレンジ
Sour Orange 1973
黒鹿毛 アメリカ
Delta Judge 1960
鹿毛 アメリカ
Traffic Judge Alibhai
Traffic Court
Beautillion Noor
Delta Queen
母の母
Lady Attica 1967
鹿毛 アメリカ
Spy Song Balladier
Mata Hari
Attica Mr. Trouble
Athenia F-No.8-g

従弟にアメリカの重賞優勝馬が2頭、全妹ダイナオレンジの娘に4歳牝馬特別の優勝馬センターライジング、祖母Lady Atticaの半兄に1960年代のヨーロッパを代表する名馬Sir Ivorがいる。

参考[編集]

  • 週刊Gallop』1999年6月27日号 p.17「華麗なる樫の女王シャダイアイバー一族」

外部リンク[編集]