ボワルセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボワルセル
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1935年
死没 1955年10月21日
Vatout
Plucky Liege
母の父 Spearmint
生国 フランス
生産 レオン・ヴォルテラ
馬主 ボルテラ
→ピーター・ビーティ
調教師 フレッド・ダーリン
競走成績
生涯成績 3戦2勝
獲得賞金 9,229ポンド
105,600フラン
テンプレートを表示

ボワルセル (Bois Roussel) は、1930年代後半に活躍したフランス競走馬種牡馬。大繁殖牝馬プラッキーリエージュが最後に残した産駒であり、1938年エプソムダービーに優勝した。種牡馬としても成功を収めた。

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

ボワルセルの競走馬としてのデビューは遅く、1938年4月にフランスロンシャン競馬場で行われたジュイーニュ賞 (Prix Juigné) で初出走を迎えた。同レースを優勝したボワルセルはイギリス人のピーター・ビーティの眼に止り、同馬の馬主であったボルテラと交渉を行ったビーティによって8000ポンドで購入された。

ビーティによって購入されたボワルセルはイギリスへ渡り、6月1日のダービーステークスに出走することになった。ボワルセルに対するブックメーカーによる評価はオッズ20:1と低く、レースではスタートで出遅れ、タッテナムコーナーではバスク、ハルションギフトと先頭争いをするスコティッシュユニオンから12馬身離された。この時点では騎乗した騎手(E・エリオット)ですら勝負を諦めていたが、直線に入るとエリオットが「奇蹟」と呼んだ鋭い伸びを見せ、スコティッシュユニオンに4馬身の着差をつけて優勝した。ボワルセルはプラッキーリエージュが23歳の時に残した産駒であり、20世紀中で最も高齢の母から生まれたエプソムダービー馬となった。

ダービー優勝後、陣営はボワルセルを当時世界有数の国際レースであったフランスのパリ大賞典に遠征させた。出走時ボワルセルは前脚のに軽度の炎症を発症しており、3番人気に支持されたが3着に敗れた。レース後イギリスに帰国したボワルセルは年内は出走を見合わせ、翌1939年ゴールドカップに備えて調教が積まれた。しかし同レースの直前に持病となっていた前脚の腱の炎症が悪化し、引退を余儀なくされた。

種牡馬時代[編集]

競走馬引退後はイギリスのラトランド牧場で種牡馬となった。初年度産駒からセントレジャーステークス優勝馬のテヘランを出すなど種牡馬成績は当初から良好で、1949年には同世代のネアルコから奪取する形でイギリスのリーディングサイアーとなった。ブルードメアサイアーとしても1959年1960年にイギリスのリーディングブルードメアサイアーとなる活躍を見せた。

産駒のうちテヘランはイギリスのリーディングサイアーとなり、ミゴリも成功を収めた。その後直系子孫からタルヤーやクーガー、ギャラントマンなど世界的に活躍馬が出たことからボワルセルは「セントサイモン系中興の祖」と呼ばれたが、20世紀末に大半の勢力を失った。日本では持込馬ヒカルメイジ東京優駿を優勝し種牡馬としても成功したほか、種牡馬として輸入されたヒンドスタンクラシック三冠馬のシンザンを送り出し大成功を収めるなど、直系の種牡馬が活躍した。

1955年、ボワルセルは重度の蹄葉炎にかかり、同年10月21日アイルランドのサリーマウント牧場で安楽死処分された。

競走成績[編集]

年月日 レース名 着順 騎手 距離 着差 1着馬/(2着馬)
1938年 4月 ロンシャン ジュイーニュ賞 1着 2100m
6月 1日 エプソム ダービー 1着 E.エリオット 12F 4馬身差 (Scottish Union)
6月 26日 ロンシャン パリ大賞典 3着 3000m 3馬身差 Nearco

主な産駒[編集]

ブルードメアサイアーとしての主な産駒[編集]

血統表[編集]

ボワルセル血統セントサイモン系 / St.Simon4×3=18.75% Gallinule4×5=9.38%(父内)) (血統表の出典)
父系

Vatout
1926 鹿毛
父の父
Prince Chimay
1915 栗毛
Chaucer St.Simon
Canterbury Pilgrim
Gallorette Gallinule
Orlet
父の母
Vashti
1921 鹿毛
Sans Souci Le Roi Soleil
Sanctimony
Vaya Beppo
Waterhen

Plucky Liege
1912 鹿毛
Spearmint
1903 鹿毛
Carbine Musket
Mersey
Maid of the Mint Minting
Warble
母の母
Concertina
1896 鹿毛
St.Simon Galopin
St.Angela
Comic Song Patrarch
Frivolity F-No.16-a
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

参考文献[編集]

  • 原田俊治『世界の名馬』 サラブレッド血統センター、1970年

外部リンク[編集]