大塚栄三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大塚 栄三郎(おおつか えいざぶろう、1953年11月12日 - )は、JRA美浦トレーニングセンター武藤善則厩舎に所属する調教助手で、元騎手板前の経験もある。東京都出身。身長155cm、体重52kg、血液型A型。

来歴[編集]

中学校卒業後は3年間板前として修行していた。18歳のころから吉野勇厩舎で修行を積んだ。

1977年、騎手免許を取得する。同期には根本康広(現調教師)、猿橋重利らがいる。3月5日中山競馬場での第4レースでは、スタービートで勝利し初騎乗で初勝利を挙げる。

1979年北海道3歳ステークスをカツルーキーオーで制し重賞初勝利を挙げる。

1984年地方競馬に初騎乗。

1984年、地方競馬で初勝利を挙げる。

1987年、フリーとなる。

1993年10月17日京都競馬場で騎乗(京都新聞杯のマイネルリマーク号など)する予定だったが、前日深夜まで飲食をしたために同競馬場の調整ルーム入りが3時間遅れ、なおかつ連絡を怠り、その日の全レースが騎乗停止となる。

1996年10月26日藤原英幸騎手(当時)のゴール前のムチの使い方に不満を持ち、着順確定前の検量室で同騎手を殴打し、開催日4日間の騎乗停止となる。

2006年2月28日付けで騎手を引退した。しかし調教助手転身を希望するが、当時各厩舎に調教助手の空きがなく、さらに当時52歳ということで当初は進路未定となっていたが、のちに高松邦男所属の調教助手となり、高市圭二厩舎で調教厩務員を務めたのち、武藤善則厩舎で再度調教助手となっている。騎手成績は、JRA通算7728戦612勝(うち障害2戦0勝)、JRA重賞15勝、地方通算207戦29勝、地方重賞2勝。

2011年競馬情報サイト『ロンシャン』に在籍。

表彰[編集]

おもな騎乗馬[編集]

エピソード[編集]

  • 現役時代は逃げの大塚と呼ばれていた。
  • 2003年以降騎乗数が激減した。その頃から藤沢和雄厩舎で手伝いをしながら、同厩舎で調教助手に転身するつもりだったが、年齢と賃金を理由に断られていた。
  • 2006年の引退時には、平地の現役最高齢騎手だった。

関連項目[編集]