高市圭二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高市圭二
Keiji-Takaichi20110326.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県
生年月日 (1955-08-18) 1955年8月18日
死没 (2020-02-17) 2020年2月17日(64歳没)
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 荒木静雄(1978年3月 - 引退)
初免許年 1978年3月1日
免許区分 平地
騎手引退日 1990年2月28日
通算勝利 702戦25勝
調教師情報
初免許年 1996年
調教師引退日 2020年2月17日(死去)
経歴
所属 荒木静雄/騎手(1978年3月 - 1990年2月)→
嶋田功/調教助手(1990年3月 - 1996年2月)→
美浦T.C.
テンプレートを表示

高市 圭二 (たかいち けいじ、1955年8月18日 - 2020年2月17日)は元調教師騎手

日本中央競馬会 (JRA) 美浦トレーニングセンターに騎手時代から所属していた。主な管理馬にシングンマイケルなど。

来歴[編集]

1971年4月に東京競馬場(のちに美浦)の荒木静雄厩舎所属の騎手候補となり、1978年に騎手デビュー。初騎乗は同年3月4日中山競馬第9競走のセツザンで1着と、初騎乗で初勝利を挙げた。

1990年2月に騎手を引退し、嶋田功厩舎の調教助手に転身。騎手成績は702戦25勝であった。引退まで荒木厩舎に所属していた。

1996年に調教師免許を取得し、厩舎を開業。初出走は同年12月22日中山競馬第4競走のマレットラックで8着。初勝利は翌1997年3月8日中山競馬第7競走のミヤギロドリゴで、のべ22頭目であった。

1998年京成杯マンダリンスターで制し、重賞競走初勝利を挙げた。

2017年の札幌競馬開催中に身体に激痛を感じ、競馬開催後に精密検査を受け、希少がんでの一種である後腹膜脂肪肉腫(サルコーマ)であることが判明[1]。治療を続けながら調教師として厩舎を運営し、2019年の中山大障害シングンマイケルで制した。

その後、2020年に入り体調を崩し、同年2月17日11時6分、茨城県土浦市の病院で死去[2][3]。64歳没。高市の死去に伴い、同厩舎の管理馬は同月18日付で大江原哲厩舎に転厩(臨時貸付)となった[3][4]

人物[編集]

騎手成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 25 29 44 696 .036 .078
障害 0 0 0 6 .000 .000
通算 25 29 44 702 .036 .077
日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗・初勝利 1978年3月4日 1回中山3日9R - セツザン 14頭 - 1着
重賞初騎乗 1980年8月17日 3回新潟4日10R アラブ王冠(秋) ミルフォードカザン 10頭 9 10着

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1996年12月22日 6回中山8日4R 4歳上500万下 マレットラック 16頭 5 8着
初勝利 1997年3月8日 2回中山5日目7R 4歳500万下 ミヤギロドリゴ 11頭 4 1着
重賞初出走 1997年5月3日 2回東京5日11R 青葉賞 ミヤギロドリゴ 17頭 6 7着
重賞初勝利 1998年1月11日 1回中山4日11R 京成杯 マンダリンスター 10頭 4 1着
GI初出走 1997年12月7日 5回中山4日11R 朝日杯3歳S オンクラウドナイン 15頭 14 11着

主な管理馬[編集]

※括弧内は当該馬の優勝重賞競走、太字はGI級競走。

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

出典[編集]

  1. ^ 癌と闘いながら久しぶりに重賞を制した一人の調教師の物語 - Yahoo!ニュース(平松さとし) 2019年7月22日
  2. ^ 高市圭二調教師死去 昨年12月の中山大障害をシングンマイケルでJRA・G1初タイトル獲得したばかり - スポーツ報知 2020年2月18日
  3. ^ a b 高市圭二師が死去 シングンマイケルで障害重賞3勝 - ニッカン極ウマ・プレミアム(日刊スポーツ)2020年2月18日
  4. ^ 高市 圭二調教師(美浦)の逝去に伴う管理馬の転厩について - JRAニュース(日本中央競馬会)2020年1月18日

関連項目[編集]