大西直宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大西直宏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都葛飾区
生年月日 1961年9月14日(52歳)
身長 164.0cm
体重 53.0kg
騎手情報
初免許年 1980年
騎手引退日 2006年12月17日
重賞勝利 12勝
G1級勝利 皐月賞ダービー(1997年・サニーブライアン
スプリンターズステークス(2004年・カルストンライトオ
通算勝利 6579戦512勝
テンプレートを表示

大西 直宏(おおにし なおひろ、1961年9月14日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) の元騎手東京都葛飾区出身。2006年12月17日に現役騎手を引退した。

来歴[編集]

1980年3月1日中山競馬第6競走のダストシルバーで初騎乗(5着)。初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリーで挙げる。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」を受賞する。

デビュー2年目の1981年には第1回ジャパンカップゴールドスペンサーに騎乗、日本調教馬最先着(5着)した。

1982年には初勝利を挙げたハイロータリーでアラブ大賞典(秋)を制し初めての重賞勝利を挙げたものの、成績自体は伸び悩む。1987年東京優駿(日本ダービー)ではサニースワローで22番人気ながら2着(優勝馬はメリーナイス)に入っているが、1991年は年間1勝に終わるなど、目立った活躍はほとんどなく、マスメディアでは「忘れられた騎手」とまで報じられ、本人もデビュー以来所属する中尾銑治厩舎の仕事をしながら、調教師試験への準備を考え始めていたという。

もともと騎乗技術があった割に長い間騎乗馬に恵まれなかったのは、大西自身がシャイな性格で口数も少なく、競馬サークル内での営業活動(騎乗馬確保)・人間関係づくりが不得手であったことによる、と多くの競馬マスメディアの記事などで評伝されている。師匠である中尾も「あいつは腕はあるんだが、口下手で…」と、大西の寡黙さが影響しての成績低迷をしきりに惜しんでいた[1]

ところが、自厩舎に所属することになったサニーブライアンとの出会いが、大西の名を全国区に押し上げる。1997年皐月賞を11番人気ながら逃げ切り、人馬共に初めてのGI制覇を飾る。これが大西にとってはこの年の3勝目で、しかもうち2勝がサニーブライアンによるもので、なおかつ重賞勝利もアラブ大賞典(秋)以来の生涯通算2勝目(グレード重賞初勝利)という、GI勝利ジョッキーとしては稀なることとして話題となった。また、14年4か月ぶりの重賞勝利はJRAの新記録であった。次走の東京優駿でも同馬とのコンビで、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しい、と思っていました。」と発言した。同馬はサニースワローのであり、馬主も厩舎も鞍上も同じなら、作戦まで同じ逃げということでも話題になった。

ダービージョッキーとなった事でその手腕が改めて評価される事となり、以降は騎乗回数も大幅に増え、それに比例して勝ち星も増えていった[2]。新装オープンした新潟競馬の直線競馬競走の初勝利騎手としても名を残す一方、以降はローカル競馬を中心に渋い働きを見せ続けた。2002年に自己最高の45勝を挙げ、2004年カルストンライトオに騎乗しスプリンターズステークスを優勝。同馬とのコンビでは、新潟競馬場の直線コースで行われるアイビスサマーダッシュも2度制している。

騎手晩年は『マイネル』の冠名で知られるラフィアンの所有馬に騎乗する事が多かった。2000年マイネルコンバットジャパンダートダービーを優勝し、日本における芝とダートのダービー相当競走を共に制覇した史上初の騎手となった他、マイネルセレクトでのシリウスステークス優勝(後にJBCスプリントで2着)、マイネルアムンゼンでの新潟大賞典ならびにエプソムカップ優勝などがあげられる。

2006年12月6日に引退届を提出、同17日の中山開催で騎手生活から引退した。大西が引退した時点で美浦トレーニングセンターに所属する現役のダービージョッキーが皆無となる事態となり、その「空白期間」は2009年5月にロジユニヴァース横山典弘が新たなダービージョッキーとなるまで約2年半に渡り続くこととなった。

引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報指針役にも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している[3]

おもな勝鞍[編集]

現役時代のおもな記録[編集]

  • 日本ダービーの連対率100% (サニースワロー2着・サニーブライアン1着で2戦2連対)
  • 日本ダービーの複勝レコード(サニースワロー・複勝4680円)
  • 重賞14年4か月ぶり勝利(ハイロータリー~サニーブライアン)
  • 1997年ソウル競馬場における、日韓交流騎手競走にて完全優勝
  • 大井競馬場初騎乗で初地方GI勝利(ジャパンダートダービー)
  • 第1回ジャパンカップにおいて、ゴールドスペンサーで日本馬最先着(5着)
  • 開催初の新潟直線で勝利
  • 2002年アイビスサマーダッシュの3F〜4F目で、日本競馬史上最高速である9秒6のラップを刻む(カルストンライトオ)

エピソード[編集]

  • ダービー勝利後の翌年、1998年のダービー前日サンケイスポーツの取材に対して「もし今年の出走馬の中から騎乗馬を一頭選んで良いと言われたら、キングヘイローに乗りたいです。あの差し足は魅力」と話している(実際のレースでは、福永祐一の騎乗ミスにより、キングヘイローは逃げる形になり14着に惨敗)。
  • G1勝利はマイネルコンバットのジャパンダートダービー以外は全て逃げ切り(2着になったサニースワロー(日本ダービー)・マイネルセレクトJBCスプリント)も逃げ残りだった)でのものだが、基本的には「差し、追い込み」が得意な騎手であった。大西本人もダービー勝利後の「週刊Gallop」誌のインタビューで、「逃げているといつ捕まるかと心配で、心臓に悪いです」と答えている。また、彼のGIタイトルが示すとおり、距離の長短も問わない。
  • 福島競馬場での“まくり一発”はローカル名物でもあった。仲の良い吉田豊は「サラブレ」誌のインタビューで、「福島の芝が荒れてきたら、もう大西さんの天下」と、その思い切った騎乗に賛辞を送っている。1998年11月21日の「福島放送賞」でミヤギロドリゴに騎乗した大西は、かかるミヤギロドリゴをおさえて後方待機→3コーナーから外目を一気に進出→4コーナー先頭から直線は芝の外目を伸びて10馬身差圧勝という派手な“まくり一発”のレースを見せた。
  • 2004年8月21日のアイビスサマーダッシュにおいて、5枠に入ったカルストンライトオをスタート直後一気に外ラチへ誘導し、勝利。新潟直線のスタート時、カメラはゲートを真正面からとらえているため、大西のこの騎乗は迫力満点の映像となった。
  • 2001年7月、改装後の新潟競馬場の第1Rで行われた日本初の直線芝1,000m競走で勝利して以降、2002年アイビスサマーダッシュカルストンライトオで勝利するまで直線芝コース37連敗を喫してしまった。2002年の番組改編で秋の福島開催が分割される形になり、内側の芝がそれほど荒れなくなってしまったことが、勝ち星を減らした大きな原因であると言われている(実際、40勝前後だった勝利数が、福島開催分割後は半減している)。
  • 親交のある騎手は吉田豊と中舘英二。理由は、吉田はマージャン仲間だからで、中舘は「1年を通じて騎乗する競馬場がほとんど一緒だから」とのこと。
  • 競馬界きっての二枚目ジョッキーでもあった。吉田は前出のインタビュー内において「大西さんは何食べてるんだろ!?あの肌は若すぎる!!」と、その美肌を絶賛していた。
  • 鼻孔拡張テープを着用していた。
  • 無頼漢な藤田伸二が、唯一頭が上がらなかったのが大西と言う。藤田の妻は、大西の仲人の娘であり、義兄弟的な付き合いがあったと藤田は「競馬番長のぶっちゃけ話」にて語っている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 木村幸治「騎手物語」より
  2. ^ これまで目立たなかった騎手がダービー優勝を機に騎乗回数を増やしたり評価を上げたりした例はその後石橋守などがいる。
  3. ^ 松本岳志 (2012年6月5日). “97年ダービーVの大西氏が育成牧場で奮闘” (日本語). 日刊スポーツ. 2012年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]