カワキタエンカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カワキタエンカ
Kawakita Enka Shukasho 2017.jpg
2017年 秋華賞パドック
欧字表記 Kawakita Enka
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2014年4月20日(5歳)
抹消日 2019年4月26日[1]
ディープインパクト
カワキタラブポップ
母の父 クロフネ
生国 日本の旗 日本北海道新ひだか町
生産 木田牧場
馬主 川島吉男
調教師 浜田多実雄栗東
競走成績
生涯成績 17戦3勝
獲得賞金 1億1159万2000円
 
勝ち鞍
GIII 中山牝馬ステークス 2018年
テンプレートを表示

カワキタエンカは、日本の競走馬。主な勝ち鞍は2018年の中山牝馬ステークス

馬名の意味は、冠名+演歌

経歴[編集]

2歳 - 3歳 (2016年 - 2017年)[編集]

2016年11月の2歳新馬でデビューし優勝[2]。続く2戦は敗れたが、2017年3月の君子蘭賞で2勝目を挙げると[3]、抽選を突破して桜花賞へ出走[4]。大外枠から後続を大きく離す逃げを打ったが、最後の直線で失速し7着に敗れた[5]

秋はローズステークスで2着に逃げ粘り、秋華賞の優先出走権を獲得[6]。秋華賞では8番人気の低評価ながら5着に入った[7]

4歳 - 5歳 (2018年 - 2019年)[編集]

2月10日の洛陽ステークスから始動。2番人気に支持されたが、テンションが高く力を出し切れないまま10着と惨敗[8]。続く中山牝馬ステークスでは第2コーナーで5馬身差をつけるとそのまま逃げ切り、重賞初制覇となった[8]。管理する浜田多実雄にとっても重賞初制覇となった。しかし、その後は勝ち星を挙げられず、2019年の福島牝馬ステークス9着を最後に心臓疾患のため現役を引退することになった。引退後は生まれ故郷の木田牧場で繁殖牝馬となる[1]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2016.11.27 京都 2歳新馬 芝1800m(重) 11 6 7 002.40(1人) 01着 01:55.0(35.5) -0.0 和田竜二 54kg (スパークルメノウ)
0000.12.23 阪神 千両賞 芝1600m(重) 15 3 4 014.10(4人) 03着 01:36.8(35.6) -0.3 和田竜二 54kg アルアイン
2017.03.04 阪神 チューリップ賞 GIII 芝1600m(良) 12 2 2 065.40(8人) 05着 01:33.8(34.7) -0.6 和田竜二 54kg ソウルスターリング
0000.03.25 阪神 君子蘭賞 芝1800m(良) 11 4 4 003.20(2人) 01着 01:48.9(34.1) -0.2 池添謙一 54kg (ヤマカツグレース)
0000.04.09 阪神 桜花賞 GI 芝1600m(稍) 17 8 18 087.7(10人) 07着 01:35.1(36.8) -0.6 和田竜二 55kg レーヌミノル
0000.08.12 新潟 三面川特別 芝1800m(稍) 12 2 2 004.80(3人) 02着 01:46.3(33.9) -0.2 内田博幸 52kg レッドアヴァンセ
0000.09.17 阪神 ローズS GII 芝1800m(良) 18 8 16 021.40(6人) 02着 01:45.7(35.1) -0.2 横山典弘 54kg ラビットラン
0000.10.15 京都 秋華賞 GI 芝2000m(重) 18 4 8 019.40(8人) 05着 02:00.9(37.7) -0.7 北村友一 55kg ディアドラ
2018.02.10 京都 洛陽S OP 芝1600m(稍) 12 6 8 004.50(2人) 10着 01:37.3(38.2) -1.1 横山典弘 54kg サトノアーサー
0000.03.10 中山 中山牝馬S GIII 芝1800m(稍) 14 8 14 008.20(6人) 01着 01:49.0(35.4) -0.1 池添謙一 53kg (フロンテアクイーン)
0000.04.21 福島 福島牝馬S GIII 芝1800m(良) 12 4 4 002.80(1人) 02着 01:46.8(36.1) -0.0 池添謙一 54kg キンショーユキヒメ
0000.05.13 東京 ヴィクトリアマイル GI 芝1600m(稍) 18 4 7 029.3(10人) 14着 01:33.5(35.2) -1.2 大野拓弥 55kg ジュールポレール
0000.10.13 東京 府中牝馬S GII 芝1800m(良) 11 7 9 023.80(8人) 06着 01:45.2(35.3) -0.5 池添謙一 54kg ディアドラ
0000.11.04 京都 JBCレディスクラシック JpnI ダ1800m(良) 16 4 7 020.20(8人) 16着 01:56.0(42.6) -5.6 池添謙一 55kg アンジュデジール
0000.12.15 中山 ターコイズS GIII 芝1600m(良) 16 8 15 019.30(7人) 14着 01:33.4(36.4) -0.7 池添謙一 55kg ミスパンテール
2019.03.09 中山 中山牝馬S GIII 芝1800m(良) 14 3 3 032.3(10人) 12着 01:49.0(36.8) -1.3 池添謙一 54kg フロンテアクイーン
0000.04.20 福島 福島牝馬S GIII 芝1800m(良) 10 4 4 008.80(5人) 09着 01:50.2(36.3) -2.1 鮫島克駿 54kg デンコウアンジュ

血統表[編集]

カワキタエンカ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系

ディープインパクト
2002 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ウインドインハーヘア
Wind in Her Hair
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere

カワキタラブポップ
2006 鹿毛
*クロフネ
1998 芦毛
*フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
*ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
母の母
ローズレディ
1998 鹿毛
*フォーティナイナー Mr. Prospector
File
ステージコーチ マルゼンスキー
ベラドラ
母系(F-No.) (FN:9-b) [§ 2]
5代内の近親交配 なし [§ 3]
出典
  1. ^ [9]
  2. ^ [9]
  3. ^ [9]


脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b カワキタエンカ号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2019年4月26日). 2019年4月27日閲覧。
  2. ^ 人気のカワキタエンカが競り合いを制す/京都新馬”. netkeiba.com (2016年11月27日). 2018年3月21日閲覧。
  3. ^ 【君子蘭賞】(阪神)〜カワキタエンカが2勝目を挙げる”. ラジオNIKKEI (2017年3月25日). 2018年3月21日閲覧。
  4. ^ 【桜花賞】(18)カワキタエンカ 幸運生かして上位進出を”. スポーツニッポン (2017年4月9日). 2018年3月21日閲覧。
  5. ^ 第77回 桜花賞”. 日本中央競馬会. 2018年3月21日閲覧。
  6. ^ 8番人気、芝2戦目のラビットランが突き抜けV!/ローズS”. netkeiba.com (2017年9月17日). 2018年3月21日閲覧。
  7. ^ 【秋華賞】戦い終えて”. スポーツニッポン (2017年10月16日). 2018年3月21日閲覧。
  8. ^ a b 【中山牝馬S】カワキタエンカの花道! 13頭振り切って“中山ひとり旅””. デイリースポーツ (2018年3月11日). 2018年3月21日閲覧。
  9. ^ a b c 血統情報:5代血統表|カワキタエンカ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2018年3月21日閲覧。

外部リンク[編集]