東京スポーツ杯2歳ステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京スポーツ杯2歳ステークス
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 東京競馬場
2015年の情報
距離 芝1800m
格付け GIII
賞金 1着賞金3200万円
出走条件 サラ系2歳(国際)(指定)
負担重量 馬齢(55kg、牝馬1kg減)
出典 [1][2]
テンプレートを表示

東京スポーツ杯2歳ステークス(とうきょうスポーツはいにさいステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬重賞競走GIII)である。

寄贈賞を提供する東京スポーツは、東京都江東区に本社を置く新聞社[3]

正賞は東京スポーツ杯[2]

概要[編集]

1966年にオープン特別「東京3歳ステークス(とうきょうさんさいステークス)」の名称で創設された、3歳(現2歳)馬による競走[4][5]。1968年より名称が「府中3歳ステークス(ふちゅうさんさいステークス)」に改められ、以来3歳オープンの特別競走として長らく施行してきたが、1996年に3歳重賞競走整備の一環として重賞(GIII[注 1])に格上げ、「朝日杯3歳ステークス(現:朝日杯フューチュリティステークス)」の前哨戦として位置づけられた[4][5]。あわせて指定交流競走にも指定され、地方競馬所属馬は2頭まで出走可能となった[4][5]

1997年より名称を「東京スポーツ杯3歳ステークス(とうきょうスポーツはいさんさいステークス)」に改め、2001年から馬齢表記を国際基準へ変更したのに伴い、現名称となった[4][5]。創設時の施行距離は芝1400mだったが、1984年より芝1800mに改められ、現在に至る[4][5]

格付表記は2007年に日本がパートI国へ昇格した際「JpnIII」へ変更。2010年には外国馬も出走可能な国際競走に指定され、国際格付の「GIII」に改められた[4][5]

本競走の上位馬が翌年(3歳時)のクラシックでも活躍することがあるなど、大レースへの登竜門としても注目を集める競走である[5]

競走条件[編集]

以下の内容は、2015年現在[2]のもの。

出走資格:サラ系2歳

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(後述)
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:馬齢(牡馬・セン馬55kg、牝馬54kg)


ホープフルステークスのステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬はホープフルステークスの出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められている[6]。また、本競走で2着以内の成績を収めた地方競馬所属馬にはホープフルステークスの優先出走権が与えられる。

なお、2016年までは朝日杯フューチュリティステークスのステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は朝日杯フューチュリティステークスの出走候補馬(2頭まで)に優先出走が認められていた[7][8]。また、本競走で2着以内の成績を収めた地方競馬所属馬には朝日杯フューチュリティステークスの優先出走権が与えられていた[7][8]

賞金[編集]

2015年の1着賞金は3200万円で、以下2着1300万円、3着800万円、4着480万円、5着320万円[2]

歴史[編集]

  • 1966年 - 3歳馬によるオープン特別「東京3歳ステークス」の名称で創設、東京競馬場の芝1400mで施行[5]
  • 1968年 - 名称を「府中3歳ステークス」に変更[5]
  • 1977年 - 出走申込が3頭しかなかったため、競走取りやめ[9]
  • 1995年 - 特別指定交流競走に指定され、地方競馬所属馬が出走可能になる[5]
  • 1996年 - 重賞(GIII[注 1])に格付け[5]
  • 1997年 - 名称を「東京スポーツ杯3歳ステークス」に変更[5]
  • 2001年
    • 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件を「2歳」に変更。
    • 名称を「東京スポーツ杯2歳ステークス」に変更[5]
  • 2007年 - 日本のパートI国昇格に伴い、格付表記をJpnIIIに変更[5]
  • 2010年
    • 国際競走に指定され、外国調教馬が9頭まで出走可能となる[5]
    • 格付表記をGIII(国際格付)に変更[5]

歴代優勝馬[編集]

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

コース種別を表記していない距離は、芝コースを表す。

競走名は第1回が「府中3歳ステークス」、第2回から第5回が「東京スポーツ杯3歳ステークス」[5]

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1996年11月17日 東京 1800m ゴッドスピード 牡2 1:49.7 石橋守 瀬戸口勉 近藤俊典
第2回 1997年11月15日 東京 1800m キングヘイロー 牡2 1:48.0 福永祐一 坂口正大 浅川吉男
第3回 1998年11月21日 東京 1800m アドマイヤコジーン 牡2 1:49.5 南井克巳 橋田満 近藤利一
第4回 1999年11月20日 東京 1800m ジョウテンブレーヴ 牡2 1:48.6 蛯名正義 相沢郁 田邉久男
第5回 2000年11月18日 東京 1800m タガノテイオー 牡2 1:48.5 藤田伸二 松田博資 八木良司
第6回 2001年11月17日 東京 1800m アドマイヤマックス 牡2 1:48.2 福永祐一 橋田満 近藤利一
第7回 2002年11月16日 中山 1800m ブルーイレヴン 牡2 1:50.2 武豊 角居勝彦 金子真人
第8回 2003年11月22日 東京 1800m アドマイヤビッグ 牡2 1:48.9 武豊 橋田満 近藤利一
第9回 2004年11月20日 東京 1800m スムースバリトン 牡2 1:48.2 蛯名正義 国枝栄 金子真人
第10回 2005年11月19日 東京 1800m フサイチリシャール 牡2 1:46.9 福永祐一 松田国英 関口房朗
第11回 2006年11月18日 東京 1800m フサイチホウオー 牡2 1:48.7 安藤勝己 松田国英 関口房朗
第12回 2007年11月17日 東京 1800m フサイチアソート 牡2 1:47.4 横山典弘 岩戸孝樹 関口房朗
第13回 2008年11月22日 東京 1800m ナカヤマフェスタ 牡2 1:47.7 蛯名正義 二ノ宮敬宇 和泉信子
第14回 2009年11月21日 東京 1800m ローズキングダム 牡2 1:48.2 小牧太 橋口弘次郎 (有)サンデーレーシング
第15回 2010年11月20日 東京 1800m サダムパテック 牡2 1:47.3 C.スミヨン 西園正都 大西定
第16回 2011年11月19日 東京 1800m ディープブリランテ 牡2 1:52.7 岩田康誠 矢作芳人 (有)サンデーレーシング
第17回 2012年11月17日 東京 1800m コディーノ 牡2 1:46.0 横山典弘 藤沢和雄 (有)サンデーレーシング
第18回 2013年11月16日 東京 1800m イスラボニータ 牡2 1:45.9 蛯名正義 栗田博憲 (有)社台レースホース
第19回 2014年11月24日 東京 1800m サトノクラウン 牡2 1:47.9 R.ムーア 堀宣行 里見治
第20回 2015年11月23日 東京 1800m スマートオーディン 牡2 1:49.5 武豊 松田国英 大川徹
第21回 2016年11月19日 東京 1800m ブレスジャーニー 牡2 1:48.3 柴田善臣 本間忍 島川隆哉

1995年までの優勝馬[編集]

施行日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
1966年11月3日 ヤマニンカップ 牡2 1:27.3 藤本勝彦 藤本冨良
1968年11月23日 スズサヤカ 牡2 1:25.5 増沢末夫 森末之助
1969年11月23日 スイノオーザ 牡2 1:28.5 大久保哲男 久保田金造
1970年11月23日 ヤシマライデン 牡2 1:38.4 伊藤正徳 尾形藤吉
1971年11月21日 スズボクサー 牡2 1:38.0 小林常泰 森末之助
1972年11月26日 ナスノチグサ 牝2 1:37.4 中島啓之 稲葉幸夫
1973年11月25日 カネミクニ 牡2 1:37.3 加賀武見 阿部正太郎
1974年11月23日 シャトードシンボリ 牡2 1:38.7 池上昌弘 保田隆芳
1975年11月22日 スピリットスワプス 牡2 1:41.0 中野栄治 荒木静雄
1976年11月21日 マルゼンスキー 牡2 1:37.9 中野渡清一 本郷重彦
1977年11月19日 競走取りやめ[9]
1978年11月19日 シーバードパーク 牝2 1:38.1 小迫次男 本郷重彦
1979年11月18日 リキウエーブ 牝2 1:40.3 嶋田功 山岡寿恵次
1980年11月16日 ヘーゼルブロンド 牝2 1:36.7 横山富雄 森安弘昭
1981年10月17日 トウショウペガサス 牡2 1:23.1 中島啓之 奥平真治
1982年10月23日 デアリングパワー 牡2 1:24.8 加藤和宏 二本柳俊夫
1983年10月22日 コンラートシンボリ 牡2 1:26.3 岡部幸雄 田中和夫
1984年11月18日 シリウスシンボリ 牡2 1:50.1 加藤和宏 二本柳俊夫
1985年11月17日 スイートナディア 牝2 1:50.7 柴田政人 野平祐二
1986年11月16日 サクラロータリー 牡2 1:49.7 小島太 境征勝
1987年11月28日 コクサイトリプル 牡2 1:49.5 柴田政人 稗田敏男
1988年11月26日 サクラホクトオー 牡2 1:48.6 小島太 境勝太郎
1989年11月25日 アサヒパシィオン 牝2 1:48.6 中舘英二 石毛善衛
1990年11月18日 サクラヤマトオー 牡2 1:51.2 小島太 境勝太郎
1991年11月17日 マチカネタンホイザ 牡2 1:49.5 岡部幸雄 伊藤雄二
1992年11月22日 シュアリーウィン 牡2 1:49.1 小島貞博 戸山為夫
1993年11月21日 アイネスサウザー 牡2 1:51.2 横山典弘 本郷一彦
1994年11月20日 ホッカイルソー 牡2 1:49.6 蛯名正義 田中清隆
1995年11月19日 バブルガムフェロー 牡2 1:50.0 岡部幸雄 藤沢和雄

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 当時の格付表記は、JRAの独自グレード。

出典[編集]

  1. ^ 重賞競走一覧(レース別・関東) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 41. 2015年11月14日閲覧。
  2. ^ a b c d 平成27年第5回東京競馬番組 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2015年11月16日閲覧。
  3. ^ 2015年度第5回東京競馬特別レース名解説(第7日) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 4. 2015年11月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e f レースガイド(東京スポーツ杯2歳ステークス) - netkeiba.com、2014年11月22日閲覧
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 今週の注目レース(第20回東京スポーツ杯2歳ステークス:歴史・プレイバック)”. 日本中央競馬会. 2015年11月16日閲覧。
  6. ^ 地方馬が出走できるG1競走等とそのステップ競走について(平成29年度)日本中央競馬会、2016年11月16日閲覧
  7. ^ a b 「地」が出走できるGI競走とそのステップ競走について(平成27年度) (PDF)”. 日本中央競馬会. 2015年11月16日閲覧。
  8. ^ a b 平成27年度競馬番組一般事項 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2015年11月16日閲覧。
  9. ^ a b 日本中央競馬会優駿』1978年1月号綴じ込みの競馬成績(p.462)

各回競走結果の出典[編集]

外部リンク[編集]