笹田和秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
笹田和秀
Kazuhide-Sasada20110402.jpg
2011年中山牝馬S表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県福山市
生年月日 (1956-09-29) 1956年9月29日(62歳)
所属団体 日本中央競馬会
初免許年 2008年(2009年開業)
重賞勝利 5勝(うち地方交流2勝)
G1級勝利 1勝
経歴
所属 島崎宏栗東(1980年-1983年)
伊藤雄二・栗東(1983年-2007年)
梅田智之・栗東(2007年-2008年)
テンプレートを表示

笹田 和秀(ささだ かずひで、1956年9月29日 - )とは、日本中央競馬会 (JRA) ・栗東トレーニングセンターに所属する調教師である。

主な管理馬に2011年の優駿牝馬(オークス)優勝馬エリンコートがいる。

妻・笹田淑(旧姓・伊藤)はJRA初の女性調教助手として知られる。伊藤雄二ニュージーランドでデビューし現在は地方競馬兵庫県競馬組合騎手である笹田知宏は次男[1]

経歴[編集]

広島県福山市出身。父は地元の福山競馬馬主資格を持っていた。盈進高校時代はサッカーで広島県選抜に選ばれるなど活躍し、その後拓殖大学に進学。在学中、中央競馬厩務員に嫁いでいた従姉から、大卒の厩舎関係者が増加していることを聞かされ、もともと馬好きであったことから、大学卒業後の1980年に従姉の夫が勤めていた栗東島崎宏厩舎に厩務員として入った。翌1981年に調教助手資格を取得。

1983年、調教師伊藤雄二の長女・淑と結婚。これに伴って伊藤厩舎へ移籍した。伊藤厩舎では「攻め専」(調教騎乗のみを担当)として、ウイニングチケットエアグルーヴファインモーションといったGI優勝馬の調教を担当。ときに伊藤の代理も務め、その右腕ともされた。

2007年、伊藤の定年引退に伴って梅田智之厩舎にいったん移籍のあと、翌2008年に調教師免許を取得。1年間を研修の状態で過ごしたのち、2009年に自身の厩舎を開業し、同年3月21日に管理馬ヴェルトマイスターで初勝利を挙げた。2011年4月、定年引退した池江泰郎から管理を引き継いだレディアルバローザ中山牝馬ステークスを制し、重賞を初制覇。同5月22日にはデビュー時から管理したエリンコートがオークスに優勝し、GI競走初制覇を果たした。

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2009年3月7日 1回阪神3日8R 4歳上500万下 ヴェルトマイスター 10頭 3 2着
初勝利 2009年3月21日 2回中京3日8R 4歳上500万下 ヴェルトマイスター 18頭 2 1着
重賞初出走 2009年11月8日 5回京都2日11R ファンタジーS コルドバ 16頭 13 13着
重賞初勝利 2011年4月2日 2回阪神3日12R 中山牝馬S レディアルバローザ 18頭 10 1着
GI初出走 2011年5月15日 2回東京8日11R ヴィクトリアマイル レディアルバローザ 17頭 3 3着
GI初勝利 2011年5月22日 3回東京2日11R 優駿牝馬 エリンコート 18頭 7 1着

主な管理馬[編集]

※括弧内は笹田管理下における優勝重賞競走、太字はGI級競走、斜字は地方競馬の重賞。

脚注[編集]

  1. ^ 笹田師次男・知宏 10・11園田でデビュー!” (日本語). スポーツニッポン (2011年9月16日). 2011年10月10日閲覧。

参考文献[編集]

  • 優駿』1994年9月号(日本中央競馬会)杉本清の競馬談義#114 笹田和秀調教助手