大崎昭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大崎昭一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県延岡市
生年月日 (1945-01-15) 1945年1月15日(72歳)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会(JRA)
初免許年 1963年
免許区分 平地(初期には障害免許も所持)
騎手引退日 1999年
重賞勝利 36勝
G1級勝利 7勝
通算勝利 8884戦970勝
テンプレートを表示

大崎 昭一(おおさき しょういち、1945年1月15日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) の元騎手で、現在は競馬評論家宮崎県延岡市出身[1]

記者の質問に対して弱気のコメントをすることが多く「泣きの昭ちゃん」と言われたが、レースでは激しく大胆な騎乗ぶりで東京優駿(日本ダービー)有馬記念をそれぞれ2勝するなど名手として活躍した。

しかし、度重なる落馬事故により満身創痍であった。また、1985年の新潟事件(後述)による影響が非常に大きく、多くの騎乗機会を失った。

1999年引退[2]。中央競馬通算970勝(うちGI級レース8勝)[2]。実子の大竹正博日本中央競馬会 (JRA) 美浦トレーニングセンター所属の調教師である(2008年調教師免許試験合格、2009年3月1日新規開業)。

来歴[編集]

新潟事件[編集]

1985年に中央競馬で起こった八百長疑惑事件である。大崎騎手事件とも呼ばれている[5]

1985年8月25日、新潟競馬場で行われた第9レースの赤倉特別の本馬場入場において、大崎は第4コーナー付近にいた観客の「調子はどうだ」の野次に対し競走馬の上から返答をした。これが日本中央競馬会競馬施行規程で禁止されている予想行為に該当したため、中央競馬の主催者である日本中央競馬会(JRA)裁定委員会は大崎が面識のある人物と私語を交わしたことを認めたと発表し、大崎に対して無期限の騎乗停止処分を下した。事件発生直後からマスメディアはこぞって八百長を指摘するようになり、JRA審判部はレースにおいて不自然な行為は認められなかったとして4ヵ月後に騎乗停止処分を解除したものの、この一件で大崎のイメージは大きく毀損し、特に東日本(美浦)において騎乗依頼が激減した。

これにより大崎は騎手デビュー以来所属は一貫して関東であったが、事件発生後しばらくして美浦の厩舎からの騎乗依頼が激減したが、幸いにも過去の実績を買われ、栗東(栗東)の厩舎に所属する競走馬に多く騎乗するようになり、騎手時代末期の1996年頃に正式に栗東へ移籍することとなった。[要出典]また大崎曰く、公衆電話で長電話をしたりパンチパーマをかけた競馬関係者と一緒にいるだけで注意を受けるなど、JRAから厳しい対応を受け続けたという。

騎手通算成績(中央競馬)[編集]

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 962 898 901 6086 8847 .109 .210
障害 8 4 7 18 37 .216 .324
970 902 908 6104 8884 .109 .211
  • 重賞通算36勝

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ KKベストセラーズ競馬最強の法則」 2011年9月号
  2. ^ a b ニュースぷらざ”. ケイバブック. 2015年7月10日閲覧。
  3. ^ この記録はわずか2年後の1971年田島良保に更新された。
  4. ^ 橋口と大崎は同じ宮崎県出身であり、橋口は同騎手のファンでもあった。レッツゴーターキンに騎乗依頼をする際に電話をかけようとしたが、猛烈に緊張してしまい、結局調教助手に任せたと、のちに語っている
  5. ^ 井口民樹「栄光と挫折のはざまで 生涯乗り役、最年長騎手・大崎昭一1000勝への意地」(『プーサンvol.6』(大村書店)p192-221)