大崎昭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大崎昭一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県延岡市
生年月日 (1945-01-15) 1945年1月15日(72歳)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会(JRA)
初免許年 1963年
免許区分 平地(初期には障害免許も所持)
騎手引退日 1999年
重賞勝利 36勝
G1級勝利 7勝
通算勝利 8884戦970勝
テンプレートを表示

大崎 昭一(おおさき しょういち、1945年1月15日 - )は、宮崎県延岡市出身[1]の元騎手評論家

記者の質問に対して弱気のコメントをすることが多く「泣きの昭ちゃん」と言われたが、レースでは激しく大胆な騎乗ぶりで日本ダービー有馬記念をそれぞれ2勝するなど名手として活躍した。度重なる落馬事故により満身創痍であり、1985年の新潟事件(後述)による影響で一時は多くの騎乗機会を失った。1999年引退[2]。中央競馬通算970勝(うちGI級レース8勝)[2]

実子の大竹正博美浦所属の調教師(2008年調教師免許試験合格、2009年3月1日新規開業)。

経歴[編集]

馬事公苑時代の同期には安田伊佐夫久保敏文清水出美鹿戸明などがおり、安田とは同郷で上京する際の列車も同じであった。1963年3月に騎手免許を取得して東京・柴田寛厩舎からデビューし、17日中山第4競走で初騎乗を果たす。5月3日の東京第6競走で初勝利を挙げるなど1年目は5勝をマークし、障害でも中山大障害を制していたフジノオーに騎乗して2勝している。2年目の1964年に36勝を挙げて一気に数字を伸ばすと、1965年には目黒記念(春)をブルタカチホで制して重賞初勝利を飾る。1966年には調教中の落馬で馬の下敷きとなり、骨盤を7ヶ所骨折。1967年にはカブトシロー有馬記念を制し、GI級レース&八大競走初制覇を成し遂げる。21歳での勝利は史上最年少での記録であった。1968年に通算100勝を達成し、1969年にはダイシンボルガード日本ダービーを制覇。24歳での勝利は当時の戦後最年少ダービージョッキー記録であり[3]、レース後にはファンに胴上げされた。

1973年には福島での騎乗中に外ラチに激突して落馬し、胸部挫創および腰椎第一第二右横突起を骨折。1974年に41勝を挙げて全国7位に付け、初のベストテン入りを果たす。1975年フジノパーシア天皇賞(秋)を制覇し、1976年には同馬で宝塚記念に勝利。11月にはアメリカワシントンD.C.インターナショナルに日本代表でするが、プレゼンテイターとして来場していたエリザベス・テイラーが巻き起こす騒ぎに冷静さを欠いてしまい、得意の不良馬場にも関わらず6着に沈んだ。同年は通算300勝を達成するなど自己最多の51勝を挙げ、自己最高の全国5位に入る。1977年には東京で騎乗の際に落馬し、左第七~十一肋骨骨折、右下腿筋挫創の大怪我で1年2ヶ月の休養なくされる。1978年に見事復帰するが、中山で再び落馬して右大腿骨を骨折。治療ミスで骨が割れ1年近く休養したが、1979年にはグリーングラスの引退レースに騎乗して2度目の有馬記念制覇。

1980年には福島で落馬して再度の右大腿骨骨折をやってしまうが、1981年に16番人気のカツトップエース皐月賞を逃げ切る。日本ダービーでも同馬でサンエイソロンの猛追をハナ差しのぎ、ダービー2勝目を挙げる。同年からフリーとなり、1982年に通算500勝を達成。1985年新潟第9競走「赤倉特別」の本馬場入場で柵ごしにファンと言葉を交わした行為が公正競馬を害するとされ、無期限の騎乗停止処分を受ける(#新潟事件を参照)。事件後しばらくは本拠地・関東の調教師から騎乗依頼がほとんどなくなる。

1987年には通算700勝を達成し、1991年には布施正調教師の誘いを受けて小倉に遠征。以後は関西での騎乗が中心となり、1992年には管理する橋口弘次郎調教師に出走を強く薦め、11番人気のレッツゴーターキンで天皇賞(秋)を制覇[4]1994年には通算900勝を達成し、イナズマタカオー中日スポーツ杯4歳Sを制覇。これが自身最後の重賞勝利となった。1998年中京での落馬事故による後遺症から7月慢性硬膜下血腫を発症し、滋賀県栗太郡栗東町済生会滋賀県病院で頭部手術を受ける。手術後は復帰に向けてリハビリを続けていたが、実戦での騎乗に耐えられるまでには回復せず。1999年網膜色素変性症を発症して現役続行を断念し、1月に引退。

引退後は競馬予想会社「七騎の会」情報スタッフや日刊スポーツ評論家として活動。2005年に宮崎へ帰郷。

新潟事件[編集]

1985年に中央競馬で起こった八百長疑惑事件である。大崎騎手事件とも呼ばれている[5]

1985年8月25日、新潟第9競走「赤倉特別」の本馬場入場において、大崎は第4コーナー付近にいた観客の「調子はどうだ」の野次に対し競走馬の上から返答をした。これが日本中央競馬会競馬施行規程で禁止されている予想行為に該当したため、日本中央競馬会裁定委員会は大崎が面識のある人物と私語を交わしたことを認めたと発表し、大崎に対して無期限の騎乗停止処分を下した。事件発生直後からマスメディアはこぞって八百長を指摘するようになり、JRA審判部はレースにおいて不自然な行為は認められなかったとして4ヵ月後に騎乗停止処分を解除したものの、この一件で大崎のイメージは大きく毀損し、特に東日本(美浦)において騎乗依頼が激減した。

これにより大崎は騎手デビュー以来所属は一貫して関東であったが、事件発生後しばらくして美浦の厩舎からの騎乗依頼が激減したが、幸いにも過去の実績を買われ、栗東の厩舎に所属する競走馬に多く騎乗するようになり、騎手時代末期の1996年頃に正式に栗東へ移籍することとなった。大崎いわくは公衆電話で長電話をしたりパンチパーマをかけた競馬関係者と一緒にいるだけで注意を受けるなど、JRAから厳しい対応を受け続けたという。

騎手通算成績(中央競馬)[編集]

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 962 898 901 6086 8847 .109 .210
障害 8 4 7 18 37 .216 .324
970 902 908 6104 8884 .109 .211
  • 重賞通算36勝

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ KKベストセラーズ競馬最強の法則」 2011年9月号
  2. ^ a b ニュースぷらざ”. ケイバブック. 2015年7月10日閲覧。
  3. ^ この記録はわずか2年後の1971年田島良保に更新された。
  4. ^ 橋口と大崎は同じ宮崎県出身であり、橋口は同騎手のファンでもあった。レッツゴーターキンに騎乗依頼をする際に電話をかけようとしたが、猛烈に緊張してしまい、結局調教助手に任せたと、のちに語っている
  5. ^ 井口民樹「栄光と挫折のはざまで 生涯乗り役、最年長騎手・大崎昭一1000勝への意地」(『プーサンvol.6』(大村書店)p192-221)