和田正道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
和田正道
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県
生年月日 (1947-06-17) 1947年6月17日(76歳)
所属団体 JRA
初免許年 1982年(1983年開業)
引退日 2018年2月28日
経歴
所属 野平祐二/調教助手(1978 - 開業)
美浦T.C.(開業 - )
テンプレートを表示

和田 正道(わだ まさみち、1947年6月17日 - )は日本中央競馬会(JRA)・美浦トレーニングセンター北に所属していた元調教師。父は有限会社和田牧場の代表者である和田正輔、長男は調教師の和田正一郎獣医師の免許も所持している。

来歴[編集]

1978年、美浦・野平祐二厩舎所属の調教助手となる。

1982年、調教師免許を取得する。

1983年、厩舎を開業する。3月12日、初出走となった中山競馬場での第7競走は、スーパーモーメントが15着となる。5月7日新潟競馬場での第7競走でスーパーモーメントが勝利し、のべ14頭目で初勝利を挙げる。

1987年中山牝馬ステークスをカツダイナミックが制し、重賞初勝利を挙げる。

1997年2月19日に管理馬が地方競馬で初出走し、3月4日に管理馬が地方競馬で初勝利を挙げる。この年にデビューした穂苅寿彦騎手が厩舎に所属となる。

2004年、JRAの短期騎手免許を取得したセバスチャン・サンダースの身元引受調教師となる。2004年度の優秀調教師賞と優秀厩舎スタッフ賞を受賞した。

2018年2月28日付けで定年の為、調教師を引退した[1]。引退後は実家である和田牧場の場長となり、競走馬の育成を行っている[2]

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1983年3月12日 2回中山5日7R 4歳400万下 スーパーモーメント 16頭 3 15着
初勝利 1983年5月7日 1回新潟5日7R 野苺賞 スーパーモーメント 13頭 4 1着
重賞初出走・GI級初出走 1983年4月17日 3回中山8日10R 皐月賞 カツトップメーカー 20頭 11 9着
重賞初勝利 1987年3月1日 2回中山2日11R 中山牝馬S カツダイナミック 11頭 7 1着

おもな管理馬[編集]

表彰[編集]

おもな厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 調教師12名が勇退・引退日本中央競馬会、2018年2月13日閲覧
  2. ^ 和田正道元調教師”. 小島友実オフィシャルブログ「コジトモのターフフレンズ」. 2022年4月24日閲覧。

関連項目[編集]