浅見秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浅見秀一
Hidekazu-Asami20110226.jpg
2011年アーリントンC表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 (1951-05-11) 1951年5月11日(67歳)
所属団体 JRA
初免許年 1991年(1992年開業)
経歴
所属 浅見国一/騎手候補(1973年 - 1977年)
浅見国一/調教助手(1977年 - 開業)
栗東T.C.(開業 - )
テンプレートを表示

浅見 秀一(あさみ ひでかず、1951年5月11日 - )は日本中央競馬会 (JRA) 栗東トレーニングセンター所属の調教師。元調教師の浅見国一(浅見國一)は実父。

略歴[編集]

1973年に父の浅見国一厩舎で騎手候補となり、1977年調教助手となる。長らく父のもとで調教助手を務めていたが、1991年に調教師免許を取得し、翌1992年3月に厩舎を開業。

初出走は同年3月8日中京競馬第1競走のグローバルキティで7着、初勝利は同年3月14日中京競馬第7競走のアテヨーノクラウンでのべ4頭目であった。 1994年アルゼンチン共和国杯をマチカネアレグロで制して重賞初勝利を挙げた。

1997年に父が定年引退となり、メジロブライトなどの管理馬を引き継いだ。そのメジロブライトが翌1998年天皇賞(春)を勝ち、GI競走初勝利となった。

理由は不明であるが、JRAホームページのデータベース内の調教師で唯一、顔写真が掲載されていない人物である[1]

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1992年3月8日 1回中京2日1R アラ系4歳上800万下 グローバルキティ 10頭 6 7着
初勝利 1992年3月14日 1回中京3日7R 5歳上500万下 アテヨーノクラウン 16頭 3 1着
重賞初出走 1992年7月5日 1回札幌8日11R 札幌記念 ニックテイオー 13頭 7 2着
重賞初勝利 1994年11月19日 5回東京5日11R アルゼンチン共和国杯 マチカネアレグロ 14頭 2 1着
GI初出走 1994年12月25日 5回中山8日9R 有馬記念 マチカネアレグロ 13頭 7 10着
GI初勝利 1998年5月3日 3回京都4日11R 天皇賞(春) メジロブライト 14頭 2 1着

おもな管理馬[編集]

おもな厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 白浜雄造(1998年-2002年、2002年-2004年 騎手)
  • 千田輝彦(2001年、2002年、2004年 騎手)
  • 浅見恵一(2005年-現在 調教助手)
  • 林満明(2006年-2007年 騎手)
  • 田中健(2007年-2015年 騎手)
  • 鮫島克駿(2015年-現在 騎手)

脚注[編集]

  1. ^ JRAの機関誌である優駿では、毎年4月号に騎手・調教師紹介が記載されているが、そこには顔写真が掲載されている。

関連項目[編集]