稲葉隆一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
稲葉隆一
Ryuichi-Inaba20111002.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都出身(出生地は千葉県
生年月日 (1941-05-15) 1941年5月15日(76歳)
所属団体 JRA
初免許年 1974年
引退日 2012年2月29日
通算勝利 6920戦525勝
重賞勝利 14勝
G1級勝利 2勝
経歴
所属 稲葉幸夫/調教助手(1963 - 1964)
米国研修(1964 - 1974)
東京競馬場(1974 - 1978)
美浦T.C.(1978 - 2012)
テンプレートを表示

稲葉 隆一(いなば りゅういち、1941年5月15日 - )は、元日本中央競馬会(JRA)調教師。元JRA調教師の稲葉幸夫は実父。

来歴[編集]

1963年東京競馬場の稲葉幸夫厩舎調教助手となる。

1964年アメリカ合衆国サンタアニタパーク競馬場のタミドール厩舎で研修を受ける。

1974年に調教師免許を取得し、1975年に東京競馬場に厩舎を開業。管理馬の初出走は1975年9月14日中山第4競走でササキドーターが3着。同年9月21日、中山第4競走でホワイトベルが厩舎初勝利を挙げる。

1978年、厩舎が美浦トレーニングセンターに移転。

1997年2月8日東京障害特別・春でマイネルトレドールが勝利し、重賞初勝利。同年8月31日新潟3歳ステークスクリールサイクロンが勝利し、平地重賞初勝利。

1998年12月20日スプリンターズステークスマイネルラヴが勝利し、GI初勝利を挙げる。

2011年中山グランドジャンプマイネルネオスが勝利し、最後のGIとなった。そして、2012年2月29日付で定年のため調教師を引退した[1]

調教師成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 出走回数 勝率 連対率
平地 495 545 586 6711 .074 .155
障害 30 21 18 209 .143 .244
525 566 604 6920 .076 .158
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1974年9月14日 - ササキドーター - - 3着
初勝利 1974年9月21日 - ホワイトベル - - 1着
重賞初出走 1976年10月10日 スプリンターズS シカゴ 9頭 8 3着
GI初出走 1981年5月24日 優駿牝馬 クインヤマタケ 24頭 20 18着
重賞初勝利 1997年2月8日 東京障害特別(春) マイネルトレドール 10頭 2 1着
GI初勝利 1998年12月20日 スプリンターズS マイネルラヴ 15頭 7 1着

主な管理馬[編集]

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

脚注[編集]

関連項目[編集]