ワナ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワナ
2003-4-13-Wana.JPG
2003年4月13日 阪神競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2000年3月31日
フジキセキ
メロンパン
母の父 Theatrical
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 木村牧場
馬主 小田切有一
調教師 音無秀孝栗東
競走成績
生涯成績 9戦2勝
獲得賞金 4,3395,000円
テンプレートを表示

ワナ日本競走馬繁殖牝馬

父はフジキセキ(1994年朝日杯3歳ステークス)、母はシアトリカルを父に持つアメリカ合衆国生産のメロンパン(中央競馬2戦0勝)という血統。全兄にロロ(中央競馬4勝)、半姉モットヒカリヲ(父アフリート)の産駒にイヤダイヤダ(2005年ニュージーランドトロフィー2着)がいる。

現役時代は珍馬名で知られる小田切有一の所有馬として音無秀孝厩舎に預託された。2002年6月16日、阪神競馬場での新馬戦にてデビュー。池添謙一が騎乗し、2着キタサンペンダントに3馬身差をつけて勝利した。続く9月1日の新潟2歳ステークスでは田中勝春に乗り変わり、10番手追走から2歳レコードのタイムで重賞勝ちを飾った。競馬評論家の柏木集保は「うまく中団の外で折り合い、先に抜け出した馬をねじ伏せるようにかわしたレースぶりは、ハデではないが非常に渋い。この牝馬はスケールがありそうだ。」と高評価を与えた[1]

しかしこの勝利を最後に馬券対象になることはなく、2004年6月20日の五稜郭特別(函館競馬場、芝2000メートル)10着を最後に登録を抹消された。通算9戦2勝(中央競馬)。9戦すべてで騎手が乗り替わった。

引退後は生まれ故郷の木村牧場(浦河町)で繁殖入り[2]。2010年8月22日、キョウジ(2007年産、父キングカメハメハ)が未勝利戦に勝利し、産駒の中央競馬初勝利となった。

血統表[編集]

ワナ血統サンデーサイレンス系 / Hail to Reason 9.38% 4x5 ) (血統表の出典)

フジキセキ
1992 青鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ミルレーサー
Millracer
1983 鹿毛
Le Fabuleux Wild Risk
Anguar
Marston's Mill In Reality
Millicent

*メロンパン
1993 鹿毛
Theatrical
1982 鹿毛
Nureyev Northern Dancer
Special
*ツリーオブノレッジ Sassafras
Sensibility
母の母
Border Dawn
1976 鹿毛
*ピットカーン Petingo
Border Bounty
My Fawn Hugh Lupus
Our Girl F-No.14-c


脚注[編集]

  1. ^ 柏木集保 (2002年9月2日). “重賞レース回顧 新潟2歳S”. netkeiba.com. 2010年10月1日閲覧。
  2. ^ ワナ引退、繁殖入り”. netkeiba.com (2004年6月25日). 2010年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]