中野渡清一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中野渡 清一(なかのわたり せいいち、1941年昭和16年)4月6日-)は元日本中央競馬会騎手調教師青森県出身。騎手時代は「スーパーカー」と称された名馬・マルゼンスキー主戦騎手として知られていた。

横山富雄吉永正人とは同期生に当たる。

来歴[編集]

1957年東京競馬場本郷重彦厩舎に騎手見習いとして競馬界入りし、1961年に騎手としてデビュー。1966年スプリングステークスでシヨウグンに騎乗し重賞初勝利。1968年にはルピナスオークスに勝ち八大競走初勝利となる。

1976年に本郷厩舎に入厩したマルゼンスキーは全8戦を中野渡の騎乗で8戦すべて勝利した。だが当時の規則で「持込馬」だったマルゼンスキーはクラシックに参戦できず、中野渡は「28頭立ての大外枠でもいい。賞金なんか貰わなくていい。他の馬の邪魔もしない。この馬の力を試したいからマルゼンスキーに日本ダービーを走らせてくれ」という有名なコメントを残した[1]

1988年、調教師試験合格に伴い騎手を引退。翌1989年より美浦トレーニングセンターに厩舎を開業した。

2011年に迎える定年を前にした2010年10月20日付で調教師を勇退した[2]

成績[編集]

騎手通算[編集]

5122戦566勝(うち重賞9勝、障害競走8勝)

主な騎乗馬[編集]

調教師通算[編集]

中央競馬4118戦195勝[2]
地方競馬27戦1勝[3]
  • 重賞勝ちはない。

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本中央競馬会『優駿』1988年5月号
  2. ^ a b Racing Topics”. 日本中央競馬会. 2014年8月29日閲覧。
  3. ^ 中野渡”. 地方競馬全国協会. 2014年8月29日閲覧。

関連項目[編集]