バランスオブゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バランスオブゲーム
2003-6-29-BalanceOfGame.jpg
2003年宝塚記念
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1999年4月22日(18歳)
登録日 2001年4月26日
抹消日 2006年12月22日
フサイチコンコルド
ホールオブフェーム
母の父 アレミロード
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 ヤマダファーム
馬主 薗部博之
調教師 宗像義忠美浦
競走成績
生涯成績 29戦8勝
獲得賞金 6億1768万5000円
テンプレートを表示

バランスオブゲーム日本競走馬種牡馬)である。中央競馬において、GI未勝利ながら、GII競走を6勝(歴代最多記録)した。主戦騎手田中勝春

経歴[編集]

1999年のセレクトセールで、競馬ゲーム『ダービースタリオン』の開発者である薗部博之によって、競り合いの末870万円で落札された。競った相手とみられる人物は岡田繁幸で、薗部に売却交渉を持ちかけてきたという[1]

2001年8月12日新潟競馬の新馬戦でデビュー。1番人気に応えて勝利する。続く新潟2歳ステークスレコードタイムを記録して優勝。2戦目にして重賞初勝利となった[2]。レース後、骨膜炎を発症していたことから休養が与えられた。

休養後は12月のGI朝日杯フューチュリティステークスに出走し(結果は4着)、レース後再び休養を経て翌2002年3月、皐月賞トライアル弥生賞に出走。同レースを逃げ切って優勝した[3]。その後、GIの皐月賞東京優駿ではそれぞれ8着、7着に敗れた。東京優駿の後は夏期休養が与えられ、復帰戦となった菊花賞トライアルのセントライト記念を優勝。続く菊花賞は5着に敗れ[4]、この年の競走を終えた。

2003年の初戦はアメリカジョッキークラブカップの予定であったがレースの数日前に顔面を負傷したため陣営は出走を回避し、中山記念に出走。このレースで2着になったのを皮切りに日経賞2着、金鯱賞4着と堅実な成績を収めた。宝塚記念で11着に敗れて前半シーズンを終え、後半シーズンは毎日王冠から始動しレコードタイムで優勝した。この頃から陣営はバランスオブゲームに1800mを超えるレースでは詰めが甘くなるという傾向を感じ取っており、次のレースには天皇賞(秋)ではなくマイルチャンピオンシップが選ばれた(結果は4着)。

2004年の初戦には大阪杯が選ばれ、4着になった。レース振りから前半シーズンの目標には1600mの安田記念が選ばれ、3着に好走。8月には札幌記念に出走し2着になった。その後天皇賞(秋)、マイルチャンピオンシップでは9着、8着に敗れ、この年は勝利を挙げることができないまま競走を終えた[5]

2005年は初戦の中山記念で久々の勝利を飾る。この年は他のレースでも好走はしたものの勝利を挙げることができなかった。2006年フェブラリーステークスを目標に初めてのダート戦となる根岸ステークスに出走したが11着に敗れ、計画は撤回された。次のレースには中山記念が選ばれ、逃げ切って優勝。グレード制導入以後初の中山記念連覇を達成した。続く安田記念では17着に敗れたが、宝塚記念では得意の渋った馬場で逃げて3着に粘った。夏期休養を挟み、秋初戦はオールカマーに出走。好位から抜け出して、日本記録となるGII6勝目を挙げた。次走には15回目のGI挑戦となる天皇賞(秋)が選ばれたが、レース直前の調教後に左前浅屈腱不全断裂を発症[6]。競走能力を喪失し、競走馬を引退した。

引退後[編集]

引退後は種牡馬となり、アロースタッドで繋養される。2012年に種牡馬を引退、苫小牧市のノーザンホースパークで乗馬となる。

主な産駒[編集]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 距離 (馬場)

人気 着順 タイム (上り3F) 着差 騎手 斤量 勝ち馬 / (2着馬)
2001 8. 12 新潟 2歳新馬 芝1000m(良) 13 1 1人 1着 56.3 (32.9) 1/2馬身 田中勝春 53 (ソルジェンテ)
9. 2 新潟 新潟2歳S GIII 芝1400m(良) 10 3 5人 1着 R1.21.7 (35.2) 5馬身 木幡初広 54 (スターエルドラード)
12. 9 中山 朝日杯FS GI 芝1600m(良) 16 14 4人 4着 1.34.1 (35.4) -0.3秒 木幡初広 55 アドマイヤドン
2002 3. 3 中山 弥生賞 GII 芝2000m(良) 11 4 4人 1着 2.02.0 (34.6) 1/2馬身 田中勝春 56 ローマンエンパイア
4. 14 中山 皐月賞 GI 芝2000m(良) 18 1 7人 8着 1.59.3 (36.3) -0.8秒 田中勝春 57 ノーリーズン
5. 26 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 18 15 10人 7着 2.26.9 (36.2) -0.7秒 田中勝春 57 タニノギムレット
9. 15 新潟 セントライト記念 GII 芝2200m(良) 17 12 2人 1着 2.12.9 (34.6) 1.1/2馬身 田中勝春 56 アドマイヤマックス
10. 20 京都 菊花賞 GI 芝3000m(良) 18 16 6人 5着 3.06.5 (35.7) -0.6秒 田中勝春 57 ヒシミラクル
2003 3. 2 中山 中山記念 GII 芝1800m(重) 12 9 4人 2着 1.47.9 (36.0) -0.3秒 田中勝春 57 ローエングリン
3. 29 中山 日経賞 GII 芝2500m(良) 10 4 1人 2着 2.31.5 (36.1) -0.2秒 木幡初広 57 イングランディーレ
5. 31 中京 金鯱賞 GII 芝2000m(稍) 14 10 2人 4着 1.59.2 (35.5) -0.3秒 田中勝春 58 タップダンスシチー
6. 29 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(良) 17 12 11人 11着 2.13.5 (38.2) -1.5秒 武幸四郎 58 ヒシミラクル
10. 12 東京 毎日王冠 GII 芝1800m(稍) 11 7 5人 1着 R1.45.7 (34.6) 2.1/2馬身 田中勝春 58 トーホウシデン
11. 23 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 18 10 4人 4着 1.33.6 (34.6) -0.3秒 田中勝春 57 デュランダル
2004 4. 4 阪神 大阪杯 GII 芝2000m(稍) 11 11 2人 4着 1.59.9 (35.6) -0.3秒 田中勝春 58 ネオユニヴァース
6. 6 東京 安田記念 GI 芝1600m(稍) 18 16 5人 3着 1.32.8 (34.9) -0.2秒 田中勝春 58 ツルマルボーイ
8. 22 札幌 札幌記念 GII 芝2000m(良) 11 3 2人 2着 2.00.5 (36.0) -0.1秒 田中勝春 57 ファインモーション
10. 31 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(稍) 17 15 8人 9着 2.00.5 (36.0) -1.6秒 田中勝春 58 ゼンノロブロイ
11. 21 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 16 9 8人 8着 1.34.0 (35.2) -1.0秒 田中勝春 57 デュランダル
2005 2. 27 中山 中山記念 GII 芝1800m(良) 14 11 4人 1着 1.46.5 (34.8) 3/4馬身 田中勝春 58 カンパニー
6. 5 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 18 8 12人 7着 1.32.8 (34.9) -0.5秒 田中勝春 58 アサクサデンエン
10. 9 東京 毎日王冠 GII 芝1800m(稍) 17 6 5人 4着 1.47.0 (33.7) -0.5秒 田中勝春 58 サンライズペガサス
10. 30 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(良) 18 18 16人 11着 2.00.7 (33.8) -0.6秒 田中勝春 58 ヘヴンリーロマンス
11. 21 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 17 9 13人 5着 1.32.4 (35.0) -0.3秒 木幡初広 57 ハットトリック
2006 1. 29 東京 根岸S GIII ダ1400m(良) 16 11 8人 11着 1.24.6 (37.3) -0.9秒 木幡初広 58 リミットレスビッド
2. 26 中山 中山記念 GII 芝1800m(重) 12 6 6人 1着 1.48.9 (35.6) 5馬身 田中勝春 59 ダイワメジャー
6. 4 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 18 12 9人 17着 1.35.4 (37.1) -2.8秒 田中勝春 58 ブリッシュラック
6. 25 京都 宝塚記念 GI 芝2200m(稍) 13 13 9人 3着 2.13.8 (36.6) -0.8秒 田中勝春 58 ディープインパクト
9. 24 中山 オールカマー GII 芝2200m(良) 15 5 4人 1着 2.12.1 (35.6) ハナ 田中勝春 58 コスモバルク
  • 1 タイム欄のRはレコード勝ちを示す。
  • 2 斤量の単位はkg

エピソード[編集]

2004年放送のフジテレビ721・『ゲームセンター「CX」』に薗部が出演した際、「(この馬はGIでは足りないので)最多GII獲得馬になってほしい」と夢を語っており、その夢が実現された。

GI勝利こそ無いが、GIで掲示板に乗った回数は6回あった(最高着順は2004年安田記念と2006年宝塚記念の3着)。このようにGIIでの勝利および好走が多く、GIでは今ひとつの成績であることから、「GII番長」と揶揄する競馬ファンもいる。田中勝春も2007年皐月賞までJRAのGIは100戦以上連敗していたため、境遇が似ていた。

血統表[編集]

バランスオブゲーム血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ニジンスキー系ノーザンダンサー系
[§ 2]

フサイチコンコルド
1993 鹿毛
父の父
Caerleon
1980 鹿毛
Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
Foresser Round Table
Regal Gleam
父の母
バレークイーン
*Ballet Queen
1988 鹿毛
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Sun Princess *English Prince
Sunny Valley

ホールオブフェーム
1991 黒鹿毛
アレミロード
*Allez Milord
1983 鹿毛
Tom Rolfe Ribot
Pocahontas
Why Me Lord Bold Reasoning
Tomorrowland
母の母
ベルベットサッシュ
1986 鹿毛
*ディクタス
Dictus
Sanctus
Doronic
ダイナサッシュ *ノーザンテースト
*ロイヤルサッシュ
母系(F-No.) 1号族(FN:1-t) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer4×4×5=15.63% [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ バランスオブゲーム 5代血統表2017年9月6日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com バランスオブゲーム 5代血統表2017年9月6日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ バランスオブゲーム 5代血統表2017年9月6日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com バランスオブゲーム 5代血統表2017年9月6日閲覧。

脚注[編集]

  1. ^ 「杉本清の競馬談義 (199) ゲスト・ゲームデザイナー 薗部博之さん」、『優駿』、日本中央競馬会、2001年11月、 60頁。
  2. ^ なお、最終的に重賞を7勝する同馬であるが、田中勝春以外の騎手が騎乗して重賞を勝ったのはこの時だけである
  3. ^ 騎乗した田中勝春曰く、レース序盤は力んで走っていたが、途中で内ラチに止まっているカラスを見て落ち着きを取り戻した。
  4. ^ 田中勝春は菊花賞について「ミスをしていなければ勝っていたレース」と回顧している。
  5. ^ なお、この年に重賞を勝っていたらドウカンヤシマの6年連続重賞勝利に並ぶ快挙を達成していたことになる。
  6. ^ ケガが発覚した直後、馬主の薗部は母校早稲田大学での講演会において、自分の生活リズムが夜型の人間だということを調教師も知っているので、普段は夕方頃に連絡が入るが朝方に電話がかかってくるのは大抵悪い知らせであること、そしてその日も朝に電話があったということなどを語った。
  7. ^ 2014年ダイヤモンドSレース結果 - netkeiba.com 2015年2月28日閲覧
  8. ^ 2015年ダイヤモンドSレース結果 - netkeiba.com 2015年2月28日閲覧

参考文献[編集]

  • 田中直成「記憶の中の名馬 バランスオブゲーム」『週刊Gallop』2008年7月27日号 - 8月17日号、産業経済新聞社

外部リンク[編集]