ハープスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハープスター
20130825 Niigata Nisai Stakes (G3).jpg
2013年8月25日 新潟2歳ステークス(GIII)
欧字表記 Harp Star[1]
品種 サラブレッド
性別 [1][2]
毛色 鹿毛[1][2]
生誕 2011年4月24日(6歳)[1][2]
抹消日 2015年5月7日
ディープインパクト[1][2]
ヒストリックスター[1][2]
母の父 ファルブラヴ[1][2]
生国 日本の旗 日本北海道安平町[1][2]
生産 ノーザンファーム[1][2]
馬主 キャロットファーム[1][2]
調教師 松田博資栗東[1][2]
調教助手 中留伸治[3]
厩務員 山口慶次[4]
競走成績
生涯成績 11戦5勝[2]
(国内)9戦5勝[1]
(海外)2戦0勝[1]
獲得賞金 3億6024万8000円[1]
勝ち鞍 GI:桜花賞(2014年)
GII :札幌記念 (2014年)
GIII:新潟2歳ステークス(2013年)
チューリップ賞(2014年)[1][2]
テンプレートを表示

ハープスター: Harp Star)は日本競走馬である。馬名の意味は「ベガこと座の一等星)の別名」で[5]、祖母ベガからの連想。主な勝ち鞍は2013年新潟2歳ステークス2014年チューリップ賞桜花賞札幌記念[1][2]

経歴[編集]

2歳(2013年)[編集]

7月14日に中京競馬場の芝1400mの新馬戦川田将雅を鞍上にデビューし、単勝1.8倍の1番人気に支持された[2]。後方待機から直線で抜け出し、勝利を飾った[6]

8月25日に新潟競馬場で行われた新潟2歳ステークス(芝1600m)でも、単勝1番人気に推された[7]。レースでは再び後方を追走、直線入り口でも最後方であったが、直線だけで全馬を抜き去り、翌年の皐月賞に優勝するイスラボニータ[8]に3馬身差をつける圧勝で重賞初制覇を達成した[7]

12月8日阪神競馬場で行われた阪神ジュベナイルフィリーズ(芝1600m)も単勝1.7倍の圧倒的人気での出走となった[2]。道中は再び後方を進み、直線では馬群を鋭く突くも勝ち馬レッドリヴェールにハナ差届かず2着となった[9]

3歳(2014年)[編集]

2014年初戦となったチューリップ賞は単勝1.1倍・支持率72.8%の圧倒的1番人気に推され、後方2番手から最後は2着に2馬身1/2の差を付けて圧勝した[10]

桜花賞表彰式

4月13日の桜花賞では大外18番枠からのスタートとなった[2]。スタート後すぐに後ろに下げ、道中は最後方でレースを進めた[11]。4コーナーでも依然最後方のままであったが直線でメンバー最速となる上がり3ハロン32.9(推定)の末脚を使い[2]、他の17頭を全て抜き去り、最後は阪神ジュベナイルフィリーズで敗れたレッドリヴェールにクビ差をつけ優勝した[11]ディープインパクト産駒はこの勝利で桜花賞4年連続優勝を達成し[12]、また管理する松田博資調教師にとっては桜花賞通算4勝目となった[11]

しかし、次走の優駿牝馬(オークス)はいつものように後方からの競馬となり、最後の直線での追い込みにかけたものの先に抜け出したヌーヴォレコルトにクビ差及ばず2着に惜敗した[13]。レース後、落鉄しかけていたことが判明している[14]。その後、陣営は札幌記念をステップレースとして凱旋門賞へ挑戦することを表明した[14]

8月24日の第50回札幌記念では、初の古馬との対決、特に5冠馬ゴールドシップとの対決は注目を集め[15]、そのゴールドシップに次ぐ2番人気に推された[16]。レースはトウケイヘイロー等が作ったハイペースの中、後方2番手で折り合い、第3コーナーで進出を開始、直線入り口で一気に先頭に立つと最後方から差を詰めるゴールドシップを3/4馬身抑え優勝[16][17]。2012年のフミノイマージンに次ぐ史上11頭目の牝馬の優勝、1992年のサンエイサンキュー以来22年ぶり2頭目の3歳牝馬の優勝となった[17]

日本の3歳牝馬として初挑戦となった凱旋門賞では後方から最後の直線で伸びたものの、仕掛けが遅れたことが影響し、6着でレースを終えた[18]

11月30日、年内最終戦としてジャパンカップに出走[19]。故障したトレーディングレザーと接触するアクシデントもあり、最後の直線で伸びを欠き5着に敗れた[19]

4歳(2015年)[編集]

明けて4歳の初戦は京都記念に出走[20]キズナとの初対決が注目を浴びたが[21]、見せ場なくラブリーデイの5着に敗れた[20]

次走は再び海外遠征を選択しドバイシーマクラシックへ出走[22][23]。イギリスのブックメーカーで1番人気に支持されるなど注目を集めたが[22]、最後の直線半ばで力尽き、大きく離された9頭立ての8着に終わった[23]。レース後、次走は牝馬路線へ戻りヴィクトリアマイルへ向かう事が陣営から発表されていたが、海外遠征から続く疲労が抜けないことが理由でこれを回避し、残りの春シーズンを全休することとなった[24]。その後の検査で種子骨靭帯炎も併発していたことが判明、関係者が協議した結果、現役を引退することになった[25]。 引退後は北海道安平町のノーザンファームで繁殖牝馬となる[26]。初年度の相手はキングカメハメハが選ばれた。

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.comの情報[2]に基づくが、海外の競走については各競走に示した出典にも基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬) 出典
2013.07.14 中京 2歳新馬 芝1400m(良) 10 8 10 01.8(1人) 01着 1:24.5(34.5) -0.3 川田将雅 54kg (オウノミチ)
0000.08.25 新潟 新潟2歳S GIII 芝1600m(良) 18 8 17 02.6(1人) 01着 1:34.5(32.5) -0.5 川田将雅 54kg イスラボニータ
0000.12.08 阪神 阪神JF GI 芝1600m(良) 18 5 10 01.7(1人) 02着 1:33.9(33.6) -0.0 川田将雅 54kg レッドリヴェール
2014.03.08 阪神 チューリップ賞 GIII 芝1600m(良) 13 3 3 01.1(1人) 01着 1:34.3(33.7) -0.4 川田将雅 54kg ヌーヴォレコルト
0000.04.13 阪神 桜花賞 GI 芝1600m(良) 18 8 18 01.2(1人) 01着 1:33.3(32.9) -0.0 川田将雅 55kg (レッドリヴェール)
0000.05.25 東京 優駿牝馬 GI 芝2400m(良) 18 5 10 01.3(1人) 02着 2:25.8(33.6) -0.0 川田将雅 55kg ヌーヴォレコルト
0000.08.24 札幌 札幌記念 GII 芝2000m(良) 14 5 8 03.7(2人) 01着 1:59.1(35.5) -0.1 川田将雅 52kg ゴールドシップ
0000.10.05 ロンシャン 凱旋門賞 GI 芝2400m(良) 20 12 19 ** 06着 ** ** 川田将雅 54.5kg Treve [27]
0000.11.30 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 18 3 6 04.1(2人) 05着 2:24.0(35.0) -0.9 川田将雅 53kg エピファネイア
2015.02.15 京都 京都記念 GII 芝2200m(良) 11 7 8 01.8(1人) 05着 2:11.9(34.0) -0.4 川田将雅 54kg ラブリーデイ
0000.03.28 メイダン ドバイシーマC GI 芝2410m(良) 9 ** 9 ** 08着 ** ** R.ムーア 54.5kg Dolniya [28]

血統表[編集]

ハープスター血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系
[§ 2]

ディープインパクト
2002 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ウインドインハーヘア
Wind in Her Hair
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere

ヒストリックスター
2005 鹿毛
*ファルブラヴ
Falbrav
1998 鹿毛
Fairy King Northern Dancer
Fairy Bridge
Gift of the Night Slewpy
Little Nana
母の母
ベガ
1990 鹿毛
*トニービン *カンパラ
Severn Bridge
*アンティックヴァリュー Northern Dancer
Moonscape
母系(F-No.) 9号族(FN:9-f) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 5×4×4=15.63% [§ 4]
出典
  1. ^ [29]
  2. ^ [29]
  3. ^ [29]
  4. ^ [29]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p ハープスター”. JBIS Search. 2016年4月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r ハープスター”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  3. ^ 【凱旋門賞】ハープは早速、坂路入り”. デイリースポーツ (15-09-22). 2015年6月3日閲覧。
  4. ^ 【フローラS】ブエナ妹・良血サングレアル ハープ挑戦へ名乗り”. スポーツニッポン (2014年4月28日). 2016年4月4日閲覧。
  5. ^ ハープスター”. キャロットクラブ. 2016年6月1日閲覧。
  6. ^ a b カナロア弟は3着、祖母に2冠馬ベガのハープスターが差し切りV/中京新馬”. netkeiba.com (2013年7月14日). 2016年4月4日閲覧。
  7. ^ a b 真夏の衝撃!4角最後方、牝馬ハープスターが直線だけでゴボウ抜き!!/新潟2歳S”. netkeiba.com (2013年8月25日). 2016年4月4日閲覧。
  8. ^ イスラボニータ、父の無念晴らし4連勝でクラシック制覇!/皐月賞”. netkeiba.com (2014年4月20日). 2016年4月4日閲覧。
  9. ^ レッドリヴェールがゴール前の大接戦制し無敗の2歳女王に/阪神ジュベナイルフィリーズ”. netkeiba.com (2013年12月8日). 2016年4月4日閲覧。
  10. ^ 【チューリップ賞】ハープスター“ブエナ超え”V!”. netkeiba.com (2014年3月9日). 2016年4月4日閲覧。
  11. ^ a b c d ハープスターが桜の女王に、川田「ゴールまでに全部つかまえられると」/桜花賞”. netkeiba.com(提供:デイリースポーツ) (2014年4月14日). 2016年4月4日閲覧。
  12. ^ 【桜花賞】ディープ産駒3連覇中 ハープスターVなら40年ぶり快挙”. スポーツニッポン (2014年4月11日). 2016年4月4日閲覧。
  13. ^ 第75回優駿牝馬(オークス)特集 レース回顧”. JRA-VAN. 2016年4月4日閲覧。
  14. ^ a b 凱旋門賞目指すハープスターは札幌記念から始動、松田博師「距離はこなせそうや」”. netkeiba.com (2014年5月29日). 2016年4月4日閲覧。
  15. ^ ゴールドシップ、ハープスターら超豪華メンバーによる一戦!/札幌記念の見どころ”. netkeiba.com (2014年8月18日). 2016年4月4日閲覧。
  16. ^ a b さあ凱旋門賞へ!ハープスターがゴールドシップとの対決を制す!/札幌記念”. netkeiba.com (2014年8月24日). 2016年4月4日閲覧。
  17. ^ a b ハープ早めの先頭で古馬斬りV/札幌記念 - 2014年8月25日 nikkansports.com(2014年8月25日閲覧)
  18. ^ 凱旋門賞】ハープスター 日本馬最先着の6着「悔いはない」 - 2014年10月6日 競馬ラボ(2014年12月6日閲覧)
  19. ^ a b 【ジャパンC】ハープスター5着 故障馬と接触する不利も… - 2014年12月1日 スポニチアネックス(2014年12月6日閲覧)
  20. ^ a b ラブリーデイが叩き合いを制し重賞連勝 キズナ3着・ハープ5着/京都記念”. netkeiba.com (2015年2月15日). 2016年4月4日閲覧。
  21. ^ ハープスターとキズナの対決に注目/京都記念の見どころ”. netkeiba.com (2015年2月9日). 2016年4月4日閲覧。
  22. ^ a b 【ドバイシーマC】ハープスター 日本V2へムーア好感触”. スポーツニッポン (2015年3月27日). 2016年4月4日閲覧。
  23. ^ a b フランスの牝馬ドルニヤがV ワンアンド3着・ハープ8着/ドバイシーマクラシック”. netkeiba.com (2015年3月29日). 2016年4月4日閲覧。
  24. ^ ハープスターがヴィクトリアマイルの出走を見送り”. netkeiba.com (2015年4月21日). 2016年4月4日閲覧。
  25. ^ ハープスターが引退 繋靭帯損傷に加え種子骨靭帯炎も併発のため netkeiba.com 2015年5月7日閲覧
  26. ^ ハープスターが引退、繁殖へ”. ラジオNIKKEI (2015年5月13日). 2016年4月4日閲覧。
  27. ^ Longchamp (FR) Result 05 Oct 2014 Qatar Prix de l'Arc de Triomphe (Group 1)”. Racing Post. 2016年4月4日閲覧。
  28. ^ Meydan (UAE) Result 28 Mar 2015 Dubai Sheema Classic Presented By Longines (Group 1)”. Racing Post. 2016年4月4日閲覧。
  29. ^ a b c d ハープスターの血統表”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  30. ^ アドマイヤベガ”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  31. ^ アドマイヤボス”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  32. ^ アドマイヤドン”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。
  33. ^ マックロウ”. netkeiba.com. 2016年4月4日閲覧。

外部リンク[編集]