牧田和弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
牧田和弥
Kazuya-Makita20110326.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県
生年月日 (1972-03-04) 1972年3月4日(47歳)
身長 158cm
体重 53kg
血液型 A型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 中村好夫(1990.3 - 1994.12)
フリー(1995.1 - 引退)
初免許年 1990年3月1日
免許区分 平地・障害
騎手引退日 2005年3月20日
重賞勝利 3勝
通算勝利 2253戦122勝
調教師情報
初免許年 2010年(2011年開業)
経歴
所属 JRA騎手(1990.3 - 2005.3)
加藤敬二/調教助手(2005.3 - 開業)
栗東T.C.(開業 - )
テンプレートを表示

牧田 和弥(まきた かずや、1972年3月4日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) ・栗東トレーニングセンターに所属する元騎手調教師

来歴[編集]

1990年、JRA競馬学校を第6期生として卒業して騎手免許を取得し、中村好夫厩舎からデビュー。同期には江田照男浜野谷憲尚らがいる。

平地競走初騎乗は1990年3月3日、阪神競馬第2競走のヤマノタイカイで、8頭立ての3着。

平地初勝利は1990年3月18日の阪神競馬第1競走のヤマノタイカイで挙げた。デビュー8戦目でのことだった。

障害競走初騎乗は1995年1月8日、京都競馬第5競走のスーパークレネットだったが、競走中止。

障害初勝利は1995年2月11日の京都競馬第5競走のダイカツストームで挙げた。

1991年3月17日、中京記念でミヤジペガサスに騎乗し平地重賞初騎乗(11着)。

1995年9月3日、新潟3歳ステークスでタヤスダビンチに騎乗し平地重賞初制覇。

1995年9月16日、京都障害ステークス(秋)でロングシリウスに騎乗し障害重賞初騎乗(競走中止)。

1999年9月25日、阪神ジャンプステークスでヒサコーボンバーに騎乗し障害重賞初制覇。

2005年3月20日をもって騎手免許を返上し引退。加藤敬二厩舎の調教助手に転身した。

2010年2月に調教師免許試験に合格[1]。3月1日より技術調教師として活動。

2011年3月1日付けにて調教師として新規開業(栗東:馬房数12)[2]

騎手成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 106 118 121 2073 .051 .108
障害 16 16 12 180 .089 .178
122 134 133 2253 .054 .114
日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1990年3月3日 2回阪神3日2R 3歳未勝利 ヤマノタイカイ 8頭 3 3着
初勝利 1990年3月18日 2回阪神8日1R 3歳未勝利 ヤマノタイカイ 9頭 1 1着
重賞初騎乗 1991年3月17日 2回小倉8日11R 中京記念 ミヤジペガサス 16頭 10 11着
重賞初勝利 1995年9月3日 1回新潟8日11R 新潟3歳S タヤスダビンチ 10頭 3 1着
GI初騎乗 1995年12月10日 5回中山4日11R 朝日杯3歳S タヤスダビンチ 12頭 9 5着

主な騎乗馬[編集]

  • タヤスダビンチ(1995年新潟3歳ステークス)
  • ヒサコーボンバー(1999年阪神ジャンプステークス)
  • マグマライフ(2002年阪神スプリングジャンプ)

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2011年3月5日 1回阪神3日8R 4歳上500万下 ガイーヌ 8頭 7 7着
初勝利 2011年3月26日 2回阪神1日4R 障害4歳上未勝利 ヒカリアライブ 14頭 6 1着
重賞初出走 2011年6月11日 3回東京7日8R 東京ジャンプS ヒカリアライブ 14頭 3 10着
重賞初勝利 2016年2月20日 1回東京7日11R ダイヤモンドS トゥインクル 16頭 4 1着
GI初出走 2012年11月11日 5回京都4日11R エリザベス女王杯 メルヴェイユドール 16頭 16 6着
GI初勝利

主な管理馬[編集]

※括弧内は当該馬の優勝重賞競走、太字はGI級競走。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]