蛯沢誠治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蛯沢 誠治(えびさわ せいじ、1951年6月5日 - 2003年10月31日)は日本中央競馬会 (JRA) に所属した騎手調教助手千葉県出身。

経歴[編集]

1951年、青森県上北郡東北町にて出生。すぐに千葉県に移住。12歳の時、かつて騎手を志していた次兄の薦めで、当時調教師を目指していた成宮明光に弟子入り、千葉県に移り住む。その後成宮の元で騎乗技術を習得し、馬事公苑騎手養成短期課程を経て、1970年3月に成宮厩舎所属騎手としてデビュー。4年目に43勝を挙げて全国7位に付けるなど、早くから頭角を現した。

しかし、1975年運転免許不正取得事件に連座していたことが発覚し書類送検となった(結果は起訴猶予)。逮捕には至らなかったものの、6月5日付けで当面の間騎乗停止(暫定処分)、9月18日付で正式処分が下され、騎手免許剥奪となった。その後、1978年に免許再取得が認められるまでの間、青森県の明神ファームで育成騎乗者として過ごした。

1978年に復帰すると、順調に勝ち星を積み重ねる。1980年代に入ると関東の有力騎手として安定した成績を収めるようになり、1987年にはスズパレードに騎乗して宝塚記念に優勝し、デビュー17年目で初のGI級競走優勝を果たした。この年にはタレンティドガールに騎乗してエリザベス女王杯も制している。1990年代に入ると若手騎手の台頭によりリーディング上位を窺うことはなくなったが、毎年二桁の勝ち星を保ち「いぶし銀」とも称された。

しかし1998年は7勝で自身初の一桁勝利に終わり、成宮厩舎所属からフリーに転向した翌年も6勝を挙げるに留まる。これを受けて2000年に騎手を引退し調教助手に転身。

以後は小島太厩舎で同職を務めていたが、2003年秋、食道癌により52歳で死去。死去まで同厩舎に在籍していた。

成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 887 869 895 6,682 9,333 .095 .188
障害 0 0 0 1 1 .000 .000
887 869 895 6,683 9,334 .095 .188
  • 初騎乗 1970年3月1日 カネツクバ(9着)
  • 初勝利 1970年3月15日 ヨネリュウ
  • 全国最高6位(1985年・57勝)
  • 年間自己最多勝-73勝(1988年・全国8位)
  • 重賞競走42勝(うちGI級競走2勝)

主な騎乗馬[編集]

(括弧内は蛯沢騎乗での優勝重賞競走)

参考文献[編集]

  • 『別冊宝島 競馬騎手読本』宝島社 1997年 ISBN 4796692908 p.18-20「蛯沢誠治 現代競馬に迷う」
  • 木村幸治『騎手物語』(洋泉社、1998年)
  • 『中央競馬年鑑・昭和50年版』(日本中央競馬会、1976年)