セキテイリュウオー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セキテイリュウオー
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1989年4月30日
死没 2011年4月13日(22歳没)
トウショウボーイ
レインボーローズ
生国 日本の旗 日本北海道門別町
生産 千葉飯田牧場日高分場
馬主 (株)新元観光
調教師 藤原敏文(美浦
競走成績
生涯成績 26戦5勝
獲得賞金 3億3620万円
勝ち鞍 GⅢ日刊スポーツ賞金杯 (1993年)、
東京新聞杯(1994年)
テンプレートを表示

セキテイリュウオー日本競走馬である。おもな勝鞍は1994年東京新聞杯 (GIII) 、1993年日刊スポーツ賞金杯 (GIII) 、若葉ステークスで、天皇賞(秋)では2年連続して2着に入るなどマイル(1600m)から2000mを中心に活躍した。全成績は26戦で(5-7-1-13)、二桁着順は一回もなかった。騎手はデビューから4戦を蛯沢誠治が、宝塚記念1戦だけ南井克巳が、残り21戦は当時藤原敏文厩舎の所属騎手であった田中勝春が務めた。

現役時代[編集]

1989年(平成元年)4月30日、北海道門別にある千葉飯田牧場にてトウショウボーイとレインボーローズの間に鹿毛牡馬として生まれた。生まれた当時について生産者は「バランスは取れて品が良いけど体質は弱かった」と述懐しており、育成が他馬に比べて遅れたと言われている。その後は育成牧場に移動し、体質の弱さも改善され美浦の藤原敏文厩舎に入厩しデビューを迎えることとなった。

デビューは1991年12月、5回中山開催2日目の新馬戦で2着だった。同開催の最終8日で初勝利を挙げ、3歳を終えた。

明け4歳は1992年1月1回中山開催の500万特別若竹賞に出走するが6着に敗れ、翌東京開催の初日500万特別セントポーリア賞に出走し、それまでの先行差しから一転し「逃げ」の戦法を採ったが3着に敗れた。このレースの勝ち馬は、のちのエプソムカップ馬サクラセカイオーで、約3馬身離された3着という内容だった。陣営はここで騎手を蛯沢誠治から所属騎手の田中勝春に乗せ替えて、同開催の最終日500万特別春菜賞に出走したが、先のセントポーリア賞で2着のタイガーエースに2分の1馬身離されるという結果に終わった。このままでは収得賞金額不足によって、皐月賞で除外になるという問題もあり、次走は格上挑戦で皐月賞トライアル若葉ステークスに出走することとなった。

この年の若葉ステークスは出走が9頭と比較的少なかったが、出走するメンバーは共同通信杯4歳ステークスの勝ち馬で1番人気単勝オッズ2.1倍)のエアジョーダン、のちに皐月賞2着、NHK杯優勝、日本ダービー2番人気に支持されたナリタタイセイ、日本ダービーで3着となるマヤノペトリュースなど錚々たるメンバーで、離れた単勝4番人気に過ぎなかったが、同レースを制し皐月賞への優先出走権を獲得した。ナリタタイセイは3着、エアジョーダンは5着、マヤノペトリュースは7着だった。

そして皐月賞に出走する。この年はここまで“栗毛の超特急”ミホノブルボンクラシックの最有力馬とされていた。ミホノブルボンは雨の中行われた前走のスプリングステークス重馬場ながら7馬身差で勝ち、観衆の興味はミホノブルボンがどれだけ強い勝ち方をするかであった。一方、同じく重馬場だった若葉ステークスで好走したセキテイリュウオーはミホノブルボン、同じく皐月賞トライアルの弥生賞馬アサカリジェントに次ぐ3番人気の支持を得たものの6着に終わった。

その後は皐月賞から日本ダービーへ直行するローテーションを組んだが9着に終わり、春のクラシックシーズンを終えた。レース後、骨膜炎が判明し長期休養を余儀なくされ、秋は菊花賞へ直行することになり、18頭中13番人気であったがライスシャワーの6着となった。その後は中山開催のディセンバーステークスでフジヤマケンザンの2着に入り4歳を終えた。

古馬になって[編集]

5歳の緒戦は1993年1回中山開催の金杯だった。53kgというハンデキャップにも恵まれて、カリブソングをアタマ差抑え勝利、重賞初制覇となった。

その後は中距離のレースを中心に走り目黒記念4着、中山記念5着、エイプリルステークス2着、新潟大賞典4着となった。6月には阪神競馬場で行われた宝塚記念南井克巳鞍上で出走するがメジロマックイーンの4着に敗れた。

第108回天皇賞[編集]

5歳秋の緒戦は天皇賞 (秋)の前哨戦とも言える東京競馬場毎日王冠だった。このときはシンコウラブリイヤマニンゼファーが人気を集めたが2着に入った。

天皇賞(秋)はライスシャワーやヤマニンゼファーといった有力馬が秋緒戦で敗れたこと、シンコウラブリイが外国産馬で出走権がなかったこと、直前にメジロマックイーンが故障で引退となったことで混戦模様となった。

レースは逃げ馬ツインターボロンシャンボーイがハイペースで引っ張る展開となり、セキテイリュウオーは中団よりやや前に待機し、第4コーナーの坂下から一気にスパートをかけた。残り300メートルからゴール前までヤマニンゼファーと壮絶な叩き合いを見せたがハナ差敗れた。このレースの上がり3ハロンはヤマニンゼファーが36秒4に対し、セキテイリュウオーはただ1頭だけ35秒台(35秒9)をマークし3ハロンだけで0秒5縮めている。しかし騎乗していた田中勝春はゴールの瞬間「負けた」と分かったとのこと。この勝負を天皇賞史上屈指の名勝負と見ているファンもいる。[誰?]

田中勝春の初GI制覇は1992年5月17日東京競馬場で開催された第42回安田記念であったが、そのとき騎乗していた馬はヤマニンゼファーであった。そのヤマニンゼファーとは5歳時にコンビを組んでいたが、ヤマニンゼファーの6歳緒戦がマイラーズカップとなり、そのときは田原成貴が代打で騎乗した。その後ゼファーが中山記念に出走することになり、セキテイリュウオーとバッティングすることとなったが、田中は自厩舎所属馬のセキテイリュウオーに騎乗することを選んだ。ヤマニンゼファーは中山記念は田原、京王杯スプリングカップ以降は柴田善臣が騎乗し、以後田中が騎乗することはなかった。

ふたたび天皇賞へ[編集]

天皇賞のあと、4歳時に2着とした中山開催のディセンバーステークスを勝ったが、この年の有馬記念ではトウカイテイオーの奇跡の勝利の前に、2周目3コーナーでハロン棒の影に驚きジャンプするロスもあって7着に終わり、5歳のシーズンを終えた。

6歳は春の目標を安田記念とし、緒戦は東京新聞杯を選んで59kg負担重量を背負ったものの、1番人気のケントニーオー(54kg)を2分の1馬身差し切り勝利した。しかしその後、骨膜炎を発症し長期休養を余儀なくされ、春シーズンを全休することとなった。

そして秋緒戦は前年同様に東京競馬場の毎日王冠を選んだが、レコード決着となりネーハイシーザーの8着に敗れた。しかし、セキテイリュウオーの走破タイムは前年を上回っていた。

そして天皇賞(秋)に出走したが、人気は芦毛の怪物ビワハヤヒデ、前年のダービー馬ウイニングチケット、レコード馬ネーハイシーザーの順番で、前走8着のセキテイリュウオーは8番人気と人気を落としていた。しかしビワハヤヒデがレース中に故障したこともあり、ネーハイシーザーの2着となり、2年連続天皇賞(秋)2着となった。

骨膜炎との闘い[編集]

4歳時よりたびたび起こっている骨膜炎だが、ここへ来て再発してしまうこととなる。懸命な治療によって7歳夏中京競馬場高松宮杯(当時GII)で復帰したが、このレースを7着としたあとまた骨膜炎を発症した。

半年近く休養のあと、復帰したのは8歳になってからの東京新聞杯で60kgの負担重量を背負わされ6着に敗れ、翌月の中山記念を9着として競走生活を終えた。

引退後[編集]

引退後は種牡馬となる。種付け頭数は初年度25頭、2年目36頭、3年目12頭であった。今のところ、おもだった産駒は残していない。

2009年に種牡馬を引退し、北海道日高郡新ひだか町の荒木育成牧場にて功労馬として繋養されていたが、2011年4月13日、病気のため死亡した[1]

血統表[編集]

セキテイリュウオー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 テスコボーイ系

トウショウボーイ
1973 鹿毛
父の父
*テスコボーイ
Tesco Boy
1963 黒鹿毛
Princely Gift Nasrullah
Blue Gem
Suncourt Hyperion
Inquisition
父の母
*ソシアルバターフライ
Social Butterfly
1957 鹿毛
Your Host Alibhai
Boudoir
Wisteria Easton
Blue Cyprus

レインボーローズ
1979 栗毛
*ファーストファミリー
First Family
1962 栗毛
First Landing Turn-to
Hildene
Somethingroyal Princequillo
Imperatrice
母の母
*プティットアミ
Petite Amie
1961 黒鹿毛
Prince Taj Prince Bio
Malindi
Turkhan Law Turkhan
Road Law F-No.19
母系(F-No.) プティットアミ系(FN:19) [§ 2]
5代内の近親交配 Nearco5×5、Mumtaz Begum5×5、Jury5×5、Hyperion 4・5(父内)、Prince Rose 5・5(母内) [§ 3]
出典
  1. ^ JBISサーチ セキテイリュウオー 5代血統表2017年1月12日閲覧。
  2. ^ [2]
  3. ^ JBISサーチ セキテイリュウオー 5代血統表2017年1月12日閲覧。

脚注[編集]

  1. ^ セキテイリュウオー” (日本語). 引退名馬詳細情報. 軽種馬育成調教センター. 2011年4月15日閲覧。
  2. ^ 『優駿』1993年3月号、日本中央競馬会、139頁

外部リンク[編集]