スズパレード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スズパレード
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1981年3月21日
死没 2008年2月24日(27歳没)
ソルティンゴ
スズボタン
生国 日本の旗 日本北海道門別町
生産 柏台牧場
馬主 小紫芳夫
調教師 富田六郎美浦
競走成績
生涯成績 25戦12勝[1]
獲得賞金 3億8022万4200円
テンプレートを表示

スズパレードは1980年代に活躍した日本競走馬中央競馬で1987年の宝塚記念など重賞8勝をあげ[1]、8歳まで活躍した。

スズパレードの父ソルティンゴは、牧場で放牧中の事故がもとでわずか1世代しか子孫を残せなかった。スズパレードはソルティンゴの数少ない産駒の一頭である。

馬齢はすべて旧表記(数え年)にて表記する。

戦績[編集]

1983年11月、東京競馬場での3歳新馬戦でデビューした。2戦めで勝ちあがり、その後2連勝して翌年の牡馬クラシック戦線の有力候補となった。

だが4歳になり、共同通信杯4歳ステークス弥生賞皐月賞日本ダービーと4戦連続して4着に終わった。弥生賞、皐月賞、日本ダービーはいずれもシンボリルドルフが勝利した。日本ダービーのあと、ラジオたんぱ賞でようやく重賞初勝利をあげた[1]。3か月休養したあと、セントライト記念に出走するも6着に敗れ、菊花賞には向かわず、その後は中距離重賞路線を歩むことになった。

5歳になり金杯を勝利しその後中山記念に出走登録を行ったが、レース前日に脚部不安により出走取り消しをして半年以上の休養を取った。休み明けで秋の天皇賞に出走し、そしてダービー卿チャレンジトロフィーに勝利するも、その後ふたたび脚部不安で長期休養となった。

6歳は休養明け2戦目で11月にダービー卿チャレンジトロフィーにふたたび勝利し、有馬記念に出走するも8着に終わった。7歳で中山記念に勝利して安田記念では単枠指定となるも7着に敗れた。その後、宝塚記念に出走してニッポーテイオーニシノライデンフレッシュボイスらを退けて勝利、初のGI勝利となった。

宝塚記念勝利のあと、またもや脚部不安で1年以上に渡ってレースを休み、8歳秋になって復帰戦のオールカマーをコースレコードタイムで勝利した[2]。その後ジャパンカップ、有馬記念と出走するも、それぞれ10着、8着と敗れて有馬記念を最後に現役を引退した。

休養がちだったものの息の長い現役生活だったため、シンボリルドルフミホシンザンダイナガリバータマモクロスオグリキャップといった馬たちと対戦している。

現役を通じて中山競馬場では重賞4勝、福島競馬場では3戦3勝と好成績をあげている。その反面、東京競馬場では通算8戦して新馬戦で1勝、日本ダービーの4着があるが、古馬になって以降は出走したレースすべてで6着以下に敗れている。

引退後は種牡馬となっている[1]。北関東公営競馬で12勝をあげる活躍をしてのちに中央競馬に転厩したスズハグラーが代表産駒である。

2008年2月24日老衰のため死亡した[1]

おもな勝ち鞍[編集]

  • 1984年(4歳)
    • ラジオたんぱ賞 (GIII)
    • 福島記念 (GIII)
  • 1985年(5歳)
    • 中山金杯 (GIII)
    • ダービー卿チャレンジトロフィー (GIII)
  • 1986年(6歳)
    • ダービー卿チャレンジトロフィー (GIII)
  • 1987年(7歳)
    • 中山記念 (GII)
    • 宝塚記念 (GI)
  • 1988年(8歳)
    • オールカマー (GIII)

血統表[編集]

スズパレード血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ペティション系フェアトライアル系[3]フェアウェイ系[4]ファラリス系[5]<サイリーン系[6]ベンドア系[7]ストックウェル系[8]エクリプス系[9]ダーレーアラビアン系[10]

*ソルティンゴ
Sortingo
1975 鹿毛
父の父
Petingo
1965 鹿毛
Petition Fair Trial
Art Paper
Alcazar Alycidon
Quarterdeck
父の母
Soragna
1965 鹿毛
Orvieto Macherio
Fior d'Orchidea
Savigny Mistral
Sernaglia

スズボタン
1972 鹿毛
*ロムルス
Romulus
1959 鹿毛
Ribot Tenerani
Romanella
Arietta Tudor Minstrel
Anne of Essex
母の母
スズキール
1967 鹿毛
*ヴィミー Wild Risk
Mimi
マツトミ *ヒンドスタン
エベレスト
母系(F-No.) (FN:7-c) [§ 2]
5代内の近親交配 なし [§ 3]
出典
  1. ^ 日本軽種馬協会 Japan Bloodstock Information System スズパレード 5代血統表 2017年8月11日閲覧。
  2. ^ 日本軽種馬協会 Japan Bloodstock Information System スズパレード 5代血統表 2017年8月11日閲覧。
  3. ^ 日本軽種馬協会 Japan Bloodstock Information System スズパレード 5代血統表 2017年8月11日閲覧。

従兄弟に同馬と同い年で同馬も出走した日本ダービーで2着に入ったスズマッハがいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e netkeiba ニュース「スズパレードが死亡」” (日本語). netkeiba.com. ネットドリーマーズ (2008年3月6日). 2013年4月10日閲覧。
  2. ^ 瀬上保男「今月の記録室『スズパレード 1年3ヵ月ぶりの鉄砲でオールカマーに快勝』」、『優駿』、日本中央競馬会、1988年11月、 128頁。
  3. ^ 『競馬百科』日本中央競馬会・編,1976,p199
  4. ^ 『競馬百科』p200
  5. ^ 『競馬百科』p198
  6. ^ 『競馬百科』p194
  7. ^ 『競馬百科』p194
  8. ^ 『競馬百科』p194
  9. ^ 『競馬百科』p184
  10. ^ 『競馬百科』p184

外部リンク[編集]