ダイナガリバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイナガリバー
Dyna gulliver.jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1983年3月23日
死没 2012年4月26日(29歳没)
ノーザンテースト
ユアースポート
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム千歳
馬主 (有)社台レースホース
調教師 松山吉三郎
競走成績
タイトル 優駿賞年度代表馬(1986年)
最優秀4歳牡馬(1986年)
生涯成績 13戦5勝
獲得賞金 2億5994万6300円
テンプレートを表示

ダイナガリバーとは日本競走馬である。アンバーシャダイと並ぶノーザンテーストの代表産駒で、数々の名馬を輩出したノーザンテースト産駒のなかでも唯一の日本ダービー馬である。社台グループ初の日本ダービー優勝馬でもある。

馬齢は旧表記に統一する。

戦績[編集]

3歳(1985年)[編集]

デビューは1985年8月函館での新馬戦。1番人気に支持されながら2着に終わったが、折り返しの新馬戦で1番人気に応えて勝利した。この2戦は吉永正人が騎乗している。

その後、ソエがでて間隔が開き、12月の中山でのオープン特別・ひいらぎ賞に出走。久々の出走に加えて初の2000mという事で3番人気だったが、レースでは2着のマウントニゾンに1馬身1/4の差を付けて快勝した。このレースからラストランまで増沢末夫が騎乗する事になる。

4歳(1986年)[編集]

共同通信杯 - 皐月賞[編集]

4歳になり、ダイナガリバーは共同通信杯4歳ステークスから始動した。1番人気に支持されたこのレースでは先行して抜け出すというレースぶりで1分48秒7のレースレコードで快勝した。

しかし、次走に予定していたスプリングステークスが降雪のため、翌週に延期された。無理して使っても中1週で皐月賞に挑む事になるため、スプリングステークスをパスしたダイナガリバーはぶっつけで皐月賞に挑む事になった。

皐月賞では朝日杯3歳ステークスの勝ち馬ダイシンフブキに次ぐ2番人気に支持されたが、調整に狂いが生じていたのか動きに鋭さがなく、ダイナコスモスの10着に大敗した。

日本ダービー[編集]

第53回日本ダービーは23頭立て、晴れの良馬場という絶好のコンディションで行われた。

社台グループの総裁・吉田善哉は「ダイナガリバーでダービーを獲る」と高らかに宣言したのにも関わらず、皐月賞の大敗が響き、NHK杯を快勝した関西の秘密兵器ラグビーボール、皐月賞馬ダイナコスモスに次いで3番人気に甘んじた。

1000mを62秒5とスローで流れたこのレースで道中前めにつけ、直線で先頭に立つと、追ってきたグランパズドリームを半馬身抑えて優勝した。騎乗した増沢はこの時48歳7か月5日であり、史上最年長のダービージョッキーとなった。

セントライト記念 - 菊花賞[編集]

ダイナガリバーの秋初戦はセントライト記念だった。1番人気に支持されたがレジェンドテイオーの4着に敗れた。続く京都新聞杯も2番人気に支持されながらタケノコマヨシの4着に終わり、「ダイナガリバーは右回りでは走らない」「ダイナガリバーはダービーでもう仕事を終えた」と競馬関係者に思われるようになった。ところが、5番人気に人気が落ちたクラシック最終戦の菊花賞では持ち前の先行力を生かして粘り、勝ったメジロデュレンからクビ差の2着に入り、地力をみせた。

有馬記念[編集]

有馬記念では、前年の2冠馬ミホシンザン、牝馬3冠馬メジロラモーヌ天皇賞サクラユタカオーに次いで4番人気に支持された。平均ペースで流れたこのレースで道中4番手につけると、直線で内ラチ沿いをしっかりと伸び、同じ馬主のギャロップダイナを2着に引き連れて優勝した。表彰式では吉田がダイナガリバーとギャロップダイナの両馬の手綱を手に取った事で話題になっている。

日本ダービーと有馬記念を制した事が決め手となり、ダイナガリバーは1986年度の優駿賞年度代表馬に選出されている。

5歳(1987年)[編集]

5歳となり天皇賞(春)を目指して、日経賞に出走したが3着に終わった。この頃、秋に凱旋門賞に挑戦するためフランスに遠征する計画が持ち上がっていたが、天皇賞前に骨折してしまい、この計画は頓挫してしまった。

秋には骨折が癒え、毎日王冠から復帰したが12着と大敗、続く有馬記念も14着と惨敗し、この有馬記念を最後に引退した。

引退後[編集]

引退後はレックススタッド種牡馬となり、桜花賞優勝馬ファイトガリバーを含む5頭の重賞馬を出した。種牡馬を引退後は去勢され、ノーザンホースパーク功労馬として余生を過ごした。2012年4月26日疝痛で死亡している[1]

GI・グレード制重賞優勝馬[編集]

地方重賞優勝馬[編集]

ブルードメアサイアーとしての産駒[編集]

エピソード[編集]

  • 生まれたときにバランスの取れた雄大な馬だったので、社台ファームの吉田善哉が生まれたばかりの同馬を見て「ダービー馬が生まれたぞ!」と言った逸話がある。
  • しかし顔の鼻までかかる左右不対称の白い部分(大流星)があった。馬産地では「顔に鼻までかかる大流星がある馬は大成できない」が迷信として広まっており、当初は「サクラ」の冠名で知られる全演植が購入するはずだったが、調教師の境勝太郎が「この馬を買われても私は預かりません」と言い、全に購入を断念させた経歴がある。同馬がダービーを勝ったあと、全が境に「あの馬やっぱりダービー勝ったじゃない」と言ったところ、境は「あの馬は松山師の所に行ったから勝てたんだよ。私の所に来てたら勝てなかったよ」と返したが、全の死後に出した著書では「今だから言えるが完全な負け惜しみだった」と書いている。
  • 有馬記念の口取り写真には同レースで引退する同馬主の2着馬・ギャロップダイナと2頭で記念写真を撮影した。
  • 馬房内で首を左右横に大きく振らす癖(船揺すり。熊癖とも呼ばれる)があり、それが原因で鼻を強打し、怪我をしたことがある。

血統表[編集]

ダイナガリバー血統ノーザンテースト系 / Lady Angela4×3=18.75%〈父内〉、Hyperion5×4×4=15.63%) (血統表の出典)

*ノーザンテースト
Northern Taste
1971 栗毛
父の父
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
父の母
Lady Victoria
1962 黒鹿毛
Victoria Park Chop Chop
Victoriana
Lady Angela Hyperion
Sister Sarah

ユアースポート
1972 鹿毛
*バウンティアス
Bounteous
1958 鹿毛
Rockefella Hyperion
Rockfel
Marie Elizabeth Mazarin
Miss Honor
母の母
ファインサラ
1966 鹿毛
Correlation Free America
Braydore
*レディスラー Hasty Road
Surabaja F-No.16-h


半兄にマイラーズカップなど重賞3勝のカズシゲ(父ボールドアンドエイブル)が、全妹に中央競馬で2勝しエリザベス女王杯で4着したダイナシルエットがいる。

脚注[編集]

  1. ^ ダイナガリバー号が死亡 JRA公式サイト 2012年4月26日付けニュース
  2. ^ ファイトガリバー”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  3. ^ ナリタタイセイ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  4. ^ テスコガリバー”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  5. ^ インターライナー”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  6. ^ ゴーイングスズカ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  7. ^ エアインハート”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  8. ^ アローセプテンバー”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  9. ^ レインボーブレイズ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  10. ^ トラベラー”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  11. ^ ガンバレバー”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  12. ^ マジックワルツ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  13. ^ マンショウ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  14. ^ メイショウバトラー”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  15. ^ ハクシュカッサイ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  16. ^ マルヨサンデー”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  17. ^ ピクシーストーン”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  18. ^ ドリームカトラス”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]