第36回宝塚記念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宝塚記念 > 第36回宝塚記念
映像外部リンク
1995 宝塚記念
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画

本項では京都競馬場1995年6月4日に行われた第36回宝塚記念について詳述する。

レース施行時の状況[編集]

レース当日のパドックでのライスシャワー

阪神競馬場阪神・淡路大震災兵庫県南部地震)で被災したことにより、京都競馬場の「震災復興支援競走」として行われた。これは本来1月21日22日に行われる予定であった京都競馬の代替開催である。当時の開催は東京競馬場中京競馬場(阪神競馬場の代替開催)、更に2日間限定で京都競馬場が追加された。

このレースには、関東馬のライスシャワーがファン投票の1位に選ばれて、堂々と出走していた。ライスシャワーは1992年菊花賞1993年95年の春の天皇賞を制するなど京都コースを得意としており、距離不適と言われながら、どういうレースをするか注目されていた。

出走馬と枠順[編集]

枠番 馬番 競走馬名 騎手 オッズ 調教師
1 1 ダンツシアトル 牡6 村本善之 5.1(2人) 山内研二
2 ダンシングサーパス 牡6 岸滋彦 83.0(15人) 内藤繁春
2 3 エアダブリン 牡5 四位洋文 10.4(6人) 伊藤雄二
4 トーヨーリファール 牡6 松永昌博[1] 134.9(17人) 松永善晴
3 5 アイルトンシンボリ 牡7 藤田伸二 43.5(12人) 畠山重則
6 サクラチトセオー 牡6 小島太[1] 4.4(1人) 境勝太郎
4 7 ハギノリアルキング 牡6 南井克巳[1] 25.0(9人) 小林稔
8 ナリタタイシン 牡6 山田泰誠 13.3(7人) 大久保正陽
5 9 タイキブリザード 牡5 岡部幸雄 7.8(5人) 藤沢和雄
10 ネーハイシーザー 牡6 塩村克己 6.9(4人) 布施正
6 11 インターマイウェイ 牡6 松永幹夫[1] 86.0(16人) 中村均
12 トミシノポルンガ 牡7 安藤勝己[2] 74.8(14人) 加藤健
7 13 ゴーゴーゼット 牡5 石橋守[1] 38.4(11人) 新井仁
14 チョウカイキャロル 牝5 小島貞博 28.9(10人) 鶴留明雄
8 15 フジヤマケンザン 牡8 河内洋[1] 47.8(13人) 森秀行
16 ライスシャワー 牡7 的場均[1] 6.0(3人) 飯塚好次
17 インターライナー 牡5 横山典弘 23.0(8人) 柄崎孝

※馬齢は旧表記。

レース展開[編集]

17頭が綺麗なスタートを切った。レースはトーヨーリファールダンツシアトルタイキブリザードの順で進められた。一方のライスシャワーサクラチトセオーは後方を進んでいた。

向正面に差し掛かると、トーヨーリファールが依然先頭でペースが速くなっていく。しかし、3コーナーの下りに差し掛かったその時、ライスシャワーが躓いたかように転倒、鞍上の的場均も馬場に叩きつけられるような形で投げ出されてしまった。実況していた杉本清(当時関西テレビアナウンサー)は「大歓声が上がった。おっと、1頭落馬! 1頭落馬! これは何が落馬したんでしょうか? ライスシャワー落馬! ライスシャワー落馬であります!」と伝えた。杉本はライスシャワーが落馬した時にどの馬が落馬したのか双眼鏡で確認しようとしたが、ゲスト解説として放送席にいた田原成貴が「ライスシャワー!ライスシャワー!」と直ぐに言ったため、その時点で落馬した馬がライスシャワーだったことに気づいたという。

結果はダンツシアトルがコースレコードで優勝、2着にはタイキブリザード、3着はエアダブリンが入った。

全着順[編集]

着順 枠番 馬番 競走馬名 タイム 着差
1 1 1 ダンツシアトル 2.10.2
2 5 9 タイキブリザード 2.10.3 クビ
3 2 3 エアダブリン 2.10.3 クビ
4 2 4 トーヨーリファール 2:10.6 1 3/4馬身
5 3 5 アイルトンシンボリ 2:10.7 1/2馬身
6 1 2 ダンシングサーパス 2:10.8 1/2馬身
7 3 6 サクラチトセオー 2:10.9 3/4馬身
8 7 13 ゴーゴーゼット 2:11.0 1/2馬身
9 4 7 ハギノリアルキング 2:11.1 1/2馬身
10 6 12 トミシノポルンガ 2:11.3 1 1/2馬身
11 8 15 フジヤマケンザン 2:11.5 1 1/2馬身
12 7 14 チョウカイキャロル 2:11.6 3/4馬身
13 6 11 インターマイウェイ 2:12.0 2 1/2馬身
14 5 10 ネーハイシーザー 2:12.0 クビ
15 8 17 インターライナー 2:12.0 アタマ
16 4 8 ナリタタイシン 2:12.1 クビ
中止 8 16 ライスシャワー - -

払戻金[編集]

単勝式 1 510円
複勝式 1 210円
9 230円
3 280円
枠連 1-5 890円
馬連 1-9 1580円

レース後[編集]

ライスシャワー記念碑(京都競馬場)

転倒して競走を中止したライスシャワーは左第一指関節の開放脱臼という、はずれた骨が皮膚を突き破るという致命傷を負っていた。その結果、ライスシャワーはその場で予後不良と診断され、安楽死の処置がとられた。優勝したのはダンツシアトルだが、このレースは「ライスシャワーの最後のレース」として、よく知られている。

関東馬でありながら京都競馬場に縁深かった(GI3勝を挙げたのも生涯を閉じたのも京都競馬場)ライスシャワーの冥福を祈り、1995年の秋に同競馬場パドック奥に記念碑が建立された(画像参照)。その死から20年近く経た今もなお、碑を訪れて献花や供え物を捧げるファンは多く、同馬の人気をうかがい知ることができる。

なお、このレースはライスシャワー以外にも故障馬が多く出ている。優勝したダンツシアトルが高速馬場での日本レコードで激走した反動で屈腱炎が再発し、このレースがラストランとなった。最下位でゴールしたナリタタイシンもこのレースの後に屈腱炎が再発し、引退に追い込まれている。また、3着のエアダブリンと14着のネーハイシーザーも屈腱炎を発症し長期休養を余儀なくされている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 現在は調教師
  2. ^ 当時は笠松所属。