小林稔 (競馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林稔
Kobayashi minoru.jpg
騎手時代の小林(1956年ごろ)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県武庫郡鳴尾村
(現・西宮市
出生は東京府東京市
生年月日 (1926-03-10) 1926年3月10日
死没 (2009-01-27) 2009年1月27日(82歳没)
騎手情報
所属団体 日本競馬会
国営競馬
日本中央競馬会
所属厩舎 小林三雄三(1942年-1964年)
初免許年 1944年
騎手引退日 1964年
重賞勝利 3勝
G1級勝利 2勝
通算勝利 713戦95勝(1954年以降)
調教師情報
初免許年 1964年(1965年開業)
調教師引退日 1999年2月28日定年
重賞勝利 51勝
通算勝利 5525戦899勝
経歴
所属 中京競馬場(1965年-1969年)
栗東T.C.(1969年-1999年)
テンプレートを表示

小林 稔(こばやし みのる、1926年3月10日 - 2009年1月27日)は、日本騎手競走馬調教師兵庫県出身(東京府出生)。

第二次大戦中の1944年に騎手デビュー。戦後、トラックオーで1951年の菊花賞と1952年秋の天皇賞に優勝した。1964年に騎手を引退し、調教師に転身。1970年代より関西の有力調教師として定着し、1996年の東京優駿(日本ダービー)優勝馬フサイチコンコルドを代表として数々の活躍馬を輩出した。中央競馬通算5525戦899勝、うち重賞51勝。最多勝利調教師4回、最高勝率調教師最多賞金獲得調教師優秀技術調教師各1回。

父は騎手・調教師の小林三雄三(みおみ[注 1])、実弟・小林功も騎手であった。

経歴[編集]

1926年、東京府東京市目黒競馬場で騎手を務めていた小林三雄三の長男として生まれる。間もなく三雄三は拠点を兵庫県の鳴尾競馬場に移し、以後小林も同地で育った[1]。幼少の頃から将来の目標に騎手を志していたが、小学校教諭の説得もあり、尋常小学校卒業後はいったん旧制尼崎中学に進学した。しかし結局3年次で中退し、同1942年、京都競馬場で厩舎を持っていた父の元で騎手見習いとなった[2]。1944年に騎手免許を取得。しかし折から戦況が悪化していた太平洋戦争の影響で競馬は馬券発売のない「能力検定競走」として施行されており、翌1945年には競馬開催が休止となり、小林は岩手県滝沢村へ他の厩舎関係者と共に疎開した[3]

戦争終結後、1946年秋より競馬は国営で再開され、小林も騎手として復帰した。1951年春より、国営競馬の平地最多勝利馬として名を残すトラックオー主戦騎手となり、同年秋の菊花賞に優勝してクラシック競走を初制覇。翌1952年秋には古馬混合の最高競走天皇賞(秋)も制した。1953年には、新規開場した中京競馬場でいち早く厩舎を開いた三雄三に伴い、同場で行われた最初の競走の勝利騎手になっている。しかしやがて減量に苦労し始め、数多く騎乗できなかったこともあり、他に目立った成績を挙げることはなかった[4]。1964年に調教師試験に合格。騎手を引退し、調教師に転身した。騎手通算成績は、国営競馬が日本中央競馬会となった1954年以降で713戦95勝。

三雄三の厩舎で1年間研修を積んだのち、1965年より中京競馬場に自身の厩舎を開業。1966年、管理馬ハジメリュウで北九州記念に勝利し、調教師として重賞初勝利を挙げた。1968年に関西人馬の拠点・栗東トレーニングセンターが完成したことにより同地へ移転したが、以後も中京開催の重賞勝利に意欲を傾け、1971年には高松宮宣仁台覧下の第1回高松宮杯[注 2]へ厩舎の看板馬2頭を出走させ、うちの1頭シュンサクオーで優勝を果たした。

1970年代半ばからは、大競走での優勝こそなかったものの関西の有力調教師として定着し、1976年には自己最高の53勝を挙げて初の最多勝利調教師となった。1983年、ロンググレイスで牝馬三冠最終戦のエリザベス女王杯に優勝。1985年にはスズカコバン宝塚記念に優勝し、前年のグレード制導入後初めてGI競走を制した。同年、年間41勝で2度目の最多勝利調教師を獲得。1989年には最多勝利調教師と最多賞金獲得調教師の二部門を制した。1992年には、2月のダイヤモンドステークスミスターシクレノン・アローガンテ・ロングシンホニーの所属馬3頭で1・2・3着を占め、5月にはアドラーブル優駿牝馬(オークス)に優勝し、調教師としてクラシック競走を初制覇。秋もタケノベルベットがエリザベス女王杯に優勝するといった活躍を見せ、最多勝利調教師、最高勝率調教師、優秀技術調教師の3部門を受賞した。そして1996年6月1日フサイチコンコルド東京優駿(日本ダービー)を制し、通算8度目の挑戦でダービートレーナーの称号を得た。

1999年、70歳定年のため2月末を以って調教師を引退。引退式は中京競馬場で行われた。その後は園田競馬場所属の競走馬を数頭保有している馬主となっていたが、2009年1月末に死去していたことが同年2月19日付け大阪スポーツ蜂谷薫のコラム「早耳マイク」で明らかになった。その死は小林の「家族だけで静かに見送ってくれればいい」という希望で、競馬サークル内にもほとんど伝わっていなかった。

調教管理の特徴[編集]

管理馬の出走回数の少なさが特徴として挙げられる[5]。休ませるときはじっくり休ませ、万全に仕上がるまでレースに使うことをしなかったため、「古馬になってから強くなる厩舎」、「休み明けに強い厩舎」という定評もあった[5]。小林は「馬を万全に仕上げてレースに出走させること」を調教師として最も心がけていたといい、「出走させるからには、七、八分で使うこということはなかった。馬によってはレースを使いつつ調子を上げていかなければいけないのもいましたが、そうでない限り万全にしていました。それがファンに対する義務ですもんね。休養明けの勝率は、たぶん一番だったんじゃないですか」と語っている[6]

こうした理念を一度だけ曲げたことがあり、それがフサイチコンコルドで勝った日本ダービーであった。フサイチコンコルドは体温が安定しない体質であったためデビューが遅れ、勝ち上がった後も日本ダービー前に予定していた前哨戦を熱発で回避。日本ダービーまで残り2週間での急仕上げを行い、レース直前も競馬場への輸送が負担となって一時熱発していたが、小林は「勝負は度外視」で出走に踏み切った。フサイチコンコルドはレースで一変し、鞍上・藤田伸二の「120点の騎乗」(小林)もあって優勝したが、レース後に行われたインタビューでは「正直言って、こういう使い方をしたのは私も初めてですね。長年やってますけど2週間で仕上げて使ったのはね」との感想を語った[7]

通算成績[編集]

騎手成績[編集]

  • 713戦95勝(中央競馬となった1954年以降の記録)

調教師成績[編集]

区分 1着 2着 3着 4着以下 出走数 勝率 連対率
1965年 平地 10 12 13 44 79 .127 .278
障害 3 1 0 0 4 .750 1.000
13 13 13 44 83 .156 .313
1966年 平地 22 8 12 74 116 .190 .259
1967年 平地 11 15 9 64 99 .111 .263
障害 5 3 3 10 21 .238 .381
16 18 12 74 120 .133 .283
1968年 平地 21 9 11 69 110 .191 .273
障害 1 0 0 1 2 .500 .500
22 9 11 70 112 .196 .276
1969年 平地 16 14 22 87 139 .115 .216
1970年 平地 21 18 10 72 121 .174 .322
1971年 平地 19 14 11 67 111 .171 .297
1972年 平地 14 15 15 52 96 .146 .302
1973年 平地 13 8 5 54 80 .163 .263
1974年 平地 25 22 12 72 133 .188 .353
1975年 平地 30 25 21 89 165 .182 .333
1976年 平地 53 37 31 179 300 .177 .300
障害 0 0 0 1 1 .000 .000
53 37 31 180 301 .176 .299
1977年 平地 23 17 18 90 148 .155 .270
1978年 平地 17 25 19 96 147 .116 .286
1979年 平地 19 16 11 96 142 .134 .246
1980年 平地 37 23 12 94 166 .223 .361
1981年 平地 32 14 17 93 156 .205 .295
障害 0 1 1 1 3 .000 .333
32 15 18 94 159 .201 .295
1982年 平地 22 30 18 85 155 .142 .335
1983年 平地 30 19 26 96 171 .175 .287
1984年 平地 32 30 22 124 208 .154 .298
1985年 平地 41 30 23 142 236 .174 .301
1986年 平地 32 21 23 102 178 .180 .298
1987年 平地 37 33 23 126 219 .169 .320
1988年 平地 15 34 12 112 173 .087 .283
1989年 平地 40 35 18 138 231 .173 .325
1990年 平地 25 16 16 132 189 .132 .217
1991年 平地 37 24 26 130 217 .171 .281
1992年 平地 50 24 17 118 209 .239 .354
1993年 平地 24 23 17 115 179 .134 .263
1994年 平地 23 15 16 91 145 .159 .262
1995年 平地 28 22 21 120 191 .147 .262
1996年 平地 32 24 17 101 174 .184 .322
1997年 平地 15 15 16 89 135 .111 .222
1998年 平地 22 17 17 93 149 .148 .262
平地 890 708 579 3,315 5,492 .162 .291
障害 9 5 4 15 33 .273 .424
総計 899 713 583 3,330 5,525 .163 .292

※上記のほか、地方競馬で8戦0勝。

表彰[編集]

主な管理馬[編集]

GI競走・牝馬三冠競走優勝馬

その他重賞競走優勝馬

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 小野幸治(1965年-1974年、1976年-1981年 騎手)
  • 飯田明弘(1969年-1982年 騎手)
  • 秋山忠一(1974年-1980年 騎手)
  • 内山正博(1984年-1988年 騎手)
  • 塩村克己(1987年-1993年 騎手)
  • 作田誠二(1992年-1993年 騎手、1993年-1995年 調教助手)
  • 羽月友彦(1995年-1998年 厩務員、調教厩務員、調教助手)
  • 濱田多實雄(1998年-1999年、厩務員、調教助手)

関連項目[編集]

  • 戸山為夫
    • 騎手・調教師。太平洋戦争中、人手不足の京都競馬場で馬の運動を手伝っていた学童の中におり、小林に「坊や乗ってみるか」と声を掛けられて初めて馬に跨ったというエピソードを持つ[8]。後に小林と競馬場で再会してからは、晩年に至るまで親友同士の間柄となった[9][10]。1992年の最多賞金獲得調教師であり、同年の小林の調教師表彰4部門独占を阻んでいる。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 読み仮名は本記事の参考資料に依っているが、「みゆみ」としている資料もある。
  2. ^ 中京大賞典を改称。
  3. ^ 1987年までは「リーディングトレーナー賞」として表彰され、正確にはJRA賞ではない。

出典[編集]

  1. ^ 『優駿』2010年8月号 p.121
  2. ^ 『書斎の競馬(10)』p.47
  3. ^ 『書斎の競馬(10)』p.47
  4. ^ 『書斎の競馬(10)』p.49
  5. ^ a b 『優駿』2010年8月号 pp.122-123
  6. ^ 『書斎の競馬(10)』p.50
  7. ^ 『優駿』1996年7月号 pp.75-76
  8. ^ 戸山(1993)pp.36-37
  9. ^ 『書斎の競馬(10)』p.48
  10. ^ 戸山(1993)p.38

参考文献[編集]

戸山為夫『鍛えて最強馬を作る - 「ミホノブルボン」はなぜ名馬になれたのか』(かんき出版、1993年)ISBN 978-4761253974

  • 『書斎の競馬(10)』(飛鳥新社、2000年)ISBN 978-4870314108
    • 井口民樹「小林稔・わが競馬人生に悔いなし」
  • 優駿』1996年7月号(日本中央競馬会)
    • 杉本清の競馬談義136 小林稔調教師」
  • 『優駿』2010年8月号(日本中央競馬会)
    • 江面弘也「続・名調教師列伝 第6回小林稔」