村本善之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村本善之
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道亀田郡大野町
(現・北斗市
生年月日 (1955-06-07) 1955年6月7日(62歳)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会(JRA)
初免許年 1975年
免許区分 平地競走
騎手引退日 2003年
G1級勝利 7勝
通算勝利 972勝
経歴
所属 坂田正行→フリー
テンプレートを表示

村本 善之(むらもと よしゆき、1955年6月7日 - )は日本中央競馬会 (JRA) に所属する調教助手で、元騎手GI級競走7勝を挙げたほか、フェアプレー賞を史上第2位の13回受賞している。北海道亀田郡大野町(現・北斗市)出身。

来歴[編集]

中学校卒業後、縁戚にあたる新規開業調教師坂田正行厩舎に入門。清水英次は兄弟子にあたる。馬事公苑騎手養成短期課程を受講後、1975年に騎手免許を取得。同年3月1日に正騎手としてデビューし、同日第9競走で初勝利を挙げた。

デビュー2年目に鎖骨骨折による休養を経験したが、徐々に頭角を現し、5年目の1979年にニチドウアラシ金鯱賞に優勝し、重賞を初制覇。同年42勝を挙げて全国リーディング12位に付ける躍進を見せた。翌年にはニチドウタロー天皇賞(春)を制し八大競走に初優勝した。以降、1984年に厩舎の都合によりフリーランスに転向したあとも、常にランキング10位近辺をうかがう中堅上位騎手として安定した成績を残した。

しかし1990年代後半から徐々に勝利数が減少し、2001年には8勝でデビュー以来初のひと桁勝利に終わると、翌年も同様の成績に終わり、2003年12月10日に騎手を引退した。

通算成績は972勝で、1000勝まで28勝を残しての引退だった。

引退後は調教助手に転業し、栗東トレーニングセンター吉岡八郎厩舎に所属。2008年からは池江泰郎厩舎所属となり、2011年の池江泰郎の定年に伴う厩舎解散により、高野友和厩舎に移籍した。

「人の進路を押しのけてまで乗りたくない[1]」とする考えから、非常にクリーンな騎乗振りで知られ「フェアプレー男」の異名も与えられていた。また、フェアプレー賞は馬を真っ直ぐ走らせる技術の証左ともいえ、村本自身も「貰えるというのは名誉なこと[2]」と語っていた。そのフェアプレー賞は13回受賞しており、これはJRA騎手では藤田伸二(16回。2007年に村本の記録を更新)に次ぐ歴代第2位の受賞回数を誇るが、制裁点が0になった年は一度もないため、特別模範騎手賞は受賞していない。

通算成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 961 875 826 6,003 8,665 .111 .212
障害 11 13 7 7 41 .153 .333
972 888 833 6,044 8,737 .111 .213
  • 初出走 1978年3月1日コロナリイクイン(9着)
  • 初勝利 1978年3月1日キタノボーイ
  • 全国最高7位(1984年・63勝)
  • 重賞競走43勝(うちGI級競走7勝)

おもな騎乗馬[編集]

※括弧内は村本騎乗による優勝重賞競走、太字はGI級競走。

脚注[編集]

  1. ^ 木村幸治『騎手物語』(洋泉社、1998年)268頁。
  2. ^ 『競馬騎手読本』(宝島社、1997年)188頁。