タイヨウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
タイヨウ
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1963年2月10日
死没 1979年
ゲイタイム
ミストラクル
母の父 Shahpoor
生国 日本の旗 日本千葉県富里市
生産 社台ファーム
馬主 永田賢介
永田忠
内藤博司
大東健治
調教師 尾形藤吉東京
武田文吾京都
競走成績
生涯成績 36戦6勝
獲得賞金 4137万6800円
テンプレートを表示

タイヨウは、日本競走馬。第8回宝塚記念優勝馬。

略歴[編集]

現役時代[編集]

関東の尾形藤吉厩舎に所属して1966年2月にデビューした。この年は12戦4勝で、重賞での勝利は挙げられなかった。

1967年に関西の武田文吾厩舎に移籍した。不良馬場で行われた第8回宝塚記念では、荒れた馬場の内側を進み、2着に3馬身半の差をつけて勝利した。この年から宝塚記念の開催地と施行距離が阪神競馬場の芝2200メートルに変更されたため、勝ち時計の2分19秒4はレースレコードとなった(ただし翌年にレコードは更新されている)。また、タイヨウに騎乗していた騎手の内藤繁春は史上初の宝塚記念連覇を達成している。

次に出走した中京大賞典にも勝利して重賞2勝目を飾った。以後は一度も勝てなかったものの、1968年の天皇賞(春)で2着に入るなど、重賞競走でもたびたび上位に入賞している。1969年1月の中日新聞杯(3着)を最後に引退した。

引退後[編集]

引退後は種牡馬となった。血統登録された産駒は28頭(アングロアラブ1頭を含む)だけで[1]、中央競馬で活躍する産駒は現れなかった。

特徴[編集]

良馬場での成績も悪くはないが、重馬場や不良馬場ではさらに良い成績を残した。出走した36戦中14戦で騎手を務めた内藤繁春は「脚元に不安を抱えており、固めの良馬場では本領を発揮できなかった」と述べている。

血統表[編集]

タイヨウ血統ロックフェラ系 / Solario 3x4=18.75%、 Gainsborough 4x4x5=15.63%) (血統表の出典)

*ゲイタイム
Gay Time
1949 栗毛 イギリス
父の父
Rockefella
1941 青鹿毛 イギリス
Hyperion Gainsborough
Selene
Rockfel Felstead
Rockliffe
父の母
Daring Miss
1939 栗毛 イギリス
Felicitation Colorado
Felicita
Venturesome Solario
Orlass

*ミストラクル
Miss Truckle
1948 黒鹿毛 イギリス
Shahpoor
1939 鹿毛 イギリス
Solario Gainsborough
Sun Worship
Teresina Tracery
Blue Tit
母の母
Truckle
1934 青鹿毛 イギリス
Truculent Teddy
Saucy Sue
Shepherdess Gentle Shepherd
Estrella F-No.10-a


脚注[編集]

外部リンク[編集]