アリシドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アリシドン
Alycidon.jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1945年3月15日
死没 1963年9月10日
Donatello
Aurora
母の父 Hyperion
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 第17代ダービー伯爵
馬主 第17代ダービー伯爵
→第18代ダービー伯爵
調教師 Walter Earl
競走成績
生涯成績 17戦11勝
獲得賞金 3万7201ポンド
テンプレートを表示

アリシドンAlycidon1945年 - 1963年)とはイギリス競走馬である。大馬産家として知られる第17代ダービー伯爵最後の傑作であり、長距離三冠に勝つなど活躍、20世紀の最強ステイヤーとしての声も高い。種牡馬としても成功した。

経歴[編集]

16.5ハンド(約168センチメートル)の雄大な馬体を誇っていたが、反面仕上がりが遅かった。1947年の秋に競走馬としてデビューしたが2戦してともに着外に終わった。翌1948年の初戦も着外に終わったが、2戦目のクラシックトライアルステークスを優勝し初勝利を挙げた。管理調教師のウォルター・アールはこの年の春にはクラシックへ出走させない方針をとった。2000メートル以上のレースを5戦して3勝(ロイヤルスタンドステークス、プリンセスオブウェールズステークス、セントジョージステークス)という成績を残し、9月にイギリスクラシック三冠最終戦のセントレジャーステークスに出走。ブックメーカーが提示したオッズは14頭中6番目(20:1)であったが、2着に健闘した。その後アリシドンはジョッキークラブステークス、キングジョージVIステークスを連勝し、10戦6勝でこの年のシーズンを終えた。この年、アリシドンはジョッキークラブが発表した3歳フリーハンデでセントレジャーステークス優勝馬のブラックタークインに次ぐ第2位に格付けされた。

翌1949年、アリシドンはステイヤーとしての本領を発揮し始めた。オーモンドステークス(2800メートル)、コーポレーション(3600メートル)を連勝した後、6月に当時のイギリスにおいてクラシックに次いで重要視されていたゴールドカップ(4000メートル)に出走。ブックメーカーが提示したオッズは5:4(2.25倍)でブラックタークイン(1:1、2倍)のほうが低かったが、レースでは同馬に5馬身の着差をつけて優勝した。翌7月のグッドウッドカップ(4200メートル)でもブラックタークインに先着し優勝。9月になり、アリシドンは当時のイギリスにおいてゴールドカップ、グッドウッドカップとともに「長距離三冠競走」の一つであったドンカスターカップに出走。2着馬に8馬身の着差をつけ優勝し、1879年アイソノミー以来70年ぶりに長距離三冠を達成した。アリシドンはこの競走を最後に競走馬を引退し、種牡馬となった。

引退後はダービー伯爵のウッドランド牧場で種牡馬として供用され1955年には産駒のメルドがイギリス牝馬クラシック三冠を達成する活躍を見せ、イギリスリーディングサイアーに輝いた。アリシドンは父のドナテッロや祖父のブランドフォードに似て交尾への意欲が極めて低い馬であった。晩年は受胎率も低下し、1963年に株所有者の話し合いによってシンジケートが解散された。その直後の同年9月10日、アリシドンはウッドランド牧場において銃殺された。

主な産駒[編集]

ブルードメアサイアーとしての主な産駒[編集]

血統表[編集]

アリシドン血統ブランドフォード系1号族(1-w)/Swynford4×3=18.75% Canterbury Pilgrim5×4.5=12.50% (血統表の出典)
父系

Donatello
1934 栗毛
父の父
Blenheim
1927 黒鹿毛
Blandford Swynford
Blanche
Malva Charles o'Malley
Wild Arum
父の母
Delleana
1925 栗毛
Clarissimus Radium
Quintessence
Duccia di Buoninsegna Bridge of Earn
Dutch Mary

Aurora
1936 栗毛
Hyperion
1930 栗毛
Gainsborough Bayardo
Rosedrop
Selene Chaucer
Serenissima
母の母
Rose Red
1924 栗毛
Swynford John o'Gaunt
Canterbury Pilgrim
Marchetta Marco
Hettie Sorrel
5代内の近親交配
出典

母Auroraは8戦1勝ながら1000ギニー2着など

参考文献[編集]

  • 原田俊治『世界の名馬』 サラブレッド血統センター、1970年

外部リンク[編集]