エイシンサニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エイシンサニー
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1987年3月29日(30歳)
死没 -
ミルジョージ
エイシンナツコ
生国 日本北海道浦河町
生産 栄進牧場
馬主 平井豊光
調教師 坂口正則栗東
厩務員 上原正人
競走成績
生涯成績 20戦4勝
獲得賞金 1億7852万2600円
テンプレートを表示

エイシンサニーとは日本競走馬である。おもな勝鞍は、優駿牝馬(オークス)。そのほか4歳牝馬特別。優駿牝馬の勝ちタイム2分26秒1は当時のレースレコードであった。主戦騎手岸滋彦

戦績[編集]

1989年8月小倉競馬場でデビュー。小倉では3戦するものの未勝利に終わり9月阪神未勝利戦で初勝利をあげる。その後、10月12月で実に5戦するものの条件戦1勝に終わる。 年明け後、前年ほどのヘビーローテではないものの1ヶ月間隔でレースに使われている。2月エルフィンステークスで、後の桜花賞アグネスフローラと初対戦したが先行したアグネスフローラを捕らえることが出来なかった。次走の4歳牝馬特別は、6番人気と評価が低かったものの、素晴らしい末脚を繰り出し重賞初制覇を達成した。

前走の重賞勝利によって穴人気で迎えた桜花賞だったが、道中不利があったこともあり、アグネスフローラから1秒4離された4着に終わった。アグネスフローラの強さだけが目立つレースであった。

桜花賞から直行して迎えたオークス。レースは、最初の1000メートルの通過タイムが、58秒6という異例のハイペースで推移し、圧倒的人気のアグネスフローラが直線抜け出したものの、出走馬唯一上がり35秒台の素晴らしい末脚を繰り出しゴール前でアグネスフローラを4分の3馬身差し切った。鞍上の岸は、前年のエリザベス女王杯に続く牝馬GI制覇で、「牝馬の岸」の異名を得ることとなった。

その後、休養を挟んだ秋競馬はこれまでの無理使いの疲れが取れていなかったのか凡走を繰り返し、翌年2月目黒記念の10着を最後に引退した。

引退後[編集]

引退後は、栄進牧場で繁殖生活に入ったものの産駒としては愛知杯関屋記念で2着に入ったエイシンハリマオーが目立つ程度であり、クラシックホースを2頭だしたライバルのアグネスフローラに大きく水をあけられた。

血統表[編集]

エイシンサニー血統ミルリーフ系/Nasrullah4×5=9.38%) (血統表の出典)
父系

*ミルジョージ
Mill George
1975 鹿毛
父の父
Mill Reef
1968 鹿毛
Never Bend Nasrullah
Lalun
Milan Mill Princequillo
Virginia Water
父の母
Miss Charisma
1967 鹿毛
Ragusa Ribot
Fantan
*マタティナ Grey Sovereign
Zanzara

エイシンナツコ
1980 鹿毛
*ダイアトム
Diatome
1962 黒鹿毛
Sicambre Prince Bio
Sif
Dictaway Honeyway
Nymphe Dicte
母の母
ラウンドマザー
1971 栗毛
*チャイナロック Rockefella
May Wong
*レディアリス Alycidon
Pontoon F-No.3-f
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]