高橋祥泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高橋祥泰
Yoshiyasu-Takahashi20110604.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県
生年月日 (1952-01-31) 1952年1月31日(65歳)
所属団体 JRA
初免許年 1983年
経歴
所属 高橋英夫/調教助手(1975年3月 - 開業)→
美浦T.C.(開業 - )
テンプレートを表示

高橋 祥泰(たかはし よしやす、1952年1月31日 - )は日本中央競馬会 (JRA) 美浦トレーニングセンター北に所属する調教師日本大学獣医学部卒。

来歴[編集]

1952年、国営競馬所属騎手高橋英夫の次男として生まれる。幼少期は騎手を志していたが、身体が大きくなり過ぎたために断念。代わって獣医師を志し、日本大学第一高等学校を経て、日本大学獣医学部に入学した。獣医師資格取得、大学卒業後の1973年より中山競馬場、次いで日本中央競馬会宇都宮育成場で獣医師助手を務める。宇都宮育成場では助手業の傍らで騎乗技術を習得、1975年に父・英夫の厩舎調教助手となり、7年間を務めた。

1983年に調教師免許を取得。初出走は同年10月9日東京競馬第2競走でアマミエコーで8着。初勝利は同年12月10日中山競馬第6競走でのアマミオーシャン(延べ21頭目)であった。翌年の報知杯4歳牝馬特別安田富男騎乗のダイナシュガーで制して重賞初勝利。1987年には22勝を挙げ、関東の優秀調教師賞を受賞した。

1996年には、タイキフォーチュンで第1回NHKマイルカップを制し、GI競走初勝利を挙げている。

成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1983年10月9日 4回東京2日2R 4歳未勝利 アマミエコー - - 8着
初勝利 1983年12月10日 5回中山3日6R 4歳上400万下 アマミオーシャン - - 1着
重賞初出走 1984年2月11日 1回東京5日9R 東京障害特別(春) アマミオーシャン 9頭 9 8着
重賞初勝利 1984年3月18日 1回阪神6日11R 4歳牝馬特別 ダイナシュガー 15頭 8 1着
GI初出走 1984年4月8日 2回阪神6日11R 桜花賞 ダイナシュガー 21頭 4 18着
GI初勝利 1996年5月12日 3回東京8日11R NHKマイルC タイキフォーチュン 18頭 4 1着
通算成績 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対率
平地 441 424 400 3,220 4,484 .098 .193
障害 9 13 12 83 117 .077 .188
450 437 412 3,302 4,601 .098 .193

※数字は中央競馬成績。2008年度出走終了時点。

主な管理馬[編集]

※括弧内は主な優勝競走。

受賞[編集]

  • 優秀調教師賞(関東)(1987年)

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

参考文献[編集]

  • 木村幸治『ザ・グレード1 - 1996年のGIを制した勝負師たち』(洋泉社MOOK、1997年)

関連項目[編集]