久保田貴士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久保田貴士
Takashi-Kubota20110423.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県
生年月日 (1967-09-17) 1967年9月17日(51歳)
所属団体 JRA
初免許年 2002年(2003年開業)
経歴
所属 美浦・柴田欣也/厩務員(1992.10 - 1993.3)→
美浦・高橋英夫/調教助手(1993.4 - 1995.3)→
美浦・石毛善彦/調教助手(1995.4 - 1995.12)→
美浦・高橋祥泰/調教助手(1995.12 - 2002.2)→
美浦T.C.
テンプレートを表示

久保田 貴士(くぼた たかし、1967年9月17日 - )は日本中央競馬会 (JRA) ・美浦トレーニングセンターに所属する調教師。父・久保田敏夫は元JRA調教師。

来歴[編集]

JRAにて調教師を務め、ユキノビジンなどの活躍馬を管理した久保田敏夫を父に持ち、幼少時から乗馬を始めた[1]。明治大学在学時の1987年から1989年にかけ全日本学生馬術選手権大会3連覇を含む主だった馬術界の学生タイトルを総なめにしたほか、海外でもタイトルを獲得した[1]

卒業後、イギリスのクライヴ・ブリテン厩舎にて2年の実地研修を経たのち[1]1992年4月にJRA競馬学校厩務員課程に入学、同年10月より美浦・柴田欣也厩舎所属の厩務員として配属される。その半年後に調教助手の資格を取得、その後も複数の厩舎を渡り歩きながらキャリアを積み、高橋祥泰厩舎時代にはタイキフォーチュンサウスヴィグラスなどの調教を担当[1]2002年2月に調教師試験に合格、1年の技術調教師研修を経て2003年3月開業となる。

初年度こそ6勝と奮わなかったが翌2004年に勝利数を二桁に乗せ、以後年間20勝台を勝ち上がるようになり2007年には重賞勝利を記録するなど頭角を現すようになる。2007年と2009年には優秀調教師賞を受賞[1]2015年にはエリザベス女王杯を、中山競馬場の芝2500メートルの条件戦を勝った時からそのレースに勝つことを意識させたという[2]マリアライトで制し、GI初勝利を挙げた[3]

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2003年3月9日 1回中京2日1R 3歳未勝利 ファカルティー 16頭 4 5着
初勝利 2003年4月19日 4回中山7日1R 3歳未勝利 ケイツーウイン 11頭 1 1着
重賞初出走 2004年11月20日 5回東京5日11R 東京スポーツ杯2歳S カネサマンゲツ 13頭 8 11着
重賞初勝利 2007年4月22日 3回京都2日11R アンタレスS ワイルドワンダー 16頭 3 1着
GI初出走 2006年10月1日 4回中山8日11R スプリンターズS シンボリエスケープ 16頭 7 13着
GI初勝利 2015年11月15日 5回京都4日11R エリザベス女王杯 マリアライト 18頭 6 1着[3]

おもな管理馬[編集]

※括弧内は当該馬の優勝重賞競走、太字はGI級競走。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e トレーナー” (日本語). KUBOTA STABLE / 久保田厩舎. 久保田貴士厩舎. 2015年11月21日閲覧。
  2. ^ マリアライトの久保田師、悲願のGI初勝利に「やっと獲れました」” (日本語). netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2015年11月21日閲覧。
  3. ^ a b マリアライトが新女王に、蛯名「まだまだ良くなる馬」/エリザベス女王杯” (日本語). netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2015年11月21日閲覧。
  4. ^ 第57回 宝塚記念”. 日本中央競馬会. 2016年6月26日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]