田中博康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中博康
Hiroyasu-Tanaka(Jockey).jpg
2009年エリザベス女王杯表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県
生年月日 (1985-12-05) 1985年12月5日(33歳)
身長 159.6cm
体重 47.3kg
血液型 B型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 高橋祥泰(2006.3.1 - 2009.3.31)
フリー(2009.4.1 - 2010.2.3)
高橋祥泰(2010.2.4 - 2011.4.6)
フリー(2011.4.7 - 2017.2.28)
初免許年 2006年
免許区分 平地・障害[1]
騎手引退日 2017年2月28日
調教師情報
初免許年 2017年(2018年開業)
経歴
所属 美浦T.C. (2006年-)
テンプレートを表示

田中 博康(たなか ひろやす、1985年12月5日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) 美浦トレーニングセンターに所属する調教師、元騎手

来歴[編集]

中学3年のころから乗馬を始め、卒業を前に競馬学校受験を志望するも願書の受付が間に合わなかったことから、高校に通いながら受験勉強を行うこととなった。高校1年(21期生の入学試験)のときには不合格だったが、翌年2度目の試験で合格し、22期生として競馬学校に入学した。同期には北村友一千葉直人的場勇人らがいる。

2006年、美浦トレーニングセンターの高橋祥泰厩舎所属騎手としてデビュー。初年度は4勝にとどまったが、2007年は44勝と勝ち星を伸ばした。

2009年にはシルクメビウスユニコーンステークスを制し重賞初勝利。秋になるとエリザベス女王杯クィーンスプマンテで優勝し、初のGI制覇を果たした。この年、シルクメビウスとのコンビでジャパンダートダービージャパンカップダートで2着に入るなどG1戦線で活躍し、クイーンスプマンテとのコンビで日本国外遠征も果たした(香港カップ騎乗で結果は10着)。

2011年4月12日から年内いっぱいまでフランスに遠征。5月14日のフォンテーヌブロー競馬場第3レースでApril Love Songに騎乗して優勝し、フランスでの初騎乗で初勝利を挙げた[2]。11月14日にはベルギーのモンス競馬場にてApril Love Songに騎乗して勝利。これはベルギーにおけるJRA所属騎手の初勝利となった[3]。 

遠征から帰国後の2012年は飛躍が期待されたが、勝ち星を伸ばせず前年を除けば自己最低の成績に終わった。

2016年12月8日、JRAより2017年度調教師試験に合格したことが発表された[4]。なお、田中はこの年初めて調教師試験を受験し、一発で合格している[5]

2017年2月26日中山競馬での騎乗が最終騎乗となり、2月28日付で騎手を引退。

同年3月1日付で調教師免許を取得したが、暫くは厩舎は開業せず技術調教師として活動する。

2017年12月18日、JRAより2018年3月1日付けで美浦トレーニングセンターにて調教師として新規開業することが発表された[6]。2018年3月1日付で厩舎を開業。

おもな騎乗馬[編集]

騎乗成績[編集]

年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率
2006年 4 8 8 223 .018 .054 .090
2007年 44 29 33 737 .060 .099 .144
2008年 22 28 30 687 .032 .073 .116
2009年 25 21 29 544 .046 .085 .138
2010年 13 19 20 517 .025 .062 .101
2011年 0 1 4 65 .000 .015 .077
2012年 2 5 6 328 .006 .021 .040
2013年 5 3 4 230 .022 .035 .052
2014年 7 3 8 180 .039 .056 .100
2015年 6 6 7 141 .043 .085 .135
中央 128 123 149 3652 .035 .069 .110
地方 4 3 0 24 .167 .292 .292

(2015年12月29日現在 JRA騎手名鑑より)

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 2006年3月4日 1回中京1日5R 4歳上500万円下 ペイルローズ 16頭 7 13着
初勝利 2006年3月18日 1回中京5日6R 4歳上500万円下 タイキエンデバー 16頭 1 1着
重賞初騎乗 2007年4月21日 1回福島7日11R 福島牝馬ステークス マイネルーシッド 16頭 15 11着
GI初騎乗 2007年10月21日 4回京都7日11R 菊花賞 ブルーマーテル 18頭 15 13着
重賞初勝利 2009年6月6日 3回東京5日11R ユニコーンステークス シルクメビウス 16頭 1 1着
GI初勝利 2009年11月15日 5回京都4日11R エリザベス女王杯 クィーンスプマンテ 18頭 11 1着

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2018年3月10日 2回中山5日3R 3歳未勝利 トリニティハート 15頭 9 14着
初勝利 2018年3月25日 2回中京6日8R 4歳上500万下 エジステンツァ 12頭 8 1着

脚注[編集]

  1. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年4月7日閲覧。
  2. ^ 田中博康騎手のフランスにおける騎乗成績【5月14日(土)】 JRA公式ウェブサイト
  3. ^ http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20111116-864006.html
  4. ^ 2017年度 新規調教師免許試験合格者日本中央競馬会、2016年12月8日閲覧
  5. ^ “タナパク先生”も誕生!一発合格の田中博「凱旋門賞勝ちたい」 - スポーツニッポン 2016年12月9日
  6. ^ 新規調教師が開業日本中央競馬会、2017年12月21日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]