古賀一隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
古賀 一隆
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1935-08-30) 1935年8月30日
死没 (2011-12-08) 2011年12月8日(76歳没)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会
初免許年 1956年
免許区分 平地競走障害競走
騎手引退日 1976年
重賞勝利 8勝
G1級勝利 1勝
通算勝利 2171戦231勝
調教師情報
初免許年 1979年
調教師引退日 2006年
重賞勝利 2勝
G1級勝利 0勝
通算勝利 中央競馬:4528戦265勝(重賞2勝)
地方競馬:177戦15勝
経歴
所属 騎手
1956年 - 1965年 古賀嘉蔵
1965年 - 1968年 西塚十勝
1968年 - 1971年 谷栄次郎
1971年 - 1976年 宮沢今朝太郎
調教助手
1976年 - 1979年 宮沢今朝太郎
調教師 1979年 - 2006年
テンプレートを表示

古賀 一隆(こが かずたか、1935年8月30日 - 2011年12月8日)は、日本の元調教師JRA美浦トレーニングセンター)、元騎手

人物[編集]

福岡県出身(出生地は東京都)。

1953年中山古賀嘉蔵厩舎所属の騎手見習いとなり、1956年に同厩舎より騎手デビュー。 4月21日の初騎乗のレースはホウジヨウに騎乗して7着だった。初騎乗からちょうど1年後となる1957年4月21日にイワフネで初勝利を挙げる。

1960年6月26日中山大障害(春)をロールメリーで制し重賞初勝利を挙げると、その年の秋、10月9日にはロールメリーとのコンビで中山大障害(秋)を制し、春・秋の大障害制覇を果たす。

1963年12月15日、第15回朝日杯三歳ステークスウメノチカラで優勝。だが、ウメノチカラは4歳以降、伊藤竹男に乗り替わられてしまい、翌年(1964年)のクラシック戦線を共に戦うことは出来なかった。

1965年西塚十勝厩舎(中山)、1968年には谷栄次郎厩舎(中京)、1971年には宮沢今朝太郎厩舎(中山)と、所属厩舎が変遷する。

1976年に騎手を引退し、宮沢今朝太郎厩舎の調教助手となったのち、1978年に調教師免許を取得、翌年の1979年に厩舎を開業し、5月3日東京競馬場での第8レースにアローグレースを厩舎所属馬として初出走させ4着となる。調教師としての初勝利は1980年2月10日、東京競馬場第2競走のコガイチヒメで、これがのべ54頭目であった。

1981年7月26日、札幌競馬場での北海道3歳ステークスにコウチオウショウ(津留千彰騎乗)が1着となり、初重賞制覇を果たす。

2006年2月28日付けにて定年により調教師を引退、これに先立つ2月26日に中山競馬場で行われた引退式に参加した。

2011年12月8日、病気により死去[1]。76歳没。

騎手戦績[編集]

  • 2171戦231勝(重賞8勝)

主な騎乗馬[編集]

調教師戦績[編集]

  • 中央競馬:4528戦265勝(重賞2勝)
  • 地方競馬:177戦15勝。
(合算:4705戦280勝)

主な管理馬[編集]

親族[編集]

古賀家は競馬一家である。

脚注[編集]

  1. ^ 元JRA調教師の古賀一隆氏死去 通算265勝 スポーツニッポン 2011年12月9日閲覧

関連項目[編集]