鹿戸幸治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鹿戸 幸治(しかと ゆきはる、1937年6月18日 - )はJRA栗東トレーニングセンターに所属していた元騎手、元調教師北海道出身(出生地は樺太)。

弟は鹿戸明元調教師。また親戚に鹿戸雄一がいる。

来歴[編集]

1960年京都小川佐助厩舎所属の騎手見習いとなる。

1965年、騎手となる。同期には同じ名前の小野幸治現調教師らがいる。

1976年、調教師免許を取得し騎手を引退する。騎手成績は1617戦133勝。

1978年、厩舎を開業する。3月11日、初出走となった阪神競馬場での第12レースは、ホッカイコハクが9着となる。5月6日中京競馬場での第2レースでラクサイオーが勝利し、延べ34戦目で初勝利を挙げる。

1979年函館記念をエンペラーエースが制し重賞初勝利を挙げる。

2007年、2月28日付けで定年まであと1年だったが調教師を勇退する。当時の管理馬は弟の鹿戸明厩舎へ転厩となった。調教師成績は5933戦413勝、重賞9勝(中央)。

おもな管理馬[編集]

おもな厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

関連項目[編集]