天間昭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天間昭一
Syoichi-Tenma20101127.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県
生年月日 (1965-02-26) 1965年2月26日(53歳)
身長 156cm
体重 50kg
血液型 O型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 美浦・森安弘昭(1984.3 - 1992.8)
美浦・フリー(1992.8 - 2005.8)
美浦・星野忍(2005.8 - 引退)
初免許年 1984年3月1日
免許区分 平地
騎手引退日 2006年2月28日
通算勝利 2447戦111勝
調教師情報
初免許年 2006年
経歴
所属 美浦T.C.
テンプレートを表示

天間 昭一(てんま しょういち、1965年2月26日 - )は日本中央競馬会 (JRA) ・美浦トレーニングセンターに所属する元騎手調教師。父は厩務員

来歴[編集]

1982年、3月より美浦・森安弘昭厩舎所属で騎手候補生となる。

1984年、3月に騎手免許を取得。同年デビューには木幡初広中舘英二出津孝一鹿戸雄一谷中公一坂本勝美各騎手らがいる。

1992年、8月にフリーとなる。

1999年1月26日に地方競馬に初騎乗。3月13日にJRA通算100勝を達成する。

2005年、8月に美浦・星野忍厩舎所属となり、12月13日付けで美浦・堀井雅広厩舎所属となる。

2006年、2月に調教師免許を取得し騎手を引退する。引退レースは、12番人気だったデルマアポロに騎乗し15着。騎手成績はJRA通算2447戦111勝、地方通算13戦0勝2着2回。同年12月21日付けで厩舎を10馬房で開業する。12月23日、初出走となった中山競馬場での第4レースの2歳新馬戦は、イチライマートが14番人気で14着となる。

2007年7月14日新潟競馬場での第4レースの障害競走で2番人気だったエスケーアパッチが勝利し延べ81頭目で初勝利を挙げる。

2010年8月8日関屋記念をレッツゴーキリシマで勝利し、中央競馬重賞初勝利をあげる。なお、騎手時代は重賞勝ちがなかったため、騎手時代を通じて初の重賞制覇となる。

騎手成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 111 135 171 2427 .046 .101
障害 0 2 2 20 .000 .100
111 137 173 2247 .045 .101
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1984年3月18日 - テイオーシャーク 12頭 - 6着
初勝利 1984年6月2日 - クリセブン - - 1着
重賞初騎乗 1985年9月15日 クイーンS サリークラウン 15頭 8 3着
GI初騎乗 1985年11月3日 エリザベス女王杯 サリークラウン 20頭 16 10着

主な騎乗馬[編集]

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2006年12月23日 5回中山7日4R 2歳新馬 イチライマート 16頭 14 14着
初勝利 2007年7月14日 2回新潟1日5R 障害3歳上未勝利 エスケーアパッチ 10頭 2 1着
重賞初出走 2007年9月1日 3回新潟7日9R 新潟ジャンプS エスケーアパッチ 14頭 6 6着
重賞初勝利 2010年8月8日 2回新潟8日11R 関屋記念 レッツゴーキリシマ 18頭 6 1着
GI初出走 2007年12月22日 5回中山7日10R 中山大障害 デイトレーダー 16頭 13 9着

主な管理馬[編集]

※括弧内は当該馬の優勝重賞競走、太字はGI級競走。

エピソード[編集]

  • 1999年、2004年に落馬し、いずれも左鎖骨骨折した。
  • 2006年に合格した調教師試験は、6回目の受験初めて1次試験を突破し、そのまま最終試験にも合格した。2005年以降ほとんどレースに騎乗がなく十分な勉強時間があったからである。
  • 調教師として目標しているスタイルは、堀井雅広調教師のように出走回数を多くすることである。

主な厩舎スタッフ[編集]

関連項目[編集]