ペイザバトラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペイザバトラー
欧字表記 Pay the Butler
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1984年2月20日
死没 1991年
Val de l'Orne
Princess Morvi
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Clovelly Farms
馬主 Edmund A.Gann
早田光一郎
調教師 Robert J.Frankelアメリカ
競走成績
生涯成績 40戦5勝
獲得賞金 309.000フラン
614,348ドル
121,192,400
 
勝ち鞍
GI ジャパンカップ 1988年
テンプレートを表示

ペイザバトラー (Pay the Butler) はアメリカ合衆国競走馬および種牡馬。祖国のアメリカではそれなりの成績しか残せなかったが、遠征先の日本で好成績を収めている。

競走成績[編集]

ヨーロッパ時代からアメリカ時代[編集]

フランスでデビューするも初勝利まで5戦を要するなど欧州時代はごく一般の馬であった。結局初勝利から2勝目まで惨敗を繰り返し、4歳途中で生まれ故郷であるアメリカに帰った。するとアメリカ初戦のレッドスミスハンデキャップ (G2) をいきなり勝利で飾り初重賞勝利すると、G1初出走となったボウリンググリーンハンデキャップも2着と好走し、徐々に頭角を現していった。休み明けのデルマーハンデキャップ (G2) こそ6着と惨敗したものの、続くマンノウォーステークス (G1) でもこの時代のアメリカ芝路線の大将格であるサンシャインフォーエヴァーの僅差の2着と善戦した。しかしこの後2戦とも惨敗を喫し、陣営は日本のジャパンカップに遠征させることを決めた。

第8回ジャパンカップ[編集]

当時の日本の中長距離路線はオグリキャップタマモクロスという芦毛二騎の絶対的な主役がいた。第98回天皇賞ではタマモクロスがオグリキャップを破っており、ジャパンカップはこの2頭の再戦の場となっていた。それゆえ、日本のファンは「オグリの逆襲かタマモがまた勝つのか」というムードになっていた。また、外国馬にも目を向けると凱旋門賞を勝ってきた欧州の名馬トニービンも来日し、「世界のトニービンでもタマモなら勝てるのではないか」というファンもおり、この3頭の決着になるだろうと予想されていた。

そのなかでペイザバトラーは外国馬ということである程度は注目されていたものの近走の惨敗が響いてか前述3頭に比べると単勝9番人気と評価は明らかに劣っていた。しかし、レースでは後方待機策をとり、直線に向くと大きく内に切れ込んで先に抜け出したタマモクロスを内外離れた位置から差し切り優勝した。進路妨害にはあたらなかったが騎手のクリス・マッキャロンは戒告の処分を受けた。マッキャロンはこれはあらかじめ想定していた作戦であり、タマモクロスと鼻面をあわせての叩き合いでは勝ち目がないと思っていたとのちに語っている。

その後[編集]

その後はふたたびアメリカに戻り重賞戦線を走っていたが勝ち切ることまではできなかった。しかし、連覇をかけた第9回ジャパンカップは敗れはしたものの、ホーリックスとオグリキャップが作り出した世界レコード決着の3着と好走し、ふたたび日本の馬場に適応していることをアピールした。帰国初戦の一般競走の勝利が最後の勝利で、その後はラストランまで惨敗を繰り返した。

年度別競走成績[編集]

  • 1986年(1戦0勝)
  • 1987年(8戦1勝)
  • 1988年(11戦3勝)
    • ジャパンカップ (G1) 、レッドスミスハンデキャップ (G2)
  • 1989年(9戦0勝)
  • 1990年(6戦1勝)

種牡馬として[編集]

引退後は日本での成績が優秀だったことから日本で種牡馬入りすることとなった。しかしわずか1世代を残したのみで早逝した。残した産駒から重賞馬パルブライトを送り出している。

代表産駒[編集]

血統表[編集]

ペイザバトラー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ブランドフォード系
[§ 2]

Val de l'Orne
1972 鹿毛
父の父
Val de Loir
1959 鹿毛
Vieux Manoir Brantome
Vieille Maison
Vali Sunny Boy
Her Slipper
父の母
Aglae
1965 鹿毛
Armistice Worden
Comemmoration
Aglae Grace Mousson
Agathe

Princess Morvi
1975 栗毛
Graustark
1963 栗毛
Ribot Tenerani
Romanella
Flower Bowl Alibhai
Flower Bed
母の母
Silana
1965 鹿毛
Silnet Fastnet
Silver Jill
Anabara Arbar
Flying Carpet F-No.9-e
母系(F-No.) 9号族(FN:9-e) [§ 3]
5代内の近親交配 5代内アウトブリード [§ 4]
出典
  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [1]
  4. ^ [1][2]


脚注[編集]

  1. ^ a b c ペイザバトラー(USA) 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月7日閲覧。
  2. ^ a b ペイザバトラーの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月7日閲覧。

外部リンク[編集]