第98回天皇賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天皇賞 > 第98回天皇賞
映像外部リンク
1988 天皇賞(秋)
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画

第98回天皇賞(だい98かいてんのうしょう)は、1988年10月30日東京競馬場で施行された競馬競走である。オグリキャップタマモクロスの対決に注目が集められたが、タマモクロスが優勝し、史上初の天皇賞春秋連覇を達成した。

レース施行前の状況[編集]

1988年1月に笠松競馬場から中央競馬へ移籍したオグリキャップは、すでに引退していたメジロラモーヌと並ぶ当時の中央競馬記録タイである重賞6連勝を達成した。オグリキャップはGI初勝利を目指して第98回天皇賞(秋)への出走を決定した。天皇賞(秋)は1987年から4歳馬の出走が解禁されており、1937年ハツピーマイト以来となる51年ぶりの4歳馬による天皇賞制覇を目指すこととなった。

一方、天皇賞(春)、宝塚記念を含め7連勝中で古馬の頂点に立ったタマモクロスも、史上初となる天皇賞春秋連覇をかけて出走を決定した。

1番人気は、毎日王冠を勝ったオグリキャップ。タマモクロスは2番人気となった。

出走馬[編集]

天気:晴、馬場状態:良

※施行条件については天皇賞も参照。

出走頭数:13頭
人気 枠番 馬番 競走馬名 騎手 調教師
1 1 1 オグリキャップ 牡4 河内洋 瀬戸口勉
2 6 9 タマモクロス 牡5 南井克巳 小原伊佐美
3 4 5 ダイナアクトレス 牝6 岡部幸雄 矢野進
4 3 4 ボールドノースマン 牡5 柴田政人 二本柳俊夫
5 7 10 シリウスシンボリ 牡7 加藤和宏 稗田研二
6 5 8 マティリアル 牡5 東信二 田中和夫
7 3 3 ランニングフリー 牡6 菅原泰夫 本郷一彦
8 7 11 カイラスアモン 牡5 安田富男 松山吉三郎
9 8 12 レジェンドテイオー 牡6 郷原洋行 田村駿仁
10 4 6 カシマキング 牡9 的場均 飯塚好次
11 8 13 トウショウサミット 牡7 柏崎正次 奥平真治
12 2 2 パリスベンベ 牡7 中舘英二 加藤敬二[要曖昧さ回避]
13 5 7 ガルダン 牡8 大塚栄三郎 藤沢和雄
出典[1]

レース結果[編集]

レース展開[編集]

レジェンドテイオーが逃げ、それまで後方からレースを進めることの多かったタマモクロスが2番手を先行した。オグリキャップは馬群のやや後方を追走した。直線の坂を登りきった直後にタマモクロスがレジェンドテイオーを交わして先頭に立ち、追い込んだオグリキャップを2着に退けて優勝した。

結果(上位5頭のみ)[編集]

着順 枠番 馬番 競走馬名 タイム 着差
1 6 9 タマモクロス 1.58.8
2 1 1 オグリキャップ 1.59.0 1馬身1/4
3 8 12 レジェンドテイオー 1.59.5 3馬身
4 4 5 ダイナアクトレス 1.59.6 クビ
5 3 3 ランニングフリー 1.59.8 1馬身1/4
12.6-11.2-11.9-11.7-12-12.3-11.9-12-11.7-11.5
12.6-23.8-35.7-47.4-59.4-71.7-83.6-95.6-107.3-118.8

払戻[編集]

単勝式 9 260円
複勝式 9 130円
1 110円
12 370円
枠連 1-6 240円

達成された記録[編集]

  • タマモクロスは史上初の天皇賞春秋連覇を達成した。
  • オグリキャップは中央競馬移籍後初の敗戦を喫した。

エピソード[編集]

  • タマモクロスは追い込みを得意とする馬であったが、このレースでは「後ろから行って、前が詰まって届かなかった、みたいな負け方だけは納得できない」という陣営の総意のもと、先行策がとられた。
  • タマモクロスの南井騎手は直線入り口と直線坂上で二度オグリを確認するため後ろを振り返っているが、残り200mで「この脚ならオグリでも届かない」と勝利を確信したとコメントしている。
  • オグリキャップに騎乗した河内洋は、「タマモクロスが先行しているのはわかった」としつつ「最後は向こうがバテると思った」ことと、オグリキャップに距離(をこなせるかどうか)の不安があったため早めに動けなかったとコメントした。

参考文献・出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ netkeiba,第98回天皇賞(秋) 2017年6月15日閲覧。