イーロン・マスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イーロン・マスク
Elon Musk 2015.jpg
2015年のテスラ・モーターズの年次総会において
生誕 (1971-06-28) 1971年6月28日(45歳)
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国ハウテン州プレトリア
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス[1]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カナダの旗 カナダ南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
教育 プレトリア男子高等学校英語版
出身校 ペンシルバニア大学[2][3]
職業 起業家エンジニア
著名な実績 スペースXPayPalテスラ・モーターズハイパーループen:Zip2ソーラーシティ
肩書き スペースXCEOCTO
テスラ・モーターズCEO
ソーラーシティ会長
公式サイト twitter.com/elonmusk
署名
Elon Musk

イーロン・マスク(Elon Musk, 1971年6月28日 - )は、南アフリカ共和国プレトリア出身のアメリカ起業家であり、スペースX社の共同設立者およびCEOである。PayPal社の前身であるX.com社を1999年に設立した人物でもある。

来歴[ソースを編集]

イギリス人とアメリカ人(ペンシルベニアダッチやミネソタ州出身の白人)をルーツに持つ南アフリカ人の技術者の父親とカナダ人の母親との間に南アフリカで生まれる。母親はプレトリアなどで栄養士モデルとして働いた経歴を持つ[4]

10歳のときにコンピュータを買い、プログラミングを独学した。12歳のときに最初の商業ソフトウェアであるBlasterを販売する。17歳になった1988年、Pretoria Boys高校で大学入学資格を得た後、父親の援助なしに家から独立したが、理由のひとつには南アフリカの徴兵があった。彼は「兵役につくことは、それ自体私には問題はないが、南アフリカ軍で黒人を抑圧することに時間を費やすのは、あまりよい方法のようには思えなかった」と述べている。彼はアメリカへの移住を希望した。彼は「アメリカは、すごいことを可能にする国だ」と述べている[要出典]

母親はカナダのサスカチュワン州レジャイナの生まれで[4]、多くの親戚がカナダ西部に住んでいた。そこでカナダ国籍を持つマスクは1989年6月にカナダに移住し、サスカチュワンのスウィフトカレントにあるいとこの小麦農場で働き、穀物貯蔵所の清掃をしたり野菜畑で働いた。また、ブリティッシュコロンビアの製材所でのボイラーの清掃やチェーンソーで丸木を切る仕事などもしていた。その後、トロントへ引っ越して、クイーンズ大学に入学するまでの間、夏に銀行のコンピューター部門で働いたりもした[要出典]

その後アメリカ合衆国ペンシルベニア大学ウォートン・スクールへ進むための奨学金を受け、同校で学位を取得する。彼の後の言葉によると、当時、彼は人類の進歩に貢献する分野は「インターネット」「クリーン・エネルギー」「宇宙」だと考えていた[5]

起業[ソースを編集]

1995年に高エネルギー物理学を学ぶためスタンフォード大学大学院へ進むが、2日在籍しただけで退学し、弟のキンバル・マスク英語版とともに、オンラインコンテンツ出版ソフトを提供するZip2社を起業する。この会社はのちにコンパック社のAltaVista部門に買収され、マスクは3億700万USドルの現金と、ストックオプションで3400万ドルを手にいれる[要出典]

1999年にはオンライン金融サービスと電子メールによる支払いサービスを行うX.com社の共同設立者となる。X.com社は1年後にコンフィニティ社英語版と合併し、これが2001年にPayPal社となる。

2002年に3つ目の会社として、宇宙輸送を可能にするロケットを製造開発するスペースX社を起業し、CEOならびにCTOに就任している。また電気自動車会社であるテスラモーターズ社に投資し、同社の最初のモデル「0001」を自ら所有する。2008年10月には同社の会長兼CEOに就任した。

2006年には太陽光発電会社ソーラーシティ英語版を従兄弟であるリンドン・リーブ英語版と共同で立ち上げ同社の会長に就任した。2013年には時速約800マイル(約1287キロ)の輸送機関ハイパーループ構想を明らかにした。

2014年9月に訪日し安倍晋三首相と会談した[6]。なお今回来日した際にラーメン二郎新宿歌舞伎町店に立ち寄った事がTwitterで話題になった[7]

2017年にドナルド・トランプ大統領のもとで、大統領戦略政策フォーラム英語版のメンバーだったが、トランプがパリ協定離脱を表明したため、6月に辞任した[8][9]

私生活[ソースを編集]

趣味は子供と遊ぶことと映画鑑賞[10]。2007年までマクラーレン・F1のオーナーだった。

資産は、2005年時点において3億2,800万ドルとされていたが[11]、2014年7月時点では110億ドルとされている[12]

最初の妻はクィーンズ大学の同窓生で作家のジャスティン・マスク英語版と2000年に結婚したが、2008年に離婚した[13]。彼女との間に最初に儲けた長男は乳幼児突然死症候群で生後10週間で亡くす悲劇に見舞われたが、その後は体外受精で順調に双子と三つ子の男児を次々に儲け、合計5人の子宝に恵まれた。 2番目の妻は女優のタルラ・ライリー2010年に結婚したが、2012年に離婚した[14]。しかし翌年の2013年に復縁したが2016年3月に再度離婚した。 2016年7月に俳優のジョニー・デップと離婚申請中のアンバー・ハードと交際が噂された。(二人は翌月に正式離婚した) 2017年4月には二人はオーストラリアのパーティー会場にツーショットで堂々と登場し、アンバーと彼女の父親はイーロンとの交際を認めた。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Inside Elon Musk's $17M Bel Air Mansion
  2. ^ Elon Musk's accomplishments
  3. ^ Elon Musk: Patriarchs and Prodigies
  4. ^ a b Laura M. Holson (2016年4月30日). “At 68, Maye Musk, the Mother of Elon, Is Reclaiming the Spotlight” (English). New York Times. http://www.nytimes.com/2016/05/01/fashion/elon-musk-mother-maye-musk-model-met-gala.html 2016年5月15日閲覧。 
  5. ^ イーロン・マスク インタビュー「常に批判の声に耳を傾けよ」 - ログミー”. 2016年4月26日閲覧。
  6. ^ “【首相の一日】9月9日(火)”. 東京新聞. (2014年9月10日). オリジナル2014年9月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140910152910/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/shusho/CK2014091002000130.html 2014年9月11日閲覧。 
  7. ^ https://twitter.com/elonmusk/status/508617476804866048/photo/1
  8. ^ テスラCEO、トランプ政権の助言役退く パリ協定離脱受けCNN 2017年6月2日
  9. ^ イーロン・マスクは大統領諮問委員会を辞任する』 2017年6月2日 Onebox News
  10. ^ イーロン・マスク|ヒューマン|WEB GOETHE
  11. ^ "Hondas in Space", FastCompany.com, Issue 91, February 2005, Page 74
  12. ^ The World's Billionaires #126 Elon Musk
  13. ^ http://media.looops.net/btrax/2013/08/13/elon/ 米国テスラCEOの元妻が語る”私は彼のβバージョンだった” – 起業家イーロン・マスクの素顔【btrax】
  14. ^ http://forbesjapan.com/summary/2015-02/post_1542.html“現代の魔法使い”イーロン・マスクの私生活

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]