イーロン・マスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イーロン・マスク
アメリカ空軍士官学校で講演するマスク
(2022年4月 撮影)
生誕 (1971-06-28) 1971年6月28日(52歳)
南アフリカの旗 南アフリカ共和国 トランスヴァール州(現・ハウテン州プレトリア
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス[1]
国籍 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
カナダの旗 カナダ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
多重国籍
出身校 ペンシルベニア大学[2][3]経済学部卒業
同大学理学部卒業
職業 起業家エンジニア
著名な実績 スペースX
PayPal
テスラ
ハイパーループ
Zip2
ソーラーシティ
純資産 減少 1370億ドル(2022年)
身長 188 cm (6 ft 2 in)
肩書き スペースX 創設者、CEO、リードデザイナー
テスラ 共同創設者、CEO、プロダクトアーキテクト、テクノキング
ニューラリンク共同創設者
ボーリング・カンパニー創設者
Zip2英語版 共同創設者
X.com (現PayPal) 創設者
OpenAI 共同創設者
X Corp. 会長兼CTO
配偶者 ジャスティン・マスク英語版(2000年〜2008年)
タルラ・ライリー(2010年〜2012年、2013年〜2016年)
非婚配偶者 グライムス(2018年〜2021年)
子供 9人
親戚キンバル・マスク英語版
トスカ・マスク英語版
従兄弟リンドン・ライヴ英語版
公式サイト twitter.com/elonmusk
署名
Elon Musk
テンプレートを表示

イーロン・リーヴ・マスク英語: Elon Reeve Musk, 1971年6月28日 - )は、南アフリカ共和国プレトリア出身の、同国並びにカナダアメリカ合衆国国籍起業家[4][5]PayPal[注 1]スペースXテスラ[注 2]ボーリング・カンパニーOpenAIxAI等を共同設立[6][7]。スペースX、テスラのCEOX Corp.(旧:Twitter[8])の執行会長CTOを務めている[9][10]

新たな決済サービスを作り出したほか、電気自動車宇宙開発太陽光発電などのビジネスで成功を収め、当時没落していたそれらの業界を再興させた[11][12]。「影の米大統領」の異名を持つピーター・ティールYouTube創業者のチャド・ハーリーなどと共にペイパルマフィアの一人としても語られる[13][14][15]。2012年にはスペースXが国際宇宙ステーションに宇宙船を打ち上げ、テスラはEV 「モデルS」 を発売した。これによってマスクは宇宙と自動車というまったく別の業界で偉業を成し遂げ、スティーブ・ジョブズに例えられる存在になった[16]。映画アイアンマンのモデルでもある[17]

フォーブスの長者番付によると2021年時点で3200億ドル (約41兆円) の資産を有する[18]。また、世界で初めて資産が3000億ドル (約34兆円) を超えた人物[19]。(詳細は資産を参照)

2019年にフォーブスが発表した「アメリカ合衆国で最も革新的なリーダー」ランキングではAmazon.com(アマゾン)CEOのジェフ・ベゾスと並び第1位の評価を受けた[20]。また、弟が起業したテスラの子会社ソーラーシティの会長を務めている[21]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

イギリス人とアメリカ人(ペンシルベニアダッチやミネソタ州出身の白人)をルーツに持つ南アフリカ人の技術者・実業家の父親エロール・マスク(Errol Musk)と、モデル栄養士の母親メイ英語版との間に南アフリカで生まれる[22]

マスクが育った当時の南アフリカでは、アパルトヘイト(人種隔離政策)を推進する政府のプロパガンダが氾濫していた[23]。マスクが暮らしたのは経済の中心地ヨハネスブルク、首都プレトリア、東部の沿岸都市ダーバンであり、彼が暮らした郊外のコミュニティは、虚報(フェイクニュース)にほぼ埋め尽くされていた[23]

政府によるプロパガンダが氾濫するなかで白人の立場で育ったマスクにはトラウマになった過去があるとマスクの父親は語っており、マスクが求める言論の自由にはその過去の体験の影響があるとしている[23]

マスクが南アフリカ時代の出来事をあまり語りたがらない理由として、1988年にマスクと共にプレトリア男子高校英語版を卒業した同級生のテレンス・ベニーは「それ(語らないこと)自体が物語っている。白人の子供たちは(アパルトヘイトの)厳しい現実と無縁でいられたから」としており、マスクが2年間通ったブライアンストン高校英語版で同級生だったメラニー・チアリーは「私たちは南アフリカの白人のティーンエージャーとして、本当に何もわかっていませんでした。本当に何も。」と当時を語っている[23]

幼少期からものづくりに興味を持ち、ロケットを使った実験を繰り返していた[24]。父親曰く「内向的で思慮深かった」 といい、集団の中に溶け込むよりも一人本を読むことを好んだ[25]。記憶力が高く、読破した百科事典の内容を完全に記憶していたという[26]。1日に2冊の本を読み、ファンタジー小説SF小説を多読していた事が「世界を救う」という夢につながっているかもしれないと語っている[27]

9歳の時に両親が離婚、マスクは弟のキンバルと共に父親のもとに身を寄せた[25]。10歳のときにコンピュータを買い、プログラミングを独学した。12歳のときには最初の商業ソフトウェアであるBlasterを販売する[28]。自作の対戦ゲームソフトを売り、500ドルを手にした[27]

学生時代はいじめに遇い、階段から落とされたり、気絶するまで殴られたりした[25]。父親は厳しく、学校でも居場所がなかったことから、ひとりの世界にこもっていた[29]

再建手術が必要になるほどのいじめを受けた直後、ブライアンストン高校からプレトリア男子高校に転校した[30]

カナダ、アメリカ合衆国への移住[編集]

アメリカ合衆国の「やる気さえあれば何でもできる」という精神と、最新のテクノロジーへの憧れからアメリカ合衆国への移住を試みるが、資金が無くそう簡単では無かった[27]。母親はカナダサスカチュワン州レジャイナの生まれで[22]、多くの親戚がカナダ西部に住んでいた[27]。そこでカナダ国籍を持つマスクは1989年6月にカナダに移住し、サスカチュワンのスウィフトカレントにあるいとこの小麦農場で穀物貯蔵所の清掃をしたり野菜畑で働いた。また、ブリティッシュコロンビアの製材所でのボイラー清掃チェーンソーで丸木を切る過酷な労働の日々を送った[27]

その後、オンタリオ州へ引っ越して、1989年に19歳でカナダのクイーンズ大学に入学[27]クイーンズ大学に在学中、弟のキンバル・マスク英語版とともに始めた、会ってみたい実業家に電話をかけてランチに誘うという方法で、ノヴァ・スコシア銀行でインターンをする機会を得た[31]。彼はアメリカへの移住を希望した。彼は「アメリカは、すごいことを可能にする国だ」と述べている[32]

1991年にはアメリカ合衆国ペンシルベニア大学ウォートン校へ進むための奨学金を受け、同大学で経済学と物理学の学士を取得する。大学時代は家の家賃を稼ぐため寮でナイトクラブを開いていた[27][25][33]。彼の後の言葉によると、当時、彼は人類の進歩に貢献する分野は「インターネット」「クリーン・エネルギー」「宇宙」だと考えていた[34]

1995年に高エネルギー物理学を学ぶためスタンフォード大学大学院へ進学する[34]。電気自動車用のバッテリーを作るためだったが、インターネットの勃興によって方針を転換する[24]。当初はブラウザを世界で初めて開発したネットスケープに入社しようと思い立ち、履歴書を持って本社まで足を運んだが、恥ずかしさと恐怖のあまり人に話かけることができず入社を断念する[24][34]

最初の起業[編集]

1995年、マスクは大学院を休学して弟のキンバルとグレッグ・クーリの3人でZip2を設立した[35][36]。同社は、地図や道案内、イエローページなどを備えたインターネット上のシティガイドを開発し、新聞社に売り込んだ[37]パロアルトにある小さなレンタルオフィス[38]で、マスクは毎晩のようにウェブサイトのコーディングに励んだ[39]

やがてZip2は、ニューヨーク・タイムズシカゴ・トリビューンと契約を結んだ[40]。兄弟はシティサーチ社との合併を断念するよう取締役会を説得した[41]が、マスクのCEO就任の試みは頓挫した[42]。1999年2月、コンパックがZip2を現金3億700万ドルで買収し[43] [44]、マスクは7パーセントの株式で2200万ドルを受け取った[45]

ペイパルの成功[編集]

その後1999年、マスクはオンライン金融サービスと電子メール決済の会社であるX.comを共同設立した[46]。X.comは連邦政府が保証する最初のオンライン銀行の1つであり、設立後数カ月で20万人以上の顧客が加入した[47]。マスクは創業者でありながら、投資家から経験不足とみなされ、年末にはCEOをインテュイット社のビル・ハリスに交代した[48]

2000年、X.comは、オンライン銀行コンフィニティ社の送金サービス「PayPal」がX.comのサービスよりも人気があったため[49]、競争を避けるためにコンフィニテイ社と合併した[50][51][52]。その後、マスクは合併した会社のCEOとして復帰した。しかし、マスクはUnix系ソフトよりもMicrosoft系ソフトを好んでいたため、従業員の間に溝ができ、コンフィニティの創業者であるピーター・ティールが辞任することになった[53]。2000年9月、技術的な問題が重なり、ビジネスモデルもまとまらないことから、取締役会はマスクを更迭し、ティールに交代させた[54]。ティールの下、同社は送金サービスに注力し、2001年にPayPalと改名した[55]

2002年、ペイパルはeBayに15億ドルの株式で買収され、ペイパルの株式の11.72%を持つ筆頭株主であるマスクは1億7580万ドル (約200億円)を受け取っている[56][57]。それから15年以上経った2017年、マスクはペイパルからX.comのドメインを個人的な思い入れから購入した[58][59]。2022年10月5日、「Twitterの買収は万能アプリ『X』の開発を加速する」とツイート。別の投稿で「Twitterがおそらく『X』を3─5年早めるだろう[60]。ただ、私の予想が外れる可能性もある」とした[60]

マスクはペイパル売却で得た約200億円を元手にテスラへの出資やスペースXの起業などに着手した[24]

宇宙開発企業の立ち上げ[編集]

スペースXとNASAの記者会見のようす (2020年1月撮影)

2002年に3つ目の会社として、宇宙輸送を可能にするロケットを製造開発するスペースX社を起業し、CEOならびにCTOに就任している。

マスクは巨大な再利用ロケットを建造して人々を火星移住させ、人類を多惑星種 (Multiplanetary Species) にすることを目指している[61]。多惑星種であれば地球が何らかの理由で滅亡したとしても人類は他の惑星で生き残り続けることができる。

また、BFR(現:スターシップ)を旅客用に使用して地球上を1時間以内で結ぶ高速二地点間輸送という新たな移動手段の開発も手掛けている[62][63]

2012年、宇宙船ドラゴンは国際宇宙ステーション (ISS) にドッキングし、商業宇宙船としては初の快挙を成し遂げた。マスクは、マイク・グリフィンがNASA長官として最後に行った行動の1つであるNASA賞が、同社を救ってくれたと信じている[64]

2015年12月には人工衛星打ち上げ後、ファルコン9の第1段を再着陸させることに成功、衛星を打ち上げた後のロケットを再着陸させたのは世界初の偉業だった[65][66]

2019年以降[67]、スペースXはファルコン9とファルコンヘビーを置き換えるための完全再利用可能な超重量級ロケット、スターシップの開発を進めている[68]。2020年、スペースXは初の有人宇宙船であるDemo-2を打ち上げ、民間企業として初めて有人宇宙船をISSにドッキングさせることに成功した[69]

スターリンク[編集]

2015年、スペースXは衛星インターネットアクセスを提供する低地球軌道衛星のスターリンクコンステレーションの開発を開始し[70]、2018年2月に最初のプロトタイプ衛星2基が打ち上げられた。スターリンクは数万基の小型人工衛星で地球を覆うことで世界中の僻地やインターネット不通地域でのネット利用を可能にする[71]

2022年のロシアによるウクライナ侵攻の際、マスクはスターリンク端末をウクライナに送り、インターネット接続と通信を提供し[72]、この行動はウクライナの大統領であるウォロディミル・ゼレンスキーによって賞賛された[73][74]。しかし、マスクはスターリンクでロシアの国営メディアを遮断することを拒否し、自らを「言論の自由絶対主義者」であると宣言している[75][76]

スペースXはまた、地球低軌道における新しいミサイル防衛システムの一部として、宇宙開発庁のためにカスタム軍事衛星を設計し、打ち上げている[77]。このシステムにより、米国は地球上のどこからでも発射される核ミサイル極超音速兵器を感知し、照準を合わせ、潜在的に迎撃する新たな能力を獲得することになる[78]。中国とロシアはこのプログラムについて国連に懸念を表明[79]し、様々な機関がこれが世界を不安定化し、宇宙での軍拡競争の引き金になりかねないと警告している[80] [81]

自動車業界への参入[編集]

2008年のテスラ会長時代、メンローパークにて。

テスラ社は、2003年にマーティン・エバーハートとマーク・ターペニングによって創業された電気自動車 (EV) 開発企業で、マスクは2004年2月のシリーズAラウンドの出資を主導し、650万ドルを出資して大株主となり、会長としてテスラの取締役会に参加した[82]。2009年のエバーハードとの訴訟和解により、マスクはターペニングと他の2人とともにテスラの共同創業者に認定された[83][84]

2019年時点で、マスクは世界の自動車メーカーで最も長く在職しているCEOである[85]。2021年、マスクはCEOの地位を維持したまま、名目上「テクノキング」に肩書きを変更した[86]

テスラは2008年に電気スポーツカー「ロードスター」を初めて製造した。販売台数は約2,500台で、リチウムイオン電池を使用した初の量産型電気自動車であった[87]

2012年には4ドアセダン「モデルS」の納車を開始[88]。2015年にはクロスオーバーの「モデルX」を発売[89]。2017年に量販セダン「モデル3」が発売された[90]。モデル3は、プラグイン電気自動車として世界で歴代ベストセラーとなり、2021年6月には電気自動車として初めて世界販売台数100万台を達成した[91] [92]。2020年には5車種目となるクロスオーバー「モデルY」を発売[93]。2019年には全電動のピックアップトラック「テスラ・サイバートラック」を発表した[94]。また、マスクのもと、テスラはギガファクトリーと名付けられたリチウムイオン電池の製造工場を建設している[95]

テスラは完全自動運転車の開発も行っており、自動運転ソフトウェアのFSDや自動運転化された自家用車を使ったロボタクシー英語版の構想などがある[96]

2010年の株式公開以来[97]、テスラの株価は大きく上昇し、2020年夏には最も価値のある自動車メーカーとなり[98] [99]、同年末にはS&P500に入った[100] [101]。2021年10月には、米国史上6社目となる時価総額1兆ドルに到達した[102]

2022年、マスクはテスラが開発した人型ロボット「オプティマス」を発表した[103]

ソーラーシティの買収[編集]

マスクはテスラで持続可能な移動手段の構築に取り組んでいるが、エネルギーの生産においても持続可能性を追及しており、太陽光発電にその可能性を見出だしている。マスクは太陽を自然の核融合炉に例えて、地球に降り注ぐ太陽光を人類が利用できれば地球全体を賄うだけの持続可能なエネルギー源になると考えている[104][105]

太陽光発電会社ソーラーシティは、マスクの従兄弟であるリンドンとピーター・リヴが2006年に設立した会社で、マスクは最初のコンセプトと資金を提供した[106]。2013年には、ソーラーシティは米国で2番目に大きな太陽光発電システムの提供会社となった[107]。2014年、マスクはソーラーシティがニューヨーク州バッファローに、米国最大の太陽光発電所の3倍の広さの生産施設を築くという構想を推進した。工場は2014年に着工し、2017年に完成した。2020年初頭までパナソニックとの合弁会社として運営された[108][109]

2016年、テスラはソーラーシティを20億ドル超で買収し、自社のバッテリー部門と統合してテスラエナジーを設立した。この取引の発表により、テスラの株価は10%以上下落した。当時、ソーラーシティは流動性の問題に直面していた[110]。複数の株主グループが、ソーラーシティの買収はマスクの利益のためだけに行われ、テスラとその株主を犠牲にしたと主張し、マスクとテスラの取締役を相手に訴訟を起こした[111] [112]。テスラの取締役は2020年1月に訴訟を和解させ、残る被告はマスクのみとなった[113] [114]。その2年後、裁判所はマスクに有利な判決を下した[115]

真空チューブ交通の提唱[編集]

2013年には真空チューブ列車のハイパーループのアイデアを提唱している。ハイパーループは減圧チューブ内を乗用ポッドが浮上して走行することで、旅客機や日本のリニアモーターカーを越える時速1223kmで移動することができ、サンフランシスコLAを30分で結ぶことができる[116][117]

マスクはハイパーループを自動車や航空機に次ぐ 「第5の移動手段」 と呼んだ[118]。マスク自身は開発を行ってないが、ハイパーループのアイデア自体をオープンソース化して、名乗りを上げた企業が開発を進めている[118]

超音速eVTOLジェット機の構想[編集]

2015年10月、マスクは電動で垂直離着陸できる超音速ジェット機のアイデアがあると明かした[119]。2016年のHyperloop Pod Award Ceremonyでもこの構想について話した[120]。2010年に公開された映画「アイアンマン2」にマスクがカメオ出演した際にもこの構想に言及している[121]

マスクは、この構想の実現について積極的な態度を見せているが、多忙のため開発に着手できずにいる[122]

ニューラリンクの設立[編集]

BMI埋め込み手術ロボットとマスク

2016年、マスクは1億ドルを出資してニューロテクノロジーのベンチャー企業であるニューラリンクを共同設立した[123][124]

ニューラリンクは、脳に埋め込む装置ブレイン・マシン・インタフェース (BMI) を作ることで、人間の脳と人工知能(AI)を統合し、機械との融合を促進することを目指している (人間拡張) 。このような技術は、記憶を強化したり、デバイスがソフトウェアと通信することを可能にしたりする[125][126]

また、アルツハイマー病認知症脊髄損傷などの神経疾患の治療用デバイスの開発も目指している[127]

地下トンネル輸送[編集]

2017年、マスクは地下トンネルを建設するボーリング・カンパニーを設立した[128]。社が想定する地下輸送システム 「ループ」 はトンネル内を自動運転のEVが時速150マイル(時速240km)で走行することで大都市の交通渋滞を回避できるというものである[129][130]。将来的にはマスクが提唱したハイパーループとの接続も想定されている[130]

2017年初頭、同社は規制機関との協議を開始し、スペースX社のオフィスの敷地内に幅30フィート(9.1m)、長さ50フィート(15m)、深さ15フィート(4.6m)の「テストトレンチ」の建設を開始した。全長2マイル(3.2km)足らずのロサンゼルス・トンネルは、2018年にジャーナリスト向けにデビューした。テスラ・モデルXを使用し、最適な速度以下で走行しながら、荒々しい走行をすることが報告された[131]

2018年に発表されたシカゴと西ロサンゼルスの2つのトンネルプロジェクトは中止となった[132][133]。しかし、ラスベガス・コンベンション・センターの下にあるトンネルは、2021年初頭に完成した[134]。地元当局は、トンネルのさらなる拡張を承認している[135]。2021年、フロリダ州フォートローダーデールでのトンネル建設が承認された[136]

Twitterの買収とXへの変更[編集]

TED2022でTwitter買収について話すマスク (2022年春撮影)。

マスクは2017年の段階でTwitterの買収に興味を示していた[137]。2022年4月には実際にTwitter買収提案を行い、同年10月に買収が完了した。

マスクはTwitterは社会のデジタル広場であり、合法な言論であれば民主主義の維持のために投稿の制限などを受けるべきではないとの持論を持っていた[138][139]。また、1つのアプリであらゆることが可能な 「スーパーアプリ英語版」 の開発に興味を示しており、Twitterをスーパーアプリ化するというのが彼の考えの1つだった[140]

ウォール・ストリート・ジャーナル紙の報道によれば、マスクがTwitterを買収することを決めたきっかけは、トランスジェンダー女性を「今年の男だ」などと言って嫌がらせをしていたアカウントが規約違反で凍結されたことである[141]

マスクはTwitter買収後すぐに、前任CEOのパラグ・アグラワル[142][143]を含むTwitterのトップ役員を解雇した[144]。また、月額8ドルの「ブルーチェックマーク」を導入し[145][146][147]、同社の従業員を大量にレイオフした[148][149]

同年11月20日、2021年に永久凍結された米元大統領のドナルド・トランプのアカウントを復活させるかの趣旨で、自身のTwitter上で賛否の投票を実施[150]。24時間の投票で投票総数は1500万票を超え、トランプの復帰に賛成が51.8%、反対は48.2%となりアカウントの凍結を解除した[150][151]

同年11月18日には2012年に米コネティカット州の小学校で起きた銃乱射事件を「でっち上げ」と主張して遺族への賠償を命じられた陰謀論者アレックス・ジョーンズについては復活はないと宣言した[152]。トランプの凍結解除後の夜のツイートでは聖書の引用に加え、自身が経験した第1子の突然死を挙げて、「子どもの死を政治や名声の手段にするような人物は容赦しない」と書き込んだ[152]

同年12月15日、個人情報の共有を禁止するルールに違反したとしてCNN、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストなどに所属する記者のアカウントが凍結された[153]。CNNはマスクのこの行為を批判したほか[153]、EUや国連からも非難された[154]。17日には投票によって凍結が解除された[155]

2023年3月9日、X Holdings Corp.とX Corp.をネバダ州に登録し、同日に人工知能(AI)企業としてxAIの設立を計画していることが報じられた[156][157]。xAIは同年7月12日に設立したことを発表したが、X Corp.とxAIは別会社としている[158]

同年4月4日、Twitterを自身が保有するX Corp.に統合した[159]

同年5月12日、X Corp.のCEOを退き、同社会長CTOに就任することを発表した[160]。同年6月5日、後任のCEOにNBCユニバーサル広告部門責任者を務めたリンダ・ヤッカリーノが就任した[161]。マスクは2022年12月にTwitterのCEOを辞任すべきかを自身のツイート上で投票を行い、回答者の57.5%が賛成したことから、マスクは「TwitterのCEOを引き受けるほど愚かな人を見つけたらすぐにCEOを退任する。その後は、ソフトウェアとサーバーのチームの運営に専念する」と述べていた[160]。マスクはその言葉通り、同社の執行会長兼CTOに転任した[10]

同年7月24日、サービス名としてのTwitterもXに切り替えた[162]。前述したX.comのドメインもtwitter.comへのリダイレクトに変更した[162]。マスクはXを決済サービスなどの様々な機能を搭載するスーパーアプリ化を目指すと述べた[163]

見解・物議[編集]

人工知能に対する見解、およびOpenAIへの関与[編集]

マスクは長期主義英語版の支持者であり、未来人のニーズを強調している[164]。マスクは人工知能は人類にとって最大の脅威となるとの見解を示している[165][166]。また「ターミネーターのような」AIによる大災害を警告し、政府がその安全な開発を規制すべきだと示唆した[167][168]。 2015年、マスクはスティーブン・ホーキングらと共に、自律型致死兵器の禁止を求める人工知能に関する公開書簡英語版の共同署名者となった[169]

2015年12月、マスクは人類にとって安全で有益な汎用人工知能の開発を目的とした非営利の人工知能研究企業であるOpenAIを共同設立した[170]。当初同社の目的は政府や企業に対抗して超知能を民主化することであった[171]。マスクはOpenAIに10億ドルの資金提供を約束した[172]。 2023年、マスク氏は最終的にOpenAIに総額1億ドルを寄付したとツイートした。しかし、TechCrunchの調査によると、OpenAIの資金のうちマスクの貢献が明らかに特定できるのは「1500万ドルだけ」だと言う。その後マスクは約5000万ドルを寄付したと述べた[173]

2018年、テスラがテスラ・オートパイロットを通じてAIへの関与を強めたため、マスクは将来起こり得るテスラのCEOとしての利益相反を避けるためにOpenAI取締役会を去った[174]。それ以来、OpenAIは機械学習で大幅な進歩を遂げ、GPT-3などの大規模言語モデル[175] や画像生成AIのDALL-Eなどのモデルを公開した[176]

2023年7月12日、マスクはxAIと呼ばれる人工知能企業を立ち上げた。xAIは、ChatGPTなどの既存のサービスと競合する生成AIの開発を目的としている。同社はGoogleとOpenAIからエンジニアを採用したと言われる[177]ネバダ州に設立されたこの会社は、10000台のGPUを購入した。マスクはスペースXとテスラの投資家から資金を得ていたと言われる[178]

2024年2月29日、マスクはOpenAIとサム・アルトマンを提訴した。「人類に利益をもたらす人工知能の開発」という、OpenAI創設期の使命を放棄して事実上の親会社であるマイクロソフトの利益を最大化する組織に変貌したことを訴訟の理由とした[179]

リーダーシップのあり方[編集]

マスクは、資本主義の権化とあだ名されたハワード・ヒューズアップルスティーブ・ジョブズなどの高名な起業家と比較され、発明家であり起業家であるという点ではトーマス・エジソンに近いと評される[180]

マスクはマイクロマネジャーと言われることが多く、自らを「ナノマネジャー」と呼んでいる[181]ニューヨーク・タイムズ紙は、彼のアプローチを絶対主義的と特徴づけている。マスクは正式な事業計画を立てず[182]、代わりに反復設計の方法論と失敗に対する寛容さでエンジニアリングの問題にアプローチすることを好む[183]

また、テスラ・オートパイロットの前方レーダーを取り外すなど、顧問の勧告に反し、社員に独自の専門用語の使用を強要したり、リスクが高く、費用のかかる野心的なプロジェクトを立ち上げたりしている。また、垂直統合にこだわるあまり、ほとんどの生産を社内で行っている。その結果、スペースX社のロケットはコスト削減に成功した[183]が、テスラ社のソフトウェアでは垂直統合により使い勝手に多くの問題が発生した[184]

大量の電子メールを通じて直接コミュニケーションをとる従業員に対するマスクの対応は、「飴と鞭」の特徴を持ち、建設的な批判をする従業員には報いる一方で、衝動的に従業員を脅し、罵倒し、解雇することでも知られている[183][185][186] 。マスクは、従業員に時には週80時間以上にも及ぶ長時間労働を求めている[183]

新入社員には秘密保持契約を結ばせ[187]、2018年のモデル3「生産地獄」の時など、しばしば大量に解雇する。2022年、マスクは経済への懸念から、テスラの従業員の10%を解雇する計画を明らかにした[188]。同月、スペースXとテスラでリモートワークを停止し、オフィスで週40時間働かない従業員を解雇すると脅した[189]

マスクのリーダーシップは、テスラやその他の事業の成功の要因だと評価する人もいれば[190]、冷酷で "人間理解の欠如を示す経営判断 "だと批判する人もいる[191][192]。2021年の著書『Power Play』には、マスクが従業員を非難する逸話が掲載されている[193]。ウォールストリート・ジャーナル紙は、マスクが自社の車を「自動運転」とブランド化することにこだわった結果、エンジニアから「顧客の命を危険にさらす」と批判を受け、その結果辞職する社員が出たと報じている[194]

2022年の10月末にTwitterを買収した後、「イーロン・Twitterで上司に用がある時」とコメントを添え、深夜にオフィスの床でマスクが寝袋にくるまって寝る姿をTwitter従業員が自身のTwitter上に投稿[195]。マスクが文字通り24時間勤務している姿が話題となった[195]

政治観[編集]

リバタリアン的な言動が目立つが、自身は政治的穏健派と称している。また、アメリカの民主党共和党二党制左派右派二元論善悪二元論)で分類されることを好んでいない[196]。多くのアメリカの大企業と同様に、リスクヘッジのために政治献金は両党に行っている[197]2016年の大統領選ではヒラリー・クリントン[198]2020年の大統領選では、民主党予備選ではユニバーサル・ベーシックインカムの政策を評価してアンドリュー・ヤンを推薦し[199]、また独立候補のカニエ・ウエストも推薦していたが[200]、最終的にはジョー・バイデンに投票した[198]。しかし、2022年には大富豪税とポリコレによる言論統制に反対し、民主党の不支持を表明。同年6月のテキサス州連邦下院の補選で共和党のメイラ・フローレスに投票し[201]2024年の大統領選でも共和党に投票する可能性を示唆した[202][203][204]

マスクいわく、かつての左派リベラル)達は現在極左になったため、マスク自身の立ち位置は変わらないが、極左と化した彼らからは自分は中道右派に映るだろうとしている[205]。そして極左となり言論統制をするTwitter社やリベラルの人々を批判している[206]。例えば、英紙デイリーメールで「Twitterはリベラルな権威主義者によるいじめの巣窟と化し、議論は死に絶えた」と発言している[207]。また2020年アメリカ大統領選挙の終盤、バイデンの次男ハンターの不正疑惑を収めたパソコンが発見されたとの報道があったが、Twitterはその報道に関する投稿の表示を禁じた。Twitter側はこの対応はミスであると釈明して謝罪したが[208]、マスクはその措置を民主党寄りだとして強い反対を示した[209]

ポリティカル・コレクトネストランスジェンダーを嫌悪する発言の自由を擁護しており、「ポリコレなマインドのウイルスはNetflixを見るに堪えないものにしている」と自らも発言している[210]

地球の存続と火星の植民[編集]

マスクは気候変動AI に次ぐ人類最大の脅威とし[211]炭素税を提唱している[212]。マスクは当時大統領だったドナルド・トランプ気候変動に対する姿勢を批判し、トランプの2つのビジネス諮問委員会への参加後[213][214][215]、2017年にトランプのパリ協定離脱への抗議としてその両方から退任した[216]

マスクは人類の人口減少についても懸念しており[217][218]、「火星は人類の人口がゼロだ。我々が多惑星文明になるにはより多くの人が必要だ。」と発言している[219]。 2021年12月、ウォールストリートジャーナルのCEO評議会のセッションで、マスクは出生率と人口の減少が人類文明にとって最も大きなリスクの1つであると述べた[220]

少子化問題への言及[編集]

2022年5月8日に、Twitterへの投稿で日本の出生率低下への危機感を表明し、何も手を打たなければ「日本はいずれ消滅する[221]」、「日本の消滅は世界にとって大きな損失になる」と訴えた[222]。また、少子化によって生じる労働者不足に関しては自身が開発する人型ロボット 「オプティマス」 が助けになると語っている[223]

中国への進出[編集]

一般的に、中国に進出する外国企業は、元企業が49%、中国企業が51%の出資率で合弁会社を設立する[224]。董事会(取締役会)会議において、重要事項に関して中国側が否決権を持つ[224]。また、多くの外資メーカーにとって、合弁会社では外資企業にとって財産となる重要技術を、中国側に譲渡するという大きなデメリットを被る[224]

中国当局は、通常独自動車メーカーのフォルクスワーゲンなど、中国に進出する世界的有名企業の多くに対して、現地企業との合弁を要求している[224]。しかし、2017年11月の米中首脳会談を受けて金融分野における外資出資規制の緩和が始まり[225]、2018年には電気自動車、船舶、航空機などの分野における外資出資規制が撤廃されたことで、テスラは合併会社を設立せずに中国への進出を果たしている[226][227]

近年、中国政府は、テスラの自動運転車をスパイ活動に応用できると判断して、政府施設から「出禁」にしたと報道された[228]。 米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」は「中国政府は軍関係者と、主要な国営企業の従業員などがテスラを利用することを制限している。なぜなら、テスラが(中国にとって脅威となる)安全保障に関わるような情報を収集している懸念がある」からだという[229]。また、マスクの経営する「スターリンク」は中国政府が行う検閲の回避手段になり得る[230]

マスクは中国を称賛しており、中国政府を取り込み、テスラが中国市場へのアクセスを得るために「魅力的な攻勢」をかけたと評されている[231]。2022年、マスクは中国でインターネット検閲を行う中国サイバースペース管理局の公式出版物「China Cyberspace」に記事を執筆した。彼がそのメディアに記事を書いたことは、言論の自由を擁護することと相反すると批判された[232][233]。その後、マスクは台湾を中国の特別行政区にすることを提唱し、台湾の議員から党派を超えた批判を浴びた[234][235][236]

ウィグルでの人権問題[編集]

2021年12月31日、新疆ウイグル自治区ウルムチにテスラのショールームを開設したことを微博の公式アカウントで発表した。米イスラム関係評議会(CAIR)は虐殺を支援しているとして非難し[237]、人権団体だけでなく米製造業提同盟(AAM)からも批判が上がっている[238]。これまで、テスラの中国部門は習近平国家主席(党総書記)の経済政策目標と歩調を合わせ、良好な関係を保つことで発展してきた[226]。現時点で米議会や人権団体からの批判に応じる姿勢を示せていないのも、習近平との連携で進めてきたことが背景にあるのではとの指摘がある[239]

2022年「ロシア・ウクライナ侵攻」[編集]

2022年10月3日、マスクは2022年ロシアのウクライナ侵攻後にロシアが併合を宣言したウクライナ4州について、国際連合の監視による選挙を通じて改めて住民の意思を問うべきで、「住民の意思が示されればロシアは立ち退く」と主張[240]。またロシアが2014年に自国領土にしたクリミア半島を正式なロシア領土の一部として承認し、クリミアへの水資源供給を保障した上で、ウクライナが中立を堅持するという考えに賛成か、反対か答えてほしいとTwitterのユーザーに要請した[240]

マスクはツイートで、和平合意として以下を提案した。

  1. ロシアが併合を宣言したウクライナ4州での住民投票を国連の監視下でやり直す。
  2. 2014年にロシアが併合したクリミア半島を正式にロシア領とする。
  3. クリミア半島への水の供給を保証する。
  4. ウクライナは中立を維持する。

この案への賛否を投票するようユーザーに呼び掛けた[241]

これに対してウクライナゼレンスキー大統領は自身も投票を求める形で「イーロン・マスク、あなたはウクライナを支持する提案とロシアを支持する提案のどちらが好ましいと思うか」と返信し、Twitter上で「皆さんはウクライナを支持するマスクとロシアを支持するマスクのどちらが好きか」と投票を呼び掛けた[242]。ロシアのメドベージェフ元大統領はTwitter上で、マスクに「よくやった」と称賛の言葉を送った[241]

マスクはさらに「では、ドンバス地域とクリミアに住む人々の意思で、ロシアとウクライナのどちらに属するかを決めるというのはどうか」と別の投票を呼びかけ、「自分の提案が不評でも気にしないし、本当に心配しているのは、基本的に同一の結果になるのに、何百万人もが必要のない死を遂げるかもしれない」という点だと強調[242]。マスクは「ロシアの人口はウクライナの3倍以上で、ウクライナが全面戦争で勝利する公算は乏しい。ウクライナ国民の身の上を案じるならば和平を求める」としている[242]

スペースXは衛星通信スターリンクをウクライナ全般のインフラを支える重要なネットワークを無償提供しており、マスクは「スペースXはウクライナでスターリンクの提供・サポートにこれまで約8000万ドルを費やしている。ロシアへの支援はゼロ。明らかに我々はウクライナ支持派だ」ともツイートした[242][243]

しかし、2022年にクリミア半島沿岸の黒海で、ロシア海軍艦隊への奇襲攻撃ウクライナ軍によって試みられた際に、潜水型ドローンの通信が切断され[244]、戦果を挙げることなく失敗した[245]。マスクが意図的にこのことを狙って同通信の技術者に接続の切断を指示したのではないかと、ウォルター・アイザックソン(以下、「著者」)が著した2023年9月12日発売のマスクについての伝記の内容を、米CNNが2023年9月7日に報じたが[245][246][244]、ほどなくしてマスクは、「スターリンクはそもそも有効化されていなかった。スペースXは何も無効化していない」としてTwitter上で否定した[247]

攻撃が成功していれば、真珠湾攻撃のようになり、著者の言うようにロシアからの報復を招くと危惧した[245][246][244][247]。さらに、クリミアのセヴァストポリまでの通信の有効化という、ウクライナ側副首相兼デジタル変革相ミハイロ・フェドロフの要請を同社は拒否し、それに応じていたならば「重大な戦争行為と紛争の拡大に加担する」とした上で、「両国の国境線はほとんど動かなくなっており、戦争が続くほど、国土のわずかな獲得や喪失のためにウクライナとロシアの若者がますます多く死ぬことになるのは、若者たちが命をかけるのに値しない」と断じ、停戦合意をふたたび提案した[247]。また、「スターリンクは良いこと、平和なことをするもので、ドローン攻撃のためのものではない」と著者に対して述べた[246][244]

マスクの一連の行動に対し、ウクライナ大統領府顧問、ミハイロ・ポドリャクはTwitter上で、「マスク氏がドローン攻撃を許さなかったことによって、この艦隊のウクライナへのミサイル発射を許し、その結果、民間人や子どもたちが殺されている」などと非難した[244]

米上院議員のリンゼイ・グラハムはTwitterで、マスクの和平案を批判[248]。グラハムの投稿を受け、同年同月6日にマスクはTwitterアカウントで「ウクライナ東部の複数の地域ではロシア人が多数を占め、この人々はロシアを選ぶ」、「民意が重要というのであれば、どのような紛争地であっても、そこに住む人々の意思を支持すべきだ。ウクライナの大部分は明らかにウクライナの一部であることを望んでいるが、東部のいくつかの地域ではロシア人が多く、彼らはロシアの方を好んでいる」と発言した[248]

2022年10月12日 、米政治学者イアン・ブレマーは「マスク氏は私に、プーチン氏やロシア政府と直接、ウクライナについて話したと言っていた。ロシア側にとって越えてはならない一線とは何かという話もしていた。」とTwitter上で言明した[249]

同年10月20日、イギリス首相のリズ・トラスの辞任表明をやゆするロシアのメドベージェフ前大統領のツイートに対し、マスクが返信機能を使って「すばらしい挑発だ」と投稿した後、「ところでバフムート(ウクライナ東部ドネツク州の要衝で、激戦地の一つ。)はどうなっている?」と尋ね、メドベージェフは「勝利の日にモスクワで会おう!」と返信した[250]

ドイツのための選択肢(AfD)への支持表明[編集]

2023年9月29日、マスクはX(旧ツイッター)で、移民船を救助するNGOを映したとみられる動画に「独政府補助金を出している。欧州自殺を止めるためにAfDが選挙に勝つよう願おう」と記した投稿を紹介し、マスクは、「ドイツの人たちは知っているのか」とコメントした。10月に州選挙を控える中、ドイツにおいて一般的に「極右」ないし「右翼過激派」として連邦憲法擁護庁から監視対象となっているドイツのための選択肢(AfD)への投票を呼び掛けるマスクのこうした行為に、既存政党側は「選挙プロパガンダだ」と反発している[251]

私生活・趣味[編集]

趣味子供と遊ぶことと映画鑑賞[252]。自身の第1子が突然死する体験をしており、「子どもの死を政治や名声の手段にするような人物は容赦しない」としている[152]

アメリカのテレビ番組サタデー・ナイト・ライブ (SNL) にて「SNLの司会を務める、アスペルガー(症候群)の最初の人物として今夜、歴史をつくっている」と発言し、自身がアスペルガー症候群であることを公言したが、SNS上ではアスペルガー症候群を公表しているダン・エイクロイドも2003年に同番組の司会を務めていることが指摘された[253]

大のSF好きとしても知られており、マスクの自伝を書いたアシュリー・バンス曰く、マスクはこれまでに出版された全てのSFを読破しているという[254]。幼少期は1日に2冊の本を読み、ファンタジー小説SF小説を多読していた事が「世界を救う」という夢につながっているかもしれないと語っている[27]

マーベル映画「アイアンマン」の監督ジョン・ファヴローは、主役の「トニー・スターク」のモデルとしてマスクからインスピレーションを与えられたと認めている[255][256]

映画などに本人役として出演する事もあり、マスクがモデルにもなった映画「アイアンマン」の続編「アイアンマン2」や、「メン・イン・ブラック:インターナショナル」などの作品にカメオ出演している[256][257][258]

1999年にZip2英語版を3億ドル(約330億円)超で売却後、自分へのご褒美として新車を買うことにし、当時最も高価な名車であった世界で64台しか存在しないエキゾチックカー、マクラーレン・F1を購入[259]。2012年のインタビューでは購入から数年後、かつてPayPalを共同で創設したピーター・ティールに車の性能を自慢しようと車体をスピンさせたところ堤防にぶつかり、3フィート(約1メートル)の高さを円盤のように飛んで行ってしまったという、愛車を事故で壊してしまったエピソードを披露した[260]。事故後、車は修理され現在は新しいオーナーの手に渡り、現在はカリフォルニア州のどこかで大切に管理されている[260]

2018年王立協会フェロー選出[261]

2021年時点では、PayPalの共同創業者で元駐スウェーデン米国大使のケン・ハワリーが所有する約740平方メートルの豪邸に住んでいる[262]。2018年に1200万ドル(約13億7000万円)で購入されたこの家は、その当時、オースティンの不動産市場で最も高価な物件だったとされる[262]

2018年、インタビュー中に大麻と思しきものを吸っていたことで話題となった[263]が、インタビューが行われたカリフォルニア州では同年に嗜好用大麻が解禁されている[264]

日本との関係[編集]

マスクは、マスク財団の会長であり、被災地における太陽光発電エネルギーシステムの提供やその他の目標に焦点を当てている。2011年7月には、東日本大震災の被災地の福島県相馬市に25万ドル、出力20キロワット時 (kWh) 規模の太陽光発電システムを寄贈した[265]

日本のアニメゲーム文化のファンであることでも知られ、DEATH NOTEエヴァンゲリオン攻殻機動隊千と千尋の神隠しもののけ姫鋼の錬金術師君の名は。などの作品が好きと述べた[266]。現在の妻であるグライムスも任天堂のゲームマリオに登場するキャラクター「ピーチ姫」のコスプレをするなどしている[267]

2021年1月13日には『アイドルマスター シンデレラガールズ』に登場するキャラクター「輿水幸子」の画像と共に、「Hey you … Yeah you Queen … You’re gonna make it!」とコメントを自身のTwitter上に投稿し話題となった(投稿した1月13日は2012年に輿水幸子が初めてゲームに登場した日でもある[268][269]。投稿後、配信元のバンダイナムコホールディングスの株価が一時4.4%高の9391円にまで上昇した[268][270]

日本のラーメンが大好物であり、2014年9月7日に来日した際には移転前の「新宿歌舞伎町店ラーメン二郎」に訪れラーメン二郎を食べ、「まさに私が求めていたもの」と大絶賛[271]。そのおいしさを自身のTwitter上で世界に向けて発信した[271]。翌日8日に開催されたテスラのスポーツ電気自動車「モデルS」の納車記念式典では前日に訪れた「ラーメン二郎」について感想を求められ、「特に狙っていたわけではなく、友だちと歩いていて『ここがどうも美味しそうだ』ということで入った」と語り、「すごく大きなボウルにラーメンを盛ってくれて、非常に美味しかった。機械にお金を入れて……確か700円くらいだっただろうか。アサヒビールも飲んだし、本当に楽しかった」と笑顔で答えた[272]

2018年12月14日よりマスクの率いるテスラの工場には、台湾出身のエンジニアのアンディ・リンが創業した「ヨーカイエクスプレス」のラーメン自動販売機が設置されている[273]。設置した数時間後にマスクは自身のTwitter上に「ラーメン最高」と投稿[273]。作業員たちの過酷な就労を支える癒しになっている[273]

結婚生活[編集]

2022年時点でマスクには9人の子供がいる[274]

クィーンズ大学の同窓生で作家のジャスティン・マスク英語版と2000年に結婚し、双子と三つ子の男児をもうけ、合計5人の子宝に恵まれたが、2008年に離婚している[275]

2番目の妻は女優のタルラ・ライリー2010年に結婚したが、2012年に離婚[276]、翌2013年に復縁したが、2016年3月に再度離婚した[277]

2016年7月に俳優のジョニー・デップと離婚申請中のアンバー・ハードと交際が噂された(2人は翌月に正式離婚した) [278]。2017年4月には2人はオーストラリアのパーティー会場にツーショットで堂々と登場し、アンバーと彼女の父親はイーロンとの交際を認めたが4か月後に破局した[278]

2020年5月、かねてから交際中であるカナダ人ミュージシャンのグライムスとの間に男児をもうけ、その後破局した[279][280]。なお、破局後もグライムスとの交友は続いており、2023年8月に日本の千葉県で開催されたソニックマニアにグライムスが出演した際に飛び入り参加した[281]

2021年11月、マスクがCEOを務めるニューラリンクの幹部であるシボン・ジリスとの間に双子が生まれた[274]

問題発言[編集]

ソーシャルメディア上の発言がしばしば舌禍となり、テスラなどの株価やビットコインなどの暗号通貨の価格を急落、急騰させることがある[282][283]

その一方でアメリカ合衆国での人気はすさまじく、歯に衣着せぬコメントにより度々メディアから注目を集め、スティーブ・ジョブスを超えると注目をされたこともある[284]

エイプリルフール[編集]

2018年4月1日エイプリルフールには、「テスラ社が破綻した。」とのツイートを行い株価を最大8%下落させた[282][283]

タムルアン洞窟の遭難事故[編集]

2018年6月、タイで少年らが増水した洞窟に閉じ込められたタムルアン洞窟の遭難事故において、マスクは少年らを救出するために小型潜水艇の提供を申し出て賞賛を浴びたが、これに少年らの救出に貢献したイギリス人ダイバー、バーノン・アンズワースは「知識を伴わない単なるPR活動」と批判した。
これに反応する形で、2018年7月15日、マスクはTwitterにて「この小児性愛者には悪いが、あなたが自ら招いたことだ」と投稿した。この発言には非難が殺到し、テスラ株価は3.4%値下がりした[285]。問題の投稿はその後削除され、3日後の18日にマスクは「アンズワース氏の私に対する行為は、彼に対する私の行為を正当化するものではない。よって、私はアンズワース氏と私が代表を務める各社に謝罪する」「非は私にあり、私だけにある」と謝罪を表明した[286][287]
しかし2018年8月、訴訟を起こされる可能性を問い合わせたBuzzFeedからのメールに返信する形で、「タイにいる知り合いに電話して、実際に何が起きているかを調べた方がいい。そして小児レイプ犯の弁護はやめることだ。このクソったれの馬鹿野郎(fucking asshole)」と、取り下げたはずの罵倒で返信してきた。マスクはオフレコと書いてきたが、アメリカのジャーナリズムの慣例では、オフレコは双方が合意した時点で成立するため、BuzzFeedはこのメールを公開した[288]

SECの提訴[編集]

2018年、マスクは、テスラの株式を非公開化できる資金が確保されたというツイート米国証券取引委員会 (SEC) に提訴された[289]
この訴訟は、このツイートが虚偽で誤解を招き、投資家に損害を与えるものであるとし、マスクが上場企業のCEOを務めることを禁止するよう求めたものであった[290][291][292]。その2日後、マスクはSECと和解し、SECの主張を認めることも否定することもなかった。その結果、マスクとテスラ社はそれぞれ2000万ドルの罰金を科され、マスクはテスラの会長を3年間退任することになったが、CEOには留まることができた[293]
マスクはインタビューで、SECの調査の引き金となったツイートを投稿したことを後悔していないと述べている[294][295]
2022年4月、このツイートについてマスクを訴えた株主は、複数のテスラ株主とともに、連邦判事がこのツイートは虚偽であると判断したと述べたが、問題の判決は公開されていない[296]
2019年、マスクはツイートで「テスラはその年に50万台の車を製造する」と述べた[297]。SECはマスクのツイートに反応し、このようなツイートで和解契約の条件に違反したとして、裁判所に侮辱罪の適用を求めたが、この告発にマスクは反論した。結局、マスクとSECの間で、これまでの合意内容を明確にする共同合意によって決着がついた[298]。この合意には、マスクがツイートする前に事前許可を必要とするトピックのリストが含まれていた[299]
2020年、テスラの株価に関するマスクのツイート(「俺的には高すぎる(too high imo)」)が協定に違反するとする訴訟の進行を、判事が阻止した[300][301]。FOIAで公開された記録では、SEC自身がその後、マスクが「テスラのソーラールーフの生産量と株価」に関するツイートで2度、協定に違反したと結論付けている[302]

ビットコインへの影響[編集]

2021年1月29日、Twitterのプロフィールに#bitcoinを追加した(ビットコイン価格が15%上昇)[303]
2021年2月1日、Clubhouseアプリにて、ビットコイン支持者である旨を発言(その後テスラ社がビットコインへ投資)[304]
2021年5月17日に、テスラ社の保有するBitcoinを売却する可能性を示唆した(ビットコイン価格が大きく下落)[305]

ドージコインへの影響[編集]

2021年4月15日、スペインの画家ジョアン・ミロの「月に吠える犬(Dog Barking at the Moon)」の画像を添え、これをもじって「Doge Barking at the Moon」とツイートした(ドージコインの価格が10セントから25セント超への急騰)[306]
2021年5月9日、米人気バラエティー番組「サタデー・ナイト・ライブ」のコントでドージコインは「詐欺」と発言した(ドージコインの価格が約36%下落)[307]

バンダイナムコエンターテインメントへの影響[編集]

2021年1月13日、アイドルマスター シンデレラガールズに登場するキャラクター「輿水幸子」の画像と共に、「Hey you … Yeah you Queen … You’re gonna make it!」とコメントをツイート(配信元のバンダイナムコホールディングスの株価は一時4.4%高の9391円に上昇)[270][308]

資産[編集]

マスクの資産は2005年時点において3億2,800万ドルとされていたが[309]2018年2月時点では204億ドルとされている[310]。ただし、マスクの資産は非公開企業に関するものが多いため、実際の総資産額を特定するのは困難である[311]

テスラの株主によって2018年に承認された賃金体系のもとでは、マスクは給料も報奨金も受け取らない代わりに、会社が一定の利益を上げたり株価が一定の値に達したりしたときに何十億ドルもの価値を持つストックオプション(自社株購入権)を受け取れる[312]

ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、マスクの純資産は2020年に入ってから同年9月1日までに878億ドル増加し、Facebook(現:Meta)のCEOであるマーク・ザッカーバーグの1,108億ドルを抜いて1,154億ドル(約12兆2,300億円)となった。これによりマスクは史上5人目の資産が1,000億ドルを超えた人物となり、世界第3位の富豪となった。[313]

2020年9月8日にTeslaの株価が21.06%下落した際、マスクの純資産の下落幅は163億ドル(約1兆7,294万円)となった。これはブルームバーグ・ビリオネア指数における史上最大の下落幅である[314]。同年11月にはテスラ株の急伸によって純資産が1,280億ドル(約13兆3,861億円)に達し、ビル・ゲイツを超えて世界2位の富豪となった[315]

2021年1月7日、純資産が1,885億ドル(約19兆9,586億円)超に達し、ジェフ・ベゾスを上回り世界一の富豪となった[316]。同年9月27日推定保有資産が2034億ドル(約22兆6250億円)となった[317]。さらに同年10月28日(現地時間)推定保有資産が3020億ドル(約34兆4106億円)となった[318]

2022年12月7日のフォーブズ世界長者番付で一時的ながらベルナール・アルノーに世界一の富豪の座を譲った[319]

出演[編集]

いずれも本人役

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ピーター・ティールが設立したコンフィニティ社とイーロン・マスクが率いたネット銀行企業X.com社の合併後、コンフィニティ社が提供していたサービスであった初期PayPalが会社名となり共同創業者として表記されている。
  2. ^ 実際の創設者はマーティン・エバーハードとマーク・ターペニングの2名であり、マスクが参画したのは創設の翌年からである。しかし、後の法廷闘争の結果、共同創設者として認められることになった

出典[編集]

  1. ^ Inside Elon Musk's $17M Bel Air Mansion
  2. ^ Elon Musk's accomplishments
  3. ^ Elon Musk: Patriarchs and Prodigies
  4. ^ Elon Musk - Tesla, Age & Family” (英語). Biography (2022年10月31日). 2023年2月11日閲覧。
  5. ^ Ucci, Stefanie. “Elon Musk's Canadian Citizenship Is One Of Three That He Holds - Narcity” (英語). www.narcity.com. 2023年2月21日閲覧。
  6. ^ Elon Musk” (英語). Forbes. 2023年2月11日閲覧。
  7. ^ Elon Musk quietly starts X.AI, a new artificial intelligence company to challenge OpenAI” (英語). VentureBeat (2023年4月15日). 2023年4月17日閲覧。
  8. ^ Twitter Inc. 'No Longer Exists.' Why Elon Musk Chose Nevada For X Holdings. | Barron's”. web.archive.org (2023年4月12日). 2023年4月24日閲覧。
  9. ^ Elon Musk runs 3 companies — but what does he actually do all day?” (英語). Autoblog. 2023年2月11日閲覧。
  10. ^ a b マスク氏、ツイッターの執行会長兼CTOに転任-新CEO決定」『ブルームバーグ』2023年5月12日。2023年6月8日閲覧
  11. ^ テスラ株で資産を増やす「もう一人のマスク」、7億ドル超を保有か”. Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2021年11月13日). 2022年11月23日閲覧。
  12. ^ ジョーダン, クロウ (2015年9月15日). “嫉妬、離婚、いじめ。天才イーロン・マスクの若き時代”. NewsPicks. 2022年11月23日閲覧。
  13. ^ ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望”. 紀伊國屋書店ウェブストア|オンライン書店|本、雑誌の通販、電子書籍ストア. 2023年3月20日閲覧。
  14. ^ Jones, Stephen (2022年7月1日). “ペイパルマフィアが設立した企業が成功した理由は採用基準にあった…彼らはスキルではなく、才能を見ている”. BUSINESS INSIDER JAPAN. 2022年11月18日閲覧。
  15. ^ Brehse, Tami. “The 'PayPal Mafia' formed in the early 2000s, and includes everyone from Elon Musk to the Yelp founders. Here's where the original members have ended up.” (英語). Business Insider. 2022年11月18日閲覧。
  16. ^ テスラとスペースX。本丸「マスクランド」を訪問して受けた衝撃”. NewsPicks (2015年9月11日). 2022年11月11日閲覧。
  17. ^ 映画「アイアンマン」のモデル イーロン・マスクとは何者か?”. Forbes JAPAN. 2023年8月19日閲覧。
  18. ^ イーロン・マスクが「もっとも個人資産を失った人」でギネス記録更新”. www.gizmodo.jp (2023年1月13日). 2023年8月13日閲覧。
  19. ^ 【中央日報】 イーロン・マスク氏の資産、人類史上初めて3000億ドル突破 |”. 中央日報. 2021年10月31日閲覧。
  20. ^ Forbes published a list of America's 100 'most innovative' leaders, and 99 of them are men
  21. ^ S., Lewis, C. (2021). The Lion, the Witch, and the Wardrobe. Antiquarius. ISBN 978-1-64798-378-9. OCLC 1232277489. http://worldcat.org/oclc/1232277489 
  22. ^ a b Laura M. Holson (2016年4月30日). “At 68, Maye Musk, the Mother of Elon, Is Reclaiming the Spotlight” (English). New York Times. http://www.nytimes.com/2016/05/01/fashion/elon-musk-mother-maye-musk-model-met-gala.html 2016年5月15日閲覧。 
  23. ^ a b c d イーロン・マスクが語らない「南アで育ったトラウマの過去」を父親が明かす | アパルトヘイトは彼の思想にどんな影響を与えたのか”. クーリエ・ジャポン (2022年5月24日). 2022年11月24日閲覧。
  24. ^ a b c d イーロン・マスク 「21世紀の自動車王」”. 東洋経済オンライン (2012年11月27日). 2022年11月11日閲覧。
  25. ^ a b c d Weinberger, Matt (2017年9月22日). “いじめられっ子からテック界の寵児へ —— イーロン・マスクの類まれなる半生”. BUSINESS INSIDER JAPAN. 2022年11月11日閲覧。
  26. ^ 億万長者の育て方 イーロン・マスクの母が語る「息子の原動力」”. Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2020年1月29日). 2022年11月11日閲覧。
  27. ^ a b c d e f g h イーロン・マスクの知られざる半生、壮大すぎる夢追い人の“基礎”はこうして作られた”. ビジネス+IT. 2022年11月20日閲覧。
  28. ^ わずか12歳の時にテスラやSpaceXの創業者イーロン・マスクが作ったゲーム「Blastar」”. GIGAZINE. 2022年10月7日閲覧。
  29. ^ ジョーダン, クロウ (2015年9月15日). “嫉妬、離婚、いじめ。天才イーロン・マスクの若き時代”. NewsPicks. 2022年11月11日閲覧。
  30. ^ Hogg, Alec (2015年7月21日). “Why Elon Musk has little affection for the brutal land where he grew up” (英語). BizNews.com. 2023年1月9日閲覧。
  31. ^ 8 resourceful ways Elon Musk made money before he was a billionaire”. 2021年2月28日閲覧。
  32. ^ Elon Musk, quoted in "Elon Musk Profiled: Bloomberg Risk Takers," www.bloomberg.com, August 3, 2013
  33. ^ エスクァイア編集部、Jamie Ballard (2018年12月30日). “イーロン・マスクの意外なる29の真実”. Esquire. 2022年11月11日閲覧。
  34. ^ a b c イーロン・マスク インタビュー「常に批判の声に耳を傾けよ」 - ログミー”. 2016年4月26日閲覧。
  35. ^ Delevett, Peter (2012年8月13日). “Greg Kouri, early investor in PayPal, dies in New York”. 2022年10月1日閲覧。
  36. ^ Huddleston. “How Elon Musk founded Zip2 with his brother Kimbal”. CNBC. 2022年10月1日閲覧。
  37. ^ Max Chafkin (2007年12月1日). “Entrepreneur of the Year, 2007: Elon Musk”. Inc.. 2022年2月22日閲覧。
  38. ^ Huddleston, Tom Jr. (2018年6月19日). "Elon Musk slept on his office couch and 'showered at the YMCA' while starting his first company". CNBC. 2020年9月4日閲覧
  39. ^ Huddleston, Tom Jr. (2018年6月19日). "Elon Musk slept on his office couch and 'showered at the YMCA' while starting his first company". CNBC. 2020年9月4日閲覧
  40. ^ Hern, Alex (2018年2月9日). "Elon Musk: the real-life Iron Man". The Guardian. 2022年11月3日閲覧
  41. ^ Kidder (2013), pp. 224–228.
  42. ^ Vance (2017), p. 67.
  43. ^ Vance (2017), p. 14.
  44. ^ Junnarkar, Sandeep (1999年2月16日). "Compaq buys Zip2". CNET. 2020年12月13日閲覧
  45. ^ Vance (2017), p. 109.
  46. ^ Vance (2017), p. 78.
  47. ^ Vance (2017), p. 84.
  48. ^ Vance (2017), p. 86.
  49. ^ Vance (2017), pp. 85–86.
  50. ^ Huddleston, Tom Jr. (2018年6月19日). "Elon Musk slept on his office couch and 'showered at the YMCA' while starting his first company". CNBC. 2020年9月4日閲覧
  51. ^ Vance (2017), p. 86.
  52. ^ Jackson (2004), pp. 40, 69, 130, 163.
  53. ^ Vance (2017), pp. 85–87.
  54. ^ Vance (2017), pp. 87–88.
  55. ^ Odell, Mark (2014年9月30日). "Timeline: The rise of PayPal". Financial Times. 2020年4月3日閲覧
  56. ^ SEC 10-K”. PayPal (2001年12月31日). 2022年11月23日閲覧。
  57. ^ Vance (2017), pp. 116.
  58. ^ Huang, Echo. "Elon Musk bought a web domain worth millions with 'sentimental value' to him". Quartz. 2020年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月3日閲覧
  59. ^ Statt, Nick (2017年7月10日). "Elon Musk now owns X.com, the defunct domain of his second startup". The Verge. 2020年9月3日閲覧
  60. ^ a b マスク氏、新アプリ開発加速を示唆 ツイッター買収で」『Reuters』2022年10月5日。2022年11月24日閲覧
  61. ^ スペースXは「ノアの方舟」になるか イーロン・マスクが熱弁「火星を目指す理由」:”. 朝日新聞GLOBE+. 2022年12月21日閲覧。
  62. ^ スペースX、地球全土を1時間以内で移動できる宇宙船旅行計画を発表”. sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイト (2017年9月29日). 2022年12月21日閲覧。
  63. ^ ASCII. “宇宙飛行士・山崎直子さん「行動できる人こそイノベーター」”. ASCII.jp. 2022年12月21日閲覧。
  64. ^ Brian Berger (2014年4月3日). "Why SpaceX's Elon Musk Says 2008 Was His Worst Year Ever". Space.com. 2022年7月24日閲覧
  65. ^ "SpaceX rocket in historic upright landing". BBC News. 2015年12月22日. 2016年6月30日閲覧
  66. ^ 「隼は舞い降りた」 - スペースXのロケット着陸成功、挑戦の歴史と意義”. TECH+(テックプラス) (2015年12月24日). 2022年12月27日閲覧。
  67. ^ Eric Berger (2019年8月28日). “Starhopper aces test, sets up full-scale prototype flights this year”. Ars Technica. 2021年12月15日閲覧。
  68. ^ Roulette, Joey (2022年3月28日). "SpaceX ending production of flagship crew capsule". Reuters. 2022年3月31日閲覧
  69. ^ Wattles, Jackie (2020年5月30日). "SpaceX and NASA launch Crew Dragon in Florida: Live updates". CNN. 2020年5月30日閲覧
  70. ^ Johnson, Eric M.; Roulette, Joey (2018年10月31日). "Musk shakes up SpaceX in race to make satellite launch window: sources". Reuters. 2021年3月28日閲覧
  71. ^ 人工衛星で地球を覆い、全世界にブロードバンドを!”. TELESCOPE Magazine. 2022年12月21日閲覧。
  72. ^ Sheetz, Michael (2022年3月22日). "Elon Musk's SpaceX sent thousands of Starlink satellite internet dishes to Ukraine, company's president says". CNBC. 2022年3月28日閲覧
  73. ^ Saric, Ivana (2022年3月6日). "Zelensky thanks Elon Musk for sending Starlink satellites to Ukraine". Axios. 2022年3月22日閲覧
  74. ^ Tidman, Zoe (2022年3月6日). "Ukraine's Zelensky thanks Elon Musk for sending Starlink systems". The Independent. 2022年3月22日閲覧
  75. ^ "SpaceX's Musk says Starlink has been told by some governments to block Russian news". Reuters. 2022年3月6日. 2022年4月5日閲覧
  76. ^ Porter, Jon (2022年4月4日). "Elon Musk buys 9.2 percent of Twitter amid complaints about free speech". The Verge. 2022年4月5日閲覧
  77. ^ Erwin (2020年10月5日). “L3Harris, SpaceX win Space Development Agency contracts to build missile-warning satellites”. SpaceNews. 2021年12月1日閲覧。
  78. ^ 2019 Missile Defense Review”. Office of the Secretary of Defense (2019年11月1日). 2022年6月21日閲覧。
  79. ^ Statement by Deputy Head of the Russian Delegation on Outer Space Disarmament Aspects”. Russian Federation to the United Nations (2022年10月26日). 2022年11月10日閲覧。
  80. ^ Approaching the Third Rail? A Trilateral Treaty to Prohibit Space-Based Missile Defenses”. Carnegie Endowment for International Peace (2021年12月16日). 2022年11月1日閲覧。
  81. ^ Space-based Missile Defense”. Union of Concerned Scientists (2018年8月30日). 2021年12月1日閲覧。
  82. ^ Vance (2017), pp. 153–154.
  83. ^ LaMonica, Martin (2009年9月). "Tesla Motors founders: Now there are five". CNET. 2020年4月17日閲覧Tesla Motors and co-founder Martin Eberhard announced an agreement over who can claim to be a founder of the company on Monday.
  84. ^ Schwartz (2009年9月21日). “Tesla Lawsuit Drama Ends as Five Company Founders Emerge”. Fast Company. 2020年4月14日閲覧。 “Eberhard and Musk have reached a rather unexpected resolution–instead of agreeing to share the title of "founder", the pair has designated five people as company founders, including Musk, Eberhard, JB Straubel, Mark Tarpenning, and Ian Wright.”
  85. ^ Royse, Dave (2019年7月8日). "Industry Shift: With Four Departures This Year, Who Is The Longest-Tenured Automotive CEO?". Yahoo. 2022年6月8日閲覧
  86. ^ Shead, Sam (2021年3月15日). "Elon Musk has officially been made the 'Technoking of Tesla'". CNBC. 2022年1月28日閲覧
  87. ^ Wilson, Kevin A. (2018年3月15日). "Worth the Watt: A Brief History of the Electric Car, 1830 to Present". Car and Driver. 2021年3月30日閲覧
  88. ^ Boudreau, John (2012年6月22日). "In a Silicon Valley milestone, Tesla Motors begins delivering Model S electric cars". The Mercury News. 2012年6月22日閲覧
  89. ^ Ruddick, Graham (2015年9月30日). "Tesla's Model X electric car spreads falcon wings at U.S. launch". The Guardian. 2015年11月4日閲覧
  90. ^ Vlasic, Bill (2017年7月29日). "In Pivotal Moment, Tesla Unveils Its First Mass-Market Sedan". The New York Times. 2021年2月9日閲覧
  91. ^ Shahan, Zachary (2021年8月26日). "Tesla Model 3 Has Passed 1 Million Sales". CleanTechnica. 2021年8月26日閲覧
  92. ^ Holland, Maximilian (2020年3月10日). "Tesla Passes 1 Million EV Milestone & Model 3 Becomes All Time Best Seller". CleanTechnica. 2020年4月20日閲覧
  93. ^ O'Kane, Sean (2020年3月16日). "Tesla Model Y deliveries begin in the US". The Verge. 2021年2月14日閲覧
  94. ^ Huddleston, Tom Jr. (2019年11月22日). "This is the James Bond sports car Elon Musk bought for nearly $1 million that inspired Tesla Cybertruck". CNBC. 2020年9月19日閲覧
  95. ^ Eddy, Melissa (2022年3月4日). "Tesla Wins Approval to Open European Assembly Plant". The New York Times (アメリカ英語). 2022年9月4日閲覧
  96. ^ テスラの自動運転技術(2022年最新版) |”. 自動運転ラボ (2022年9月2日). 2022年12月28日閲覧。
  97. ^ "With First Share Offering, Tesla Bets on Electric Car's Future". The New York Times. Associated Press. 2010年6月28日. 2021年2月9日閲覧
  98. ^ "Tesla overtakes Toyota to become world's most valuable carmaker". BBC News. 2020年7月1日. 2021年2月9日閲覧
  99. ^ Boudette, Neal E. (2020年7月2日). "Tesla Shines During the Pandemic as Other Automakers Struggle". The New York Times. 2021年2月9日閲覧
  100. ^ Li, Yun (2021年12月20日). "Tesla shares fall 6% as it enters the S&P 500 with 1.69% weighting, fifth largest". CNBC. 2021年2月9日閲覧
  101. ^ "Tesla Stock Joins the S&P 500: A Game Changer". The Wall Street Journal. 2020年12月21日. 2021年2月9日閲覧
  102. ^ Isidore, Chris (2021年10月26日). "Tesla is now worth more than $1 trillion". CNN. 2021年11月14日閲覧
  103. ^ Siddiqui, Faiz (2022年9月30日). "Elon Musk debuts Tesla robot, Optimus, calling it a 'fundamental transformation'". The Washington Post.
  104. ^ 起業家向けシリコンバレーの企業紹介 ソーラーシティ”. ABS (2021年3月8日). 2022年12月28日閲覧。
  105. ^ Elon Musk Says the Sun Can Power All of Civilization. Of Course He's Right.” (英語). Popular Mechanics (2020年10月16日). 2022年12月28日閲覧。
  106. ^ Kanellos, Michael (2008年2月15日). "Newsmaker: Elon Musk on rockets, sports cars, and solar power". CNET. 2014年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月13日閲覧
  107. ^ "2013 Top 250 Solar Contractors". Solar Power World. 2013年9月13日. 2020年12月13日閲覧
  108. ^ Kolodny, Lora (2020年2月26日). "Tesla, Panasonic will reportedly stop joint solar cell production at Gigafactory 2 in Buffalo". CNBC. 2020年9月1日閲覧
  109. ^ The highs, lows and legacy of Panasonic's doomed project in Buffalo”. The Business Journals. 2021年4月3日閲覧。
  110. ^ Kolodny, Lora; Bursztynsky, Jessica (2022年4月27日). "Elon Musk wins shareholder lawsuit over Tesla's $2.6 billion SolarCity acquisition". CNBC. 2022年6月7日閲覧According to emails that were part of evidence in the trial, Musk wrote an e-mail to SolarCity CFO Brad Buss on Sept. 18, 2016, saying that to get Tesla investors on board with the deal, SolarCity needed to get a handle on its liquidity problem and sign a letter of intent for a contract with Panasonic.
  111. ^ Strong, Michael (2020年3月16日). "Shareholder $2.2B Lawsuit Against Tesla CEO Musk Halted After Trial Postponed Due to Coronavirus". The Detroit Bureau. 2020年9月1日閲覧
  112. ^ Mitchell, Russ (2019年9月23日). "Elon Musk knew SolarCity was going broke before merger with Tesla, lawsuit alleges". Los Angeles Times. 2020年9月1日閲覧
  113. ^ Hals, Tom (2020年1月30日). "Tesla directors settle, isolating Musk as SolarCity trial looms". Reuters. 2020年9月1日閲覧
  114. ^ Chase, Randall (2020年8月17日). "Judge OKs $60M settlement over Tesla buyout of SolarCity". ABC. 2020年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月1日閲覧
  115. ^ Kolodny, Lora; Bursztynsky, Jessica (2022年4月27日). "Elon Musk wins shareholder lawsuit over Tesla's $2.6 billion SolarCity acquisition". CNBC. 2022年6月7日閲覧
  116. ^ イーロン・マスクの超音速列車ハイパーループが色々すごい(要点まとめ&動画あり)”. www.gizmodo.jp (2013年8月14日). 2022年12月27日閲覧。
  117. ^ 1200km/h!? リニアや旅客機よりも速い乗りもの「ハイパーループ」計画が進行中!”. 乗りものニュース. 2022年12月27日閲覧。
  118. ^ a b ハイパーループがドイツ鉄道、仏国鉄と提携 世界展開を視野に”. Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2016年5月12日). 2022年12月27日閲覧。
  119. ^ Elon Musk's Next Project May Be a Vertically Launching Electric Plane”. Futurism. 2022年12月29日閲覧。
  120. ^ Elon Musk wants to build a vertical take-off electric plane”. Wired. 2022年12月29日閲覧。
  121. ^ Brown, Mike. “Tesla electric VTOL: Elon Musk teases the electric jet” (英語). Inverse. 2022年12月29日閲覧。
  122. ^ Elon Musk says he’s ‘dying’ to make a supersonic electric plane” (英語). finance.yahoo.com. 2022年12月29日閲覧。
  123. ^ Markoff, John (2019年7月16日). "Elon Musk's Neuralink Wants 'Sewing Machine-Like' Robots to Wire Brains to the Internet". The New York Times. 2022年7月26日閲覧
  124. ^ Statt, Nick (2017年3月27日). "Elon Musk launches Neuralink, a venture to merge the human brain with AI". The Verge. 2017年4月10日閲覧
  125. ^ Statt, Nick (2017年3月27日). "Elon Musk launches Neuralink, a venture to merge the human brain with AI". The Verge. 2017年4月10日閲覧
  126. ^ Winkler, Rolfe (2017年3月27日). "Elon Musk Launches Neuralink to Connect Brains With Computers". The Wall Street Journal. 2020年10月10日閲覧
  127. ^ "Elon Musk's Neuralink puts computer chips in pigs' brains in bid to cure diseases". NBC News. Reuters. 2020年8月29日. 2022年7月26日閲覧
  128. ^ Petrova, Magdalena (2021年7月20日). "Why Elon Musk's Boring Company is finding that traffic is tough to fix". CNBC. 2022年6月13日閲覧
  129. ^ McFarland, Matt (2022年7月6日). "Elon Musk's Boring Company will let you pay for a ride with Dogecoin". CNN. 2022年7月26日閲覧
  130. ^ a b Aarian Marshall (2019年4月24日). “イーロン・マスクの地下輸送システム「ハイパーループ」計画が、規模を縮小して動き始めた”. WIRED.jp. 2022年12月27日閲覧。
  131. ^ Romero, Dennis (2018年12月19日). "Elon Musk unveils his test car tunnel as a fix for traffic in Los Angeles". NBC News. 2022年7月26日閲覧
  132. ^ Farivar, Cyrus (2021年6月8日). "Urban tunnels by Musk's Boring Co. draw industry skepticism". NBC News. 2022年7月27日閲覧
  133. ^ Heater, Brian (2018年11月28日). "Elon Musk's Boring Co. drops LA Westside tunnel plan". TechCrunch. 2022年7月27日閲覧
  134. ^ "Boring Co. underground loop to be put to the test". Las Vegas Review-Journal. 2021年5月20日. 2021年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月29日閲覧
  135. ^ McBride, Sarah (2020年12月16日). "Elon Musk's Proposed Vegas Strip Transit System Advanced by City Council Vote". Bloomberg L.P. 2021年1月8日閲覧
  136. ^ McFarland, Matt (2021年7月7日). "Fort Lauderdale accepts proposal for Elon Musk's Tesla beach tunnel". CNN Business. 2022年7月26日閲覧
  137. ^ Paul, Kari (2022年4月26日). "Chaotic and crass: a brief timeline of Elon Musk's history with Twitter". The Guardian. 2022年4月26日閲覧
  138. ^ マスク氏に買収されツイッターは変わるのか”. BBCニュース (2022年4月26日). 2022年12月19日閲覧。
  139. ^ マスク氏所有のツイッターを最初に見放すのは誰か?”. CNN.co.jp. 2022年12月19日閲覧。
  140. ^ Twitter買収に動くE・マスク氏、目指す「万能アプリX」とは?”. CNET Japan (2022年10月14日). 2022年12月19日閲覧。
  141. ^ Hoffman, Rob Copeland, Georgia Wells, Rebecca Elliott and Liz (2022年4月29日). "The Shadow Crew Who Encouraged Elon Musk's Twitter Takeover". Wall Street Journal (アメリカ英語). ISSN 0099-9660. 2022年5月1日閲覧
  142. ^ Klar, Rebecca (2022年10月27日). "Musk officially closes Twitter deal: reports". The Hill. 2022年10月27日閲覧
  143. ^ "Elon Musk Completes $44 Billion Deal to Own Twitter". The New York Times. 2022年10月27日.
  144. ^ Mehta, Chavi; Dang, Sheila; Ghosh, Sayantani (2022年10月31日). "Elon Musk, who runs four other companies, will now be Twitter CEO". Reuters.
  145. ^ "Elon Musk says $8 monthly fee for Twitter blue tick". BBC. 2022年11月2日. 2022年11月2日閲覧
  146. ^ Korn, Jennifer (2022年11月2日). "Musk says Twitter will charge $8 a month for account verification after criticism for $19.99 plan". CNN. 2022年11月2日閲覧
  147. ^ Binoy, Rhea (2022年11月5日). "Musk's Twitter updates app to start charging $8 for blue checkmark". Reuters. 2022年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月5日閲覧
  148. ^ Conger, Kate; Mac, Ryan (2022年11月4日). "Elon Musk Begins Layoffs at Twitter". The New York Times. 2022年11月4日閲覧
  149. ^ Picchi, Aimee (2022年11月4日). "Elon Musk set to fire roughly half of Twitter's workers". CBS News. 2022年11月4日閲覧
  150. ^ a b 日本放送協会. “トランプ氏のアカウント復活 ツイッターはどこに行く? | NHK | ビジネス特集”. NHKニュース. 2022年11月23日閲覧。
  151. ^ トランプ氏のTwitterアカウント復活 イーロン・マスクCEOがアンケート実施の上で凍結解除:東京新聞 TOKYO Web”. 東京新聞 TOKYO Web. 2022年11月23日閲覧。
  152. ^ a b c ツイッターのイーロン・マスク氏、陰謀論司会者のアカウントは復活させず”. CNN.co.jp. 2022年11月23日閲覧。
  153. ^ a b 日本放送協会. “ツイッター マスク氏担当の大手メディア記者のアカウント停止 | NHK”. NHKニュース. 2022年12月19日閲覧。
  154. ^ "ツイッター社による記者アカウント凍結、国連やEUも批判 大多数のアカウント復活". BBCニュース. 2022年12月19日閲覧
  155. ^ 日本放送協会. “ツイッター マスク氏 有力メディア記者のアカウント停止を解除 | NHK”. NHKニュース. 2022年12月19日閲覧。
  156. ^ Twitter Inc. 'No Longer Exists.' Why Elon Musk Chose Nevada For X Holdings.”. Barron's (2023年4月11日). 2023年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年4月18日閲覧。
  157. ^ Elon Musk founds new AI company called X.AI”. The Verge (2023年4月15日). 2023年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年4月16日閲覧。
  158. ^ イーロン・マスク氏、オープンAIに対抗-新会社xAIの設立発表”. Bloomberg (2023年7月13日). 2023年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月14日閲覧。
  159. ^ Twitter社がマスク氏の「X社」に統合 既に会社として存在せず”. IT media (2023年4月11日). 2023年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年4月18日閲覧。
  160. ^ a b イーロン・マスク氏、「Twitterの新CEOを雇った」とツイート”. ITmedia NEWS. ITmedia (2023年5月12日). 2023年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年5月12日閲覧。
  161. ^ ヤッカリーノ新CEO就任 広告収入の回復目指す―ツイッター」『時事通信』2023年6月6日。2023年6月8日閲覧
  162. ^ a b 「Twitter」から「X」へ--マスク氏は自画自賛もアナリストは懐疑的”. CNET Japan. 朝日インタラクティブ (2023年8月3日). 2023年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月6日閲覧。
  163. ^ ツイッター、iPhoneアプリ表示が「X」に…切り替え進む”. 読売新聞オンライン. 読売新聞社 (2023年7月29日). 2023年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月6日閲覧。
  164. ^ O'Leary, Lizzie (2022年10月6日). “Can Longtermism Save Us All?”. Slate. オリジナルの2022年12月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221224062330/https://slate.com/technology/2022/10/longtermism-debate-william-macaskill-elon-musk-robert-wright.html 2022年12月24日閲覧。 
  165. ^ Gibbs, Samuel (2014年10月27日). “Elon Musk: artificial intelligence is our biggest existential threat”. The Guardian. オリジナルの2015年10月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151030054330/http://www.theguardian.com/technology/2014/oct/27/elon-musk-artificial-intelligence-ai-biggest-existential-threat 2015年12月15日閲覧。 
  166. ^ “Elon Musk and Stephen Hawking think we should ban killer robots”. The Washington Post. (2015年7月28日). オリジナルの2016年3月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160308074506/http://www.washingtonpost.com/news/the-switch/wp/2015/07/28/elon-musk-and-stephen-hawking-think-we-should-ban-killer-robots/ 2017年1月5日閲覧。 
  167. ^ Gomez, Brandon (2021年8月24日). “Elon Musk warned of a 'Terminator'-like AI apocalypse – now he's building a Tesla robot”. CNBC. オリジナルの2022年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220617005132/https://www.cnbc.com/2021/08/24/elon-musk-warned-of-ai-apocalypsenow-hes-building-a-tesla-robot.html 2022年6月30日閲覧。 
  168. ^ Kakaes, Konstantin (2022年4月26日). “Elon Musk's biggest worry”. Politico. オリジナルの2022年5月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220527094551/https://www.politico.com/newsletters/digital-future-daily/2022/04/26/elon-musks-biggest-worry-00027915 2022年6月30日閲覧。 
  169. ^ Victor, Daniel (2015年7月27日). “Elon Musk and Stephen Hawking Among Hundreds to Urge Ban on Military Robots”. The New York Times. オリジナルの2022年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220615212526/https://www.nytimes.com/2015/07/28/technology/elon-musk-and-stephen-hawking-among-hundreds-to-urge-ban-on-military-robots.html 2022年7月26日閲覧。 
  170. ^ Markoff, John (2015年12月11日). “Artificial-Intelligence Research Center Is Founded by Silicon Valley Investors”. The New York Times. オリジナルの2020年8月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200830184433/https://www.nytimes.com/2015/12/12/science/artificial-intelligence-research-center-is-founded-by-silicon-valley-investors.html 2015年12月15日閲覧。 
  171. ^ Vincent, James (2023年3月24日). “Elon Musk reportedly tried and failed to take over OpenAI in 2018”. The Verge. オリジナルの2023年6月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230619032112/https://www.theverge.com/2023/3/24/23654701/openai-elon-musk-failed-takeover-report-closed-open-source 2023年6月19日閲覧。 
  172. ^ Strauss, Neil (November 15, 2017). “Elon Musk: The Architect of Tomorrow”. Rolling Stone. オリジナルのAugust 17, 2020時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200817165150/https://www.rollingstone.com/culture/culture-features/elon-musk-the-architect-of-tomorrow-120850/ 2017年11月15日閲覧。. 
  173. ^ “Why Elon Musk's $100 million donation claim to ChatGPT maker OpenAI may be wrong”. The Times of India. (2023年5月18日). オリジナルの2023年6月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230619032116/https://timesofindia.indiatimes.com/gadgets-news/why-elon-musks-100-million-donation-claim-to-chatgpt-maker-openai-may-be-wrong/articleshow/100335255.cms 2023年6月19日閲覧。 
  174. ^ Novet, Jordan (2018年2月2日). “Elon Musk, who has sounded the alarm on AI, leaves the organization he co-founded to make it safer”. CNBC. オリジナルの2020年8月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200830162809/https://www.cnbc.com/2018/02/21/elon-musk-is-leaving-the-board-of-openai.html 2020年9月3日閲覧。 
  175. ^ Johnson, Steven; Iziev, Nikita (2022年4月15日). “A.I. Is Mastering Language. Should We Trust What It Says?”. The New York Times. オリジナルの2022年11月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221124151408/https://www.nytimes.com/2022/04/15/magazine/ai-language.html 2022年7月24日閲覧。 
  176. ^ Metz, Cade (2022年4月6日). “Meet DALL-E, the A.I. That Draws Anything at Your Command”. The New York Times. オリジナルの2022年7月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220720220209/https://www.nytimes.com/2022/04/06/technology/openai-images-dall-e.html 2022年7月24日閲覧。 
  177. ^ Zahn, Max. “Elon Musk launches his own AI company to compete with ChatGPT”. ABC News. オリジナルの2023年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230715185603/https://abcnews.go.com/Business/elon-musk-launches-ai-company-compete-chatgpt/story?id=101210078 2023年7月14日閲覧。 
  178. ^ Henshall, Will (July 12, 2023). “What to Know About Elon Musk's New AI Company, xAI”. Time. オリジナルのSeptember 6, 2023時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230906135503/https://time.com/6294278/elon-musk-xai/ 2023年9月24日閲覧。. 
  179. ^ https://wired.jp/article/elon-musk-sues-sam-altman-openai/
  180. ^ トーマス・エジソンに近いイーロン・マスク”. NewsPicks (2015年9月13日). 2022年11月13日閲覧。
  181. ^ Kolodny, Lora (2018年10月19日). "Elon Musk's extreme micromanagement has wasted time and money at Tesla, insiders say". CNBC. 2022年7月4日閲覧
  182. ^ Mac, Ryan; Metz, Cade; Conger, Kate (2022年5月3日). "'I Don't Really Have a Business Plan': How Elon Musk Wings It". The New York Times. 2022年5月3日閲覧
  183. ^ a b c d Berger (2021).
  184. ^ Kolodny, Lora (2018年10月19日). "Elon Musk's extreme micromanagement has wasted time and money at Tesla, insiders say". CNBC. 2022年7月4日閲覧
  185. ^ Kolodny, Lora (2021年11月19日). "Read the emails Elon Musk sent Tesla employees about music on the job and following directions". CNBC. 2022年7月4日閲覧
  186. ^ Duhigg, Charles. "Dr. Elon & Mr. Musk: Life Inside Tesla's Production Hell". Wired (アメリカ英語). 2022年12月27日閲覧
  187. ^ Is the world's richest person the world's worst boss? What it's like working for Elon Musk” (英語). Los Angeles Times (2022年11月14日). 2022年11月16日閲覧。
  188. ^ "Elon Musk feels 'super bad' about economy, needs to cut 10% of Tesla jobs". CNBC. 2022年6月3日. 2022年7月6日閲覧
  189. ^ Mac, Ryan (2022年6月1日). "Elon Musk to Workers: Spend 40 Hours in the Office, or Else". The New York Times.
  190. ^ Kolodny, Lora (2018年10月19日). "Elon Musk's extreme micromanagement has wasted time and money at Tesla, insiders say". CNBC. 2022年7月4日閲覧
  191. ^ Duhigg, Charles (December 13, 2018). “Dr. Elon & Mr. Musk: Life Inside Tesla's Production Hell”. Wired. オリジナルのMarch 21, 2021時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210321221557/https://www.wired.com/story/elon-musk-tesla-life-inside-gigafactory/ 2021年4月25日閲覧。. 
  192. ^
  193. ^ Mitchell, Charlie. "Sweary tirades and abrupt firings under Elon Musk, new book claims". The Times. 2021年8月6日閲覧
  194. ^ Dugan, Ianthe Jeanne; Spector, Mike (2017年8月24日). "Tesla's Push to Build a Self-Driving Car Sparked Dissent Among Its Engineers". The Wall Street Journal. 2021年4月25日閲覧
  195. ^ a b イーロン・マスク氏も24時間体制勤務?オフィスの床で眠る姿をツイッター社員がツイート - 社会 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2022年11月25日閲覧。
  196. ^ Peters, Jeremy W. (2022年4月26日). "The Elusive Politics of Elon Musk". The New York Times. 2022年6月13日閲覧
  197. ^ "Elon Musk, SpaceX Founder, Battles Entrenched Rivals Over NASA Contracts". The Huffington Post. 2013年2月20日. 2015年5月30日閲覧
  198. ^ a b Accused of not supporting free speech, Elon Musk defends decision to vote Republicans in Nov”. Firstpost (2022年5月30日). 2022年5月31日閲覧。
  199. ^ Maria Jose Valero (2019年8月10日). "Elon Musk Says He Supports 2020 White House Hopeful Andrew Yang". Bloomberg. 2019年8月10日閲覧
  200. ^ Kirkpatrick, Emily. Elon Musk Supports Kanye West's Run for President...Again. https://www.vanityfair.com/style/2020/07/elon-musk-kanye-west-president-support-again 2020年9月5日閲覧。. 
  201. ^ Coggins, Madeline (2022年6月16日). "Elon Musk's first GOP vote goes to Texas' Mayra Flores: 'We're all grateful'". Fox News.
  202. ^ Spocchia, Gino (2022年5月18日). "Elon Musk says he plans to vote Republican for the first time". The Independent. 2022年5月18日閲覧
  203. ^ Anguiano, Dani (2022年5月18日). "Elon Musk plans to 'vote Republican' and warns of political attacks on him". The Guardian.
  204. ^ "Elon Musk Says Democrats Are No Longer 'the Kindness Party'". Bloomberg.com (英語). 2022年5月18日. 2022年5月18日閲覧
  205. ^ https://twitter.com/elonmusk/status/1519735033950470144”. Twitter. 2022年4月28日閲覧。
  206. ^ https://twitter.com/elonmusk/status/1519377424437243904”. Twitter. 2022年4月28日閲覧。
  207. ^ Wootton, Dan (2022年4月26日). “DAN WOOTTON: Elon Musk is Twitter's final hope to rescue free speech”. Mail Online. 2022年4月28日閲覧。
  208. ^ Nast, Condé (2022年12月11日). “不適切なコンテンツの監視を巡り混迷するツイッターと、結果的に“素晴らしい”ものに見えてきたメタの取り組み”. WIRED.jp. 2022年12月19日閲覧。
  209. ^ メディア・政界に波紋、マスク氏のツイッター買収に「民主党陣営」が大反発」『JB press』2022年5月4日。2022年11月6日閲覧
  210. ^ https://twitter.com/elonmusk/status/1516600269899026432
  211. ^ Holthaus, Eric (2018年2月9日). "Why Elon Musk's Ambition Is an Antidote to Climate-Pessimism". Rolling Stone. 2022年6月6日閲覧
  212. ^ Boyle, Louise (2021年2月15日). "Elon Musk says Biden administration called a carbon tax 'too politically difficult'". The Independent. 2022年6月6日閲覧
  213. ^ Roth, Madeline (2020年9月29日). "Elon Musk says he may vote for Trump, despite climate crisis". The Independent. 2021年4月12日閲覧
  214. ^ Bhuiyan, Johana (2016年12月14日). "Elon Musk and Travis Kalanick are joining Donald Trump's strategic and policy forum". Vox. 2020年3月7日閲覧
  215. ^ Cuthbertson, Anthony (2016年12月15日). “Elon Musk Joins Donald Trump's Advisory Team”. Newsweek. 2020年3月7日閲覧。
  216. ^ Lee, Timothy B. (2017年6月1日). “After Trump quit the Paris climate agreement, Elon Musk is quitting Trump’s advisory groups”. Vox. 2021年5月16日閲覧。
  217. ^ "Elon Musk doubled down on his theory that the world population is headed for collapse". Business Insider. 2019年6月21日. 2022年6月7日閲覧
  218. ^ "Population decline and smaller families good news for climate, says former head of FSA". The Independent. 2021年10月18日. 2022年6月7日閲覧
  219. ^ "Elon Musk claims population collapse 'potentially the greatest risk to the future of civilization'". CambridgeshireLive. 2021年7月29日. 2022年6月7日閲覧
  220. ^ "Elon Musk says there aren't 'enough people,' birthrate could threaten human civilization". USA Today. 2021年12月7日. 2022年6月7日閲覧
  221. ^ イーロン・マスク氏『日本の少子化』を懸念「いずれ存在しなくなるだろう」街の声は?”. MBSニュース. 2022年12月10日閲覧。
  222. ^ 「日本はいずれ消滅する」とマスク氏警鐘-出生率低下でツイート”. Bloomberg.com. 2022年5月9日閲覧。
  223. ^ Döpfner, Mathias. “Elon Musk discusses the war in Ukraine and the importance of nuclear power — and why Benjamin Franklin would be 'the most fun at dinner'” (英語). Business Insider. 2022年8月19日閲覧。
  224. ^ a b c d 米テスラ 上海工場建設に進展なし、中国当局要求の合弁・技術譲渡に不満か」『Reuters』2018年2月23日。2022年4月28日閲覧
  225. ^ 習国家主席、対外開放拡大のため4つの措置に言及”. ジェトロ. 2022年8月20日閲覧。
  226. ^ a b Matthew Campbell et. al. (2021年1月15日). “世界一の資産家になったマスク氏、中国とは相思相愛-今のところ”. Bloomberg. https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-01-15/QMWE1UDWX2PX01. 
  227. ^ 自動車の外資出資比率制限を撤廃(中国) |”. ジェトロ. 2022年8月20日閲覧。
  228. ^ 中国軍がテスラの電気自動車を「出禁」にしたのはなぜなのか | 【Eye Spy】車がスパイになる時代に…”. クーリエ・ジャポン (2021年4月3日). 2022年4月28日閲覧。
  229. ^ Kubota, Keith Zhai and Yoko (2021年3月19日). "China to Restrict Tesla Use by Military and State Employees". Wall Street Journal (アメリカ英語). ISSN 0099-9660. 2022年4月28日閲覧
  230. ^ イーロン・マスクの新事業「スターリンク」が習近平の悩みの種になりかねないワケ”. ダイヤモンド・オンライン (2021年10月1日). 2022年4月28日閲覧。
  231. ^ He, Laura (2021年3月24日). "Elon Musk is trying to win China back". CNN. 2021年7月1日閲覧
  232. ^ Roth (2022年8月13日). “Elon Musk pitches lofty goals in a magazine run by China's internet censorship agency” (英語). The Verge. 2022年8月17日閲覧。
  233. ^ "Now Elon Musk Is Telling China's Censors About His Vision for the Future". Bloomberg.com (英語). 2022年8月15日. 2022年8月17日閲覧
  234. ^ "Taiwan parties slam Musk over 'special administrative zone' suggestion". Focus Taiwan.
  235. ^ "Taiwan politicians dismiss Elon Musk's 'ill-informed and belittling' China comments". The Guardian.
  236. ^ Singh, Kanishka; Jin, Hyunjoo (2022年10月8日). "Musk offers proposal on China-Taiwan tensions, after Russia-Ukraine plan". Reuters. 2022年10月9日閲覧
  237. ^ “テスラ、ウイグルにショールームをオープン 米人権団体などが一斉に非難”. ニューズウィーク日本版. (2022年1月5日). https://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2022/01/post-97774.php. 
  238. ^ Zachary Snowdon Smith (2022年1月22日). “米有力議員がテスラのウイグル進出を非難、「強制労働」を懸念”. Forbes JAPAN. https://forbesjapan.com/articles/detail/45453. 
  239. ^ 遠藤誉 (2022年1月5日). “テスラEV「新疆ウイグル自治区ショールーム新設」と習近平の狙い”. ニューズウィーク日本版. https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/01/ev-32.php. 
  240. ^ a b "マスク氏がウクライナ戦争終結案、ゼレンスキー大統領らは批判". Reuters. 2022年10月3日. 2022年10月4日閲覧
  241. ^ a b イーロン・マスク氏が「和平案」をツイート、ウクライナ猛反発”. CNN.co.jp. 2022年10月4日閲覧。
  242. ^ a b c d マスク氏がウクライナ戦争終結案、ゼレンスキー大統領らは批判」『Reuters』2022年10月3日。2022年10月4日閲覧
  243. ^ マスク氏がウクライナの「和平プラン」ツイート、大統領ら強く反発”. Bloomberg.com. 2022年10月4日閲覧。
  244. ^ a b c d e マスク氏、昨年にウクライナの通信切断を指示 対ロシア奇襲攻撃止めるため(日テレNEWS)”. Yahoo!ニュース. 2023年9月13日閲覧。
  245. ^ a b c Inc, mediagene (2023年9月12日). “ロシアの顔色を伺うイーロン・マスク。ウクライナの作戦もネット遮断で妨害”. www.gizmodo.jp. 2023年9月21日閲覧。
  246. ^ a b c マスク氏、ウクライナ軍の対ロシア攻撃の際に通信遮断 CNN報道(朝日新聞デジタル)”. Yahoo!ニュース. 2023年9月13日閲覧。
  247. ^ a b c マスクがウクライナでの停戦呼びかけ スターリンク遮断疑惑は否定(Forbes JAPAN)”. Yahoo!ニュース. 2023年9月13日閲覧。
  248. ^ a b 日本, Sputnik (20221006T1647+0900). “イーロン・マスク氏 ウクライナ東部はロシアを好むと発言” (jp). Sputnik 日本. 2023年4月17日閲覧。
  249. ^ マスク氏、「プーチン氏との会話」めぐり米政治学者と押し問答”. CNN.co.jp. 2023年4月14日閲覧。
  250. ^ イーロン・マスク氏とロシア前大統領に注目 「勝利の日に会おう」:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2022年10月21日). 2023年4月17日閲覧。
  251. ^ 極右政党に投票呼び掛け? マスク氏投稿に波紋―独」『時事通信』2023年9月30日。2023年10月1日閲覧
  252. ^ イーロン・マスク|ヒューマン|WEB GOETHE
  253. ^ "イーロン・マスク氏、アスペルガー症候群だと明かす 米人気番組で". BBC News. BBC. 2021年5月11日. 2021年5月11日閲覧
  254. ^ ジョーダン, クロウ (2015年9月19日). “300人に取材してわかった、天才がマスクに魅了される理由”. NewsPicks. 2022年11月11日閲覧。
  255. ^ 約6兆4000億円のツイッター買収劇の主役、イーロン・マスクが愛用しているロレックスをチェック!!”. 高級腕時計専門誌クロノス日本版[webChronos]. 2022年11月27日閲覧。
  256. ^ a b 映画「アイアンマン」のモデル イーロン・マスクとは何者か?”. Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2020年2月29日). 2022年11月27日閲覧。
  257. ^ Iron Man 2 (2010) - IMDb, https://www.imdb.com/title/tt1228705/characters/nm1907769 2022年11月27日閲覧。 
  258. ^ Men in Black: International (2019)” (英語). IMDb. 2022年11月27日閲覧。
  259. ^ Zhang, Benjamin (2017年6月26日). “100万ドルのスーパーカーを買って壊した若き日のイーロン・マスク”. BUSINESS INSIDER JAPAN. 2022年11月24日閲覧。
  260. ^ a b Zhang, Benjamin (2017年6月26日). “100万ドルのスーパーカーを買って壊した若き日のイーロン・マスク”. BUSINESS INSIDER JAPAN. 2022年11月24日閲覧。
  261. ^ Mr Elon Musk FRS
  262. ^ a b イーロン・マスクの「質素な家」は嘘、実際は14億円の豪邸暮らし”. Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2021年12月23日). 2022年11月25日閲覧。
  263. ^ パナソニックとテスラ、文化の違いで関係悪化”. ウォールストリートジャーナル (2019年10月9日). 2021年9月3日閲覧。
  264. ^ 1月1日から嗜好用大麻が解禁に 米カリフォルニア州”. AFP (2017年12月30日). 2021年9月3日閲覧。
  265. ^ 福島に太陽光発電 米電気自動車・テスラ会長が寄贈 朝日新聞 2011年7月31日
  266. ^ 「ガチのアニオタ」「チョイスが絶妙」と反響 イーロン・マスク氏が選んだおすすめアニメ7選”. J-CAST ニュース (2021年10月18日). 2022年11月20日閲覧。
  267. ^ イーロン・マスク恋人グライムス、任天堂のピーチ姫を完コピ - フロントロウ -海外セレブ&海外カルチャー情報を発信”. front-row.jp. 2022年11月20日閲覧。
  268. ^ a b 塚本直樹. “スペースXのマスク氏が「輿水幸子」ツイート、バンナム株を押し上げ”. sorae 宇宙へのポータルサイト. 2022年11月25日閲覧。
  269. ^ 株式会社インプレス (2021年1月13日). “世界一の富豪はまさかのアイマスP!? テスラCEOのイーロン・マスク氏が「輿水幸子」の画像を投稿 埼玉のアイドルは世界へ、そして宇宙へ”. GAME Watch. 2022年11月20日閲覧。
  270. ^ a b バンナムH株が反発、マスク氏の「キャラクター推し」で収益期待”. Bloomberg.com. 2022年11月25日閲覧。
  271. ^ a b イーロンマスクが食いに行って大絶賛したラーメン二郎に行ってみた | ガジェット通信 GetNews”. ガジェット通信 GetNews (2022年11月19日). 2022年11月20日閲覧。
  272. ^ イーロン・マスク氏、ラーメン二郎は「非常に美味しかった」”. CNET Japan (2014年9月8日). 2022年11月20日閲覧。
  273. ^ a b c 郁子, 竹下 (2022年4月12日). “イーロン・マスク絶賛!過酷な24時間労働支えるアメリカ発「ラーメン自販機」は日本の人手不足を救うか”. BUSINESS INSIDER JAPAN. 2022年11月25日閲覧。
  274. ^ a b Nagasaka, Yoko (2022年7月7日). “イーロン・マスクに新たな双子が生まれていたことが発覚 合計9人の子沢山パパに”. ELLE. 2022年11月25日閲覧。
  275. ^ 米国テスラCEOの元妻が語る”私は彼のβバージョンだった” – 起業家イーロン・マスクの素顔【btrax】
  276. ^ “現代の魔法使い”イーロン・マスクの私生活
  277. ^ 女優、歌手、部下にも手を出して...プライベートもド派手な、イーロン・マスクの「女性遍歴」(ニューズウィーク日本版)”. Yahoo!ニュース. 2022年11月25日閲覧。
  278. ^ a b ELLE (2017年8月7日). “アンバー・ハードとイーロン・マスクが破局”. ELLE. 2022年11月25日閲覧。
  279. ^ 子供の名前は? イーロン・マスクと恋人グライムスの交際を時系列で振り返る”. front-row.jp. 2022年11月25日閲覧。
  280. ^ イーロン・マスクと破局のグライムス、乗り換え相手にネット騒然”. Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2022年3月17日). 2022年11月26日閲覧。
  281. ^ イーロン・マスク氏が幕張に電撃出没 音楽イベントのステージ上で元恋人グライムスを撮影”. 日刊スポーツ (2023年8月19日). 2023年8月20日閲覧。
  282. ^ a b テスラ、エイプリルフールの冗談にならず?株価急落 週間2000台は本物か”. 財経新聞 (2018年4月5日). 2018年7月22日閲覧。
  283. ^ a b Tesla goes bankrupt in Elon Musk April Fools' Day gag”. cnet. 2022年11月21日閲覧。
  284. ^ 大谷翔平『不可能を可能にする 大谷翔平120の思考』ぴあ株式会社、2017年、121ページ、ISBN 978-4-8356-3815-7
  285. ^ Tim Higgins (2018年7月17日). "タイ洞窟救出の英国人は「小児性愛者」 マスク氏また問題発言". WSJ. 2018年9月8日閲覧
  286. ^ "マスク氏、英洞窟ダイバーに謝罪 「小児愛男」発言を撤回". AFPBB News. 2018年7月18日. 2018年9月8日閲覧
  287. ^ マスク氏、英洞窟ダイバーに謝罪 「小児愛男」発言を撤回”. AFP (2018年7月18日). 2018年7月22日閲覧。>
  288. ^ "イーロン・マスクがタイで少年を助けたダイバーを「小児レイプ犯」と罵倒 BuzzFeedにメールで". BuzzFeed Japan. 2018年9月8日. 2018年9月8日閲覧
  289. ^ Goldstein, Matthew (2018年9月27日). "S.E.C. Sues Tesla's Elon Musk for Fraud and Seeks to Bar Him From Running a Public Company". The New York Times. 2018年9月27日閲覧
  290. ^ Goldstein, Matthew (2018年9月27日). "S.E.C. Sues Tesla's Elon Musk for Fraud and Seeks to Bar Him From Running a Public Company". The New York Times. 2018年9月27日閲覧
  291. ^ Patnaik (2018年9月28日). “Factbox – 'Funding secured': SEC gives timeline surrounding tweet from Tesla's Musk”. Reuters. 2018年11月23日閲覧。
  292. ^ O'Kane, Sean; Lopatto, Elizabeth (2018年9月27日). "Elon Musk sued by SEC for securities fraud". The Verge. 2018年9月27日閲覧
  293. ^ "Elon Musk forced to step down as chairman of Tesla, remains CEO". The Verge. 2018年9月29日閲覧
  294. ^ "Tesla's Elon Musk says tweet that led to $20 million fine 'Worth It'". Reuters. 2018年10月27日. 2018年12月9日閲覧
  295. ^ Youn (2018年10月11日). “Elon Musk commits to SEC settlement despite mocking tweets”. ABC News. 2018年10月17日閲覧。
  296. ^ Brodkin (2022年4月18日). “Musk keeps falsely claiming 'Funding secured' tweet was accurate, judge is told” (英語). Ars Technica. 2022年9月9日閲覧。
  297. ^ Ohnsman, Alan (2019年2月25日). "Elon Musk's Tesla Tweet Puts CEO Role at Risk Again". Forbes. 2019年2月26日閲覧
  298. ^ Wattles, Jackie (2019年4月27日). "Elon Musk and SEC reach an agreement over tweeting". CNN Business. 2019年7月16日閲覧
  299. ^ Marino-Nachison, David (2019年4月26日). "Tesla CEO Elon Musk Gets a Long Do-Not-Tweet List From the SEC". Barrons. 2019年11月25日閲覧
  300. ^ Bursztynsky, Jessica (2020年5月1日). "Tesla shares tank after Elon Musk tweets the stock price is 'too high'". CNBC. 2020年6月14日閲覧
  301. ^ "Court Rules That No One Can Stop Elon Musk From Tweeting Tesla News—For Now". Observer. 2020年5月20日. 2020年12月1日閲覧
  302. ^ Elliott, Dave; Michaels, Rebecca (2021年6月2日). "WSJ News Exclusive: Tesla Failed to Oversee Elon Musk's Tweets, SEC Argued in Letters". The Wall Street Journal. 2021年6月10日閲覧
  303. ^ ビットコインが急伸、マスク氏のツイッターページに「#bitcoin」”. Bloomberg.com. 2022年11月24日閲覧。
  304. ^ Akhtar, Tanzeel (2021年2月1日). “イーロン・マスク氏:ビットコインを支持するコメント、Clubhouseアプリで | coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン”. CoinDesk Japan. 2022年11月24日閲覧。
  305. ^ イーロンマスク氏がBitcoin売却をツイッターにて示唆” (2021年5月17日). 2021年5月27日閲覧。
  306. ^ 「ドージコイン」が急騰--E・マスク氏のツイートも一因か”. CNET Japan (2021年4月19日). 2022年11月25日閲覧。
  307. ^ ドージコイン急落、マスク氏が米番組コントで「詐欺」と発言」『Reuters』2021年5月9日。2022年11月25日閲覧
  308. ^ 株式会社インプレス (2021年1月13日). “世界一の富豪はまさかのアイマスP!? テスラCEOのイーロン・マスク氏が「輿水幸子」の画像を投稿 埼玉のアイドルは世界へ、そして宇宙へ”. GAME Watch. 2022年11月25日閲覧。
  309. ^ "Hondas in Space", FastCompany.com, Issue 91, February 2005, Page 74
  310. ^ The World's Billionaires #126 Elon Musk
  311. ^ マスク氏、資産額トップの座から一時転落 フォーブス誌長者番付”. CNN.co.jp. 2023年1月9日閲覧。
  312. ^ イーロン・マスク氏、世界3位の富豪に 好調のテスラ株が追い風”. CNN. 2020年9月3日閲覧。
  313. ^ テスラのマスク氏、世界3位の富豪に浮上-ザッカーバーグ氏を抜く”. Bloomberg. 2020年9月3日閲覧。
  314. ^ イーロン・マスクの純資産が1日で史上最大の下落を記録”. HYPEBEAST. 2020年9月15日閲覧。
  315. ^ 米テスラのマスクCEO、世界2位の富豪に 資産13兆円でゲイツ氏抜く
  316. ^ テスラのマスク氏、世界一の富豪に 資産額でべゾス氏抜く=報道 ロイター 2021年1月8日
  317. ^ 【ニュートピ!ゆるいニュース (35P) 】 イーロン・マスクが資産2000億ドル突破、世界一の富豪に復帰 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)”. ニュートピ!. 2021年10月3日閲覧。
  318. ^ 【東亜日報 】 マスク氏資産が351兆ウォンを突破、個人では世界初 |”. 東亜日報. 2021年10月31日閲覧。
  319. ^ マスク氏、「世界一の大富豪」から一時転落”. www.afpbb.com. 2022年12月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • Berger, Eric (2021). Liftoff. William Morrow and Company. ISBN 978-0-06-297997-1 
  • Jackson, Erik (2004). The PayPal Wars: Battles with eBay, the Media, the Mafia, and the Rest of Planet Earth. Los Angeles: World Ahead Publishing. ISBN 978-0-9746701-0-2 
  • デビッド・S・キダー『「世界」を変えろ! 急成長するスタートアップの秘訣』日経BP、2013年。ISBN 978-4822249700 
  • アシュリー・バンス『イーロン・マスク 未来を創る男』講談社、2017年。ISBN 978-4062196338 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]