Seesmic

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Seesmic
作者 ロイック・ル・マール英語版
対応OS Microsoft Windows, Mac OS(デスクトップ) Linux(ウェブ)
iOS, Android, Windows Phone 7, BlackBerry OS(モバイル)
プラットフォーム Microsoft Silverlight(デスクトップ)
サポート状況 現行
種別 カスタマーリレーションシップマネジメントソーシャルメディア
ライセンス フリーウェア
公式サイト www.seesmic.com
テンプレートを表示

Seesmicとはウェブモバイルデスクトップに対応したフリーウェアのスイートでFacebookTwitterといった複数のソーシャルネットワークのアカウントを同時に管理できる。2008年にフランスの実業家であるロイック・ル・マール英語版が立ち上げたが、当初はYouTubeとTwitterを繋ぐものと謳うビデオ共有サイトで短いコメントを投稿できるものだった。2009年にユーザーベースの停滞が原因でサービスを終了し、Twitter、Facebookやその他ソーシャルメディアサイトのストリームを統合した、デスクトップ、モバイル、ウェブアプリのスイート形式のソーシャルネットワーキングツールとして再スタートした。企業の収益化に失敗した後、2011年、カスタマーリレーションズマネジメントアプリケーションとして再びリニューアルした[1]

歴史[編集]

始まりはビデオブログ英語版サイトで当初の目的はウェブカメラからのアップロードをより容易にすることでオンラインでのビデオ会話を促進することだった[2]。お披露目はDemo tech conference英語版で「ビデオ版Twitter」と称した[3]。2008年時点でユーザー数は20,000人、月間視聴者数は70,000人だった[4]。2008年4月3日、Adobe AIRをベースにしたTwitterクライアントであるTwhirlの買収を発表した[5]

2009年、ロイック・ル・マールはサイトのビデオに関して停滞しており新たなユーザーの獲得に苦労していることを明かした。そしてサイトの再構築として新たなビデオソーシャルネットワーキングサイトの生成からTwitterやFacebookといった他のソーシャルネットワーキングサイトにあるコンテンツのアグリゲートに代わるツールスイートの生成にシフトした[6]。ビデオのサイトは現存しているが異なるドメイン名に置き換えられている。

ル・マールはSeesmicの立ちあげにあたり成功するもっと良い機会があるという理由でパリからサンフランシスコに移住した。支援している数ある投資家の中にはアトミコというベンチャーグループがおり2005年にSkypeeBayに26億米ドルで売却したニクラス・ゼンストロームヤヌス・フリスが加わっている[7]。2010年1月にSeesmicはPing.fmを買収[8]、3月に登録ユーザーが100万人に達した[9]

Seesmicは以下を含む数あるソーシャルネットワーククライアントをリリースしている:

  • Seesmic Desktop - TwitterとFacebookに対応するAdobe AIRで作成されたクロスプラットフォームのデスクトップクライアント。バージョン2はMicrosoft Silverlightで再作成しており、Google Buzzの対応が追加された。
  • Seesmic Web - Google Web Toolkitを使って書かれた、Twitterのウェブアプリクライアント
  • Seesmic for Android - Androidにネイティブ対応した、Twitter、Facebook、Salesforce Chatterのクライアント
  • Seesmic for Windows Phone 7 - Windows Phone 7にネイティブ対応した、Twitter、Facebook、Salesforce Chatterのクライアント
  • Seesmic for iPhone - iPhoneとiPod touchにネイティブ対応した、Twitter、Facebook、Ping.fmのクライアント
  • Seesmic for BlackBerry - BlackBerryにネイティブ対応したTwitterクライアント - 2011年6月終了[10]

2011年8月、Seesmicはカスタマーリレーションズマネジメント(CRM)事業に以降し、AndroidとiOSに対応しSalesforceのインターフェイスを追加したCRMアプリケーションを公開し、過去のソーシャルメディアアプリケーションは同社のセカンドブランチとして維持すると発表した[11]

2012年9月、HootSuiteに買収された[12][13]

脚注[編集]

  1. ^ Loic Le Meur: Why Seesmic Isn't a Failure - TechCrunch TV, 7 July 2011
  2. ^ Don Clark (2008年1月28日). “Why Can't Computers (Fill in the Blank)?”. The Wall Street Journal. http://online.wsj.com/article/SB120148512760821233.html?mod=googlenews_wsj 2008年2月22日閲覧。 
  3. ^ Edward C. Baig (2008年1月30日). “Demo Conference Intrigues, But Doesn't Electrify”. USA Today. http://www.usatoday.com/tech/columnist/edwardbaig/2008-01-30-demo-tech_N.htm 2008年2月22日閲覧。 
  4. ^ Victor Keegan (2008年1月24日). “Making the Global Village a Reality”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/technology/2008/jan/24/politics.socialnetworking 2008年2月22日閲覧。 
  5. ^ Mark Hendrickson (2008年4月3日). “Seesmic Acquires Popular Twitter AIR Client Twhirl”. Tech Crunch. 2008年4月4日閲覧。
  6. ^ http://www.centernetworks.com/seesmic-relaunches-website-video-service-bottom
  7. ^ Bobbie Johnson (2008年1月29日). “Silicon Valley 'Refuses to Take Europe Seriously'”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/technology/2008/jan/29/loiclemeur 2008年2月22日閲覧。 
  8. ^ [1]
  9. ^ Nicolas Rauline (2011年3月14日). “Seesmic in #1 French financial newspaper Les Echos”. Les Echos (Paris). http://www.flickr.com/photos/loiclemeur/5542452585/ 2011年5月25日閲覧。 
  10. ^ Even Seesmic Bails On Blackberry. Who's Next? - TechCrunch, June 20, 2011
  11. ^ Seesmic now offers two product suites: Seesmic CRM and Seesmic Social - Seesmic Blog, 31 Aug 2011
  12. ^ HootSuite Acquires Seesmic - HootSuite Blog, 6th September 2012
  13. ^ Seesmic has been acquired by HootSuite - Seesmic Blog, 6 September 2012

外部リンク[編集]