スターリンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スターリンク
Starlink Mission (47926144123).jpg
60基の衛星の打ち上げ(母機分離前)
製造 スペースX
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用 スペースX
用途 衛星インターネットサービス
仕様
宇宙機の種類 小型衛星
打ち上げ時の重量 v0.9: 227 kg
v1.0: 260 kg
機材 Ku/Ka/Eバンド英語版フェーズドアレイアンテナ
ホールスラスタ
備考 低軌道
製造
状態 運用中
打ち上げ 835基[1]
Tintin: 2
v0.9: 60
v1.0: 773
最初の打ち上げ 2018年2月22日
最後の打ち上げ 2020年10月18日
スターリンクのロゴ

スターリンク (Starlink)は、アメリカ合衆国の民間企業スペースX社が開発を進めている衛星コンステレーション計画[2]。低コスト・高性能な衛星バスと地上の送受信機により、衛星インターネットアクセスサービスを提供することを目的とする[3][4]。またスペースXは、衛星を軍用や[5]、科学・探検などの用途に販売することも計画している[6]

スペースXは、総数約12,000基の人工衛星を、2020年代中頃までに3階層に渡って展開することを計画している。一つ目が、高度550kmの約1,600基の衛星で、次いで高度1,150kmのKu/Kaバンドを用いる約2,800基の衛星、さらに高度340kmのVバンドを用いる約7,500基の衛星である[7]。10年に及ぶ計画の総コストは、設計・製造・打ち上げなど100億ドル近くに達すると推計される[8]

スターリンクの開発は2015年に開始され、2018年2月には2基のプロトタイプの試験衛星が打ち上げられた[9]2019年5月には、商用サービスに向けた最初の大規模な打ち上げが実施された[10]。商用サービスの開始は2020年が予定されている[11]

衛星の製造拠点はワシントン州レドモンドにあり、研究・開発・製造それに軌道上の衛星の運用が行われる。

打ち上げ履歴[編集]

No. 打ち上げ日時 (UTC) 発射場 打ち上げ機 軌道 軌道傾斜角 打ち上げ
衛星数
備考 結果
0 2018年2月22日
14:17[12][13]
ヴァンデンバーグ空軍基地 F9 FT
B1032.2
LEO 97.44° 2 2基の試験衛星はTintin A/Bと呼ばれる
(MicroSat-2a/2b)
成功
1 2019年5月24日
02:30
CCAFS SLC-40 F9 B5
B1049.3
LEO ~53° 60 衛星間リンクを持たない初期型の初の大規模打ち上げ[10] 成功
2 2019年11月11日
14:56
CCAFS SLC-40 F9 B5
B1048.4
LEO 53° 60 運用バージョンの初打ち上げ。Kaバンドアンテナが追加されている。 成功
3 2020年1月7日
02:09
CCAFS SLC-40 F9 B5
B1049.4
LEO 53° 60 1基はダークサットと呼ばれる黒く塗装された機体 成功
4 2020年1月29日
14:06
CCAFS SLC-40 F9 B5
B1051.3
LEO 53° 60 成功
5 2020年2月17日
15:05
CCAFS SLC-40 F9 B5
B1056.4
LEO 53° 60 成功
6 2020年3月18日
12:16:39
KSC LC-39A F9 B5
B1048.5
LEO 53° 60 成功
7 2020年4月22日
19:30:30
KSC LC-39A F9 B5
B1051.4
LEO 53° 60 成功
8 2020年6月4日
01:25:00
CCAFS SLC-40 F9 B5
B1049.5
LEO 53° 60 1基はバイザーサットと呼ばれるアンテナに日除けを付けた機体 成功
9 2020年6月13日
09:21:18
CCAFS SLC-40 F9 B5
B1059.3
LEO 53° 58 58機のスターリンク衛星と3機のプラネット・ラボ社の地球観測衛星 (SkySat 16-18) が打ち上げられた。 成功
10 2020年8月7日
05:12:00
KSC LC-39A F9 B5
B1051.5
LEO 53° 57 57機のスターリンク衛星と2機のBlackSky衛星が打ち上げられた。この打ち上げより、全機がバイザーサット仕様となっている[14] 成功
11 2020年8月18日
14:31:16
CCAFS SLC-40 F9 B5
B1049.6
LEO 53° 58 58機のスターリンク衛星と3機のプラネット・ラボ社の地球観測衛星 (SkySat 19-21) が打ち上げられた。 成功
12 2020年9月3日
12:46:14[15]
KSC LC-39A F9 B5
B1060.2
LEO 53° 60 成功
13 2020年10月6日
11:29:34
KSC LC-39A F9 B5
B1058.3
LEO 53° 60 成功
14 2020年10月18日
12:25:57
KSC LC-39A F9 B5
B1051.6
LEO 53° 60 成功
15 2020年10月24日

15:31

CCAFS SLC-40 F9 B5

B1060.3

LEO 53° 60 成功
16 2020年11月25日

02:13:12

CCAFS SLC-40 F9 B5

B1049.7

LEO 53° 60 成功
17 2020年12月 CCAFS SLC-40 F9 B5 LEO 53° 60 予定
18 2020年12月 CCAFS SLC-40 F9 B5 LEO 53° 60 予定
19 2020年12月 CCAFS SLC-40 F9 B5 LEO 53° 60 予定
20 2021年1月 CCAFS SLC-40 F9 B5 LEO 53° 60 予定
21 2021年1月 CCAFS SLC-40 F9 B5 LEO 53° 60 予定
22 2021年1月 CCAFS SLC-40 F9 B5 LEO 53° 60 予定
23 2021年2月 CCAFS SLC-40 F9 B5 LEO 53° 60 予定
24 2021年2月 CCAFS SLC-40 F9 B5 LEO 53° 60 予定
25 2021年2月 CCAFS SLC-40 F9 B5 LEO 53° 60 予定
26 2021年3月 CCAFS SLC-40 F9 B5 LEO 53° 60 予定
27 2021年3月 CCAFS SLC-40 F9 B5 LEO 53° 60 予定

光害問題[編集]

12,000基からなる巨大通信衛星網が完成すると、低軌道の衛星は90分で地球を周回することもあり、常に約200基の衛星が上空に見えると予測されている。そうなると、衛星の金属部分や太陽電池パネルは光を反射しやすいこともあり、天文台による観測に衛星の光の筋が横切るなどの支障が出るとして、国際天文学連合や日本の国立天文台などはスペースXに対し、衛星の素材を変えたり、太陽電池パネルの角度を調節したりするよう求めている[16][17][18]

この対策として、まず2020年1月にダークサット (DarkSat) と呼ばれる黒く塗られた機体が試験的に打ち上げられた。この機体では通常の機体と比べて明るさが55%低下したが、一方で赤外線などの波長では問題が続いており、採用には至らなかった。次いで同年6月にはバイザーサット (VisorSat) と呼ばれるサンバイザーを装備してアンテナへの太陽光の入射を防いだ機体が試験的に打ち上げられた。[19] 8月に打ち上げられた機体からは、全てこのバイザーサット仕様となっている[14]

参考文献[編集]

  1. ^ SpaceX launches 60 Starlink internet satellites, sticks rocket landing”. space.com. 2020年9月3日閲覧。
  2. ^ Grush, Loren (2018年2月15日). “SpaceX is about to launch two of its space Internet satellites — the first of nearly 12,000”. The Verge. https://www.theverge.com/2018/2/15/17016208/spacex-falcon-9-launch-starlink-microsat-2a-2b-paz-watch-live 2018年2月16日閲覧。 
  3. ^ de Selding, Peter B. (2016年10月5日). “SpaceX’s Shotwell on Falcon 9 inquiry, discounts for reused rockets and Silicon Valley’s test-and-fail ethos”. SpaceNews. http://spacenews.com/spacexs-shotwell-on-falcon-9-inquiry-discounts-for-reused-rockets-and-silicon-valleys-test-and-fail-ethos/ 2016年10月8日閲覧。 
  4. ^ Gates, Dominic (2015年1月16日). “Elon Musk touts launch of ‘SpaceX Seattle’”. Seattle Times. http://seattletimes.com/html/businesstechnology/2025480750_spacexmuskxml.html 2015年1月19日閲覧。 
  5. ^ Eric, Ralph (2018年12月21日). “SpaceX’s Starlink eyed by US military as co. raises $500-750M for development”. The Verge. https://www.teslarati.com/spacex-starlink-us-military-500-700m-raised/ 2018年2月16日閲覧。 
  6. ^ SpaceX Seattle 2015, 16 January 2015.
  7. ^ Henry, Caleb (2019年4月26日). “FCC OKs lower orbit for some Starlink satellites”. SpaceNews. https://spacenews.com/fcc-oks-lower-orbit-for-some-starlink-satellites/ 2019年4月28日閲覧. "lower the orbit of nearly 1,600 of its proposed broadband satellites. The Federal Communications Commission said April 26 it was ok with SpaceX changing its plans to orbit those satellites at 550 kilometers instead of 1,150 kilometers. SpaceX says the adjustment, requested six months ago, will make a safer space environment, since any defunct satellites at the lower altitude would reenter the Earth’s atmosphere in five years even without propulsion. The lower orbit also means more distance between Starlink and competing internet constellations proposed by OneWeb and Telesat. FCC approval allows satellite companies to provide communications services in the United States. The agency granted SpaceX market access in March 2018 for 4,425 satellites using Ku- and Ka-band spectrum, and authorized 7,518 V-band satellites in November. SpaceX’s modified plans apply to the smaller of the two constellations. " 
  8. ^ Baylor, Michael (2018年5月17日). “With Block 5, SpaceX to increase launch cadence and lower prices”. NASASpaceFlight.com. https://www.nasaspaceflight.com/2018/05/block-5-spacex-increase-launch-cadence-lower-prices/ 2018年5月22日閲覧. "The system is designed to improve global internet access by utilizing thousands of satellites in Low Earth orbit. SpaceX President Gwynne Shotwell stated in a TED Talk last month that she expects the constellation to cost at least $10 billion. Therefore, reducing launch costs will be vital." 
  9. ^ Musk, Elon (2018年2月22日). “First two Starlink demo satellites, called Tintin A & B, deployed and communicating to Earth stations (video)” (英語). Twitter. 2018年2月22日閲覧。
  10. ^ a b 秋山文野 (2019年5月24日). “打ち上げ成功:スペースX、スターリンク通信衛星60機を軌道投入”. Yahooニュース. 2019年5月24日閲覧。
  11. ^ Musk shakes up SpaceX in race to make satellite launch window: sources”. Reuters (2018年10月30日). 2018年10月31日閲覧。
  12. ^ SpaceX launches Falcon 9 with PAZ, Starlink demo and new fairing – NASASpaceFlight.com” (英語). 2019年5月12日閲覧。
  13. ^ Spaceflight, Mike Wall 2018-02-22T21:19:16Z. “SpaceX's Prototype Internet Satellites Are Up and Running” (英語). Space.com. 2019年5月12日閲覧。
  14. ^ a b SpaceX just launched 57 new Starlink satellites with sun visors to make them less bright. A scientist says that won't stop them from interfering with astronomy.”. Business Insider (2020年8月7日). 2020年8月13日閲覧。
  15. ^ Clark, Stephen. “Live coverage: SpaceX launches another 60 Starlink satellites – Spaceflight Now” (英語). 2020年9月12日閲覧。
  16. ^ 夜空を「汚染」するスターリンク衛星の光害問題”. ニューズウィーク日本版(2019年6月4日作成). 2019年8月21日閲覧。
  17. ^ 通信衛星群による天文観測への悪影響についての懸念表明”. 自然科学研究機構 国立天文台(2019年7月9日作成). 2019年8月21日閲覧。
  18. ^ 巨大衛星網、目立ち過ぎ?=天文観測への影響懸念-「夜空乱される」と学者ら”. 時事通信(2019年8月21日作成). 2019年8月21日閲覧。
  19. ^ スターリンク衛星には「サンバイザー」が標準装備される予定”. Sorae (2020年5月19日). 2020年7月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]