フレデリック・ウィレム・デクラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フレデリック・ウィレム・デクラーク
Frederik Willem de Klerk ノーベル賞受賞者
F. W. de Klerk 2012.jpg

任期 1989年8月15日1994年5月10日

南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
(アパルトヘイト後)
初代副大統領
任期 1994年5月10日1996年6月30日
元首 ネルソン・マンデラ

南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
国民教育相



出生 (1936-03-18) 1936年3月18日(81歳)
南アフリカの旗 南アフリカ連邦 トランスヴァール州ヨハネスブルグ
政党 国民党(1967-1997)
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1993年
受賞部門:ノーベル平和賞
受賞理由:アパルトヘイトの廃止

フレデリック・ウィレム・デクラークアフリカーンス語: Frederik Willem de Klerk1936年3月18日 - )は、南アフリカ共和国政治家。「デクラーク」は英語読みで、アフリカーンス語では「デクレルク」のように発音する。大統領(第7代)、副大統領(アパルトヘイト廃止後初代)、下院議員国民党党首(第7代)を務める。

アパルトヘイト体制の解体、アパルトヘイト関係法の全廃に大きな役割を果たした。2015年現在、サハラ砂漠以南のアフリカ諸国で正式に大統領に就任した最後の白人である[1][注釈 1]

概要[編集]

生い立ち[編集]

国民党 (NP) の政治家で大統領を務めたこともあるヨハンネス・デクラーク英語版の息子として、ヨハネスブルグで生まれる。1958年にポッチェフストローム大学の法律科を卒業。

政界[編集]

弁護士を経て、1972年国民党 (NP) の国会議員に選ばれ、父の後を継いで政界入りをする。1978年に郵政相として初入閣し、その後1982年に内相、NPの旧トランスバール州代表に選ばれた。1984年からは国民教育相、白人閣僚評議会議長を務めた。

大統領[編集]

1989年2月、大統領のピーター・ウィレム・ボータの後任としてNP党首に指名され、同党の次期大統領候補に推挙、8月から大統領代行の後、9月に正式に大統領に選出された。

大統領に就任したデクラークは今までの政府(国民党)の方針を転換し、黒人達との交渉によって南アフリカの将来を決めていくといった現実的で柔軟な民主改革路線をとった。その政策方針により、アフリカ民族会議(ANC)やパン・アフリカニスト会議(PAC)、南アフリカ共産党の非合法化を解除し、ANC指導者のネルソン・マンデラを釈放した。

1990年6月には非常事態宣言も解除して、1991年2月に国会開会演説ですべてのアパルトヘイト法を廃止すると宣言し、6月には人口登録法、原住民土地法、集団地域法を廃止した。これによりアパルトヘイトが法律上なくなった1993年度、マンデラと共にノーベル平和賞を受賞した。

大統領退任後[編集]

1994年5月にマンデラ政権が発足すると第二副大統領に就任するが、1996年5月9日に連立政権から離脱して野党に転向。同6月末に第二副大統領を辞任し、翌1997年9月には国民党首を辞任して政界から引退した。

注釈[編集]

  1. ^ ただし、2014年10月から約3ヶ月間、ザンビアで白人のガイ・スコット英語版副大統領がマイケル・サタ大統領死去に伴い、暫定大統領に就任した例はある。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ピーター・ウィレム・ボータ
南アフリカの旗 南アフリカ共和国大統領
第7代:1989年 - 1994年
次代:
ネルソン・マンデラ
先代:
(新設)
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国副大統領
(アパルトヘイト後)初代:
1994年 - 1996年
次代:
タボ・ムベキ
党職
先代:
ピーター・ウィレム・ボータ
南アフリカの旗 国民党党首
第7代:1989年 - 1997年
次代:
マーチナス・V・シャルクウィク